ボールドウィンA型系台車目次





ボールドウィンA型系台車について

July 1, 2017.

ボールドウィンA型系・AA型系台車と言うのは、余りにも有名なインターアーバン用の外側にイコライザが仕掛けてある台車です。日本的には「日本車輛のD-16型みたいな台車」と表現した方が判り易いでしょうが、ありがちな話でこの種の台車は基本的にはパクリ台車であって、本家はボールドウィンの方で1900年代初頭にインターアーバン用などとして製造されたものです。日本で使用されているボールドウィン製・ボールドウィン風台車としては路面電車用・小型電車用のL型台車と双璧を為すものです。

ボールドウィン社工場
ボールドウィン社工場。



基本的にはMCB(=Master Car Builders a'ssn=主要車輛制作業者協会?)の仕様に準拠したイコライザが外側に剥き出しになっている台車です。アングル材らしき金属板?異形材?を折り曲げ加工して逆台形の台枠?を作り、上下可動式の軸箱の外側にイコライザを取り付けただけの、かなり単純な構造です。量産向きと言うのか、町工場に毛が生えた程度の技術力さえあれば十分な水準の台車が出来上がるわけですから、余り声高に「パクった」と批判するまでも無い程度のものです。

A型の方が芯皿荷重が30000ポンド(≒13.590t)以下なのか未満なのか、AA型の方は芯皿荷重が30000ポンドを超える高速車輛用だと思います。但し、芯皿荷重が25000ポンド(≒11.325t)の筈の78-25台車でも78-25Aだけではなくて、78-25AAと、AA型になっている台車に関する記述も何処かで見掛けた記憶があるので、AA型には「A型の仕様変更型」と言う意味があるのかもしれません。

いずれにしてもこの系列の台車で芯皿荷重が25000ポンド・軸距離が78インチ(≒1981mm)の78-25A型が最小のモノだと思います。これ、阪神の戦前製14m級電車が履いていた台車です。路面電車とは異なりモーターは外掛けにはしませんから、これよりも軸距離が短い台車は製品化されていない筈です。

ボールドウィン製A型台車
ボールドウィン製A型台車(1907年版ボールドウィン社カタログ)。



ボールドウィン製7830S型台車
いきなりまがい物?で申し訳ない、ボールドウィン製ですが「7830S」と言う台車です。位置づけとしては、A系・AA系台車の仕様変更型のようです。



鉄道省の制式台車を無視すれば、恐らくはボールドウィンのA系台車とブリルの一連の台車がありさえすれば、戦前製の電車だったら半分以上の車輛に充当できる程度の市場占有率です。比較しては些か気の毒ですが、ペックハム台車が束になっても到底及びもつかないような数量が使用されています。別に日本国内に限ったことでは無くて、アメリカであってもやはりブリルとボールドウィンの台車が多数派であることに相違はありません。

ボールドウィンのA系台車の中で有名な処ではBW-72-22A、BW-78-25A、BW-84-30Aなどの品種があり、改良型となるとそれぞれ型番がBW-78-25AAなどとなります。これ、前の数字が軸距離、後ろの数字が芯皿耐荷重を表示しています。従って数字が大きくなるほど大型の台車になると言うことで、日本車輛的?な表現をすればD-14台車よりもD-16の方が大きい台車だし、それよりもD-20の方が大きい、D-22は更に大きい、と言うことになります。

前述の「BW-72-22A、BW-78-25A、BW-84-30Aなどの品種」に関して言えば、それぞれの軸距離や芯皿耐荷重の数値は下記の通りとなります。



BW-72-22A・BW-72-22AA

BW-72-22A・BW-72-22AAは軸距離が72インチ(1829mm)、芯皿耐荷重が22000ポンド(9.97t)。この台車は小型インターアーバンとか市電的な車輛に使う台車のようです。Q-Car CompanyがOゲージ用の台車を商品化しています。



