併用軌道と専用軌道

Apr 19, 2008.

道路上に鉄道車輛が走れるように線路を敷設したものが併用軌道で、これに対して自前の線路敷地を持っているものが専用軌道です。原始的な併用軌道では単に路肩に線路を敷設して、それっきりにしておきます。但し、こんな手法が通用するのは軽便鉄道程度ですね。レールが細い(低い)ので放っておけば適当に泥を被って線路自体が地面にめり込み気味になり、通行の邪魔になりにくくなってくると言えます。

もうちょっと高級になってくると、道路上に線路を設置はするものの、線路の周囲に敷石を敷設します。道路の真ん中にバラストを撒いた線路をむき出しで放置するわけには行かないのと、道路自体が未舗装なので線路保護のためには敷石を敷設せざるを得なかった時分の名残とも言えます。最近では、線路の部分も含めて道路と一緒にアスファルト舗装になっている場合が多いようです。

法的な規制については私は知識はありませんが、併用軌道を使うのはいわゆる路面電車ばかりではなく、普通の本線級?の鉄道の場合もあります。有名な処では犬山橋を併用軌道で渡っていた名鉄電車とか、神戸高速鉄道が開業する以前に併用軌道を走っていた山陽電鉄、国道246号線の二子橋に併用軌道を持っていた東急大井町線、地下鉄の電車を併用軌道に走らせてしまう京阪電鉄などの例があります。いずれの鉄道も、使っている車輛はいわゆる路面電車ではなくて、その気になれば100km/h程度の速度は出せる普通の地方鉄道用の車輛を使用しています。そうは言っても併用軌道上で100km/hも出して列車を走らせるような度胸のある鉄道会社は恐らくは存在しないと思います。

さて、併用軌道は危険ではないか?と言う問題は当然乍ら付きまといます。当たり前ですが鉄道車輛が専用軌道を走っていれば、自動車と接触事故が起きれば一義的に自動車側に非がありますが、併用軌道で接触事故が起きた場合には当事者のどちらかが一方的に悪い!と言うことはない筈です。

現実に、右折するために普通の道路の感覚で道路中央に寄り過ぎていたために通過する電車にドアミラーをもぎ取られた乗用車とか、ダンプカーと接触してしまったために車体が全損になった電車とか、この種の珍事は枚挙にいとまがありません。純粋に交通安全だけを考えたら併用軌道は止めた方が良いのでしょうが、道楽的な観点からすれば中々楽しい代物なので、なんとも悩ましい限りです。



1435mm 大阪府 阪堺電気軌道松虫=阿倍野間
1067mm 愛媛県 伊予鉄道宮田町電停付近
1067mm 神奈川 田浦港貨物線
1372mm 東京都 電車用信号機(都電荒川線)


阪堺電気軌道松虫=阿倍野間

併用軌道と専用軌道。2008年(平成20年)3月、阪堺電気軌道上町線松虫(まつむし:大阪府大阪市阿倍野区)電停=阿倍野(あべの:大阪府大阪市阿倍野区)電停間にて撮影。
専用軌道が終わり、併用軌道に入って行く箇所。あべの筋(と言う名前の道路)の中央の併用軌道から、あべの筋西側の専用軌道に偏倚?する場所なので、道路も線路もS字カーブになっている場所です。そのせいなのか、歩道通行者に向けて「止まれ」の看板が建てられています(左端の白丸の看板のようなものが件の看板です。



伊予鉄道宮田町電停付近

併用軌道と専用軌道。2009年(平成21年)3月、伊予鉄道松山市内線宮田町(みやたちょう:愛媛県松山市)駅にて撮影。
上の写真とは逆に、併用軌道から専用軌道に入る箇所で撮影した写真です。この写真は伊予鉄道松山市内線で、JR松山駅の隣に在る宮田町(みやたちょう:愛媛県松山市)駅で撮影したモノです。単線区間で、常時違う方向に電車が走りますのでプラットホームが線路の両側に敷設されています。



田浦港貨物線

路肩に敷設された併用軌道。2006年(平成18年)8月、田浦港貨物線(神奈川県横須賀市)にて撮影。
路肩に敷設された併用軌道の例です。道路が舗装されているのでなんとなく専用軌道っぽく見えますが、純粋な併用軌道の一種です。この写真は有名な?田浦港の引き込み線で撮影しています。路肩に敷設する形状の併用軌道は、田舎の軽便鉄道などに良く見られるモノです。



電車用信号機(都電荒川線)

電車用信号機。2008年(平成20年)4月、都電荒川線学習院下(がくしゅういんした:東京都豊島区)電停=面影橋(おもかげばし:東京都新宿区)電停間にて撮影。
併用軌道専用、と言う訳でもありませんが、道路上を走る際の電車用信号機です。ご覧の通り、黄色の矢印信号は「注意して進め」とかではなくて「電車は進め」「電車のみ進め」です。電車用信号機が設置されていない場合、併用軌道を走る路面電車は自動車用の信号機に従って走る訳ですが、それをすると電車が走っているにも拘わらず進路妨害するように走る頭の悪過ぎる奴が多いので、交差点などで電車以外は全て停止させておいて安全を確保するために使用されます。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