バックマンの20ft貨車について

Dec 29, 2007.

バックマン製のGゲージの20ft、、、要するに6m級の貨車なんですが、模型化した車体長が300mm程の小さな2軸ボギーの車輛群です。いずれも95、、、で始まる製品番号を持ちます。2軸単車のナベトロ的車輛を除けば、バックマンのGゲージの貨車としては最小の車輛群で、バックマン以外の製品を含めても、2軸ボギーのGゲージの車輛としては最小級の車輛と言えるでしょう。いわゆる「ムキ的」な車輛です。

「ムキ」と言うのはトム、ワム、タム程度の2軸単車の下回りだけを2軸ボギー化して、トキ、ワキ、タキ、のような雰囲気の車輛に改造してしまおうと言う話です。その昔のTMS(鉄道模型趣味)誌に「夢(ム)を気(キ)にする話」と言う記事があり、それが発端となります。

ムキ改造をする人は「ムキ教徒」とか「ムキ教の信者」と呼ばれるわけですが、勿論これは日本国内での話ですから、このバックマン製の20ft貨車には無関係です。但し、私と同年代以上の人ならば誰でもムキ教の影響は少なからず受けているでしょうから、この車輛を見せれば十中八九は「ムキ的」と感じるはずです。若い方には「チョロQ的」とか「Bトレインショーティー的」とか、そう言った印象をお考えいただければ宜しいでしょう。



バックマン製20ft貨車。
長さが約300mmですから、実物の85ft級車輛をHOゲージで模型化したのとほぼ同じ長さですが、当然ながら縮尺が違うので車体断面はGゲージの車輛の方が遙かに大きくなります。これは当たり前の話です。バックマンのGゲージ製品の縮尺は1/20.3なので、実物換算で6m級の可愛らしい車輛群です。同じ45mmゲージの線路を走る車輛としてはアリスト・クラフト製の20ft(25ft?)の2軸貨車が製品化されていますが、アリスト・クラフト製の車輛よりは50mmほど車体が長いです。バックマンの20ft貨車の模型の方が、アリスト・クラフトの25ft貨車の模型よりも縮尺の関係で車体が長くなるのは当然です。

興味深いのはバックマンの20ft貨車が模型化して車体長300mmでボギー車、アリスト・クラフトの25ft貨車が模型化して車体長250mmで2軸単車であると言う点です。250mmと言うとHOゲージの20m級車輛の長さですが、20m級の車体長を持つ2軸車と言うのもちょっと凄まじい車輛設計と言えます。この手の長大?な車輛でもGゲージ標準とも言うべき半径600mmの曲線は通過出来るわけでして、それだったら16番ゲージ(≒HOゲージ)の2軸ボギー車で、台車が首を振るにも拘わらず半径600mm程度の曲線を通過するのが精一杯であるとは、HOゲージ(≒16番ゲージ)の車輛というモノはなんとも役立たずではあります。

アリスト・クラフトの車輛は此処まで長くて2軸単車のままで運転に支障はないのかと言うと、まぁ。私自身で転がしてみた限りでは特に支障は感じられません。気のせいかも知れませんが、ちょっと余裕が無い感じがしないでもないですが。バックマンの車輛は2軸ボギー車ですから、長さが300mmあるとは言え曲線通過と言う点に関しては支障感?が少ないです。一番の問題となるのは、どちらの車輛も連結器が車体に取り付けてあると言う点です。この点については、アリスト・クラフトの車輛は連結器の腕が長く、バックマンの車輛は連結器の首振り量が多く、どちらのメーカーの車輛も普通に市販されている半径600mmの曲線を通している分には支障は無いようです。但し、いずれにしても車体長250mmで2軸単車であるとか、車体長300mmで連結器が台車マウントになっていないとか言う辺りは、半径600mmの曲線を使っている限りでは限界に近い数字ではないかと思います。

台車自体はバックマン特有の小型貨車用台車とでも言うような、独特な形状のアーチバー台車で、上述の通り、連結器は台車マウントになっていません。バックマン製のGゲージのボギー車で連結器が台車マウントになっていないのは、最小通過半径をφ800以上に限ってある高級貨車?と、この20ft級貨車の2系列だけです。車体が短いから台車の固定軸距離も短くなければならず、そのせいもあってかこの台車が使っている車輪はφ24.5のものです。大柄な貨車の使っている車輪はφ31mm(#92421)の車輪ですから、並べて比較してみるとかなり印象が違います。

