Archbar truck/アーチバー台車

May 13, 2017.

「アーチーバー」ではなくて「アーチバー」です。「チ」の後ろは音引きしません。帯金(バー)製の台枠をボルト+ナットで組み上げた台車です。中央部分は枕バネを収納するために膨らんでおり、結果的に上述の「バー」はアーチ形状をしているのでアーチ+バー=アーチバー台車、と言う事になります。ベッテンドルフ台車とともにアメリカ型の貨車を二分すると言っても過言ではないでしょう。

概ね1920年代中頃までに製造された車輛がアーチバー台車を履いています。日本的にはTR15・TR16・TR20と言った辺りがアーチバー台車の代表格でしょう。但し、和製アーチバー台車は枕バネが板バネになっているものが多いですが、本家アメリカのアーチバー台車はコイルバネになっています。通常は横方向の帯金がボルスターの辺りで上下方向に膨らむのですが、上方向にだけ膨らむもの、下方向にだけ膨らむものも少数ながら存在します。

帯金をボルト・ナットで組み立てるだけの簡単な構造のために、簡単に言ってしまえば町工場レベルの技術でも製造できるために非常に普及します。反面、ボルト・ナットで組み立てているために走行中にバラけてしまうと言う珍事も発生します。最終的には1940年代までに使用は禁止されるようになります。



アーチバー台車についてはこちらに詳述しております。



実物のアーチバー台車(加悦鉄道ハ10)。Prototypical archbar truck, HA-10 of KAYA Railway.
実物のアーチバー台車(加悦鉄道ハ10)。
Prototypical archbar truck, HA-10 of KAYA Railway.



On30ゲージの模型のアーチバー台車(バックマン製品)。On30 gauge archbar truck, manufactured by Bachmann.
On30ゲージの模型のアーチバー台車(バックマン製品)。
On30 gauge archbar truck, manufactured by Bachmann.