ケーディー製Gゲージ用連結器について

Nov 1, 2016.

ケーディーの連結器はGゲージ用に限らず種類が多いです。市販車輛ごとに細かく対応した結果のようですが、正直な処、カタログの記述を見ても「どの連結器が、どの車輛に対応するのか」と言ったことまでは一筋縄では判りません。自分が所有していて連結器を交換しようとしている車輛にそのものズバリの連結器の設定があれば良いのですが、そんな都合良く行かない場合が多いです。

16番ゲージ(≒HOゲージ)でケーディーの連結器をお使いになった経験のある方はご存知だと思いますが、量産市販品の場合は#5の1種類だけで広範囲の車輛に対応できます。電車・気動車・客車・貨車の場合は、大抵は#5だけで済ませることが出来ます。それにも拘らず仕様違いの品種が多数揃えられていることは使用する立場からすると便利ですが、反面「種類が多過ぎて何が何だか判らん」とも言えます。

そのような事情を背景に、またしても自分の備忘録代わりの一覧表のようなものを作りましたのでご笑覧ください。学校の勉強でも同様ですが、何事かを覚えようとする場合、私は「自分の手で書く」か「自分でキーボードを叩く」かのいずれかが、自分自身の記憶中枢を刺激する最良の方法だと思っていますので、「キーボードを使って一覧表を作ってみた」と言うことです。「キーボードで思考する」とかって書いたら恰好良すぎますかな?。

16番ゲージ(≒HOゲージ)でケーディーの連結器を使うと、高さ方向の取り付け寸法の誤差に余りにも敏感過ぎるので、運転中の自然解放事故が頻発しがちですが、Gゲージのケーディー製連結器はその傾向がありません。16番ゲージ(≒HOゲージ)以上にナックルがオーバースケールになっているから、レール自体の剛性が高くて結果的に線路の敷設精度が高くなるから、、、色々と理由は考えられます。

16番ゲージ(≒HOゲージ)でケーディーの連結器を使って自然解放が多発するのは大抵はケーディー製品に非がありますが、Gゲージでケーディーの連結器を使って自然解放が多発するようであれば、それは恐らくは取り付ける際の技量が低過ぎるからだと考えて間違いないと思います。





品番内容ナックル
#779 車体マウント用 オフセット無しの#835用
#795 車体マウント用? オフセット大の#837用
#830・#930 車体マウント用#830・#930専用品(#930は色違い品)
#831 台車マウント用 オフセット大の#837用
#835 車体マウント用 オフセット無しの#835用
#836 車体マウント用 オフセット中の#836用
#837 車体マウント用 オフセット大の#837用
#840 解放ランプレール、永久磁石式開放ランプをLGB製300mm長レールに取り付けたもの
#880 連結器高さ調整ゲージ、連結器自体は#830連結器を使用
#905 車体マウント用 オフセット無しの#905用
品番内容ナックル
  • 下の表の品番の数字をクリックすると、当該品種に関する説明の箇所に移動します。
  • 行の背景色が同じ連結器は、同じナックルを使用しています。
  • #830・#880・#930以外のナックルは全て互換性があり、相互にカプラーポケット・ナックルの入れ換え使用が可能です。


ケーディー連結器の基本的な寸法

Aug 16, 2003.

Gゲージ用連結器の取り付け寸法は、丹念に調べればちゃんと判ることです。取り付け寸法と言いますか、連結器の中心高さなんてものは基本中の基本ですから、連結器メーカーが自社のカタログなりホームページなりに表示しているのが当然の話です。処が、私の手許にあるケーディーの1995年版カタログにはGゲージ以外の模型に関しては詳細な寸法が記載されているのですが、Gゲージに関しては明記されていません。

強いて言うとこの1995年版のカタログの記載によると、車体マウント用の小型の連結器には「レール面から床下までの高さが**インチ」と言う表示のある連結器が2種類掲載されていますが、何処を探しても連結器中心の標準的な高さは記載されておりません。ウォルサーズのビッグ・トレインズ・カタログにはケーディー製品が掲載されているページにこの種の基本的な数値は表示されているのですが、印刷が潰れていて私の視力では判読できません。

「印刷が潰れていて私の視力では判読でき」ないと言うのが、この表を作った最大の理由です。ウォルサーズのカタログは紙質が余り宜しくないのが原因かもしれませんが、文字の部分は比較的読み易いものの、挿絵や図面などの類は判読に苦しむ場合が間々あるからです。

もう一つ、受験勉強みたいな話で恐縮ですが、何事かを覚えようとしたら、やはり自分の手で書くか、キーボードを叩いて入力するかのどちらかに限ります。古臭い手法だとは思いますが、自分の記憶中枢?を刺激するつもりだったら、私の場合がこの方法が最適のようです。

実は連結器自体を買うと説明書が同封されていて、その説明書には寸法が明示されているのですが、これでこと足れりと考えているのであれば実に気に入りません。現物を買わなければ寸法が判らないのでは、取り付ける際の参考にはなっても、購入の際の参考にはならないですから、寸法を明示する価値が半減しようと言うものです。それは兎も角、あちこち探し回らなければ基本的な寸法が判らないと言う現実は少なからず面白くないので、例によって一覧表を作ってみたような次第です、ご笑覧いただければ幸いです。



