シグマ・「56mm F1.4 DC DN」

Sept 1, 2021.


シグマ製の「56mm F1.4 DC DN」と言う、単焦点の中望遠レンズです。「中望遠」とは言ってもAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラで使用すると焦点距離が中望遠域になると言うだけの話で、実焦点距離は「56mm」と言う前代未聞の数値です。大昔のライカ判1眼レフの黎明期に焦点距離が58mmと言う機種がありましたが、久々に興味深い焦点距離の数字を見ました。

私的には、初めて買い求めたシグマ製の単焦点レンズです。マイクロフォーサーズ用とソニー用が先行して2018年(平成30年)11月に発売されていて、受光素子の大きさが大差無いAPS-Cサイズの受光素子を持つキヤノン・EF-Mマウント用などの製品が2019年(平成31年)10月に遅れて発売されています。「16mm F1.4 DC DN」「30mm F1.4 DC DN」と共に、マイクロフォーサーズやAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラ用の単焦点・大口径レンズ群を構成しています。シグマの同じ系列のレンズを3本揃えたとして、

「16mm≒ライカ判換算で26mm相当の画角→広角」
「30mm≒ライカ判換算で48mm相当の画角→標準」
「56mm≒ライカ判換算で90mm相当の画角→中望遠」

と言う組み合わせは、他の系列のレンズでもシグマがやっていますし、28mm・40mm・90mmと言う焦点距離のレンズを揃えていたライカCL・ライツミノルタCLEを思わせるモノがあります。この焦点距離の組み合わせは鉄道写真用としては些かアレですが、スナップ用、ポートレート用として考えた場合には悪くない組み合わせだと思います。恐らくは、シグマもその辺りを意識して商品展開をして来たのでしょう。尤も、広角・標準・中望遠と言うだけの組み合わせですから、もの凄く画期的とか言う事ではありません。大昔の銀塩カメラの時代だったら「28mm・50mm・85mmと3本揃えていた」と言う程度に過ぎないからです。

生憎、現状ではシグマ製のEF-Mマウントの単焦点レンズはこの3本しか用意されていません。同じキヤノン製カメラ対応の機種であってもEFマウント対応のレンズは相当に種類が多いですが、現状でのキヤノン自体のEF-Mマウント各機種への熱意の低さを考えれば、取り敢えずは部外者的な存在のシグマから3種類も出されている事には感謝の言葉しかありません。

品番に入っている「DC」と言うのはAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラ用なりのイメージサークルを持つ機種であると言う意味のようで、「DN」と言うのは「ショートフランジバックを採用したミラーレスカメラに最適な設計を行ったレンズ」なのだそうです。「17-50mm F2.8 EX DC OS」などのレンズとは、設計の根本が些か異なると言う事でしょう。シグマの新しい製品は「スポーツ」「アート」「コンテンポラリー」の3つに区分されていますが、この製品は「コンテンポラリー(Contemporary)」に含まれる最も中庸な位置づけの製品です。「中庸」と言うのは専ら価格帯の話だと思うのですが、価格は中庸であっても、性能は秀逸です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」、製品付属の、プラスチック製純正フードを装着して撮影しています。このレンズを装着して写っているカメラはキヤノンのEOS M6mk2です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」、製品付属の、プラスチック製純正フードを装着して撮影しています。このレンズを装着して写っているカメラはキヤノンのEOS M6mk2です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」は手振れ補正機構を持たない点と、絞りリングを持たない点が気に入らないとも言えますが、キヤノン純正のレンズでも設計志向?が似ている32mmでf1.4のレンズは手振れ補正機構も絞りリングも無い筈なので諦めようはあります、やせ我慢ですけど。そう言った点を除けばこれだけの画質のレンズが40000円ソコソコの金額で入手できるのですから、余り文句の付けようがありませんし率直に言って良いレンズだと思います。本当ならば中華製各レンズメーカーの製品のように、どのレンズにも必ず絞りリングを付けているような製品展開の方が好きなんですが。

操作系はレンズ自体に絞りリングを持たないせいもあって極めて簡単・明快で、ピントリング以外に操作する箇所がありません。単純さ此処に極まれり、単純こそ至高の美、「全て偉大なるものは単純なり(W.フルトヴェングラー)」です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」のマウント面
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」のマウント面。どうでも良いような事なのに誰もが気にしてしまう最大のどうでも良いポイント?がマウント面の材質だともいますが、金属製(真鍮製)です。当然ですが、キヤノンのEF50mm/f1.8IIのようなエンジニアリング・プラスチック製マウントを持つレンズだからと言って不都合な点は全く無いんですが、やはり金属製のマウントを持つレンズがありがたく思えて来ます。プラスチック製の模型に対する金属製模型への信仰みたいなものでしょうか?。



「56mm F1.4 DC DN」の合焦速度

Sept 1, 2021.

シグマ製の「56mm F1.4 DC DN」のAFの合焦速度は、ごく僅かだけキヤノンのEF-M 15-45mmEF-M 18-150mmなどのキヤノン製純正レンズよりも僅かに遅い程度です。こちらのシグマのレンズは「純正レンズでは無い」と言う弱点?はあるものの、非常に健闘していると思います。

キヤノン純正のレンズをファインダーを覗いた時点では既に合焦している・合焦動作が終了しているような印象がありますが、シグマ製の「56mm F1.4 DC DN」では、どの段階でファインダー(と言うか液晶ディスプレイ)を覗いた時点では常に「合焦しきる直前の段階」までには辿り着いている印象があります。恐らく、キヤノン製EF-Mマウントの純正レンズとシグマ製のEF-Mマウントのレンズを比較すると、シグマ製レンズの合焦速度の方が0.0*秒遅いと言う程度で、実用上の差異は無視し得る程度です。非常に健闘していると言って良いでしょう。



「56mm F1.4 DC DN」の被写界深度

Sept 1, 2021.