バックマン製のボックスカーには全長400mmを超えるような大柄な車輛が多いのですが、正直な処、あれは大き過ぎて持て余します。短い方がなんとなく可愛らしく感じられるし、編成量数を稼ぐことができます。古い流行語で言うと「トランジスタ・グラマー」と言えるのでしょうか?。実物は長さ20ft、バックマンのGゲージ製品の縮尺は1/20.3ですから大雑把に6m級の貨車です。九十九里鉄道のケワ50型が全長7m弱ですから、大きさとしては推して知るべしです。同じくバックマンから発売されているポーター製のBタンク機にお似合いの貨車です。因みに、バックマン製の全長400mm級の貨車で、連結器を車体マウントにしてある車輛はやはり半径600mmの曲線の通過は困難で、メーカー推奨の最小通過曲線は半径800mm以上、と言うことのようです。

処で、この愛すべき20ft貨車群ですが、メーカーの直販サイトで購入すると1輛辺り60ドルをちょっと越えた程度、、ディスカウント色の強いアメリカの販売店で買うと30ドルをちょっと越えた程度、日本国内で買うと5000円をちょっと越えた程度です。ご承知の通り、Gゲージの車輛は体積が大きくて、HOゲージの車輛に比べると相当に運賃が掛かります。

「日本国内で買うと5000円をちょっと越えた程度」と言う金額は、実は我がサイトの重要なリンク先であるモデルスシマさんのサイトに表示されている販売価格で、太鼓持ちめいたまねをするつもりは毛頭ありませんが、個人輸入で掛かる経費を考えるとこの値段だったら素直にシマさんから買い求めた方が得策だと思います。そうとは気づかずに以前に私は自分で個人輸入してしまいましたから、シマさんから買い求めるよりはごく僅かに安い金額で収まっていますが、手間暇とリスクを勘案すると果たして得策だったかどうかいささか疑問です。そんな反省もあって、最近増備するモデルスシマさん経由のモノが多いです。



バックマンの20ft貨車の製品一覧表

以下にバックマンの20ft貨車の一覧表をお目に掛けます。隙間が少々目立ちますが、製造元のバックマンのサイトに掲載されている情報もこの程度です。

品番の数字をクリックすると当該車種に関する説明を記述した箇所に移動します。品番の数字をクリックしてもどうにもならない?車輛は、未だ入手していないので説明もへったくれもない、と言うことです。最終的には、全部揃えたいと思っているんですが、、、。95100番台、95200番台、95400番台と95500番台が空白になっている辺りが意味深で、色々と想像力を掻き立ててくれます。



品番車種ロードネーム
95344ボックスカーフローレンス&クリップル・クリーク鉄道
95368ボックスカーペンシルヴァニア鉄道
95370ボックスカーオキサイドレッド塗装のみ、レタリング無し
95612フラットカーバルティモア&オハイオ鉄道
95627フラットカーELY-THOMAS LUMBER
95670フラットカーオキサイドレッド塗装のみ、レタリング無し
95724ゴンドラカーコロラド&サザン鉄道
95728ゴンドラカーサウス・パシフィック・コースト鉄道
95747ゴンドラカーヴィクター金鉱山
95770ゴンドラカーオキサイドレッド塗装のみ、レタリング無し
95699フラットカードンキーエンジン搭載


95344:ボックスカーF&CCreek

コロラド州の南部、デンバーから見て南西方向にクリップル・クリーク(Cripple Creek)と言う小さな町が在ります。そこから更に南下して行くとフローレンス(Florence)と言う町が在ります。どうやら、この2つの町を結ぶ想定の鉄道の車輛と言うことのようです。実在した鉄道なのかどうかは私自身は自信がありません。クリップル・クリークもフローレンスも、どちらも幹線筋からは離れた場所に在る町で、この鉄道名だけから判断すると幹線に出る路線を自前で持っている鉄道とも思えません。姫新線の津山=新見間だけ、と言ったような路線じゃないかと思いますが、これはまぁ、私の勝手な想像に過ぎないので余り信用しないでください。



