シングルクロスとダブルクロス

Dec 1, 2021.

シングルクロスは「片渡り線」とも言い、2本の線路の間で自由に往き来が出来るように同じ方向に分岐するターンアウト2つを突き合せたような形状です。但し、模型の線路として販売されているターンアウトは分岐側が結構長い場合が多いので、そのまま突き合せると複線間隔が広がり過ぎて不自然な場合があります。PECOやフライシュマンの製品ではシングルクロス自体が販売されていませんから単純にターンアウトを2個突き合わせて使えば問題はありませんが、シノハラ製品のようにターンアウトとシングルクロスを作り分けている場合は、素直に使い分けに従った方が無難です。

シングルクロスの概念図、2021年(令和3年)11月作図。
シングルクロスの概念図、2021年(令和3年)11月作図。上が「右渡り」、下が「左渡り」です。



ダブルクロスは「両渡り線」とも言い、シングルクロスに更にもう1組のシングルクロスを重ねあわせて併設したもので、線路同士をたすきがけのように配線します。構成要素はターンアウト4個とクロッシング(平面交差)1個です。

ダブルクロスの概念図、2021年(令和3年)11月作図。
ダブルクロスの概念図、2021年(令和3年)11月作図。上の概念図は線路作図ソフト?のようなものを使って作図したのですが、実際にターンアウト4つと平面交差1つを組み合わせて作図しています。



複線の本線がそのまま終端駅に突っ込んでお終い、と言う私鉄の電車の終着駅のような場合に多用されます。ダブルスリップとは異なり、並行する2本の線路同士の間隔は充分に離れていますから、この部分での列車のすれ違いは充分可能ですし、「ターンアウト4個とクロッシング1個」とか「シングルクロス2個」などと言う配線拠りも設置面積は少なくて済みます。反面、ダブルクロス1基が故障すれば折り返し施設は全滅してしまうので多少の不安は残ります。ま、これを言い出したらキリはありませんね。

複線の線路間隔が離れている場合などは、個別のターンアウトとクロッシングを組み合わせてダブルクロスを構成する場合もあります。但し、単品のターンアウトとクロッシングの組み合わせをやると予想外に複線間隔が広くなって始末に負えないことがありますし、かなり高額になります。反面、ポイント構成の自由度は高くなりますから、実際にどうするかは思案のしどころです。



シングルクロス
1435mm 千葉県 京成電鉄・新京成電鉄京成津田沼駅
1435mm 大阪府 阪堺電気軌道松虫駅
1067mm 東京都 JR埼京線渋谷=新宿間(原宿駅付近)
1067mm 神奈川 JR南武線尻手駅付近
 
ダブルクロス
1067mm 神奈川 東急目黒線日吉駅
1067mm 愛媛県 JR予讃線松山駅
1067mm 東京都 東京メトロ副都心線渋谷駅
1435mm 千葉県 新京成電鉄新津田沼駅
1435mm 神奈川 京浜急行電鉄神奈川新町駅


シングルクロス

京成津田沼駅

普通のシングルクロスは写真のように上り列車は一旦逆行しないと下り線には入れず、同様に下り列車も一旦逆行しないと上り線には入れないような位置関係に設置します。理由は暴進して反対側に向かう線路に割り込んでしまうことを防ぐためです。下の写真のシングルクロスは京成電鉄上野線(≒本線)の京成津田沼駅の外れの車庫の近くで撮影したものです。画面左側が下り線(佐倉・成田空港方面行き)、右側が上り線(上野・押上方面行き)です。このような使い方をしている限りは、下り列車が列車がどんなに暴走しても反対側の上り線に入り込んでしまう可能性は無いし、同様に上り列車が列車がどんなに暴走しても反対側の下り線に入り込んでしまう可能性はありません。

シングルクロス。2007年(平成19年)2月、京成電鉄上野線京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。
シングルクロス。2007年(平成19年)2月、京成電鉄上野線京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。