BW-78-25A・BW-78-25-AA

BW-78-25A・BW-78-25-AAは軸距離が78インチ(1981mm)、芯皿耐荷重が25000ポンド(11.3t)。この台車は日光モデルが16番ゲージ用の台車を商品化しています。数字からも判る通り、余り大型の台車ではありませんが、阪神電鉄の電車のように好んでこの台車を使用している例もあります。恐らくは、この台車の自社内での占有比率と言う点では阪神は最上位でしょう。小型車中心の時代には丁度良い大きさだったのだと思います。



BW-84-30A・BW-84-30AA

BW-84-30A・BW-84-30AAは軸距離が84インチ(2134mm)、芯皿耐荷重が30000ポンド(13.6t)。一説に拠ると、この規模の台車はアメリカのインターアーバンの車輛としてはもっとも使用例が多いそうです。Q-Car CompanyがOゲージ用の台車を商品化しています。



Depressed EqualizerとCrescent equalizer

July 1, 2017.

イコライザには形状によってDepressed Equalizer(ディプレスド・イコライザ)と呼ばれる凹型のものと、Crescent equalizer(クレセント・イコライザ)と呼ばれる三日月型のものがあります。日本車輛D-16型などは、典型的なDepressed Equalizer(ディプレスド・イコライザ)を使用しています。フラットカー(≒長物車)で床面中央部が垂れ下がった形状になっている車輛がありますが、あれがディプレスド・フラットカーです。TR10、DT10と言う台車に装着してあるイコライザがディプレスド・イコライザです。

三日月型の方は、日本的には「弓型」と呼んでも悪くはないと思いますが、アメリカの文献とかを見ると例外なく「Crescent(三日月型)」となっているので、「弓型」と言う表現は避けた方が無難じゃないかと思います。

ボールドウィンのA系・AA系台車の中でどちらが多いのかはなんとも判りませんが、「Crescent equalizer(クレセント・イコライザ)」と呼ばれる三日月型イコライザの方が、なんとなく優美で古典味が感じられて木造車とかには良く似合うような気がします。



日本車輛のD-16型など

July 1, 2017.

中小型の私鉄電車用台車として、余りにも有名な日本車輛製の台車です。ボールドウィンのA型・AA型などのパクリ台車なので、今の時点でこれと同じモノを作ったらライセンス問題で大事件になりそうですが、この手の台車が量産されていた時期には大丈夫だったのでしょうか?。良く見ると、外側イコライザが格好良いですね。枕バネが余り飛び出していないので、ドロップ製の台車でも立体感が充分に確保できます。鉄道模型用の台車としても、日本国内では最も入手し易いボールドウィン的外観の台車と言って宜しいでしょう。

日本車輛製の台車にはD-14、D-18、D-20、D-22などの派生形式がありますが、元祖D-16に関しては汽車会社のK-16、梅鉢鉄工所のUD-16、南海天下茶屋工場のN-16なんて言う類似品もあります。川崎製の台車だとKS-16とかになりましょうか?。17m級・18m級の半鋼製車であれば丁度良い台車と言うことなんでしょうか。梅鉢鉄工所の製品に関しては「μD-16」と言う説もありますので、本当に「UD-16」と言う日産ディーゼルもどきの型番で宜しいのか、少々悩む処です。



日車D-16台車。銚子電気鉄道笠上黒生(かさがみくろはえ:千葉県銚子市)駅にて撮影。
上の写真は日本車輛製D-16台車。2006年(平成18年)12月、銚子電気鉄道笠上黒生(かさがみくろはえ:千葉県銚子市)駅にて撮影。この写真は銚子電気鉄道のデハ801が履いているものです。



汽車会社製K-16台車。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上の写真は汽車会社製K-16台車。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。この写真の台車は南海電鉄のモハ1201型が履いていたものですが、D-16を履いていた車輛もあるようです。要するに、日本車輛製の車輛はD-16を履いていて、汽車会社製の車輛はK-16を履いていたと言うことのようです。撮影場所は京都府与謝郡与謝野町に在る「加悦SL広場」です。加悦鉄道所属の車輛を中心とする保存施設と言うか、その種の場所です。野晒展示されているので状態はちょっとアレですけれど、撮影のし易さと言う点では最右翼です。なによりも、この種の展示物に興味を示す人は極めて少数なので他人に邪魔されずに撮影できます。



