3ウェイポイントとは

Oct 1, 2016.

3ウェイポイントとは左右に分岐する各1組のターンアウトを2つ重ね合わせたポイントで、三方向に分岐するものです。分岐に起点?が一箇所だけで一挙に三方向へ分岐させるのが「三枝分岐(さんしぶんき)」と呼ばれます。右分岐と左分岐の、同じ番数のターンアウト2個を単純に背中併せに設置すれば三枝分岐が出来上がります。

これ以外にターンアウト2基をちょっとずらして背中併せにした構造になっているものを「複分岐(ふくぶんき)」と言います。日本では複分岐の方が多いようです。そうは言っても、以下にお目に掛ける写真は三枝分岐ばかりなんですが、、、。複分岐にする理由は、多少であっても分岐の起点?がずらしてあれば、先端軌条そのものの構造は普通のターンアウトに使っているものがそのまま使えるのでメンテナンスが楽、と言った理由だと思われます。

鉄道模型の世界では、シノハラ製のHOゲージ用の3ウェイポイントや、LGB製のGゲージ用の3ウェイポイントは「複分岐」です。メルクリンやトリックスなどの製品は「三枝分岐」です。この辺りは各メーカーのポリシーも関係するでしょうから、複分岐と三枝分岐を両方とも出している会社は無いようです。固定半径の曲線を中心に商品を展開しているティンプレート志向の強いメーカー程、三枝分岐を好むような気がします。

実際に木製の鉄道玩具を出しているような玩具メーカーの線路でも、3ウェイポイントがあれば大抵は三枝分岐を製品化するようです。その一方で、ドイツ当たりの鉄道の写真を見ると、実物の鉄道でも三枝分岐を使っていますから、三枝分岐だから必ず玩具っぽいと言うことでもありません。因みに、ちなみに、3ウェイポイントの中央にある真っ直ぐの線路を取り除けばYポイントとなります。



1067mm 愛知県 名古屋鉄道犬山検車区
1067mm 東京都 東急大井町線自由が丘駅
1435mm 兵庫県 阪神電鉄尼崎駅


三枝分岐は、分岐点が左右ともに同じ場所です。
複分岐は、分岐点が左右で微妙に異なります。



名古屋鉄道犬山検車区

下の写真の3ウェイポイント(三枝分岐)は、名古屋鉄道(名鉄)の犬山検車区構内に設置されているものです。写真でご覧の通り、このポイントを分岐した直後に更に各線路ごとにターンアウトが1基づつ設置されていますから、この箇所だけで一挙に1線が6線に分岐して行くという、かなり凄い実例です。



3ウェイポイント(三枝分岐)。2010年(平成22年)1月、名古屋鉄道犬山検車区(愛知県犬山市)にて撮影。3 way swtch.
広見線が犬山駅を出て最初に陸橋を潜る場所と言いますか、犬山駅東口を発車した明治村行きのバスが最初のバス停(時迫間:ときはざま)に着くちょっと前に跨ぐ陸橋上の歩道から撮影したものです。かなり目の細かい柵が在るのと、電車の車庫で俯瞰撮影するのだから止むを得ないんですが、架線やら架線柱やらが支障して、この程度の写真を撮るのが精一杯です。画面の周囲が白っぽくなっているのはレンズの周辺光量の低下、とかではなくて、僅かに柵が映り込んだからです。右に止っている青い車輛はデキ600と言う東芝戦時型の凸型40t機関車です。



東急大井町線自由が丘駅

以前に東急大井町線の自由が丘駅(東京都目黒区)に併設されていた留置線の入り口に設置されていた3ウェイポイント(三枝分岐)です。元々は中型車単行で開業した全長10km程の路線の車庫として設置されたもので5線くらい留置線が在ったのですが、やがて大型化・長編成化が進み、この写真を撮影した時点で20m車5連で運行していますからまともにターンアウトなんて使ったのでは有効長も留置本数も稼げないので、3ウェイポイントを使ったようです。

3ウェイポイントを使っているのですから算術としては余りにも簡単ですが、留置線の本数はこの時点では3本です。



3ウェイポイント(三枝分岐)。2000年(平成12年)1月、東急大井町線自由が丘駅(じゆうがおか:東京都目黒区)にて撮影。3 way swtch.
この踏切は単なる一般公道の踏切ですから、通行する自動車に注意しさえすれば誰にでも簡単にこの程度の写真は撮れたし、3ウェイポイント(三枝分岐)としては全国的に見ても最も撮影しやすい部類だったのですが、残念ながら撤去されてしまいました。



3ウェイポイント(三枝分岐)のフログ部分。2000年(平成12年)1月、東急大井町線自由が丘駅(じゆうがおか:東京都目黒区)にて撮影。3 way switch.
上の自由が丘駅の3ウェイポイント(三枝分岐)のフログ部分のを斜めに見た拡大写真です。見事な左右対称形になっています。3ウェイポイントは省スペースを徹底的に狙ったものですので、それでは「四又分岐や五又分岐の方が更に省スペースではないか」と言う疑問は当然残るわけですが、さすがにそこまで複雑なものは日本には見当たらないようです。外国では例は少ないものの、探せば見つからないこともないようです。余りにも構造が複雑怪奇なものは保線現場からは好まれない、と言う理由もあるようです。



阪神電鉄尼崎駅

July 30, 2010.

阪神電鉄尼崎駅は独特な形状のシングルスリップが有名ですが、良く探すと件のシングルスリップの直ぐ近くに、下にお目に掛ける3ウェイポイントも設置されています。ちょっと見ただけでは変な格好の?ターンアウトが並んでいるだけですが、よく見れば、このターンアウトは複分岐であることが判ります。



3ウェイポイント(三枝分岐)。2010年(平成22年)6月、阪神電鉄本線尼崎駅(あまがさき:兵庫県尼崎市)にて撮影。3 way swtch.
上の写真は、阪神尼崎駅のホームの、最も元町・三宮寄りで撮影したモノです。下の写真は複分岐の証拠品たる、レールが3本交差している変形フログです。このフログは間違いなく特注品だと思われます。このポイントのすぐ右側の梅田寄りに、有名な変な格好のシングルスリップが設置されています。



変形3ウェイポイント(三枝分岐)。2010年(平成22年)6月、阪神電鉄本線尼崎駅(あまがさき:兵庫県尼崎市)にて撮影。3 way swtch.
変形3ウェイポイント。2010年(平成22年)6月、阪神電鉄本線尼崎駅(あまがさき:兵庫県尼崎市)にて撮影。車輪の踏面(とうめん)が当たっている部分だけはレールに錆がありませんが、、、なんとなくレールの錆の取れ方を見ると不安にならなくもありません。この一帯はかなり低速でしか車輛が走らないので、実際には全く事故とかも無いようです。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