鉄道模型の線路写真集

Feb 1, 2018.

鉄道模型用の線路、、、に限りませんが、得てしてこの種のモノは鉄道模型の世界の核心的な存在にはなり得ません。「鉄道"模型"趣味なのか、鉄道"車輛"趣味なのか」なんて話題で何処かのブログで毒を吐いたりすると「あの人は一家言ある人だ」と勘違いされますが、延々と線路のことばかり書いても話題にもなににもなりません。精々「ふ~ん、詳しいですね」程度には感心されるんでしょうが、それは即ち「変人は向こうへ行けよ」と言う意味でしかないので、それだけの話題で終わってしまいます。

以下、色々と書いていますが、恐らくは線路だけでこんなに文章量の多いサイトを作る人は普通には存在しない筈です。車輛がまともに走るだけの機能しか無いわけですから、多くを論じる意味は無いわけです。自分で文章を書いていても「大した意味は無いなぁ」と思わなくもないのですが、自分自身も含めてそう言った姿勢が気に入らないんです。専門サイトである以上、たとえさしたる重要性が無い事柄であっても、触れておくべき事柄には触れておくべきだと思いからこうやって駄文を書いている訳です。従って、このコンテンツに「大した意味」は無くても「多少の意味」はあるわけです。

なによりもこの種の「市販の線路一覧」などと言うコンテンツは、雑誌とかには先ず掲載されません。そんな記事は誌面に載ったっとしても、感心して読んでくれる読者は1%もいれば十分な数字です。この種の事柄はメルクリンをおやりになる方は興味を示す確率が高いんじゃないかと思いますが、直流2線式をなさっている人は概ね冷淡です。取り敢えずカツミの金属道床線路を買って来れば済む話だし、メルクリン製以外の線路だったら2線式の車輛は走るんだし、車輛を買おうが作ろうが走らせずに飾っておくだけなんだから線路なんかどうだってイイと言うことなんでしょう。でもってフランジの高いHAGの車輛はカトー製のユニトッラクの83番のレールを走れないなんてことは丸っきり知らなかったり、、、。

私も飾っておくだけで実際には大して運転なんかしないので似たようなモノですが、せっかく手元に線路があるのだから、コンテンツ化しないままで放置したのでは勿体ないような気がするのでこうやって駄文を書くことになります。序でに書いておきますが、私は体質的に厳密なスケール性は受け入れることが出来ないので、16番≒HO≒OOの16.5mmゲージの線路はコード100のレールを使ったモノのみ、Gゲージはコード322のレールを使ったモノにしか触れていません。16番でコード83とか、Gゲージでコード250とかのレールを使った線路は試験購入的な買い方しかしていないので、どうしてもこうなってしまいます。やはり、16番はコード100のレール、Gゲージはコード322のレールに揃えておいた方が無難だと思います。



このコンテンツに掲載する品物

Feb 1, 2018.

この世の中に線路関係の商品は無数に存在しますが、私は単に道楽で鉄道模型をやっているだけですから、実際に触れうる品物は限られています。このコンテンツに記載したものは全て私が実際に所有しているか、嘗て所有していて品物を詳細に観察したことがあるか、いずれかです。

PECO製線路に関する記述があるのはこの辺りの理由に拠るものです。50余年以前に鉄道模型に手を染める際に親父が用意してくれたのがシノハラ製のフレキシブルレールを、同じくシノハラ製のベニヤ板道床(どうしょう)に取り付けて作ってくれた線路で、PECOの製品は併用できるからです。尤もシノハラ製のベニヤ板道床に取り付ける前提であれば、アトラスのスナップトラックとかでも互換性に問題のない線路が出来上がりますから、ごく当たり前に併用可能です。そのような訳で、手持ちの16.5mmゲージの線路の主力はシノハラ製ベニヤ板道床に取り付けてあるシノハラ製線路、PECO製線路、アトラス製線路の組み合わせのいずれかです。

その一方でフライシュマン製線路に好意的な論調の文章を書き殴っているのは、その昔にモデルバーンさんの店頭レイアウトで拝見したプロフィトラック(フライシュマンの道床付き線路)に感心したからにほかなりません。私、恥ずかしながら相当に不器用な方なので、私の工作精度ではフライシュマン製線路の精度の高さには及びもつきません。その結果として、ドイツ製品に対する憧れもあって一時的にフライシュマン製品が増殖したのですが、品質が高いと言うことは処分し易いと言うことでもありますから、大部分のフライシュマン製の線路はヤフオクで売り飛ばしてしまったので拙宅にはほぼ残存していません。

LGB製線路、、、これはGゲージに手を染めた際に買い求めたモノです。Gゲージをなさる人ならばどなたもが通過儀礼のようにLGBの線路をお買いになると思いますが、実際にこの製品は高精度で頑丈です。古き良き時代のドイツ精神の発露みたいな品物ばかりで、率直言ってLGBの線路を持っているならば他社製の線路に手を出す必要はありません。それにも拘らずアリスト・クラフト製線路に手を出したのは、同じメーカーの品物ばかり買い求めていると飽きてくるからです。この種の山っ気さえ抑えることが出来れば私の人生は順風満帆だった筈なんですが、還暦過ぎても山っ気を抑えられないのだから今更どうにもなりません。バックマン製線路は完璧にホームページのネタ作りのために買い求めたようなものです。

On30ゲージへの回帰を深めるのに比例して、これらのGゲージの線路もヤフオクで処分してしまいました。自分の趣味の見たくない部分は全て飲み込んでくれる、ヤフオクは大海原のような存在です。On30ゲージであれば手持ちの16番ゲージ用の線路がそのまま使用できます。手元に残ったのは「親父が自分のために作ってくれた」と言う思い入れもあって、シノハラ製のベニヤ板道床を使ったコード100のレールを使用している線路ばかりです。結果的に50年掛かって拙宅の線路インフラは元の状態に戻ったとも言えます。



NゲージやOゲージの線路を載せない理由

Feb 1, 2018.

NゲージもOゲージも、嘗ては線路類を所有していましたが、このコンテンツを書き始める以前に処分してしまったので文章の書きようがありません。だから載せないだけです。

Nゲージの線路は、トミックスのファイントラックだったら愚息が多数所有しているので、借りればコンテンツ化すること自体は可能ですが、そんな事をするよりも愚息に使い方を教わりさえすれば済むことなので、未だに動き出す気配はありません。

Oゲージの線路は、、、こっちはどうなるかなぁ。今から買い直すとすれば以前に所有していたのと同様にMTH製品か、ロス・カスタム・スイッチの製品か、どちらかにはすると思いますけれど、当面はOn30ゲージだけに集中するつもりなので、どうなるかはなんとも言いかねる処です。













「模型の線路写真集」へジャンプするためのQRコード。