2210:蒸気機関車5号機「スモーキー」

Aug 1, 2009.

Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named "Smoky".

フライシュマン(Fleischmann)のOゲージナローの可愛らしい機関車です。値段も可愛らしくて、買った当時の実売価格で120ドルは切っていたように思います。重量は181g、車体長は約105mm、車体幅は約45mmです。かなり大振りな印象がありますが、縮尺は1/43の筈なので換算するとプロトタイプの車体幅は1935mmですから、実際にはかなり小柄な車輛であるとも言えます。

オーレンシュタイン・ウント・アーサーコッペル製の機関車をプロトタイプに選んでいるのだともいます。かなりがっしりした機関車です。同じOナローのBタンク機同士での比較では、バックマンのポーター製亀の子機関車などよりもフライシュマンの車輛の方が明らかに大柄です。これは、、、比較の仕方が悪いですな。

バックマンの亀の子は8t機だった筈ですから、こちらのフライシュマンの機関車は恐らくは10t機くらいの大きさでしょうか?。井笠鉄道の2号機頸城鉄道の2号機は9t機でしたから、これらよりも多少大きい程度の機関車では無いかと思います。大きさの印象に基づいて勝手な判断をすると10t機とか12t機程度に感じられます。

ナローゲージの量産・市販・完成品のコッペル機と言うと、大昔に販売されていたエガー・バーンの可愛らしい2号機を思い浮かべますが、こちらのフライシュマンの5号機も負けない程度に可愛らしい機関車です。私自身はかなり出遅れてマジックトレインに手を染めたので、この文章を書いている時点ではこの5号機が唯一の動力車です。もう1輛入手しないと、常時混合列車でしか運転できないのでどうにかしたい処です。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」(品番2210)。



デティールは簡素ですが、キャブ内までそこそこ作り込んであって良い感じです。屋根が簡単に外れる、と言うか嵌めてあるだけなので、こうやって覗き込むことができるのも嬉しい点です。但し、窓は穴が開いているだけで、ガラスに相当するようなものは一切存在しません。周囲は溝のようになっているので、もしかしたら欠品なのかも?。序でに書くと、嵌め込み式で、簡単なロック機構と言うか、引っ掛かり式のツメのようなもので固定されているだけなので、キャブも上方に引っ張れば簡単に取り外すことが出来ます。

フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」のキャブ内部(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」。
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」のキャブ内部(品番2210)。



動輪間にジャッキのようなものが見えていますが、これはレール頭部を直接擦る集電ブラシです。フライシュマンの小型機関車には大抵この仕掛けが取付けてあります。ロッドがアルファベットの「Z」を引き伸ばしたような奇妙な格好に曲がっていますが、フライシュマンの普及価格帯の小型機関車では、軒並みこのようになっているようです。敢えてこんな格好にしてあるのは、クランクピンと言うのか、第1動輪から生えているロッド取り付け用のネジを避けるためだと思われます。

フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」の床下部(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」(品番2210)。この車輛が載っている線路は、同じくフライシュマン製のプロフィトラックと言う16.5mmゲージの道床付き線路です。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」とバックマン製の亀の子機関車。
試みに、バックマン製のOn30ゲージの亀の子機関車と並べてみました。フライシュマンのこの機関車の縮尺は1/43、バックマンの亀の子機関車の方は同じくOナローですが縮尺は1/48、縮尺は大雑把に10%違いますからかなり大きさが違って見えます。16.5mmゲージの線路を走りますから、HOゲージと言うか、16番ゲージと言うか、その種の鉄道模型のインフラを流用すると言う点では同じ土俵に立っている筈なんですが、、、フライシュマン製品の方がオーバースケールになっているんじゃないかと言う気がします。この写真で2輛の機関車が載っている線路は、シノハラ製ベニヤ板道床にPECO(ピコ)製フレキシブルレールを取り付けた線路で、、、まぁ、自作した品物です。





































QR-CODE