オザーク・ミニュチュアーズについて

July 7, 2006.


オザーク・ミニュチュアーズと言うメーカーはGゲージ用の「パーツメーカー」としてはかなり著名な方だと思います、元々はモンタナ州に在ったのですが、暫く前にユタ州へ移転したようです。

元来は部品屋さんなんですが、部品屋さんの常として自社製品が充実してくれば、それを寄せ集めればキットとして売れる、、、と考えたかどうかは判りかねます。いずれにしてもキットの中身は自社製鋳造パーツとバスウッドと思わしき木材の組み合わせとなります。細かい部品が多く、その結果として部品点数も多く、従って高額である、と言う図式が出来上がるのみ部品専業メーカーならではのことかと思います。

一番単純なフラットカー(=平床の長物車)でも$40程度はしますから、同種のプラスチック製品と比較するとかなり高額であることは否めません。その代わりに組み立てる楽しさは一体成型のプラスチック製キットとは比較にならないものがあります。



7510系10ft貨車

July 7, 2007.

クリア・クリーク・シリーズ(Clear Creek Series)と銘打って販売されている10ft貨車のキットです。実物の全長が10ft(≒3048mm)、縮尺はバックマンの製品と同等の1/20.3から模型化した場合の公称長さは約15cmの可愛い車輛、、、と言うのは買ってから判った話です。実はこの車輛群は何時もの通りにカブースホビーズから買い求めたものですが、この店のサイトには製品写真が掲載されていないばかりではなく、メーカーであるオザーク・ミニュチュアーズのサイトにも製品写真がないというのだから怪しからんと言いますか、余り販売熱意が感じられない話です。製品を買うと化粧箱にはちゃんと製品写真が貼ってあるのだから、未撮影と言う訳では無い筈なんですが、、、。

兎に角も買ってしまえば内容が判るだろう、と言う人柱的精神の発露として買い求めてみたのが以下にご覧戴く車輛たちです。「車輛たち」とは言うもののキットを買っただけで組み立てた訳でもなんでもありませんからこちらの方が更に怪しくりからんとも言えますが、車輛の外観はハートランド・ロコモティヴ・ワークス製の2軸オアカーなどと同様の、馬蹄形ペデスタルが明確に台枠の外側に飛び出している、トロッコ的な車輛としては最も私の好みに合致する車輛なのでホっとしているような次第です。製品の内訳は判明している限りでは下記の通りです。



7512フラットカー
7513サンド&グラーベル車(=土運車?)
7515オイル&リューブ車(=業務用潤滑油運搬車)
7516ツール車(業務用工具運搬車?)


上記の4車種のほかにディスコネクト・ロッグカーもあって、これのみが妙に金額が高いです。もしかしたら「7512のフラットカーを2輛纏め売り+ロッグカーにするための追加部品」と言う内容かもしれないですが、これのみが他の製品よりも5割くらい売価が高いので思い止まってしまいました。他の製品の内容が判明した今となっては、次回発注の際に是非加えようかと思っています。

いずれにしてもGn15程度の大きさでしかない車輛たちですが、Gn15ではなくてちゃんと45mmゲージの線路の上を走る正調Gゲージ?の車輛です。Gn15の車輛は別途製品化されていて、全く別の系列の製品です。因みに、Gn15と言うのは15インチ(≒381mmゲージ)の車輛をGゲージ並の縮尺で模型化して16.5mmゲージの線路で走らせようと言うものですから、トロッコ的と言うよりは全くのトロッコです。



7512 10ft flatcar

オザーク・ミニチュアーズ製フラットカーのキットのラベル。G gauge flat car, manufactured by Ozark Miniatures.
7512はフラットカーと言う名前の通り、本当に単なるフラットカーです。この系列の基本となる車輛です。この系列で、7512以外の車輛は、実は7512に何らかの架装(かそう)を施して別の車種に仕立ててあるものです。従ってこの系列の製品を買えば、どの製品であっても7512成分?が含まれています。どの車輛を組む場合でも7512を一旦組み立てた後に、架装(かそう)用部品を取り付けて行くと、取り付ける部品の種類に従って違う種類の車種が出来上がると言うことです。