バックマン製20ftボックスカー。ロードネームはフローレンス&クリップル・クリーク鉄道
発売時期が明確ではありませんが、私の手持ちのカタログの中では1997年(平成9年)版には掲載されておらず、2000年(平成12年)版には掲載されていますから、この間の時期のいずれかとなります。この車輛が発売された時点で普通サイズ?の大柄なボックスカーなどは既に販売されていますから、明らかに後発製品です。後発である以上、何処が変わったのか知りたいところですが、私が気が付いた範囲では次のような点が変更されています。

先ず第一に、手摺り類は全て金属製になっています。車端部のステップやブレーキホイールを支えている支柱も金属製です。この種の部分を軟質プラスチック製にして「折れにくい材質です」などと言う詭弁は良く見掛けますが、この部分を金属製にしてくれたのは非常に嬉しい改良です。

メーカーの公式見解としての「折れにくい」などと言うのは、素人の見解としては「触っただけでも直ぐに折れる」と言っているのと大差ありません。当たり前ですが、真鍮製の車体の車輛などで手摺りに金属製の部品を使っている場合は、折れる・折れない、などと言う水準の低い話は持ち出すことがありません。簡単な話で、金属製の手摺りなんて言うものは滅多なことでは折れたりしないからです。

それに対して、殊更「折れにくい」などと言い訳じみたことを言い出すのは、現実に軒並み折れまくっていることを誤魔化してユーザーを騙すための詐欺まがいの言い訳のようなものです。この点では未だにHOゲージなどではプラスチック製手摺りの車輛を販売しているバックマンも同罪なんですが、この製品では改心して金属製の手摺りを使うようになったのは嬉しい限りです。現実に、私が以前にOゲージ製品をアメリカの模型店から買い求めた時期のプラスチック手摺りの車輛はかなり高い確率で破損して届きました。



バックマン製20ftボックスカーの台車。
第2に、台車はアーチバー台車のようなのですが、普通のものとは形状がやや異なります。軸距離がやや短く、上部のアーチバーは一直線で、下側のアーチバーは垂れ下がっています。

普通のアーチバー台車は、アーチバーが上下に膨らみますし、そうでなければ上だけが膨らむことが多いです。アーチバーが下側だけに膨らむ台車は比較的少数派と言って良いでしょう。車体が短いからなのか、連結器は台車マウントになっておりません。



バックマン製20ftボックスカーの台車。
台車の裏側はご覧の通りです。軸距離は実測で39mm程ですから、実物換算で792mm(≒31インチ)です。雰囲気としては纏足美女、と言った処でしょうか。

連結器は茶色っぽいプラスチック製です。比較的最近に買い求めたバックマン製品の連結器は、この写真のような茶色っぽいものが多く使われているように思います。機能的・性能的には従来の真っ黒けのものと相違は無いようですが、手入れが余り宜しくないナローゲージの鉄道で適当に錆が廻った状態、を想定しているのでは無いかと思います。



バックマン製20ftボックスカーの妻面。
妻面はレタリングが無いせいもあって、かなりあっさりとしています。大体、この車輛のレタリングはロードネーム、ヘラルド、車番しかありませんし、それらも全て車体側面に限られています。検査表記類は全く無くて、これは幾らなんでも手抜きです。それは兎も角、屋根上に高々と上げられたブレーキホイールの雰囲気は非常に宜しい、シビレてしまいそうです、って表現が古いなぁ。

但し、シビレてしまうのはブレーキホイールの方だけでして、良く見ると判りますが梯子はかなりインチキ臭い代物です。この梯子、単に浮き出しのモールドになっているだけで、手摺り類に金属製の部品を使ったのと同じだけの配慮がなされているとは到底思えません。どうも、この辺りは不徹底な印象がありますが、この辺りはお愛嬌と言うべきですかな。

なおこの車輛、カタログに掲載されている車輛とは若干仕様が異なります。カタログに写真が載っている車輛は屋根まで含めて茶色ですが、私の手元にある車輛はご覧の通り、屋根のみは黒です。



アリスト・クラフト製のボックスカーと並べて撮影した、バックマン製20ftボックスカー。
ほぼ同じ車体長のアリスト・クラフト製の1番ゲージの2軸ボックスカーと並べて記念撮影?してみましたが、違和感はありません。但し、アリスト・クラフトの車輛の方が多少は年代設定が新しいせいもあって、やや腰高で、大柄な感じはします。

