バックマンのOn30のボックスカー

Sept 1, 2015.

Bachmann made ON30 boxcar.



バックマン製のOn30の、ストックカー(=家畜車)と共通の下周りを持つボックスカー(=有蓋車)で、車体長は163mmです。ストックカーと同様に妻面に剣術の道場の武者窓のような仕掛けが取り付けてありますが、その点を除けば何の変哲もない車輛で却ってホっとさせてくれます。不愛想と言っても良いくらいに普通の外観です。ちょっと、車体形状が単純すぎますでしょうか?。

往年のベルリン・フィルハーモニーの名指揮者であるヴィルヘルム・フルトヴェングラーの金言に「全て偉大なるものは単純なり」と言うものがありますが、その言葉を想起させてくれるような外観です。アウトサイド・シースと言うのか、車体骨格の外側に側板を張り付けて行く構造であることもこの事を強調する結果となっているようです。

序でに嫌味を書くと、レタリングが余りにも省略されているために益々単純な外観に見えてしまいます。こればかりは「もうちょっとどうにかならないのかよ」と言いたくなる点ではあるんですが、、、。

妻面のハシゴはちょっと見事で、これ、金属製の手摺りが一本づつ植え込まれています。ストックカーの妻面のハシゴは一体成型の筏の子分みたいなものが張り付いているだけですが、あれとは大違いです。此処までやってもあの寂しいレタリング、、、と言うのはなんとも理解しかねる処です。



27011:On30のボックスカーGN #23714

Sept 1, 2015.

27011 On30 Boxcar GN, made by Bachmann.



私が個人的に好きなノーザン・パシフィック鉄道の兄弟会社のような存在であるグレート・ノーザン鉄道のロゴ入りのボックスカーです。ノーザン・パシフィック鉄道とグレート・ノーザン鉄道は持ち株会社が共通だった時期があり、CBC&Qの株式を48.5%づつ持ち合っていたこともあります。

グレート・ノーザン鉄道の特急用客車は緑と橙色に塗り分けられており、この色は湘南電車の塗装の元祖らしいのですが、余りセンスが宜しくありません。それに比べると、ボックスカーの方は単純な色遣いで清々しくて良い感じです。やはり、茶系統の車体色+白いレタリングと言う配色はアメリカ型貨車の基本となる色遣いだと思います。但し、塗装色自体はボックスカーレッドではなくて、もうちょっと濃い茶色でマルーンと表現した方が良いような深みのある色合いです。

ビルボード・リーファーのようなカラフルな配色の車輛も良いのですが、その種の車輛に迂闊に手を出すと泥沼から抜け出せなくなってしまうので、On30に出戻って来たのを切っ掛けに意図してこの種の地味な車輛を入手するように心掛けています。



バックマン製On30ゲージのボックスカー、品番は23714、ロードネームはグレート・ノーザン。
バックマン製On30ゲージのボックスカー、品番23714、GN.
岩の上に立つゴートの模様が印象的で、大昔の天賞堂の製品を思わすような懐かしい外観です。コレを見て天賞堂を思い浮かべるのは日本人のアメリカ型好きな模型ファンだけでしょうなぁ。アメリカの人でGNのゴート=天賞堂、と言う発想をしてしまう人は朝鮮戦争の時に日本に進駐していた軍人さんとか、相当に年配の方だけだと思います。
Bachmann made On30 boxcar, GN.



バックマン製On30ゲージのボックスカー、品番は23714、ロードネームはグレート・ノーザン。
バックマン製On30ゲージのボックスカー、品番23714、GN。妻面のハシゴ?はストックカーとは異なり、金属製の手摺りを1本づつ埋め込んだような代物です。デティールに此処まで凝るのに、なんでレタリングはショボくするのやら、、、。