ケーディー製Gゲージ用連結器高さ調整ゲージ

May 7, 2005.

ケーディー製の結器の高さ調整用治具(ジグ)で、品番は「880」となります。ケーディーはこの種の品物に熱心で各ゲージのものを取り揃えています。キット構成になっており、使用されている連結器は車体マウント用の#830そのものです。同等の製品で1番ゲージ用のものもあり、組み立て説明書は共通になっています。

本体はダイキャスト製だと思いますが、これを組み立てて、底になる部分に鉄板を固定し#830連結器を取り付けるだけですから、組み立てに要する時間は10分程度のものでしょうか。必要な工具はマイナスドライバーのみですが、下手をすれば工具を探している時間の方が組み立てに要する時間よりも長いかも知れません。



ケーディーのGゲージ用連結器高さ調整ゲージ#880の写真です
ケーディーのGゲージ用連結器高さ調整ゲージ#880。



ケーディーのGゲージ用連結器高さ調整ゲージ#880の写真です
ケーディーのGゲージ用連結器高さ調整ゲージ#880。



この「連結器高さ調整ゲージ」ですることの出来る作業は次のような事柄です。

第1に、外観から予想は付こうかと言うものですが、この「連結器高さ調整ゲージ」を線路の上に載せて測定対象?となる車輛と突き合わせて見れば、その車輛の連結器の高さが正確かどうか判ります。まぁ、判っただけではどうしようもないので、この「連結器高さ調整ゲージ」を相手に、正確な高さになるように調整しながら取り付ければ宜しいです。

第2に、土台となっている板の高さ(≒板の厚み)は、レール面からトリップピンまでの所定の間隔に合致しています。このことを承知していさえすれば、トリップピンの高さ調整に使うことが出来ます。トリップピンとレール面との間隔は離れ過ぎては解放ランプの磁力が届きにくくなるので動作しにくくなります。反面、レール面との間隔が近過ぎるとレール自体に引っ掛かったりして脱線し易くなります。

第3は床下面高さの調整です。右上の写真で連結器と反対側に逆三角形の飛び出しがありますが、この高さが床下面の高さに合致すれば宜しいと言うことです。但し、この機能はちょっと眉唾モノです。世の中には床路面電車のように床面が低めの車輛もあれば、気動車などのようにエンジンを床下に抱え込んだために床面が高くならざるを得ない場合もあります。そう言った事情を無視して一義的に床下までの高さを揃えてしまったのでは単なるスケール無視なので、この機能はオマケ程度に考えておけば宜しいでしょう。

第4の機能はトラックゲージで、これはレール同士の間隔がGゲージとして適切な45mmゲージに準拠した寸法になっているかどうかを調べるための機能です。そう言えば、単体のトラックゲージで1番ゲージ用・45mm用と言う品物は、見掛けた記憶がありませんので結構貴重な存在かも?。他ゲージの高さ調整ゲージにも、トラックゲージとしての機能は持たせてあるようです。

第5の機能はホイールゲージで車輪のバックゲージ(車輪同士の内側の間隔)がGゲージとして適切な寸法になっているかどうかを調べるための機能です。この機能は各メーカーの車輪の設計に対する考え方が判って興味深いものです。個体差はあるのかもしれないですが、私が各メーカーの車輪を試してみた限りでは寸法が正確な順番にハートフォード→LGB→アリスト・クラフト→バックマン、と言う結果になりました。

最も正確なのはハートフォード・プロダクツ製の車輪で、あくまでも「ケーディー側の寸法が正しければ」と言う前提での話ですが、寸分の違いもありません。2番目に正確なのは本家LGBの製品で、一皮剥けた程度にバックゲージが狭めです。3番目に正確なのはアリスト・クラフトの製品で、1.5皮?向けた程度にバックゲージが広めです。4番目と言うか、、、バックマンの車輪は些か狭過ぎまして、この「連結器高さ調整ゲージ」の測定範囲よりも遥かに狭く、測定限界から逸脱してしまいました。

上記の結果からバックマン製の車輪を履いた車輛をレールに載せるとガタガタのグラグラで蛇行動を繰り返すであろう、と言うことが判ります。普通にLGB製の線路を走らせて遊んでいる分には支障はありませんが、#840の解放ランプレールを使ったりしていると、奇抜な現象が発生して面食らうことがあります。

どうなるのかと言うと、解放ランプを車輛が通り掛かった際にナックルが左方向に向いてしまうことがあります。ご承知の通りケーディーの連結器は解放ランプでナックルが右側に開くことで解放するわけです。解放ランプでこともあろうに左側にナックルが動いてしまったのでは、正に大珍事です。それと言うのもバックマン製の車輪はバックゲージが狭過ぎるので蛇行動を繰り返すこととなります。このように、知らなければ幸せなままでいられたような事柄まで判ってしまう興味深い連結器高さ調整ゲージではあります。