因みに、アリスト・クラフトの車輛は1番ゲージですから模型化した際の縮尺はバックマン車の約5割増し、然しながら標準軌間用の車輛ですから実物同士を比べると同様に5割増しです。従って模型自体の大きさとしては大差は無くなります。



バックマン製の28ftボックスカーと並べて撮影した、バックマン製20ftボックスカー。
今度は同じバックマン製の車輛同士での比較です。右側に連結しているのは28ftのボックスカーで、バックマン製の貨車としては一番市場に出回っていると思わしき400mm級の車輛です。

28ft貨車は模型自体がいささか大柄です。そのことはバックマン自身も承知しているのか、製品の化粧箱には「"L" BOX CARS」と記載されています。それは兎も角、さすがに違和感なく並びます。



#95344の連結器を交換する

Sept 10, 2005.

手元にあるGゲージの車輛のうちの、何輛かはケーディー連結器に交換していますが使用しているのは#831ばかりです。この連結器が凄く気に入っている、と言うようなことではなくて、寸法的に丁度良いものが偶然にも軒並み#831であったと言うことです。然しながら、毎回なにやらの一つ覚えみたいに同じ連結器ばかりを使うのも面白くありません。そのような訳で、意地でも#831以外の連結器を使おうと言う確固たる信念?に基づいて作業したのがこの20ftボックスカーであると言うことです。

こんな素晴らしい理由で連結器を交換されてしまう車輛の方こそいい迷惑だと思っているんじゃないかと思いますが、「お前はこれ以外の連結器の使い方を知らないのか?」と言うあらぬ疑いを掛けられるのも業腹なので、なんとしても初志を貫徹することにします。



バックマン製の20ftボックスカーの連結器廻り。
連結器の真下側から撮影した写真は既にご覧いただいていますので、今度はやや斜め横側から撮った写真です。少々判り難いかと思いますが、Gゲージのボギー車には珍しく、連結器は車体マウントです。

Gゲージ用のケーディーの連結器で、車体マウント用なのは#830のみですから、なんとかコレを使う方向で作業を進めます。



バックマン製の20ftボックスカーの連結器。
連結器を取り外して撮影した、連結器単体。間違いなくケーディーの#830に良く似ています。両者が決定的に違うのは、写真のバックマンの連結器はナックルが下側にオフセットしているのに対し、ケーディーの#830は上にも下にもオフセットしていません。いわゆる「ストレートシャンク」と呼ばれる構造になっています。

車体への取り付けはタッピングビス1本、たったこれのみです。台枠側にボス?のような場所があって、その部分を使って固定してあります。



ケーディー#830連結器。
こちらは#830連結器の写真で、実は色々と加工してあります。上述の通り、バックマンの車輛に最初から付属してきたナックル可動型連結器に良く似て、、、とまぁ、その程度しか考えないで作業を始めてしまったのが運のツキです。

カプラーポケットの中央付近に穴があって、此処にタッピングを通せば車体に固定することは比較的簡単です。ところが、この穴から後ろ側(=ナックルと反対側)の寸法が、ケーディー#830の方が数mm長いです。

長いと言っても極く僅かなものなので、普通の28ft級の車輛だったら全く問題にならない程度の寸法ですが、生憎と今回交換作業をしている20ft車はオーバーハングが相当に短くて、#830のカプラーポケットがまともに収まる余地がありません。仕方が無いので#830の外側3箇所の耳のような、床板に固定する際にネジを通すための穴の内、車体側ボルスターに当たる部分を削り落とします。この手の作業はドレメルの電動ドリル#3950の一人舞台です。序でにカプラーポケット自体も少し削っておきます。



ケーディー#830連結器を取り付けたバックマンの20ftボックスカーの連結器周辺。
加工した#830連結器を取り付けた情況です。実は上述の程度の削り方だと若干問題が残ります。これだけ削ってもカプラーポケット後部はギリギリで車体側ボルスターにぴったりとくっつく程度の場所まで来てしまいます。その為に平坦な区間だけでしたら良いのですが、勾配に差し掛かる場所で台車側のボルスターがカプラーポケットに軽く接触します。

カプラーポケットをもっと大胆に削ってしまえば宜しいのですが、私の性格では何となく勿体無いのでこれ以上削ることが出来ません。此処まで削るのにも清水の舞台から飛び降りるような気持ちです(ウソ)。大体、そんなことよりも、今後は20ft車を主力にしたいのに、連結器を交換する都度そこまで手間を掛けなければならないのでは、余りにも面倒でかなわないと言うのが正直な処です。

