2210:蒸気機関車5号機「スモーキー」

Oct 1, 2020.

Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named "Smoky".
Fleischmann生産的5號蒸汽機車「Smokey」、例如O窄軌距(On30)。



フライシュマンのマジックトレインの車輛の連結器をNEM-362規格のケーディー連結器に交換する話はこちらに記述しています。



フライシュマン(Fleischmann)のOゲージナローのブランドである「マジックトレイン」の名前で販売されていた可愛らしい蒸気機関車です。「Oゲージナロー」とは言ってもバックマン起源の1/48の「On30」ではなくて「Oe」と呼ばれる方です。どちらにしてもOゲージの縮尺の車輛がHOゲージ並の16.5mmゲージの線路を走ると言う点では大差はないですけど。縮尺は、余り明確に表示されていませんが1/43だった筈です。値段も可愛らしくて、買った当時の実売価格で120ドルは切っていたように思います。重量は181g、車体長は約105mm、車体幅は約45mmです。かなり大振りな印象がありますが、縮尺が1/43とすれば換算するとプロトタイプの車体幅は1935mmですから、実際にはそれ程大柄な車輛ではありません。

私はこの車輛の事を長らくコッペル製の機関車をプロトタイプに選んでいるのだと考えていましたが、なんとなく雰囲気が違うような気がするので、実際にはクラウス製の機関車じゃないかと考えています。コッペル製の機関車は模型も、静態保存の実物も見掛ける機会が多いのに対し、クラウス製の機関車は余り機会に恵まれないので確信する境地にまで至る事が出来ていないのが実情です。手持ちの機関車同士での比較では、バックマンのポーター製亀の子機関車などよりもフライシュマンの車輛の方が明らかに大柄です。これは、、、比較の仕方が悪いですな。バックマンの亀の子は8t機だった筈ですから、こちらのフライシュマンの機関車は恐らくは10t機くらいの大きさでしょうか?。

ナローゲージの量産・市販・完成品の蒸気機関車と言うと、大昔に販売されていたエガー・バーンの可愛らしい2号機を思い浮かべますが、こちらのフライシュマンの5号機も負けない程度に大柄乍ら可愛らしい機関車です。背が高くてロリ巨乳と言った処でしょうか。私は小柄・ガリガリ・微乳が好きなんですが、、、。

私自身はかなり出遅れてマジックトレイン(Magic Train)に手を染めたので、この文章を書いている時点ではこの5号機が唯一の動力車です。マジックトレインの客車・貨車は複数保有していますが機関車はこの1輛だけなので、もう1輛入手しないと常時混合列車でしか運転できないのでどうにかしたい処です。一番簡単な解決策は、マジックトレインの車輛の内の何輛かをケーディー互換のナックル可動型連結器装備に改造してしまって、バックマンの亀の子機関車とかにもフライシュマンの車輛を牽引させると言う事なんですが、なんとなく絶版品のマジックトレインの車輛を加工することに躊躇いがあります。こんな事を躊躇い続けて、一体何年経つことやら。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」(品番2210)。デティールは簡素ですが、キャブ内までそこそこ作り込んであって良い感じです。屋根が簡単に外れる、と言うか嵌めてあるだけなので、こうやって覗き込むことができるのも嬉しい点です。但し、窓は穴が開いているだけで、ガラスに相当するようなものは一切存在しません。周囲は溝のようになっているので、もしかしたら欠品なのかも?。序でに書くと、嵌め込み式で、簡単なロック機構と言うか、引っ掛かり式のツメのようなもので固定されているだけなので、キャブも上方に引っ張れば簡単に取り外すことが出来ます。

フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」を、ほぼ真上から俯瞰した処(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」。
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」のキャブ内部(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」。
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」のキャブ内部(品番2210)。「細かい」とは言ってもこの程度ですが、、、。



動輪間にジャッキのようなものが見えていますが、これはレール頭部を直接擦る集電ブラシです。フライシュマンの小型機関車には大抵この仕掛けが取付けてあります。ロッドがアルファベットの「Z」を引き伸ばしたような奇妙な格好に曲がっていますが、フライシュマンの普及価格帯の小型機関車では、軒並みこのようになっているようです。敢えてこんな格好にしてあるのは、クランクピンと言うのか、第1動輪から生えているロッド取り付け用のネジを避けるためだと思われます。

フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」の床下部(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」(品番2210)。この車輛が載っている線路は、同じくフライシュマン製のプロフィトラックと言う16.5mmゲージの道床付き線路です。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」 Fleischmann made O narrow gauge steam locomotive No.5, named Smoky.
フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」(品番2210)。



フライシュマン製蒸気機関車5号機「スモーキー」とバックマン製の亀の子機関車。
試みに、バックマン製のOn30ゲージの亀の子機関車と並べてみました。フライシュマンのこの機関車の縮尺は1/43、バックマンの亀の子機関車の方は同じくOナローですが縮尺は1/48、縮尺は大雑把に10%違いますからかなり大きさが違って見えます。16.5mmゲージの線路を走りますから、HOゲージと言うか、16番ゲージと言うか、その種の鉄道模型のインフラを流用すると言う点では同じ土俵に立っている筈なんですが、、、フライシュマン製品の方がオーバースケールになっているんじゃないかと言う気がします。

この写真で2輛の機関車が載っている線路は他にも撮影用に使い回している線路ですが、シノハラ製ベニヤ板道床にPECO(ピコ)製フレキシブルレールを取り付けた線路で、、、まぁ、自作した品物です。60年近く前に鉄道模型に手を染めた際に初めて親父が作ってくれた線路と同じ構造の線路を未だに使っているし、未だに新規に作ろうともしていますから、なんとも因循姑息な話です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