インチ表示
(分数)
インチ表示
(デシマル)
メトリック表示
(mm)
レール面から連結器中心までの高さ(全連結器共通) 1-1/81.12528.56
レール面から床下までの高さ(#830) 1-19/641.30033.02
レール面から床下までの高さ(#835) 1-5/161.31333.34
レール面から床下までの高さ(#836) 1-1/81.12528.56
レール面から床下までの高さ(#831#837) 29/320.90623.02
レール面とトリップピンの間隔(全連結器共通) 1/80.1253.18
インチ表示
(分数)
インチ表示
(デシマル)
メトリック表示
(mm)


分数表示のインチの数字は全て、カタログや取扱説明書など、ケーディー社発行の書面の数値に準拠しています(いわゆるパクりをやっています)。デシマル表示(=10進法表示)のインチの数字は、基本的にはカタログや取扱説明書など、ケーディー社発行の書面の数値に準拠しています。個別の連結器でこれらの書面にデシマル表示の数字が見受けられない場合は、私自身が換算した数値を記載しています。メトリック(=メートル法)表示の数値はカタログや取扱説明書など、ケーディー社発行の書面には全く見受けられませんので、全て私が換算した数値のみを記載しています。



どの連結器を選ぶか

ケーディーの連結器は高さ方向の位置ずれにかなり敏感です。HOの場合などは、ちょっとでも高さがずれていると走行中に簡単に解放してしまいます(連結器が離れてしまいます)。私はその辺りが気に入らないので、殆どの車輛はNMRAのX2F型連結器のままで運転していましたし、アメリカ型専業なのに一部の車輛にはNEM方式のループ・フック型カプラーを台車マウントにしたアーチバー台車やベッテンドルフ台車を履かせたりもしていました。いずれも、走行中の自然に解放が多いケーディーの連結器を嫌ってのことでした。「車輛と線路を正しく整備すれば走行中の自然解放は無い」と言うのは正論ですが、実際に全ての車輛や線路を常に厳密に整備することは口で言うほどには簡単な作業ではありません。

翻ってGゲージの方は、と言うと、ナックルの高さ方向の寸法が大きい分だけ高さ方向の寸法誤差にはかなり余裕があります。これはありがたいことです。レールが太くて頑丈で、線路設置面の凹凸に余り左右されないという利用もあると思いますが、ケーディー連結器を装備したGゲージの車輛は、HOゲージのそれに比べると遙かに自然解放しにくいです。走行中の自然解放が皆無では無かったと記憶していますが、ほぼ無視し得る程度の頻度でしか、自然解放事故は発生しません。

問題なのは既存の車輛の連結器の交換をするとしてどの機種を選ぶかと言うことになりますが、アメリカ型の車輛を中心に考えると#831を多めに用意し、後は#835#836#837をパラパラと用意しておけば充分なようです。既述の通り、#831は#835・#836・#837のカプラーポケットと互換性があるからです。

それでは#830・#930はどうかと言うと、汎用性には間違い無く欠けます。先ず、カプラーポケットが相当に長いので取り付けに制約を受ける可能性があります。車輪の向きが一定の単車の場合は支障は無いと思いますが、オーバーハングが短めの貨車用台車を履いた車輛でも多少は台車の首振りが制約を受けます。もう一つは高さ方向のオフセット量の違う兄弟機種がありませんから、取り付ける車輛の床面が規定寸法よりも低かったら、正規の寸法に併せる為には床下を削って連結器の位置を高くしてやるしか対処方法はありません。

反面、#830・#930はナックルが長いのでその分だけ左右方向の首振り量が多く曲線通過には有利です。ボギー車でも連結器を車体マウントにするつもりだったら、#830以外の連結器では首振り量に限りがあるので、相当に半径の大きな曲線しか通行できなくなってしまいます。制約は多いですが、手持ち部品の中に1組位放り込んでおいても悪いものではないかも知れません。カブース以外には2軸単車が存在しない普通のアメリカ型の模型鉄道であれば、#830・#930は1組だけあれば充分だと言う気がしないでもないですが、、、。



ケーディー連結器の功罪

Feb 23, 2007.

