Stock car/ストックカー

Apr 3, 2015.

家畜輸送用の貨車です。炎天下を走ったり、長時間停車したりする際の通風を考慮して、車体側版はスノコ状になっています。その点を除けば、車体骨格などは普通のボックスカーと大差ありません。日本の貨車でも「ウ」などは通風を意識してスノコ上側板になっていると同様です。車体の塗装色もボックスカーレッドなどの、一般的なモノであることが普通です。

単純にストックカーと言うと平屋構造で牛や馬などの大型の動物を載せることが目的ですが、豚などですと2階建て、鳥などですと3階建てにして使用します。これらの小型の動物を載せる車輛には特別の名称はなくて「ストックカー」の範疇に含まれます。それでも、鉄道会社によっては独自名称を付ける場合があり、ノーザン・パシフィック鉄道の「ピッグ・パレス・カー」などと言うのがその最右翼でしょうか。

外観上は大型動物用の普通の平屋構造のストックカーと大差無いですが、各階層ごとに独立して開け閉めできる扉を見れば初めて多層構造になっていることに気が付く、、、その程度の相違ですね。