バックマンのGゲージのゴンドラカー"C&S"

93724 8-wheel gondola car of C&S, made by Bachmann.

バックマン製Gゲージのゴンドラカー。
バックマン製のGゲージのゴンドラカーで品番は93724、全長30ftの程度のゴンドラカー(無蓋貨車)です。鉄道模型の世界ではなんとなく40ft程度の車輛の比率が大きいような気がしますが、Gゲージの40ft車ともなると長さが600mm近くなります。30ft車でしたら40ft車の3/4の長さで済ますことができます。これだけでしたら余り大した違いは無いのですが、普通の押入れは奥行きが900mmをちょっと切る程度です。多少は飛び出すことを我慢して無理して突っ込めば30ft車は2輛縦並びに入りますが、40ft車2輛縦並びは、ちょっと我慢の限度を超えていると思います。つまり、30ft車は実質的には同じ場所に2倍近い輛数の車輛を収納できることになります。ちょっと、我田引水ですかな?。そのような事情もあって買い求めた車体長30ftのゴンドラカー、ロードネームはコロラド&サザンです。

On30でも同じ車番の車輛が売られていますが見掛けは全然違い、On30の方は低側車ですが、Gゲージのこの車輛は高側無蓋車です。いわゆる「ハイサイド・ゴンドラカー」です。同じ車体の金型を使って別のロードネームの車輛も販売されていますので、これはあきらかな塗り替えと言うか、バッジ・エンジニアリングの典型のようなものです。もっとも、アメリカの鉄道模型の世界では昔から良くありがちなことですので、別に驚くほどのことではありません。側アオリ板の高さがかなりありますから見方によってはバスタブ型ゴンドラカーのように見えますが、そんなに奇異な外観でもありません。「ちょっと変わった車輛が欲しい」と言う思いはどなたもあると思いますが、変な車輛しかない鉄道と言うのも可笑しな話ですから、ごくありきたりな外観のこの種の車輛はなんとなくほっとさせてくれるものがあります。



バックマン製Gゲージのゴンドラカーの床下。
恒例?の床下。床下はトラスロッド類も含めて全てプラスチック製です。トラスロッドにはターンバックルの表現もしてある辺りは流石にプラスチック製です。LGBの車輛はトラスロッドが金属製で感じは良いのですが、ターンバックルまでは表現してありません。足して2で割ればちょうどいいのに、、、。

この写真で下から2本目のトラスロッドの中央辺りに、横方向に寝そべっている物体が在りますが、これはKC型ブレーキです。ちょっと説明が下手ですが、ブレーキシリンダとエアタンクが1列に並んで一体化している構造のものです。木造車体+アーチバー台車+トラスロッドの組み合わせの車輛だと、ごく一般的に見掛ける代物です。



バックマン製Gゲージのゴンドラカーの台車。
アーチバー台車。同じバックマン製品の中では品番98490のスケルトン・ロッグカーに使用されているのと、同じ台車だと思います。写真左側が連結部で、左側の車輪の左上に写り込んでいる黒っぽい物体は、台車マウントになっている連結器の腕の一部です。

それほど大したものではありませんが、決して悪いものではありません。結構丈夫だし、、、安心して使える台車の一つです。中途半端にブレーキシュウや余分なデティールを付けていない点が最大の美点でしょうか。

さすがにこの車輛は30ft級の大型車?だけあって、こんな立派な台車を使っていますが、同じバックマン製品であっても20ft級の貨車となると、もっと固定軸距離の短い全然違う種類のアーチバー台車を使っています。また、最近発売された高級仕様の貨車で連結器を車体マウントにして取り付けてある貨車が履いている台車は、軸箱の蓋が開閉可能になっているらしいので、これまた違う種類の台車です。

いずれにしてもバックマンの貨車に共通の点は、アーチバー台車を履いていると言うことです。要するに、製造時期と言う点では1920年代前後までに製造された車輛をプロトタイプに選んでいると言うことです。それにしてもどう転んでもアーチバー台車には違いないわけでして、それをわざわざ3種類も使い分けるとは、随分と念の入った話です。このメーカーは真面目なんでしょうね。