PECO製品について

Apr 1, 2015.

PECO(ピコ)製線路は非常に優秀な製品であって品質も安定している、、、と言うことは私が書くまでもないことなんですが、製品の写真を見ようとするとWeb上には大きくて、明るくて(充分な露出で)、鮮明なモノが見当たりません。日本の輸入代理店である機芸出版社は自社サイトが無いのでWeb上で写真を見ることが出来ないのは論外としても、アメリカの輸入代理店であるウォルサーズにしたところで大した写真は掲載していないと書いては失礼なんでしょうけれど、写真自体は余り大きくないので視力の宜しくない私としては不満です。

その様なわけで、Web上にないならば自分で作ってしまおうと思い立ったのがこのコンテンツです。製品写真を見たかった理由は購入する際の参考にしたかったからなのですが、その写真が外部に期待できないからには自分で撮影するしかないし、撮影するとなると自腹で買うしかない、買ってしまったら製品写真なんか眺めたって今更「購入の際の参考」なんかにはならなし、、、とまぁ、私の作るコンテンツはパラドックスの集合体みたいなモノですなぁ(笑)。

PECO(ピコ)の線路関連製品には2系列あって、いわゆるセクショナルトラックが「セトラック」と呼ばれ、品番がSTで始まります。スケール的な線路の方は「ストリームライン」と呼ばれ、品番がSLやSLEで始まります。使用しているレールは16.5mmゲージ(HOゲージやOOゲージ用)はセトラックは#100のみですが、ストリームラインの方は#100、#83、#75の3種類があります。#100のレール同士であればセトラックもストリームラインも混用可能です。但し、実際問題としてはセトラックの製品は日本国内には殆ど入荷していないんじゃ無いかと思います。その割には私がセトラックの製品を幾つか所有しているのは例によってティンプレート志向だからでして、品物自体もウォルサーズ(と言うかターミナル・ホビー・ショップ)から直接買い付けたものです。

16.5mmゲージで#83のレールがあるのは、恐らくは対米輸出を考えてのことだと思います。正確に換算すると#83のレールは相当な重軌条ですが、アメリカ的な第1線級鉄道を模型化するには丁度良い程度の太さです。この辺りは裏側でウォルサーズが市場喚起を狙って色々と暗躍?したんじゃないかと思いますが、シノハラ、ROCO、アトラス、PECOなど、#83のレールを発売しているメーカーが多いです。当然ながら#100のレールではなくて#83のレールを買うような顧客はスケール重視の人が大部分でしょうから、上述の通りにセトラック(PECO製のセクショナルトラック)には#83のレールは使われておらず#100のみです。

レールの材質はセトラックも含みニッケルシルバーです。洋白、洋銀とも呼ばれる合金で、成分は銅、亜鉛、ニッケルです。成分比としてはニッケルはどんなに多い場合でも全体の30%もあるかないかですから、実態としては真鍮にニッケルを添加したような合金です。一番身近なニッケルシルバーは現行の500円硬貨だったかな? シノハラ製のレールもニッケルシルバー製ですが、あれよりは少々黄色みが強いです。恐らくはフライシュマン、ROCO、アトラスなどのレールと似たような成分比だと思います。「似たような成分比」とか言っても、私が光学的に分析した(見た目で判断した)だけですから、この部分の記述は全くアテにならないものとご理解ください。口から出任せ、とも言いますな(笑)。以前にNゲージ用の廉価版フレキシブルレールに鉄製のものがありましたが、流石に今では販売していないようで、鉄製レールで今でも販売しているものは#124の双頭レールを使った一部の製品のみのようです。

アメリカでの販売代理店は上述の通りウォルサーズですが、ウォルサーズのカタログを読む場合はちょっと注意が必要です。ストリームラインの品物の品番は「552-SL***」などと表示されているのに対し、セトラックの品物の品番は「552-***」と言う具合で、何故かSTの表示がありません。「552」と言う部分はウォルサーズがPECO製品に発生させた?メーカー識別番号ですから、セトラックであってもストリームラインであっても、PECO製品であれば全て共通です。アメリカ国内でウォルサーズから仕入れている模型屋さんの場合はこのメーカー識別コードをそのまま通販などに使っている場合もままあります。日本も含むアメリカ以外の模型屋さんから買い物する場合は殆ど無関係な文字列に過ぎません。