汽車会社製K16台車。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
こちら側は、ブレーキロッド類が顔を出していますので、車輛の内側に来る方だと思われます。



汽車会社製K16台車。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
モーターもちゃんと残してあるのが嬉しい処。もっとも、このモーターはこう言う雨晒し展示にしてあったのでは、今から通電するなんて事は夢のまた夢、なんでしょうか。



川崎車輛KO

July 1, 2017.

「なんだ、この型番は?」と思わせるような型番ですが、川崎車輛の頭文字と、担当技術者の頭文字を組み合わせた型番です。「ケーゼロ」ではなくて「ケーオー」と読みます。有名なOK台車の文字順を並べ間違えたわけではありませんので念のため。それは兎も角、外観そのものは何処をどう見てもボールドウィン風台車です。上毛電鉄が開業時に川崎車輛へ発注したデハニ50・デハ100が履いていた台車です、、、と書いてしまえば簡単ですが、この台車は枕バネまで含めて全てコイルバネにしてあるようですし、製造当初は軸受けにはローラーベアリングが使われていたようです。

川崎車輛製KO台車。2009年(平成21年)10月、上毛電気鉄道大胡(おおご:群馬県前橋市)電車区にて許可を得て撮影。
上の写真は川崎車輛製KO台車。2009年(平成21年)10月、上毛電気鉄道大胡(おおご:群馬県前橋市)電車区にて許可を得て撮影。この台車はデハ104が履いているモノです。一般に「川崎車輛KOはデハ100用」などと言われていますが、同時に新造されたデハニ50もこの台車を履いています。序でに書くと、クハ701(=鶴見臨港鉄道のモハ100だった車輛)もこの台車を履いて写っている写真が大昔の鉄道ピクトリアル誌に掲載されています。単に、履き替えさせたと言う程度で何らかの本質的な改造をしたと言うほどのことでは無いと思います。



川崎車輛製KO台車。2009年(平成21年)10月、上毛電気鉄道大胡(おおご:群馬県前橋市)電車区にて許可を得て撮影。
上の写真は川崎車輛製KO台車。2009年(平成21年)10月、上毛電気鉄道大胡(おおご:群馬県前橋市)電車区にて許可を得て撮影。この台車はデハ101が履いているモノです。デハ101が茶色く塗られていて催事などで本線走行する方の車輛です。黄色いデハ104の方は、本線には出られないようです。



東急デハ3450型用

July 1, 2017.

これもまた少々理解しがたい型番ですが、川崎車輛と日本車輛が東横電鉄のモハ510型(=東急のデハ3450型)用に製造した台車です。製造数はデハ3450型50輛の内の、川崎車輛が44輛分で、日本車輛が6輛分です。実態としては川崎と日車が受注したそれぞれの車輛の分だけ、BW-78-25Aに相当する台車を装着して納車したと言うことのようです。

見分け方はごく簡単で、日本車輛製の台車はDepressed Equalizer(ディプレスド・イコライザ)と呼ばれる凹型のモノで、川崎車輛製の台車はCrescent equalizer(クレセント・イコライザ)と呼ばれる三日月型のモノです。日本車輛製の台車はD-16型に類似していますし、川崎車輛製の台車はKO型に類似しています、と言うよりも、どちらもボールドウィンの台車にクリソツなんですけどね。

評判の良いボールドウィン的な台車を新型電車(=東横モハ510)に装着しようとして基本的な仕様だけを指示しておいて、ごく些末な案件に関してはメーカーに任せておいたらイコライザの形状の違う台車2種類が出来ちゃったと言う事では無いかと思います。

