バックマン製大型アーチバー台車(Gゲージ)

Feb 1, 2016.

G gauge archbar truck for freight cars, manufactured by Bachmann.



バックマン製のGゲージ用(45mmゲージ用)の貨車用アーチバー台車で、大型の方です。このコンテンツの標題は「大型アーチバー台車」と言う事にしておきましたが、小型アーチバー台車との対比で「大型」なる語を使ったまでであって、実態としてはごく普通サイズの台車です。小型アーチバー台車が20ft級(6m級)貨車に使われているのに対して、こちらの「大型」は30ft級の貨車に使用している台車の方です。

下側の帯金が平らで、上側の帯金が緩く山なりになっているモノで、その点を除けばごく普通のアーチバー台車です。理由は定かではありませんが、バックマンのアーチバー台車は殊更に上下の帯金が均等に膨らんだ形状を避けるようです。



バックマン製アーチバー台車(Gゲージ)。G gauge archbar truck, manufactured by Bachmann.
バックマン製アーチバー台車(Gゲージ)
G gauge archbar truck for freight cars, manufactured by Bachmann.



固定軸距離は小型アーチバー台車が40mmを僅かに切る程度だったのに対して、こちらは約60mmです。ご覧の通り連結器は台車マウントになっており、この状態で半径600mmの曲線は通過可能です。「半径600mm」と言う数字は、Gゲージの勧進元とも言うべきLGBが旗揚げの際に使用した線路が半径600mmで、これ以降にGゲージに参入した単にこの半径を踏襲しているからでしょう。



下側から見た処です。下枠が膨らみを持たない一直線形状であることがお判りただけるかと思います。組み立ての一部に金属製のタッピングを使用しているのもGゲージらしい処です。小型アーチバー台車は下枠のみが膨らんでいるのとは好対照です。

バックマン製アーチバー台車(Gゲージ)。G gauge archbar truck, manufactured by Bachmann.
バックマン製アーチバー台車(Gゲージ)
G gauge archbar truck for freight cars, manufactured by Bachmann.



金型のパーテーションラインがかなり目立ちますが、、、実態はバリみたいにして残っているから厄介です。削れば削ったで塗装はし直してやらなければなりません。この辺りの箇所は車輛に取り付けてしまえば全く見えなくなる箇所なので大した問題にはならないですけどね。普通のメーカーだったら、こんな個所は手抜きして当然ですな。小型アーチバー台車が同じ場所に几帳面にボルト頭部を再現しているのとは好対照です。

バックマン製アーチバー台車(Gゲージ)。G gauge archbar truck, manufactured by Bachmann.
バックマン製アーチバー台車(Gゲージ)
G gauge archbar truck for freight cars, manufactured by Bachmann.



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