阪堺電気軌道松虫駅

この写真のシングルクロスは阪堺電気軌道上町線松虫(まつむし)駅に設置されているもので、住吉公園・浜寺駅前方の踏切から撮影したものです。撮影し易いと言う点では最右翼ですな。写真の奥の方が天王寺駅前で、この駅から先は併用軌道になります。併用軌道の区間で障害が発生した際に写真手前の浜寺公園方面へ電車を折り返しさせるためにこの場所にシングルクロスを設置してあるようです。路面電車の線路ですから複線間隔が詰まっていますが、レール自体はごく普通の鉄道線用のものが使用されていて、路面電車の線路という印象が余りありません。

シングルクロス。2008年(平成20年)3月、阪堺電気軌道上町線松虫(まつむし:大阪府大阪市阿倍野区)駅にて撮影。
シングルクロス。2008年(平成20年)3月、阪堺電気軌道上町線松虫(まつむし:大阪府大阪市阿倍野区)駅にて撮影。



JR埼京線渋谷=新宿間(原宿駅付近)

今までの写真のシングルクロスとはたすきの掛かり方が逆で、暴進?出来るシングルクロスの例です。撮影場所はJR埼京線の渋谷=新宿間ですが、実はJR山手線の原宿(はらじゅく:東京都渋谷区)駅の横に在る宮廷用ホームに入るためのシングルクロスです。左端に見えているのが原宿駅のホームです。撮影したのは原宿駅構内の跨線橋の上からでして、山手線のホームからでも簡単に撮影できる場所です。

宮廷用ホームは埼京線の南行線(大宮・池袋方からやって来て恵比寿・大崎方に向かう線路)沿いに設置されています。この写真では右斜め上方に設置されているのですが、南行線からも北行線からもどちらから来ても宮廷用ホームに出入りできるようにするために、反対側には上の写真とたすきの掛かり方が逆になるシングルクロスが設置されています。山手線の電車に乗って、山手線の円周の内側を観察していると両方向のたすきの掛かり方をしたシングルクロスを連続して眺めることができるので、この場所は中々楽しいです。

シングルクロス。2008年(平成20年)7月、JR埼京線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅=新宿(しんじゅく:東京都新宿区)駅間にて撮影。
シングルクロス。2008年(平成20年)7月、JR埼京線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅=新宿(しんじゅく:東京都新宿区)駅間にて撮影。



JR南武線尻手駅付近

Feb 1, 2020.

複線から単線になる場所にシングルクロスを使い、余った?一方の線路を安全側線に使っている例です。撮影場所はJR南武線尻手駅のやや立川寄りで矢向駅との中間くらい、写真に写っている線路は左端が南武線の上り線(川崎方面行)、南武線の下り線(立川方面行)、右の2本が尻手短絡線で新鶴見方に行く線路です。この写真は矢向駅を背にして尻手駅方を撮影しています。

シングルクロス。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
シングルクロス。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



ダブルクロス

東急目黒線日吉駅

Feb 1, 2020.

典型的なダブルクロスの使用例で、複線の本線がダブルクロスを介してそのまま複線の引き上げ線になって行きます。複線の本線が駅へ入る直前にダブルクロスがあって、、、てな配線も良く見掛けますね。私鉄の電車の線路配置で、かなり多く見掛ける例です。場所は東急目黒線・東横線の日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅で、両外側が東横線、内側が目黒線です。写真に写っている電車は東京メトロ南北線から乗り入れて来た9000系です。この写真を撮影した時点では目黒線は日吉駅止りなので、ご覧のように複線の本線がそのまま複線の引き上げ線になっています。

ダブルクロス。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
ダブルクロス。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。このダブルクロスは撮影例として安直?なので上梓しておきましたが、ホームから結構離れた場所に設置されているので少々長い目のレンズが必要なのと、終日ほぼ逆光になるので余りお勧めできる代物ではありません。それでもこの引き上げ線は、そのまま新綱島駅(仮称)・新横浜駅経由で相模鉄道の西谷駅まで向かう新横浜線計画の本線に転用される筈なので、撮影するならば今の内かも。



JR予讃線松山駅

これも典型的なダブルクロスの使用例と言えます。複線の本線が駅に入る直前にダブルクロスが設置されているもので、しかも直ぐ近くに踏切があるので合法的かつ安全に撮影し易い理想的な場所です。撮影した場所はJR予讃線松山駅の新居浜・高松寄りで、宇和島駅を背にして?新居浜方を向いて撮影しています。松山折り返しの列車はかなり多いので、非常に使用頻度が高いと言うよりは、松山駅が区間運転の折り返し拠点のようになっているからです。

ダブルクロス。2009年(平成21年)3月、JR予讃線松山(まつやま:愛媛県松山市)駅にて撮影。
ダブルクロス。2009年(平成21年)3月、JR予讃線松山(まつやま:愛媛県松山市)駅にて撮影。



東京メトロ副都心線渋谷駅

Feb 1, 2020.