それでは連結器を丸ごと車体外側に出すようにしてしまえば良いか?、と言うと、そんなわけにも行きません。連結器を外側に追いやることはカプラーポケットも外側に出てゆくことなのでかなり不恰好になります。連結器の腕だけが長く飛び出していることは急曲線通過を考えれば至極当然なので割り切れるのですが、カプラーポケットまでもが一緒に飛び出していたのでは何処をどう考えても奇怪な格好になります。それに、既存の台枠側のボス?のようなものを利用してタッピングで連結器全体を固定すると言うことが困難になります。



ケーディー#831(改?)連結器を取り付けたバックマンの20ftボックスカーの連結器周辺。
以上のような多大な精神的葛藤?を経て、反対側はもっと簡単な解決策を考えてみました。こちらもケーディーの連結器には相違ないですが、#831のカプラーポケットに#837のナックルを装填した、奇妙な組み合わせの連結器を開発して、これを使うことにします。

#831は台車マウント用の連結器ですから、ナックルがかなり大幅に上側にオフセットしています。車体マウント用の#830がオフセット無しであるのと好対照です。今回は台車マウント用の連結器を車体マウントに転用しようと言うのですから、そのままではオフセット量が多過ぎて不都合です。#831をそのまま取り付けると、ナックルの位置が高くなり過ぎて不都合であると言うことです。

そのような訳で、この種の連結器の中で一番オフセット量の少ない#837のナックルだけを#831のカプラーポケットと組み合わせて利用したと言うことです。それでは#837をそのまま使ったらどうか?、と言うと、それはダメです。カプラーポケットが短過ぎて、既存のタッピングネジ用?のボスを使うことができなくなるからです。

#837をそのまま取り付けることができない訳ではありませんが、それをするとカプラーポケットが短い分だけ、連結器全体を奥まって取り付けることとなります。実際にはそうやって取り付けた方がスケール的には正確な位置になるような気もするのですが、実際に急カーブを通過できなくなる可能性は高いですから実用的には大いに疑問が残ります。そのような訳で思いついたのが今回のカプラーポケットとナックルの組み合わせ、と言うことです。



ケーディー#830連結器を取り付けたバックマン製20ftボックスカー。
実際に高さゲージと連結させて見た処です。こちらは#830連結器を取り付けた方です。率直に言ってやや低過ぎます。但し、ナックル同士のずれ方が、ナックルの厚みのやっと1/3程度に収まっていますから、このことが理由で自然解放してしまうようなことはないと思います。

大体、この程度でしたら車輪を交換すれば解消してしまう程度の高さの相違でしかないように思います。ナックルの高さを低くするのであれば、床板と連結器の間にケーディーの連結器に付属してくる「シム」を挟んで取り付ければ済むことですから簡単な話です。

逆に、連結器は車体マウントなのでナックルの高さを上げるとなるとちょっと手間が掛かります。単純にはボルスターの部分にワッシャを挟んで車体を持ち上げてしまえば済むのですが、それでは幾らなんでも腰高で無様な車輛が出来上がってしまいますから悩ましい処です。



ケーディー#831(改?)連結器を取り付けたバックマン製20ftボックスカー。
同様に、こちらは#831(改?)連結器を取り付けた方ですが、ナックルの位置は何の調整もしていないで此処まで規定通りになってくれるのですし、加工らしいこともやってませんから、#830に比べたら遥かに楽な作業です。

此処まで簡単に物事が運んでしまったのは殆ど怪我の功名みたいなもの、、、って、自分で言ってれば世話は無いな。



95355:ボックスカー Little River Logging

Feb 27, 2010.