PECO(ピコ)製品の日本国内での輸入代理店は上述の通り「鉄道模型趣味」誌の版元である機芸出版社です。従って、機芸出版社の雑誌・単行本を扱っている模型屋さんなりオモチャ屋さんなりであれば、取り寄せが可能なわけでして、入手し易くて購入する方としては大いに助かります。但し、「鉄道模型趣味」誌を扱っているにしても普通の本屋さんは出版取次業者経由でしょうから、こちらで「PECOの線路を取り寄せて、、、」と頼むのは無理だと思います。機芸出版社の輸入代理店業務は、大昔のDMT頒布会(ドレメル製電動工具の輸入業務)の時代から着実に、途切れることなく行われていますので、この点に関しては信頼がおけるように思います。

なお、「PECO」と言うブランドの読み方ですが、輸入を始めた当時に「ペコ」と読む人が多いことに腹を立てた?のか、「ピコ」としたようです。旧・東ドイツに「PIKO」と言う模型メーカーがあってこちらは「ピィコ」と読ませたようです。真偽のほどはなんとも判りかねますが、字面からすると機芸出版社方式で正しいだろうとは思います。たまに(1)輸入担当者は正しい発音を知っている→(2)その輸入元のオーナー社長は発音の仕方を知らないけれど見栄を張って意地を張る→(3)オーナー社長がデタラメなブランドの発音方法をでっちあげる、と言う現象が起きますので、輸入商社の言っていることなんか信用しない方が無難です。

実はブランド名のデタラメな発音をでっち上げちゃった人、以前に勤務していた貿易会社の社長と、そのまた取引先の社長です。類は友を呼んだようです(笑)。



ST240/ST241

Jan 17, 2009.

PECO(ピコ・ピィコ)のHOゲージ用ポイントST240/ST241。
PECOの16.5mmゲージ用(HOゲージ・OOゲージ用)セトラックのターンアウトです。右分岐がST240、左分岐がST241となります。半径はどちらも438mmで、これがR2曲線となります。最急のR1曲線は半径371mmですが、この半径の線路を使った単純なターンアウトは製品として設定がないようです。セトラックとはPECO製のセクショナルトラックのことですから、分岐した側の線路はそのまま円弧を描いた状態のままになっています。

序でに書いておきますが、PECO(ピコ)のセトラックのR3曲線は半径505mm、R4曲線は572mmです。すなわち、半径371mmのR1曲線から始まって、半径572mmのR4曲線に至るまで、複線間隔は67mmで統一されています。セトラックでは無いスケール物のHOゲージ/OOゲージ用のPECO製ターンアウト同士を突き合わせた場合の複線間隔は51mm程度だった筈ですから、それよりは少し間隔が広い目になっています。



ST244/ST245

Jan 17, 2009.

PECO(ピコ・ピィコ)のHOゲージ用ポイントST245。
PECOの16.5mmゲージ用(HOゲージ・OOゲージ用)セトラックのカーブポイントです。右分岐がST244、左分岐がST245となります。外側の、半径が大きい方の曲線はR2(半径438mm)です。内側の、半径が小さい方の曲線はR1(半径371mm)です。ST240/ST241の項にも書いた通りセトラックの単純なターンアウトでR1曲線のものは無いなのでかなり貴重な存在です。



SL-1053

Apr 1, 2015.

PECO(ピコ・ピィコ)のHOゲージ用ポイントSL-1053。
大昔に買い求めたものなので型番が判然としなくなってしまいましたが、SL-1053で間違いないと思います。HO/OOゲージ用の小半径のYポイントです。

実はこのポイント辺りから、PECO製品の最大の欠点が見えてしまうのですが、上の写真のフログよりも右側の部分、枕木が「へ」の字型に湾曲しています。今時、こんな変な形状の枕木のポイントを販売しているのはPECOくらいじゃないかと思うのですが、、、それでもって、本来は玩具的?な位置づけの筈のセトラック用のポイントの方は「へ」の字型枕木にしていない辺りは確信犯的ですな。



SL-E595/SL-E596

Aug 23, 2009.

