フログと先端軌条

Aug 2, 2008.

フログ(Frog)とはポイントやクロッシングでレール同士が交差してバッテンになっている部分のことです。どんな構造のポイントでも、最低1つ以上のフログがあります。先端軌条とはポイントの中に設けてある薄く削ったレールで、この部分で車輛が進行方向を決める部品と言えます。フログの事を「クロッシング」と表現することがありますが、私が知っている限りでは、アメリカ型の鉄道模型の世界で「クロッシング」と表現することはありませんし、外国の文献を読んでいてもフログはフログです。先端軌条が無くてフログだけだと、、、普通の平面交差か、鈍端ポイントかのいずれかです。



切削加工したフログ
1067mm 静岡県 岳南鉄道岳南江尾駅
1067mm 富山県 富山地方鉄道電鉄黒部駅
1067mm 神奈川 田浦港貨物線(平面交差のフログ)
 
鋳造フログ
1067mm 静岡県 JR身延線富士宮駅
1372mm 東京都 都電荒川線荒川車庫前(路面電車のフログ)
 
先端軌条
1067mm 神奈川 神奈川臨海鉄道千鳥町駅
1067mm 静岡県 岳南鉄道岳南富士岡駅
1067mm 愛知県 豊橋鉄道赤岩口車庫
1372mm 東京都 都電荒川線王子駅前(先端軌条周辺を一体鋳造)
1372mm 東京都 都電荒川線荒川車庫前(切削加工・曲げ加工)
1067mm 愛媛県 伊予鉄道松山市駅(切削加工・曲げ加工)


切削加工したフログ

Mar 1, 2020.

切削加工でフログを作る手法は、以前は一番普通に行われていた技法なんだと思います。恐らくレール自体を切削加工したモノをこのような形状に加工しているのだと思います。そのせいか、∠型に削ったレール同士に若干隙間が開いているのが見えています。単なる帯金とかではないので、レールを∠型に曲げ加工することは不可能でしょうから、切削加工するのだと思われます。



岳南鉄道岳南江尾駅

切削加工?によるフログ部分。2008年(平成20年)3月、岳南鉄道岳南江尾(がくなんえのお:静岡県富士市)駅にて撮影。
切削加工?によるフログ部分。2008年(平成20年)3月、岳南鉄道岳南江尾(がくなんえのお:静岡県富士市)駅にて撮影。



富山地方鉄道電鉄黒部駅

Mar 1, 2020.

普通に切削加工したフログですが、上の岳南江尾駅の例は側線的な箇所に設置されているポイントのモノですが、こちらの写真は本線の線路上に設置されているポイントのフログです。

切削加工?によるフログ部分。2016年(平成28年)6月、富山地方鉄道電鉄黒部(でんてつくろべ:富山県黒部市)駅にて撮影。
切削加工?によるフログ部分。2016年(平成28年)6月、富山地方鉄道電鉄黒部(でんてつくろべ:富山県黒部市)駅にて撮影。



田浦港貨物線

引き込み線の平面交差に使われている切削加工のフログの例。どれが車輪の載るレールで、どれがガードレールなのか判然としませんが、左右に通っているレールの上側が車輪の載るレールで下側がガードレール、上下に通っているレールの左側が車輪の載るレールで右側がガードレールです。突き合わせる部分はレール同士を45°に切り落として突き合わせています。
切削加工?によるフログ部分。2006年(平成18年)8月、田浦港引き込み線(神奈川県横須賀市)にて撮影。
切削加工?によるフログ部分。2006年(平成18年)8月、田浦港引き込み線(神奈川県横須賀市)にて撮影。



こちらは上の写真の45°切り落としフログの隣に設置されている平面交差で、90°切り落としになっています。一緒に施工したのならば、同じ様に加工すれば宜しかろうと思うのですが、、、。
切削加工?によるフログ部分。2006年(平成18年)8月、田浦港引き込み線(神奈川県横須賀市)にて撮影。
切削加工?によるフログ部分。2006年(平成18年)8月、田浦港引き込み線(神奈川県横須賀市)にて撮影。



鋳造フログ

Mar 1, 2020.

「鋳造フログ」とは私が便宜的に名付けたモノですが、冒頭に書いた「レール同士が交差してバッテンになっている部分」全体を一体として鋳造しているものです。一体鋳造するのはフログ周辺のごく一部だけなので、直ぐに別のレールと繋がなければなりませんから、繋ぎ目が至近の場所に在ります。結果的にレールの繋ぎ目は普通に切削加工したフログを使うよりも増えます。乗り心地的には如何なものかと思いますが、どんなものなんでしょう?。



JR身延線富士宮駅

JR身延線富士宮駅で使用されている、一体鋳造フログを使っているターンアウトの例です。下の写真を撮影したのは2008年(平成20年)3月ですが、なにやら真新しい感じの線路の中に設置されていたターンアウト(のフログ)を撮影したものです。
一体鋳造によるフログ。2008年(平成20年)3月、JR身延線富士宮(ふじのみや:静岡県富士宮市)駅にて撮影。
一体鋳造によるフログ。2008年(平成20年)3月、JR身延線富士宮(ふじのみや:静岡県富士宮市)駅にて撮影。



都電荒川線荒川車庫前

これも一体鋳造で作っているらしき路面電車用のポイントに使用されている例。少し使い込んであるせいか、レール上面以外にもX字型に光っている部分があります。どうやらこれは、フランジが接触してこのような傷が付くようです。
一体鋳造による路面電車用フログ部分。2007年(平成19年)1月、都電荒川線荒川車庫(東京都荒川区)にて撮影。
一体鋳造による路面電車用フログ部分。2007年(平成19年)1月、都電荒川線荒川車庫(あらかわしゃこ:東京都荒川区)にて撮影。この写真は撮影場所の表示が微妙です。「荒川車庫」の目の前に「荒川車庫前」と言う停留所が在って、荒川車庫前電停を発車した電車が荒川車庫構内に入って来る箇所に設置されたポイント、と言うことになります。



先端軌条

Mar 1, 2020.