バックマン製品に限りませんがGゲージのアメリカ型はプラスチック製量産価格帯の製品の種類が少なくて似たような車輛ばかりが増えてしまって飽きちゃうんですが、またしてもバックマン製の20ft車です。20ft級車であれば、車体形状がどうあっても全て同じ下回りを使い廻しています。

この車輛はリトル・リヴァー・ロギング(Little River Logging)と言う、如何にも取って付けたような嘘臭いロードネームの車輛ですが、車体形状そのものはフローレンス・アンド・クリップル・クリークの20ftボックスカー(品番は95344)と全く同じモノの単なる色違いです。この写真では判然としないと思いますが、車体の塗装色は濃い茶色で、鉄道省の茶色1号をもうちょっと暗い感じの色にしたような車輛です。このシリーズの製品で単なるボックスカーレッドのボックスカーってあるのでしょうか?。レタリングは白いローマン体で、如何にもステンシルを使ってレタリングをしたと言う雰囲気が横溢する切れ切れのモノです。



バックマン製Gゲージの20ftボックスカー。
名鉄の電車の自体とほぼ似たようなものですが、やはり古い車輛のレタリングにはローマン体が最も相応しいように思います。単なるロギング会社(材木輸送会社?)のボックスカーだから輛数が少ない、と言う想定なのかも知れませんが、「16」と言う2桁の車番は、なんとなくほのぼの、細々とした微笑ましいような感じを与えてくれます。大鉄道ならば4桁の車番でも良いでしょうが、やはり2桁程度の車番にしておくと、如何にもささやかな鉄道と言う印象を感じます。こういうのを数字のマジックと言うのかなぁ。

惜しむらくは塗装の関係からなのか、離型剤の残留量が多いからなのか、なんとなく車体がテカッているような感じがするし、床下のKC型らしきブレーキシリンダ+エアタンクも「もうちょっと、洗浄してから組み立てろよ」と言いたいような雰囲気ではあります。この辺りがバックマン製品の限界でしょうか。



バックマン製20ftボックスカーの床下。
床下はご覧の通りです。トラスロッドは外側の2本のみで、これはプラスチック製です。ターンバックルは表現しなくても良いから、これも金属製にしてくれれば良かったのに、、、。床下器具はKC型らしき、ブレーキシリンダとエアタンクが一体になったものが1個取り付けてあるのみです。触った感じではコレも金属製のようです。



95627:フラットカーELY-THOMAS LUMBER

95627 20ft flat car of Ely Thomas Lumber, made by Bachmann.

バックマン製のGゲージのフラットカーの模型で、有名?な製材会社が保有すると言う設定の車輛です。所有しているのが製材会社ですから、要するにログフラットカーなのかもしれないです。理由は不明ですが、車番は当初より記入されていません。レタリングは単純過ぎてちょっと面白くないですが、白いローマン体がボックスカーレッドの車体に映えて目に染みるようです。この写真では取り付けないで撮影しましたが、ステークも付属しています。



バックマン製Gゲージの20ftフラットカー。
バックマン製Gゲージの20ftフラットカー(ELY-THOMAS LUMBER)。



バックマン製Gゲージの20ftフラットカー。
バックマン製Gゲージの20ftフラットカー(ELY-THOMAS LUMBER)。



20ftボックスカー(#95344)と同じ台枠を使っているようで、この点はコロラド&サザンの20ftゴンドラカー(#95724)などとも共通です。床板に見える部分は、実はこの共用台枠に被せている上回り?のようなものでして、この上回りはゴンドラカーとも共通です。



95724:20ftゴンドラカー C&S

バックマン製Gゲージの20ftゴンドラカー。
またしてもコロラド&サザン、またしてもゴンドラカーで4404号車です。拙宅には30ft級のGゲージの車輛(品番93724)にもコロラド&サザンの4404号と名乗るゴンドラカーがあります。商品設定としてはOn30ゲージにも4404号車があった筈なんですが、余程有名な車輛なんでしょうか?

フラットカーの上に囲いを載せたような外観で、On30のゴンドラカーにも似たような外観の車輛があります。



95728:20ftゴンドラカー「パシフィック・コースト」

バックマン製Gゲージの20ftゴンドラカー。
鉄道名が「パシフィック・コースト」となるバックマン製の20ftゴンドラカーです。車体自体はコロラド&サザンのゴンドラカー(品番95724)ヴィクター・ゴールド・マイニング(ヴィクター金鉱山)のゴンドラカー(品番95747)などと全く同一の低側ゴンドラカーです。他の車輛と違うのは コロラド&サザンのゴンドラカーは側枠にしかレタリングが入っていないし、ヴィクター金鉱山のゴンドラカーは側枠と台枠の両方にレタリングが入っているのに対し、このパシフィック・コーストのゴンドラカーは台枠の方にしかレタリングが施してありません。車体色はオキサイド・レッド(酸化鉄鉱石の赤色)なのでかなり赤っぽい車輛です。

