2310:緑色の客車「Höllerhansl」

Aug 15, 2009.

Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.

後述の貨車群と基本的には共通の下回りを有する2軸客車です。フライシュマンのマジックトレインの中でも2300番台の客車はかなりオモチャっぽいのですが、2310番以降の品番の車輛はまともなスケールモデルです。この2310の客車と、茶色の客車「Rosenkogel(品番2314)はどちらもシュタインツァー地方鉄道?(Stainzer Lokalbahn)の所有車のようです。窓から覗いた限りでは、後述の茶色の客車共々座席定員は24人のようです。要するに、4人掛けのボックス席が左右3組づつと言う事ですね。

この車輛の重量は97g、車体長は134mm、車体幅は55mmです。大雑把ですが、実物換算で全長5500mm程度の可愛い車輛です。大雑把ですが18ft程度、私の所有しているGゲージの車輛との対比ではアリスト・クラフト製の25ft2軸貨車がほぼ同様な大きさのプロトタイプを選んでいると言うことになります。

ブラウザによっては文字化けしている可能性が無いとも言えないので余計なことを書いておきますが、表題の「Höllerhansl」の「ö」の部分はoウムラウトです。アルファベットの小文字の「o(オウ)」の上に点が2個並んでいるヤツですね。私の怪しいドイツ語の知識の中では「ö」は「エ」に近い発音をすれば宜しい、、、宜しくないか、まぁ、そのような音なので「Höllerhansl」と書いて「ヘラーハンスル」とでも発音すれば、当たらずとも遠からずではないかと勝手に思っています。



軒先に少々丸みがあって、オハ35などをオープンデッキ化したような車体外観です。大きな側窓の上には、別途明り採り窓があります。この写真では殆ど判りませんが、車内にはごく簡単ながら室内装備が取り付けてあります。照明はありません。側窓は窓ガラス(窓プラ?)が入っていますが、客室への出入り口は窓ガラスが省略されています。
フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.
フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」(品番2310)



ご覧の通り、床下は他の2軸貨車と大差ありません。私が保有している車輛に関して言えば、蒸気機関車5号機(スモーキー)ナベトロを除けば、下回りの構造はどれも共通です。被牽引車であれば貨車でも客車でも床下装備がほぼ同じと言うのも、随分と凄まじい話ではありますが。
フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.
フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」(品番2310)



2314:茶色の客車「Rosenkogel」

Aug 15, 2009.

Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Rosenkogel.

前述の緑色の客車「Höllerhansl」(品番2310)と同様にシュタインツァー地方鉄道?(Stainzer Lokalbahn)の所有車のようです。屋根の形状はいささか無愛想で、単なるカマボコ形ですからちょっと格が落ちます。窓配置や床下の装備など、基本的な構造や寸法は緑の客車と相違ありません。私の場合はカマボコ型車体は高校時代に通学に使っていたロクサン型で免疫がついてしまっているので、余り抵抗は感じないで済みます。嫌な免疫ですな。

この車輛の重量は緑の客車よりも僅かに重くて98g、車体長は134mm、車体幅は55mmです。車体構造はやや簡単で、側面には大きな四角い窓が開いているだけです。窓ガラス(窓プラ?)が側窓のみに入っている点は緑の客車と同様です。
フライシュマン製2軸客車「Rosenkogel」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Rosenkogel.
フライシュマン製2軸客車「Rosenkogel」(品番2314)