日本車輛製3450台車?。1999年(平成11年)1月、東京急行電車とバスの博物館(神奈川県川崎市高津区)にて撮影。
上の写真は日本車輛製3450台車?。1999年(平成11年)1月、東京急行電車とバスの博物館(神奈川県川崎市高津区)にて撮影。未だ、この博物館が田園都市線の高津(たかつ:神奈川県川崎市高津区)駅の高架下に在った頃の撮影です。この台車を履いている車輛はモハ510号です。



日本車輛製3450台車?。2006年(平成18年)3月、富士急行河口湖(かわぐちこ:山梨県南都留郡富士河口湖町)駅前にて撮影。
上の写真は日本車輛製3450台車?。2006年(平成18年)3月、富士急行河口湖(かわぐちこ:山梨県南都留郡富士河口湖町)駅前にて撮影。突然富士急行の電車が履いている台車ですが、この車輛を復元する際に東急からデハ3450用の台車を提供して貰ったので河口湖の駅前でもこの台車を見ることが出来ます。



汽車会社2HE

Jan 3, 2009.

「2HEって、D-16やK-16と何処が違うんだ」と問われると答えに窮しますが、強いて言えば枕バネが2条になっている点くらいでしょうから、許容荷重は多少小さいのかも。京浜急行のデハ230型が履いている台車で、正調?1435mm用と言うことになります。枕バネ3条で「3HE」と名乗る台車もあるようです。

汽車会社製2HE台車。2008年(平成20年)12月、関水金属本社(東京都新宿区)にて撮影。
上の写真は汽車会社製2HE台車。2008年(平成20年)12月、関水金属(せきすいきんぞく:東京都新宿区)本社敷地内にて撮影。ホビーセンターカトー(=関水金属の本社兼ショールーム)に静態展示されている車輛のものです。軸距離は2100mmですからBW-84-30A・BW-84-30AAなどに近い寸法で、車輛の規模を考えればかなり大柄な台車を履いていると言うことになります。この台車、以前は黒く塗られていたのですが2008年(平成20年)に入ってから明るい灰色に塗り直されたようで、写真が撮影しやすくなりました。



汽車会社製2HE台車。2016年(平成28年)8月、関水金属本社(東京都新宿区)にて撮影。
汽車会社製2HE台車。2016年(平成28年)8月、関水金属(せきすいきんぞく:東京都新宿区)本社敷地内にて撮影。



住友金属KS-30系

July 1, 2017.

住友金属製の台車で、ボールドウィンのA系台車を鋳造台枠にしたものです。KS-30Lが片締めブレーキの台車で、KS-31Lが両締めブレーキと言う事になっています。この辺りのことはネット上にも書かれていますが、KS-30LとKS-31Lとではかなり台枠の形状が違うようです。僅かですが、軸距離もKS-30Lが2134mm(≒7フィート丁度)、KS-31Lが2150mm(≒7フィート5/8インチ)と、KS31Lの方が長いです。

でもってKS-33EがKS-30Lの改良型、KS-33LがKS-31Lの改良型のようです。33Eと33Lの違いは、どうにも判然としません。KS-33Eの「E」は「イコライザ」の意味らしいのですが、KS-33Lもイコライザは持ってますし、、、。

KS-32と言う型番の台車もあると言う事を何方かのサイトで見掛けた記憶があるのですが、何処で拝見したのか失念してしまったのでこれ以上は書けません。不勉強な話で恐縮です。

住友金属製KS31L台車。東武鉄道西新井工場(東京都足立区)にて撮影。
住友金属KS-31L台車。かなり以前に、東武鉄道の西新井工場で、敷地外から撮影したものです。これを履いていた電車はモニ1473と記憶していますが、実物は既に廃車・解体されています。



住友金属製KS33E台車。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道千頭(せんず:静岡県榛原郡川根本町)駅にて撮影。
上の写真は住友金属製KS33E台車。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道千頭(せんず:静岡県榛原郡川根本町)駅にて撮影。クハ861と言うオープン・オヴザベーションが履いている台車です。この車輛は元はと言えば名鉄出身の3800系だった車輛ですが、大井川に来た時に履き替えさせているようです(元来は日車のD-18の筈です)。