同じシャーシを使っていても販売店系列によって違う車体を載せるのでカローラにる、スプリンターになる、更にはダイハツに払い下げるとシャルマンになる、と言うことなんですが、、、話が古過ぎて高齢者でないと判りませんな、この比喩は。冒頭で引き合いに出したハートランド・ロコモティヴ・ワークス製の2軸オアカーもこの伝で、車種が違っても台枠以下は同じものを使っています。



オザーク・ミニチュアーズ製フラットカーのキット。G gauge flat car, manufactured by Ozark Miniatures.
内容はご覧の通りです。バスウッドと思われる角材と、バスウッドをレーザー加工したらしき床板で主要な部分は構成されます。材木が妙に黄色っぽいのは横着してホワイトバランスを正確に合わせていないせいです。それ以外の部品類は金属製です。

車輪は光り具合から購入当初はステンレス製じゃないかと思っていましたが、あっさりと赤錆が出てきましたので単なる鉄製のようです。軸受けはオザーク・ミニチュアーズの自社製品で#1010のスプリング可動軸受けです。こんなトロッコまがいの2軸車でスプリング可動なのですから随分と豪華です。こんなに軽い車体では、果たしてスプリング可動の効果があるのかどうかちょっと疑問ですが、、、。

連結器は朝顔形のものが入っています。別売している#0019の朝顔形連結器とは違って、もっと柄が短くいものです。要するに床下に取り付けるのではなくて、端梁部に取り付ける仕様のものです。ブレーキ類は床板上に飛び出すブレーキハンドルがあるのみですが、ハンドルとラチェットを模した部分のみは鋳造で、ブレーキポストと言うのか、シャフトのように床上に飛び出す部分のみは真鍮丸棒(真鍮線)です。繰り返しになりますが、7510系のキットはどれを買っても上掲の写真のフラットカー一式分の部品は付属してくると言うことになります。



7513 10ft sand and gravel car

オザーク・ミニチュアーズ製サンド&グラーベル車のキットのラベル。G gauge sand and gravel car, manufactured by Ozark Miniatures.
7513は7512の床上に簡単な木製の覆いと言うか、囲いのようなものを取り付けて「サンド&グラーベル車(=土運車?)」としたものです。ナベトロのように積み出し施設まで運んでガバっと積荷を下ろすのではなくて、作業しながら、土砂を撒きながら運行することが目的の車輛のようです。



7515 oil and lube car

オザーク・ミニチュアーズ製オイル&リューブ車のキットのラベル。G gauge oil and lube, manufactured by Ozark Miniatures.
7515は「オイル&リューブ車(=業務用潤滑油運搬車)」と言うことですが単なるタンク車ではなく、沿線を巡回しながら機器類に潤滑油を給油して回るのが目的の車輛のようです。そのせいもあってか、油差しなどもキットに付属しています。
有名なタ300のようなマルチタンク車、と言えなくもないですが、実態はフラットカーの床板上にタンク台を取り付けて、その上にドラム缶を3本並べて鏡板に蛇口を取り付けただけの愉快な車輛です。木製の樽を載せて実際に飲み物を給仕することのできる有名なLGB製のタンク車がありますが、アレの対極とも言える存在です。



7516 tool car

オザーク・ミニチュアーズ製ツール車のキットのラベル。G gauge tool car, manufactured by Ozark Miniatures.
7516には「ツール車(業務用工具運搬車?)」と言う変な和訳を充てましたが、工具類を作業台諸共運ぶ車輛ですから移動作業車と言った方が良いのかも。野外工作室にトロッコの下回りを履かせたような車輛です。