PECO(ピコ・ピィコ)のOナローゲージ用ポイントSLE595/SLE596。
PECOの16.5mmゲージ用ターンアウトなんですが、HOゲージ・OOゲージ用ではなくてOナローゲージ用のターンアウトで、右分岐がSL-E595、左分岐がSL-E596となります。SL-E597(Yターンアウト)を含むこの3種類がピコのOナローゲージ用線路の役モノ?の全てであり、平面交差なんてものはありません。少々寂しい商品構成ですが、実際のナローゲージの鉄道でもポイント類はこの3種類程度が普通ですから、、、まぁ、仕方がないでしょう。

使っているレールはコード100ですから、Oゲージの場合は37kgレールに相当します。ナローゲージ用としては少々立派過ぎるきらいがあります。そのせいもあってかなり立派な線路で、いわゆる「ヘロヘロ」感はありません。

直線側の長さは185mm、分岐側の半径は610mmです。分岐角度は12度だったかな?。Oナローゲージ用としてはかなり緩い半径で、見た目としては6番程度です。半径200mm程度のものも出してくれればありがたいんですが、、、。他製品とは違って、フログ部分が絶縁になっていませんので非選択式として使うことが出来ません。シノハラ製品などのように、先端軌条の開通方向に応じてフログの極性も変わると言うことです。従って、リバース区間以外でも所謂基本ギャップは取り付けてやる必要があります。どうやら、無電区間を少しでも短くするためにこのようにしてあるようです。



PECO(ピコ・ピィコ)のOナローゲージ用ポイントSLE595。
SLE-595(右分岐)の新旧パッケージ。上が旧、下が新。



SL-E597:Yターンアウト

Aug 23, 2009.

PECO(ピコ・ピィコ)のOナローゲージ用YポイントSLE597。
これもPECOの16.5mmゲージ用のポイントなんですが、HOゲージ・OOゲージ用ではなくてOナローゲージ用ターンアウト(SL-E595/SL-E596)の曲線側だけを向かい合わせにしたようなYポイントです。SL-E595/SL-E596が6番程度ですから、同じ番手のターンアウトの曲線側だけを組み合わせたこの製品は3番相当くらいとなります。単線区間の交換駅などに使うと、有効長をかなり長く取ることが出来る便利な存在です。ターンアウトも同様ですが、分岐した先っぽの、一番端っこの枕木が「へ」の字型に曲がっています。実物にこんな奇妙な格好の枕木は使われませんから、PECO製品に共通の最大・最悪の欠点です。これだけまともな製品が作れるのに、なんで枕木だけをこんな変な格好にしてしまうのか、何とも不思議な話です。

このYターンアウトもエレクトロフログになっており選択式ですから、シノハラ製品などのように、先端軌条の開通方向に応じてフログの極性もそれに応じて変わります。



SL700FB

Jan 17, 2009.

PECO(ピコ・ピィコ)のOゲージフレキシブルレールSL700FB。
PECO(ピコ)製の32mmゲージ用フレキシブルレール、ウォルサーズのカタログでは552-70092と言う品物があるのですが、どうやらこれに該当するようです。この辺りは判然としませんが、PECOのサイトでは「SL700FB」と言う型番で記載されていました。914mm長(≒3ft)のOゲージ用フレキシブルレールです。Oゲージ用には#124の双頭レールを使用した製品と、#143の平底レールを使用したものがあるのですが、これは平底レールの方です。これ以外にウォルサーズのサイトでは#200のレールを使ったOゲージ用のフレキシブルレールを見掛けた記憶がありますが、PECO自体のサイトでは見掛けないようです。これはアメリカ限定なのかミスタイプなのか、どちらかではないかと思います。

上の写真の線路は、実はかなり以前に、私が未だOゲージをやっていた頃に買い求めてそのまま放置してあったものです。そのために、枕木にレールを固定する金具?を摸した部分の形状が若干変更されているようです。上の写真の線路は枕木にウマと言うか、台座と言うか、その種のものを載せた上でレールを取り付けるような構造になっていますが、最近の製品はPC枕木(プレキャスト・コンクリート枕木)にレールを固定するような金具を摸してレールを固定するようになっています。



PECO製線路の各部

Apr 1, 2015.