住友金属製KS33E台車。2006年(平成18年)2月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は住友金属製KS33E台車。2006年(平成18年)2月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。秩父鉄道の100系の電動車が履いているもので、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅で展示されている車輛のものです。屋外展示の静態保存車なので撮影は比較的容易ですが、引きが取れないのでかなり画角の広いレンズが無いと辛いと思います。



住友金属製KS33台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。
住友金属製KS33台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。



住友金属製KS33台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。
住友金属製KS33台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。



住友金属製KS33台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。
住友金属製KS33台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。



国鉄DT11・TR22

Jan 3, 2009.

如何にもアメリカ型的な外観のDT11台車です。付随車用台車はTR22だったかな? 個人的な話で恐縮ですが、重量感があってアメリカ型っぽい外観のDT11・TR22は私の一番好きな台車の一つです。日本車輛D-16型の親戚のような外観ですが、何故か鉄道省や国鉄にはこの種の外観の台車が少ないです。使用例としては1928年(昭和3年)製のモハ30から始まって、1932年(昭和7年)のモハ40では使われなくなっていますから、決して多数派ではありません。軸距離2450mm、車輪直径910mm、軌間は1067mmです。

DT11台車。1984年(昭和59年)頃、国鉄鶴見線大川駅(神奈川県川崎市)にて撮影。
上の写真はDT11を履いている代表的な形式とでも言うべきモハ31を、モハ34(クモハ12)並みの両運転台車に改造して鶴見線で使われていたクモハ12-053が履いていたものです。両運転台化されて鶴見線に都落ちしたことが幸いして、車籍は抹消されたものの車輛自体は現存していた筈ですから何が幸いするか判らないものです。この写真は国鉄時代の大川支線の大川駅に停車中に撮影したものです。



国鉄DT28とDT30

July 1, 2017.

「なんだ、これは?」と言われそうな台車ですが、戦時買収された阪和電鉄の車輛が履いていた台車です。モヨ100、モタ300、クヨ500、クタ600、クテ700と言った車輛は日車、汽車、川車で製造されており、芯皿耐荷重が20tの台車を履いています。阪和の車輛が履いている台車はD-20であり、K-20であり、、、と言う事ですが、これらの台車には全て一括して「DT28」と言う国鉄制式型番が付けられています。

要するに、DT28と言う台車は阪和電鉄の車輛が履いているボールドウィンのA・AA型系的な台車(≒DT28)を十把一絡げにして、追認的に制式名称を付与した台車と言うことです。恐らくは、DT28は全て日本製のパクリ台車の集合体であって、ボールドウィンそのモノが製造した台車は含まれない筈です。

それではDT30とは何かと言うと、阪和電鉄以外の車輛が履いている買収国電のボギー台車は十把一絡げに纏めて「DT30」と命名されています。日本車輛D-16型であっても、本家ボールドウィン自身が製造した台車も、そのほかの会社が製造した台車も、全て纏めてDT30と言う名乗りになっています。やっている事は古い2軸ボギーの付随台車は全てTR10に収斂させたり、古い3軸ボギー台車は全てTR70に収斂させたりしているのと同じです。

要するに、DT30と言う台車は些か志の低い?台車ですし外観も不揃いですが、皮肉なことにこちらのDT30にはボールドウィン自体が製造した由緒正しい台車や、ボールドウィン製品をパクった台車が含まれている筈です。但し、ボールドウィンとは全く無関係の台車も含まれています。



