!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> メルクリン雑記帳

メルクリンについて

Apr 1, 2017.

「急にメルクリンの話なんか持ち出してどうしたんだ?」と言われそうですが、実は私、隠れメルクリンファンです。そうは言っても一時的にスターターセットを保有していたり、カタログは1970年代から時折買い求めたと言う程度に過ぎないですが、、、。そのスターターセットをヤフオクで売り飛ばしたら、落札してくれた相手は知り合いのアメリカ型好きな人だったのは笑い話なんだか笑えないんだか、世の中は狭いです。

以下、直流2線式のHOゲージやOn30製品しか持っていないのに、メルクリン製の交流3線式のHOゲージ製品でなんとか遊べないかなぁ、と言う話です。





メルクリンとアメリカ型

Apr 1, 2017.

実はメルクリンは連綿とアメリカ型を販売しています。最近のデジタル制御の代物には全く興味が持てないので現状は判りかねますが、少なくとも私がカタログを買い求めていたアナログ制御全盛の時代にはEMDのF7(と言う名前の流線型ディーゼル機関車)と、ボックスカー、ゴンドラカー、カブースだけは連綿と掲載されています。

F7は片運転台の流線型機関車なので些か使いにくくもありますが、普通のロードスイッチャーのGP7などと同じくボギーセンター間は30ft(≒9144mm)なので、車体だけ載せ換えてくれれば幾らでも車種は増やせる筈なんです。こんな事すらしないメルクリンのアメリカ型に将来性に対する不安を感じたからなのか、結局は深入りせずに過ごしてしまいました。GP7に限りませんが、アメリカ型で1000馬力から2000馬力程度のエンジンを載せた機関車のボギーセンター間は大体が30ft前後ですから、車種選択さえ誤らなければ同じシャシを使って無数に品物は増やせた筈です。

恐らく、GP7のようなロード・スイッチャーが売られていれば全面的にメルクリンに乗り換えていたと思います。



3線式であると言う事

Apr 1, 2017.

私は3線式に対する抵抗感は全く無い、、、と言うよりは3線式には利点しか感じません。なによりも、メルクリンの採用している点接式の中央第3軌条は機能と外観の両面から判断して極めて合理的です。ライオネルの3線式のOゲージも一時期所有していましたが、あそこまで玩具っぽい外観の車輛では些か辟易するものの、アトラスOやMTHのように黒く着色したは中央第3軌条を使ってあれば殆ど気になることはありません。寧ろ、リバースやデルタ線での配線の合理性を考えると、現在でも3線式の方に優位性があると思っています。出来ることならOn30とかでも3線式にしたいくらいです。

当然乍ら交流運転だからと言って、一義的に3線式になると言うことではありません。交流で2線式にする事もできますし、トリックスの「トリックス・エキスプレス」製品のように直流で3線式にすることも可能です。但し、直流2線式や交流3線式は世界の鉄道模型の王道ですが、これが交流2線式や直流3線式となるとかなりの少数派です。よほど物好きな人じゃないと手出ししないんでしょうねぇ。



交流運転であること

Apr 1, 2017.

交流だろうがなんだろうが、電動逆転機を搭載しているのだから車輛の進行方向を遠隔操作で切り換えることが出来ます。この点はEユニット(と言う名前の電動逆転機)を搭載しているライオネルなどのアメリカ型Oゲージの車輛と同様です。

メルクリンの電動逆転機と、ライオネルなどのアメリカ型のOゲージのEユニットの相違点は、、、簡単に言ってしまえば動作原理は違います。メルクリンの電動逆転機は、運転用のトランスに高圧巻き線が付いていて、23Vだったか24Vだったかの高い電圧を一瞬だけ印加してやると電動逆転機が動作するので車輛の走行方向が変わると言うモノです。動作原理は兎も角も、簡単な操作で確実に車輛の走行方向を変えることが出来るのであれば、不満はなにも無いみたいなものです。実際には、ライオネルの車輛に搭載されていたEユニットは些か動作が怪しかったので、余り深入りすることなく終わってしまいましたけど、、、。

大昔に鉄道模型で直流運転が採用された切っ掛けは、(1)自動車用の電池が模型の運転に流用できる事、(2)車輛の逆転動作が簡単に出来る事、この2点に拠るモノだと思いますが、簡単な動作で確実に車輛の方向を変えることが出来るメルクリンのような電動逆転機が普及していれば、なにも直流運転になんか拘らなくても不都合は無い筈です。



直流2線式で走るメルクリン

Apr 1, 2017.