ケーディー連結器や、その互換製品は外観も非常に実物に似ており、大変良く出来ています。そのためなのか以前は非常に価格も高額で「ケーディー1組貨車1輛」などと言う地口?のような話もあったくらいです。私が記憶している限りでは、つぼみ堂のト20000が1輛210円だったかの時に、ケーディー連結器は1組800円だったか900円だったかしてましたから凄い金額です。同じ時期に鉄道模型趣味誌が1冊170円でしたから、現在の貨幣価値に置き換えると1組辺り3000円とか4000円とかに相当するような金額です。もっとも、この時代の日本円の対ドル相場は1USドル=360円の固定相場の時代で、現在の比率の3倍程ですから高くて当たり前ではありますが、それにしても決して安い品物ではなかったことは明白です。

戯言は兎も角も、ケーディー連結器や、その互換製品にも幾つかの不都合な点はあります。実物を模した外観であるがために、連結した車輛同士が高さ方向に位置関係がずれると、簡単に連結器が外れてしまいます。ケーディー連結器や、その互換製品は実物のナックル可動型連結器を模していますから前後方向、左右方向へは連結器自体が動きを規制するので簡単に外れることはありませんが、ちょっとでも線路に高さ方向の食い違いがあると、走行中に簡単に解放してしまいます。

「線路を凸凹に敷設するのが悪いのだ」と言ってしまえばそれまでですが、現実に畳の上に線路を敷けば線路が凸凹になるのは理の当然です。「板の間や、フローリングの部屋に線路を敷けば良かろう」と言う発想ははっきり言ってしまえば詭弁みたいなものでして、他に線路を敷設する場所が確保できないから畳敷きの部屋に線路を敷いて、あっさり途中解放してくれるケーディー連結器で苦労をすることになるわけです。

「どの連結器を選ぶか」の項目にも書きましたが、HO専業だった時代に余りにもケーディー連結器の途中解放が多過ぎるので、全部の車輛をNMRAのX2F型連結器と、NEMのループ・フック型連結器に交換してしまおうかと考えたことがあります。X2F型はロクな連結器ではありませんが、安物に限らずアメリカ型の量産製品ではX2F型を標準装備している車輛が多いし、出来の悪いドローバーだと割り切ってしまえば腹も立ちません。

アメリカ型専業なのにNEMのループ連結器なんてどうするのかと言うと、リヴァロッシ辺りの製品ではループ連結器とX2F型が簡単に差し替えできるようになっているので何の苦労もありません。更には、普通の方は余り思い付かれないようですが、メルクリンの補修用部品の中にNEMのループ連結器を台車マウントにしたベッテンドルフ台車なんて品物がありまして、NEM規格化?なんてごく簡単に実現可能なんです。Gゲージに転んだ今となっては昔話に過ぎないですが、、、。

それでは、Gゲージ専業となった今ではなんでケーディー連結器に交換しまくっているのかと言うと、Gゲージの車輛はケーディー連結器を装備しても、滅多に走行途中の自然解放が発生しないからです。HO用などと比べると、Gゲージ用のケーディー連結器は相当にオーバースケールで、特に高さ方向にその傾向が大きく、本来の縮尺よりも遥かに高さ方向に解放しない余地が多いようで走行途中の自然解放が発生する確率が相当に低いからだと思われます。

勿論HOゲージ用のケーディー連結器や、その互換製品だって、決して縮尺どうりの大きさなんかでは作られておらず明白なオーバースケールになっていますが、Gゲージ用のケーディー連結器はHOゲージ用のそれに輪を掛けたくらいのオーバースケールです。連結器がオーバースケールになっている上に、線路自体も少々蹴飛ばしたくらいではびくともしないくらいにしっかりした造りになっているのですから、これでもってそう簡単に走行途中の自然解放が頻発するようでは使い方が悪いとも言えます。

それでは功罪の「功」の部分ですが、なんと言っても各部に使用しているスプリングが非常に弱く、、、と言うよりは適切な強さになっていると言うことです。適切な強さのスプリングを使うなんていうことは、機械を設計すると言う観点からすれば当然の話ですが、何故か鉄道模型の場合は実際の使用状況なんかを全く無視した連結器が以前は蔓延しておりました。大昔のNゲージを手にしたことがおありの方はご承知かと思いますが、Nゲージ用のアーノルト(Arnold)型連結器を装備した車輛は、車輛の重量から考えて必要な以上にスプリングが強く、思いっ切り叩き付けるように車輛同士をぶつけなければ自動連結してくれません。停車中の貨車に機関車が近付いて行っても、連結器のスプリングが強過ぎて相手を跳ね飛ばしてしまうので、自動連結なんて未来永劫夢のまた夢、思いっ切りぶつけて連結させようとすると、自動連結するよりも先に車輛をぶつけて壊してしまう方が先になりそうな按配ですから、随分とべら棒な話です。

これに比べるとGゲージでケーディー連結器を装備した車輛は、ごく低速で接触させた程度でも、ちゃんと連結してくれます。自動連結器なんだから当たり前の話ですが、当たり前のことも出来ないような酷い連結器を使ったことのある立場としては、まるで夢のような話です。かなり早い時期からDU(ディレイド・アンカプリング)が出きるようにしてあったと言う点も「功」と言えなくもありませんが、DUなどと言うのは自動解放したい場所に片っ端から解放ランプを設置してしまえば済む事であり、解放ランプを買い揃えるだけの資金的な余裕の無い貧乏人の戯言に過ぎないので、大袈裟に賞賛するほどのものでもありません。最も高く評価できる点は、実物を忠実に模したような外観でありながら、従来の模型用連結器よりも遥かに機能が充実していたと言う、このことに尽きると思います。