PECO(ピコ・ピィコ)製ポイントの先端軌条付近。
PECO(ピコ)製ポイントの先端軌条付近。この写真では判りませんが、裏側になる部分にバネが仕込んであって、先端軌条がロック出来るようになっています。ポイントだけ買い求めて、ポイントマシン類を買わなくてもそのままで使用できるのがPECO製ポイントの利点の一つです。普通に、ロック機構の無い製品ではポイントマシン類を併用しないと先端軌条が終始ぶらぶらしているだけなので実用にはなりません。

そのような理由で、PECO製のポイントマシンにはロック機構が無く、他社製のポイントに転用することが出来ません。逆に、ロック機構付きの他社製のポイントマシンをPECO製のポイント用に持ってきても、ロック機構が重複するだけなので率直に言ってしまえば無意味です。反面、ポイント自体に仕込んであるロック機構のために、実感的な雰囲気が得られるスローアクション動作のポイントマシンを使ってもパチンッ、といきなり切り替わってしまうので余り面白くありません。スローアクション動作のポイントマシンを使用する際は、少々勿体ないような気がしますがロック機構用のバネは切り取ってしまうと宜しいでしょう。



PECO(ピコ・ピィコ)製ポイントのフログ部分。
PECO製ポイントのフログの部分です。フログの絶縁区間は極力短くなるように工夫されているので、2軸単車などのように集電する車輪数の少ない車輛でも、集電不良で立ち往生する率は比較的低めです。



PECO(ピコ・ピィコ)製ポイントのフログ部分。
これもPECO製ポイントのフログの部分ですが、絶縁部分が全く無い「エレクトロフログ」で、Oナローゲージ用ポイントに使用されているものです。これだと選択式ポイントにしかできないわけですが、普通の単なる小型車輛以上に集電不良を起こしやすいナローゲージの車輛の特性?を考慮してこのようにしたらしいです。但し、この辺りは単なる考え過ぎじゃないかと思います。



PECO(ピコ・ピィコ)製ポイントのフログ部分。
PECO製ポイントのフログの裏側です。スズメッキ線らしきもので補助的な配線が行われており、電気的にはレール同士が立体交差しているような状態になっています。このような加工が行われているので、2線式でありながらリバース以外ではギャップを切らなくても運転できるようになっています。



PECO(ピコ・ピィコ)製ポイントのフログ部分。
エレクトロフログになっているポイントの裏側の配線です。「電気的にはレール同士が立体交差」とかではなくて、スズメッキ線らしき補助配線は、あくまでも配線補助に徹しています。



PECO(ピコ・ピィコ)製ポイントのヒンジ部分。
PECO(ピコ)製ポイントのヒンジ部分です。この写真の右側がフログ、左側が先端軌条です。フログ寄りのレールの先端が軍配のような形状になっていて、その上に先端軌条を載せてあるような構造になっています。真上から見ると、結構目立ってしまうのでアレなんですけど、、、。



PECO製Oゲージ用フレキシブルレールの枕木部分です。
極端に拡大して撮影するとアラが目立ってしまってなんですが、SL700FB(Oゲージ用フレキシブルレール)のスパイク周辺です。流石にOゲージだけのことはあって、金具のボルト・ナットまで表現されていて、思わず舌を巻くほどの秀逸さです。その反面、この手の形状の金具は日本国内ではちょっと見掛けた記憶がありません。結果として、このまま「日本型の超ウルトラ細密スケールモデル」に使うと、出来の良さが徒になって嘘八百に過ぎないと言う結果になってしまいます。贅沢な悩みですね。