側枠と言うか、アオリの部分は取り外し可能なので、この車輛は側枠(アオリ)だけを取り払ってしまえば直ぐにでもフラットカーに早変わりさせることが出来ます、、、って、低次元な話ですな。このコンテンツに記載してある車輛の中では品番95627のEly-Thomas Lumberのフラットカーが該当します。



95747:20ftゴンドラカー「ヴィクター金鉱山」

品番95344のボックスカーのロードネームは“フローレンス&クリップル・クリーク鉄道”ですが、クリップル・クリークを少し南下した箇所にヴィクター(Victor)と言う町が在ります。上述のボックスカーにも、このゴンドラカーにも、共通意匠というのか“ The Gold Belt Line ”と言う文字があります。こちらのヴィクター金鉱山と言う会社も実在したのかどうか私には判らないですが、傍系会社、系列会社と言う想定のようです。Cripple Creek and Victor Gold Mining Companyと言う会社ならば現存しますが、この車輛と何らかの関連性がある可能性は大甘にみても1%有るか無いか、と言う処でしょうか。

何を以て1%の類似性の根拠とするのかと言うと、ヴィクターの町で金鉱山に拘わっていると、たったそれだけのことでしか無いんですがね。



バックマン製Gゲージの20ftゴンドラカー。
バックマン製のGゲージのゴンドラカーの模型です。バックマン製の20ft貨車の中では、恐らくは一番レタリングが細かく記入されている車輛です。但し、ゴシック書体なのが少々不満で、出来れば書体はレールロード・ローマン体にでもして欲しかった処です。20ftボックスカー(#95344)と同じ台枠を使っているようで、この点は20ftフラットカー(#95627)などとも共通です。床板に見える部分は、実はこの共用台枠に被せている上回り?のようなものでして、この上回りはフラットカーとも共通です。

そうなると「ゴンドラカーとフラットカーの相違点はアオリの有無だけなのか」と言うことになりますが、どうもそうではないようです。床板上面の車体側ボルスターに相当する部分には少なからずヒケが見受けられるのですが、フラットカーの方は多少凹んでいる程度ですが、ゴンドラカーの方はかなり大きく凹んでいます。下衆の勘ぐりですが、出荷検査でヒケが許容範囲を越えてしまって検査落ち?になったフラットカーは、アオリと一緒にゴンドラカーに仕立て直して売っているような気がします(あくまでも私がそのように想像しているだけですのではずしている可能性が大いに高いですから念のため)。



バックマン製Gゲージの20ftゴンドラカー。
ゴンドラカーのデッキ周辺です。手摺りやステップなどは金属製です。この種の部品類は耐久性を考えたら、圧倒的に金属製の方が好感が持てます。もうそろそろ、プラスチック製の手摺りが付いているなんて車輛とは縁を切りたいものです。

ブレーキハンドルは別添パーツを自分で取り付けますが、床板に開いた穴が大き過ぎてズボズボ、と言うかそのままでは通り抜けて落っこちてしまいます。しかも、ブレーキハンドルを取り付けると製品付属の化粧箱には入らなくなってしまうと言うオチも付いています。仕方が無いので、この写真を撮影する際には床板の裏側にメンディングテープを貼り付けて落ちないようにしています。裏から接着剤を流して固定して、化粧箱の方は別途加工してやるしかないようです。床板の根元の部分には、ラチェットギヤが浮き出しで表現されていますが、中々気の利いた良い雰囲気です。

床板上面のボックスカーレッドと、同じく床板側面のリーファーイエローの部分は塗り別けて表現をしているのですが、良くもこんなに綺麗に塗り別けることが出来るものだと感心することしきりです。ちょっと驚きました。アオリの方は別パーツを取り付けてあるだけなので、こちらは塗り別け云々とは無関係な話です。



バックマン製Gゲージの20ftゴンドラカー。
台車周り。他の20ft貨車と同様の、下枠が垂下した独特な形状のアーチバー台車を使用しています。上枠は一直線になっているので、実はトラスロッドに少々干渉し易いです。普通に走らせている分には支障はありませんが、勾配の始点・終点が曲線に掛かっていたりすると、場合によっては台車がトラスロッドに接触して脱線する可能性は否定できないでしょう。連結器は車体マウントで、この点もバックマン製の他の20ft貨車と同様です。