最近はカタログすら買っていないので現行製品として販売されているかどうか定かでありませんが、「HAMO(ハモ)」と言う仕様の車輛は直流2線式仕様です。「HAMO仕様しかありません」と言う車種は流石に無くて、普通の交流3線式仕様の車種があって、その内の一部にHAMO仕様の設定があったと言うことです。これらの車輛はごく普通の、日本型の16番とか、アメリカ型HOの車輛などと一緒に使うことが出来ます。

逆もまた真なりで、普通に直流2線式仕様の模型が本業?のメーカーであっても、交流3線式仕様(≒メルクリン仕様)の車輛を販売していた例もあります。多分に感覚的なものですが、この種の車輛はHAGとフライシュマンが一番多く出していたような印象があります。

以上は動力車の話でして、客車・貨車であれば交流3線式を謳っているメルクリンの車輛であっても、片側絶縁車輪とか両側絶縁車輪とかを履かせてやれば2線式用として走らせることが可能です。車内照明やテールライトなどは配線を工夫してやって、序でに集電シューは撤去しておく必要はあります。その逆と言うのか、普通の2線式用の車輛は、車輪なんか交換しなくてもそのままでもメルクリンの線路に載せても大丈夫です。実際に走らせるとなると、NMRA規格のような低いフランジの車輪を履いた車輛では非常に脱線し易くなるのでメルクリン用の車輪に交換しておいた方が無難ではあります。



メルクリンの線路

Apr 1, 2017.

メルクリン製のHOゲージの線路には発売時期の古い順にM式、K式、C式の3種類があります。M式は既に販売は終了したようで、現在の主流はC式です。

M式と言うのは金属道床付きの線路で、以前は入門セットなどにも使用されていた製品です。一説によるとM式をデジタルで使うと不具合が生じる可能性があるそうでが、経年変化で絶縁劣化が発生しているだけで、M式の原理的な不具合では無いと思うんですが、、、。

K式と言うのは道床は無くて枕木とレールだけの線路です。1969年(昭和44年)に発表されており、固定レイアウト向きと言って言えなくはありません。PECOのセトラックのような線路と言っても良いでしょう。

C式と言うのはプラスチック道床付きの線路で、現在の主流です。1996年(平成8年)に発表されており、構造の関係もあってか金属製道床を持つM式よりも堅牢感は高いそうです。

さて、どの方式の線路を買い求めたら良いのかと言うと、現状ではM式は新品では恐らく流通していないでしょう。メルクリンの現行のデジタルシステムで一切を揃えて行きたい方は最新式のC式線路を買揃えられる事をお勧めします。その代わりに、C式を買い求めた人は続々とM式線路をヤフオクとかに出品しているので、実はM式線路の供給そのものは潤沢です。

既に直流2線式のHOゲージなどの模型資産をお持ちの方は、寧ろ旧来からのアナログ用の車輛とM式線路でメルクリンも併用するようになさった方が得策ではないかと思います。メルクリンに限ったことではありませんが、Nゲージなどと比べるとかなり高価です。従来式のアナログ方式の車輛であればメンテナンスもかなり簡単です。車輛の運転もスライドトランスのようなものだけで速度制御ができますし、電動逆転機を動作させるための高圧巻き線を持たせてあればそれだけで済むことです。精々2編成とか3編成とかの列車を走らせて遊ぶのであれば、M式線路+アナログ車輛+アナログ制御機器の組み合わせだけで充分じゃないかと言う気がします。

なお、申すまでもないことですが、メルクリンのHOゲージの車輛はHAMO仕様のモノを除けば全て交流3線式なので、線路の方も3線式仕様です。HAMO仕様の車輛は、メルクリンの3線式仕様の線路(=普通のメルクリン用の線路)に載せても走らないし、普通の2線式の線路にメルクリンの交流3線式仕様の車輛を載せても走りませんので念のため。2線式の線路に3線式の車輛を載せて通電してしまって「走らないな~?」なんて考え込んでいると、それはショートして走らない状態ですからかなり危険な状態です。



メルクリンとベッテンドルフ台車

Apr 1、2017.

メルクリン製品にはベッテンドルフ台車を履いた車輛があります。前述の、EMDのF7と一緒に連綿と販売されているボックスカー、ゴンドラカーがベッテンドルフ台車を履いています。フライシュマンやリヴァロッシでも、旧型のドイツ国鉄やイタリア国鉄のベッテンドルフ台車を履かせた貨車が製品化されていましたが、これは戦後復興期にアメリカから部品が供給された名残りなんでしょうか?。

でもってメルクリンのベッテンドルフ台車、これは部品として台車だけで買い求めることが出来ました。しかもこの台車、NEM的なループ・フック型の連結器を台車マウントにしています。ループ・フック型連結器が取り付けてあって台車マウントになっているベッテンドルフ台車なんて、恐らくは他社からは購入できない筈です。日本の、普通に日本型を売っている模型屋さんは部品単体での販売には冷淡ですが、日本国内で外国型を販売している模型屋さんはそれ以上に冷淡なのでメルクリン取扱店のこの対応は神対応です。

なんでこんな手間の掛かることをするかと言うと、ベッテンドルフ台車さえあればアメリカ型貨車の50%程度は模型化できるからです。手持ちの全部の貨車をベッテンドルフ化してしまったのではつまらないので何らかの工夫をする必要はあると思いますが、アメリカ型の鉄道模型をやる上では、ベッテンドルフ台車の供給の有無は極めて需要な問題です。枕バネの形状や集電の問題に目を瞑れるならば、何処かのメーカーのTR41とかを履かせた車輛をメルクリンの機関車に牽引させても、べつに可笑しなことではありません。