ボールドウィンA型系台車の使用実例

July 1, 2017.
メーカー・型番軸距離車輛例
BLW・BW-78-25A1981mm西武モハ500
阪神電鉄881(喫茶店)
阪神電鉄(サハ)7901
日車・D-122000mm名鉄モ600(603~606)
日車・D-162100mm知多デハ910→名鉄モ910
日車・D-182130mm伊勢電モニ211→近鉄モニ6201
BLW・BW-84-27A2134mm愛電デハ3080→名鉄モ3200等
住友・KS-30L2134mm京成モハ100
京阪16号貴賓車
東武クハユ1→クハユ290
住友・KS-31L2150mm小田急モハ201→デハ1400
大軌デボ1000→近鉄モ1000
東武クハニ2→モニ1470
川車・KO2150mm上毛デハニ50・デハ100
BLW・BW-86-35A2185mm南海電7系
日車/川車・34502200mm東横モハ510→東急デハ3450
日車・D-162100mm知多デハ910→名鉄モ910
住友・KS-33E2250mm秩父鉄道デハ100
名鉄モ3350
住友・KS-33L2300mm小田急デハ1600
東武モハ5300
奈良電デハボ1000→近鉄モ430
日車・D-182450mm東武デハ1201→モハ5450
鉄道省・DT-112450mm鉄道省モハ31→国鉄クモハ11
日車・D-202500mm南海モハ1201
阪和モヨ100・モタ300他

同じ型番の台車であっても、軸距離が異なるモノが混在している場合があります。D-16とかD-18はその手の例が特に多いようで、仕方無いので史料で発見した数字は取り敢えず全部記載してあります。



模型のボールドウィンA型系台車

July 1, 2017.

模型用の台車と言うと最初に思い浮かべるのは日光モデルの製品ですが、実際に日光モデルの製品の中にはボールドウィンのA系台車が含まれています。78-275AAがまさしくボールドウィン製の台車そのものです。「275AA」と言う芯皿耐荷重の表示がちょっと理解に苦しむのですが、これで誤植とかミスタイプとかでは無いようです。日車製のD-16の他位にD-14も出している点は、、、そこまでやるならD-20やD-22も出して欲しかったようにも思いますが、まぁ、駄々をこねるような真似も致しますまい。住友製の台車はKS-33が商品化されています。なによりも、日光モデルの製品は自社のサイトに真横から撮影した写真が上梓されている点が好感が持てます。

だるまや、、、此処はインターアーバン関連の輸出の商売をやっているんでしょうか、アメリカ型の台車が色々と揃っています。弓型イコライザのボールドウィンA系台車が売られていますが、これは軸距離が25mmですから「BW-84-27A」とか「BW-86-35A」を想定しているのかも?。住友製の台車ではKS-30LとKS-33Lを両方揃えています。惜しむらくは自社サイトが無いので購入前にネット上で簡単に品物の外観を見ることが出来ません。

意外な処では小高模型。「小高模型のボールドウィン台車なんてあるのか?」と言われてしまうとちょっとアレなんですが「京阪16号用」と言う奇妙な商品名の台車が、実は住友のKS-30Lを模型化したものです。この他にも「アメリカ型古典客車用」と言う漠然とした商品名の台車が販売されていた筈です。確か、ジャクソン・シャープ客車が履いているような形状の台車です。

更に入手困難な方へ向かってつぼみ堂の製品、インターアーバンをかなり手広くやっていましたからその種の台車も売ってはいたと思うのですが、ドロップ製の日車D-16台車を売っていましたから、これなどはまさしくボールドウィンのA型系台車です。D-16台車に関してはカワイモデルも製品化しています。つぼみ堂もカワイモデルもドロップ製の肌の綺麗な台車だったように記憶しています。

以上は16番ゲージ(≒HOゲージ)の台車の話でしたが、残るはQ-Car Company。これはアメリカのインターアーバン専業と思わしき模型屋さんで、Oゲージの台車を多数販売しています材質はロストワックスで、写真は些かショボいのですが真横から撮影している写真が多いのは稚拙ながら本質は判ってやっている訳ですから好感が持てます。ボールドウィンのA型台車は7822A、7825A、8430AA、8435AAが製品化されていますが、この文章を書いている時点では生憎乍ら欠品中です。これ以外にも、ブリルの50E、ペックハムの100番と言う富士山型?台車、テーラーのHLB台車?等々、珍品台車が目白押しです。