フライシュマンのマジックトレインの客車

Aug 15, 2009.

フライシュマン(Fleischmann)が販売していたOナローゲージの鉄道模型である「マジックトレイン(Magic train)」の客車には2種類の車体があり、それぞれに複数の車体色が設定されています。丸屋根のスハ32系・オハ35系のような屋根形状の客車と、蒲鉾屋根のスハ43系・オハ61系のような屋根形状の客車です。いずれも2軸客車でオープンデッキ構造になっており、ボギー車や密閉式デッキを持つ車輛はありません。車内装備もある事はありますが、、、まぁ、その程度の内容です。初期には2つの車体形状で品番がかなり明確に別れていたのですが、品番が増えるのに応じて随時連番的に品物を増やしていったので法則性が失われて行きます。最終的には、品番だけを見てもどちらの車体形状の車輛なのか、判然としなくなって来ています。

丸屋根のスハ32系・オハ35系のような車輛の方は重量は97g、車体長は134mm、車体幅は55mmです。蒲鉾屋根のスハ43系・オハ61系のような車輛の方は重量は98g、車体長は134mm、車体幅は55mmです。車体構造はやや簡単で、側面には大きな四角い窓が開いているだけです。窓ガラス(窓プラ?)が側窓のみに入っている点は緑の客車と同様です。他社製品との比較で言うと、バックマン製のジャクソン・シャープ客車の車体幅が約50mmですから、こちらのフライシュマンの客車の方が小型にも拘らず広幅です。

実物に換算するとどの程度の大きさなのか、フライシュマン(Fleischmann)自身が縮尺を明示していなかった筈なので定かではありません。かなり巨大な印象があるので恐らくは1/43程度だと思いますが、55mmと言う車体幅を実物に換算すると1/43ならば2365mm、1/45ならば2475mm、1/48ならばなんと2640mmになります。要するに、マジックトレインの客車は狭幅時代の近鉄奈良線程度の車体幅であると言う事です。客車群に関しては762mmゲージや750mmゲージでは無くて、メーターゲージナローの車輛をプロトタイプに選んでいるのではないかと思います。でもって、売り易さ優先で16.5mmゲージ(≒HOゲージ)の線路を使ってOナローに手を出しているのでそのまま762mmゲージみたいな顔をして売り出しちゃう、そんな筋書きではないかと思います。

フライシュマン製2軸客車。
2310:「Höllerhansl」右側の緑色の車輛
2314:「Rosenkogel」左側の茶色い車輛



フライシュマンのマジックトレインの車輛の連結器をNEM-362規格のケーディー連結器に交換する話はこちらに記述しています。



2310:緑色の客車「Höllerhansl」

Aug 15, 2009.

Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.

フライシュマン(Fleischmann)のマジックトレインの客車の一員で、別コンテンツに記述してある一連の貨車群と基本的には共通の下回りを有する2軸客車です。軒先に少々丸みがあって、オハ35系やスハ32系などをオープンデッキ化したような車体外観です。大きな側窓の上には、別途明り採り窓があります。この写真では殆ど判りませんが、車内にはごく簡単ながら室内装備が取り付けてあります。照明はありません。側窓は窓ガラス(窓プラ?)が入っていますが、客室への出入り口は窓ガラスが省略されています。

ブラウザによっては文字化けしている可能性が無いとも言えないので余計なことを書いておきますが、表題の「Höllerhansl」の「ö」の部分はoウムラウトです。アルファベットの小文字の「o(オウ)」の上に点が2個並んでいるヤツですね。私の怪しいドイツ語の知識の中では「ö」は「エ」に近い発音をすれば宜しい、、、宜しくないか、まぁ、そのような音なので「Höllerhansl」と書いて「ヘラーハンスル」とでも発音すれば、当たらずとも遠からずではないかと勝手に思っています。

フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.
フライシュマン(Fleischmann)製2軸客車「Höllerhansl」(品番2310)。



ご覧の通り、床下は他の2軸貨車と大差ありません。私が保有している車輛に関して言えば、蒸気機関車5号機(スモーキー)ナベトロを除けば、下回りの構造はどれも共通です。被牽引車であれば貨車でも客車でも床下装備がほぼ同じと言うのも、随分と凄まじい話ではありますが。

フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.
フライシュマン(Fleischmann)製2軸客車「Höllerhansl」(品番2310)。この写真だけでは判然としませんが、車輪はφ13.5のモノを履いていますから、直径そのものはバックマン製の貨車群と同じです。プラスチック製のスポーク車輪に金属車軸を挿してあるピヴォット軸のモノで、車軸長はほぼ25mmです。

プラスチック製車輪を履いている事からも判る通り、車内照明は装備されていません。座席類は装備されていますが、余り出来は宜しくありません。この辺りはちょっと冴えない感じです。窓から覗いた限りでは、後述の茶色の客車共々座席定員は24人のようです。要するに、4人掛けのボックス席が左右3組づつと言う事ですね。



フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl.
フライシュマン(Fleischmann)製2軸客車「Höllerhansl」(品番2310)の車体左下裾の表示。「シュタインツァー地方鉄道のBi33号」と言う車輛のようです。



2314:茶色の客車「Rosenkogel」

Aug 15, 2009.

Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Rosenkogel.

フライシュマン(Fleischmann)のマジックトレインの客車の一員で、前述の緑色の客車「Höllerhansl」(品番2310)と同様にシュタインツァー地方鉄道?(Stainzer Lokalbahn)の所有車のようです。屋根の形状はいささか無愛想で、単なるカマボコ形でスハ43系的・オハ61系的ですからちょっと格が落ちます。窓配置や床下の装備など、基本的な構造や寸法は緑の客車と相違ありません。私の場合はカマボコ型車体は高校時代に通学に使っていたロクサン型で免疫がついてしまっているので、余り抵抗は感じないで済みます。嫌な免疫ですな。茶色で蒲鉾型、、、本当にロクサン型並みじゃん。

フライシュマン製2軸客車「Rosenkogel」 Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Rosenkogel.
フライシュマン(Fleischmann)製2軸客車「Rosenkogel」(品番2314)、蒲鉾型屋根の車輛の方です。



フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」と「Rosenkogel」。Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl and Rosenkogel.
このコンテンツに出て来た2輛の2軸客車を連結させてみました。この後に連結器を交換するのですが、この写真では買った当時のままの、アーノルト型連結器を装着した状態で撮影しています。



フライシュマン製2軸客車「Höllerhansl」と「Rosenkogel」。Fleischmann made O narrow gauge 4 wheel coach Höllerhansl and Rosenkogel.
こレも同じ2輛の組み合わせですが、ケーディー連結器に交換後に撮影しました。フライシュマンのマジックトレインの車輛の連結器をNEM-362規格のケーディー連結器に交換する話はこちらに記述しています。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