Boxcar red/ボックスカーレッド

July 13, 2007.

「ボックスカーレッド」はアメリカの貨車の塗装色としてはもっとも一般的な色で、模型屋さんの商品一覧などでは「BCR」と略されることもあります。「レッド」とは呼ばれるものの決して「赤」では無く実態は明るい茶褐色です。ワム80000の「鳶(とび)色」に良く似た色です。但し、鳶色よりはもう少し色が濃い目で、茶色が勝っているようです。

ボックスカーに塗られることが多いのが「ボックスカーレッド」なる言葉の語源なんだと思われますが、ボックスカー以外の貨車に塗られる事も多いです。ストックカーゴンドラカーカブース辺りでしたら全く違和感は無いでしょう。

流石にリーファーがカブースレッドに塗られていると少々違和感を感じますし、タンク車の場合は台枠だけならば兎も角も、タンク体までボックスカーレッドに塗られてしまうとちょっと可笑しいです。汎用性の高い便利な色ですが、程々に、、、。



ボックスカーレッドに塗装されたボックスカー(バックマン製On30)。
ボックスカーレッドに塗装されたボックスカー(バックマン製On30)。