城南モデルについて

Dec 1, 2016.

その昔に、対米輸出をやっていた模型メーカーです。「模型メーカー」とは言っても実態は商社専業のようで、各模型メーカーに発注した品物を自社名義で輸出販売していたと言うことのようです。杉山模型の製品も、このルートで販売されていたと言う経緯があるようです。

販売量は余り多いとは思えません。このメーカーの広告は「とれいん」誌で何回か見掛けた記憶がある程度です。確か、M-191だったかのATSFのガスエレクトリックが草深い山中を昇り詰めて行くようなイラストだったようです。

社名にある「城南」と言うのは江戸城の南と言う程度の意味です。大雑把ですが、東京都品川区や東京都大田区が城南地域です。場所によっては世田谷区や目黒区も城南地域に含んでも良いと思いますが、目黒区の駒場とか、世田谷区の成城とかまでは入らないように思います。いわゆる京浜工業地帯の海岸沿いの辺りは重工業中心の企業が集中していますが、少し内陸の方に入ると軽工業の企業が集中しています。大雑把ですが、産業道路よりも東側は重工業地帯、西側は軽工業地帯です。

この辺りはごく簡単な理由で、自社所有の船着き場を必要とするような企業は海岸沿いに立地するし、模型屋さんのように必ずしも自社所有の岸壁を持っていなくても商売に差し支えないような営業形態であれば海岸沿いに立地しません。家内制手工業的なメーカーが多い模型屋さんであれば尚更です。



ディスコネクト・ロッグカー

Dec 1, 2016.

ディスコネクト・ロッグカーと言うのは「連結していない原木運搬車」のことです。日本的に言えば運材台車、、、まさしくそのモノです。実は拙宅にある城南モデルの品物は、ディスコネクト・ロッグカーが唯一です。小高模型のダイキャスト製台車を入れてあるようなプラスチック製のケースに入れた状態で売られていたものです。

買い求めたのは渋谷に在ったアサヒホビーです。序でに書くと、杉山模型のマックトラックを買い求めたのもアサヒホビーです。今となっては懐かしい思い出です。



城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。
城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。中央の荷物受け?の大きさや形状から判断すると、かなり太い原木を運ぶ車輛を想定しているんでしょうか、おそらくは直径2mを超える原木とか、、、。



城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。
城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。プロトタイプは軸箱可動なようですから、この種の車輛としてはかなり高級です。馬蹄形のようなペデスタルの周辺部の形状が秀逸です。



城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。
城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。



城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。
城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。



城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。
城南モデル製ディスコネクト・ロッグカー。放置期間が長かったので少々汚れてしまってますけど、、、。中央の太い部分がカプラーポケットです。車体長の90%くらいがカプラーポケットの長さに相当するので、この車輛の大きさ(≒小ささ)が判ってしまって少々びっくりです。