「先端軌条」と言うのは車輛を分岐する箇所で、斜めに薄く削ってあるレールの事です。英語の名称は様々ですが、「ポイントレール」「トングレール」と呼ばれる事が多いようです。この場所で車輛が走行する向き(と言うか"走る線路")は決まるのでフログ以上に加工精度は重要で、きちんと加工出来ていないと所謂「複線ドリフト」的な珍事件が起きますから大変です。



神奈川臨海鉄道千鳥町駅

神奈川臨海鉄道の千鳥町駅で撮影したごく真っ当な先端軌条。貨物線の末端に近いような場所ですが、甲種輸送の車輛が通ったりする場所なので、線路自体は比較的しっかりしています。川崎市営バスの「市営埠頭」と言うバス停のすぐ近くに5線位の小規模なヤードが在りますが、あのヤードの末端で撮影したものです。

先端軌条部分。2008年(平成20年)7月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
先端軌条部分。2008年(平成20年)7月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



上の写真の先端軌条部分を拡大して見た処。本線側のレールに密着するように頭部を薄く削ってあります。大雑把に言えばI字鋼のような形状のレールの頭部を削るのですから、L字鋼のような形状になります。この写真は、先端軌条が本線側のレールから離れている状態を撮影しています。
先端軌条部分。2008年(平成20年)7月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
先端軌条部分。2008年(平成20年)7月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



上と同じ写真のポイントの反対側のレールで、こちらは本線側のレールに先端軌条が密着している状態です。ご覧の通り、先端軌条の一部が本線側のレールの腹部に一部めり込むような状態になっています。
先端軌条部分。2008年(平成20年)7月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
先端軌条部分。2008年(平成20年)7月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



岳南鉄道岳南富士岡駅

斜め削りの仕方が、かなり急角度になっている例で、ローカル線やら弱小?私鉄やらで良く見掛けるものです。極論すれば、先端軌条が本線側のレールに斜めにブチ当たっているような状態です。

先端軌条部分。2008年(平成20年)3月、岳南電車岳南富士岡(がくなんふじおか:静岡県富士市)駅にて撮影。
先端軌条部分。2008年(平成20年)3月、岳南電車岳南富士岡(がくなんふじおか:静岡県富士市)駅にて撮影。



豊橋鉄道赤岩口車庫

Mar 1, 2020.

豊橋鉄道の赤岩口車庫で撮影したものです。渥美線ではなくて東田本線(あずまだ・ほんせん)の方、要するに路面電車の車庫の中のポイントに使われている先端軌条です。普通の路面電車では車庫内であっても路面電車的?なポイントが使用されますが、路面電車なのにこの種の地方鉄道的なポイントが使用される例は少数です。

先端軌条部分。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道赤岩口(あかいわぐち:愛知県豊橋市)車庫にて撮影。
先端軌条部分。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道赤岩口(あかいわぐち:愛知県豊橋市)車庫にて撮影。



都電荒川線王子駅前

Mar 1, 2020.

路面電車のポイントの先端軌条部分。土台になる部分は一体鋳造のようです。先端軌条自体がガードレールの役目も果たすと言うのか、路面電車独特の構造になっています。上の豊橋鉄道赤岩口車庫のポイントでは普通の地方鉄道的なポイントが使われていますが、普通の路面電車では専用軌道部分であっても下の写真のように路面電車的なポイントが使用されることが多いです。

路面電車用ポイントの先端軌条部分。2011年(平成23年)2月、都電荒川線王子駅前(おうじえきまえ:東京都北区)電停にて撮影。
路面電車用ポイントの先端軌条部分。2011年(平成23年)2月、都電荒川線王子駅前(おうじえきまえ:東京都北区)電停にて撮影。



都電荒川線荒川車庫前

路面電車のポイントの先端軌条部分。こちらは先端軌条周辺が一体鋳造ではなくて、個々のレールを切削加工・曲げ加工して使っているようです。かなり新しいレールなんですが、、、。

路面電車用ポイントの先端軌条部分。2012年(平成24年)1月、都電荒川線荒川車庫前(あらかわしゃこまえ:東京都北区)電停にて撮影。
路面電車用ポイントの先端軌条部分。2012年(平成24年)1月、都電荒川線荒川車庫前(あらかわしゃこまえ:東京都北区)電停にて撮影。



伊予鉄道松山市駅

路面電車のポイントの先端軌条部分。こちらも個々のレールを切削加工・曲げ加工して使っているようですが、路面に埋め込まれているので少々印象が異なります。

路面電車用ポイントの先端軌条部分。2009年(平成21年)3月、伊予鉄道松山市内線松山市(まつやまし:愛媛県松山市)電停にて撮影。
路面電車用ポイントの先端軌条部分。2009年(平成21年)3月、伊予鉄道松山市内線松山市(まつやまし:愛媛県松山市)電停にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