ダブルクロスが2基直列に並んでいる例で、これも複線の折り返し駅に設置されている典型的な例です。手前の1基は半分隠れてしまっていますが、、、。撮影場所は東京メトロ副都心線渋谷駅で、池袋・和光市方の一番端っこで撮影しています。この駅、本来は2面4線なんですが、この写真を撮影した時点では1面2線状態で運用し、中央の主本線的な線路はホームに蓋がしてあって巨大な島式ホーム状態になっています。東横線も乗り入れて来ている現在では、東横線の線路の真上に浮遊しているような位置で撮影したものです。レールの描く模様がクモの足みたいでちょっと不気味です。

ダブルクロス。2008年(平成20年)9月、東京メトロ副都心線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。
ダブルクロス。2008年(平成20年)9月、東京メトロ副都心線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。自分では明確に意識していなかったのですが、この場所は隠れた撮影名所だったようで、出勤勤途中に立ち寄るとご同業の方が多かったです。駅構内の端っこの方なので決して明るくは無いので手持ち撮影はかなり困難です。ISO800にして絞り開放で1/10秒のシャッター切れるかどうか、、、処が上手くしたもので、端っこには上面が平らな柵が設置されていますから、カメラを載せてやれば難なく長時間露光が可能です。三脚無しでISO80で5秒間露光でブレずに撮影できますから、種明かしさえしなければ十分威張ることが出来ます。



新京成電鉄新津田沼駅

Feb 1, 2020.

このダブルクロスは新京成電鉄新津田沼(しんつだぬま:千葉県習志野市)駅のホーム上から京成津田沼方向を望んで撮影したものです。この部分は松戸・八柱方から複線でやって来た本線が、新津田沼駅のホームを出た直後に単線+留置線に変身して京成津田沼へ向かうようなる箇所なのでダブルクロスが使用されています。従って画面手前側の2本の線路は両方とも本線ですが、画面上側の電車が止まっている箇所は留置線で、その左側の線路のみが本線です。JR総武線の津田沼駅の北側に在るのがこの写真を撮影した「新」津田沼駅、京成電鉄と一緒の駅舎を利用しているのが「京成」津田沼駅です。

ダブルクロス。2003年(平成15年)11月、新京成電鉄新津田沼(しんつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。
ダブルクロス。2003年(平成15年)11月、新京成電鉄新津田沼(しんつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。



京浜急行電鉄神奈川新町駅

Feb 1, 2020.

ちょっと特殊なダブルクロスの使用例です。線路3本の間にダブルクロスを2基設置してある例、京浜急行電鉄神奈川新町(かながわしんまち:神奈川県横浜市神奈川区)駅のもので、2基のダブルクロスの内のターンアウト1基づつは重複して使用されているのですが、重複箇所はシングルスリップを使用しています。右上側のダブルクロスは4基のターンアウトの内の3基がシングルスリップです。

シングルスリップ併設のダブルクロス。2007年(平成19年)1月、京浜急行電鉄神奈川新町(かながわしんまち:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。
シングルスリップ併設のダブルクロス。2007年(平成19年)1月、京浜急行電鉄神奈川新町(かながわしんまち:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。この写真は、駅構内全体を横切る自由通路(と言うか跨線橋)の上から俯瞰気味に撮影しています。



シングルスリップ併設のダブルクロス。2007年(平成19年)1月、京浜急行電鉄神奈川新町(かながわしんまち:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。
シングルスリップ併設のダブルクロス。2007年(平成19年)1月、京浜急行電鉄神奈川新町(かながわしんまち:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。上の写真のダブルクロスを、ホーム上から撮影したものです。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