シグマ「56mm F1.4 DC DN」で撮影した際にどの程度まで綺麗にボケてくれるかと言う話です。ボケないのであれば普通にEF-M 15-45mmEF-M 18-150mmと言ったレンズでも間に合ってしまうので最重要課題と言っても良いでしょう。高速道路のPA・SAでの撮影例が多いですが、この種の場所で撮影するのは、背後にかなり長い距離が確保できるからです。

撮影場所は首都圏中央連絡道(≒圏央道)の菖蒲PAです。東北道との交差地点である久喜白岡JCTから圏央道の八王子・厚木方面に分岐した最初のPAです。このPAは建物を内廻り・外廻りで共有していますので、どちらの車線からでもこの撮影場所に入れます。

シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f1.4」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f1.8」で撮影しています。f1.4とはかなり大違いでビックリさせられます。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f2.8」で撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f4」で撮影。背景をボケさせて楽しむと言う点ではこの程度が限界でしょうか?。これより絞ってしまうと、ボケ方が明確では無くなって来るように思います。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f5.6」で撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f8」で撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f11」で撮影。此処まで絞って漸く背後の看板の文字がなんとなく読めるようになりましたが、有名な「宇佐美」と言うガソリンスタンドチェーンのものです。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f16」で撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
種明かし?です。上のボケ方例の写真の画面の奥が左側になります。1番のテーブルの上に「開放」「1.8」「5.6」などのプラカードを置いて、2番のテーブルの辺りに私が座って撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f1.4」で撮影しています。撮影場所は東北自動車道の上り線蓮田SAです。有名な撮影名所に「ヒガハス」と言う場所が在りますが、ヒガハスの「ハス」の方です。この先、東北道の上り線の休息施設は此処までで、これより先は逆光耐性の項目に出て来る首都高速川口線の川口PAが最初の休息施設、となります。これ以下、蓮田SAでの撮影です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f1.8」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f2.8」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f4」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f5.6」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f8」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f11」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。「f16」で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f1.4」で撮影しています。私と、花の距離が1m程度です。花と、モデルの女性との距離が2m程度です。全体として、私とモデルの女性との間が3m程度離れており、途中の1:2くらいの位置に花があると言う事です。

シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f1.4」で撮影していますが、モデルの女性(シンガー・ソングライターの小澤くるみさん)にピントを合わせて、手前の花がボケるように合焦させています。。2022年(令和4年)6月、サミーズカフェ(神奈川県横浜市神奈川区)にて撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのボケ方の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f1.4」で撮影していますが、手前の花にピントを合わせて、背後の女性(シンガー・ソングライターの小澤くるみさん)がボケるように合焦させています。2022年(令和4年)6月、サミーズカフェ(神奈川県横浜市神奈川区)にて撮影。



「56mm F1.4 DC DN」の逆光耐性

Sept 1, 2021.

「逆光耐性」と言うか、シグマ「56mm F1.4 DC DN」で撮影した際に画面内に逆光になる光源のようなモノがあればどうなるのか?、と言う話です。太陽自体を逆光になるように撮影することは些かアレなので、夜間時間帯に高速道路のPA・SAだとか、ショッピングモールなどで「逆光になる光源のようなモノ」を画面に入れて撮影しました。全て絞り開放(=f1.4)で絞り優先オート、ISO6400での撮影です。どの写真の光源も、光の滲み方が自然で良い雰囲気に写っていると思います。今どきのレンズでゴーストが気になるようなレンズは売ってないでしょうけれど、夜中に看板などの光る文字を撮影したら文字の滲み方が如何なるかな、、、その種の問題を抜きにしてもシグマ「56mm F1.4 DC DN」は優秀なレンズだと思います。

シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での逆光撮影の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での逆光撮影の例。撮影したのは首都高速道路の川口PAで、東北道を南下して来て首都高速の本線料金所を越えるとすぐの場所に在るPAです。この写真は、PAの休息施設の辺りに在る時計塔のようなモノを撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での逆光撮影の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での逆光撮影の例。これも首都高速道路の川口PAで、駐車場の中に立っている照明塔のようなモノを撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での逆光撮影の例。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での逆光撮影の例。埼玉県羽生市に在るイオンモール羽生の駐車場内に立っている場内照明塔を撮影しています。



「56mm F1.4 DC DN」で使うレンズフード

Sept 1, 2021.

「またフードかよ」と言われそうですが、このシグマ製「56mm F1.4 DC DN」に装着するレンズフードをどうしようかと言う話です。この製品にはプラスチック製の、花型では無い円筒形のレンズフードが付属して来ます。この付属のフードは決して気に入らないわけではないのですが、もう一寸如何にかならなかったのかと言う印象があります。それと言うのも私はタムロンの90mmマクロレンズ(272E)に付属してくるレンズフードが無条件に気に入っていますので。但し、この辺りは好き嫌いの問題であって、当たり前ですが優劣とは無関係です。

シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」に純正レンズフード「LH582-01」を装着した状態
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」に純正レンズフードを装着した状態。この標準付属のレンズフードは「LH582-01」と言う型番ですが、困った事?にかなり格好がいいんです。なにが困るって、ナンクセ付けることに失敗すると社外品レンズフードを買ってくる根拠が揺らぐからです。困ったなぁ。ご覧のシグマ純正レンズフードの外径はφ77位です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」にハクバのφ55用アルミ製レンズフードを装着した状態。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」にハクバのアルミ製レンズフードを装着した状態。このレンズのフィルタ径はφ55なので口径55mm用のレンズフードを取り付けてありますが比較的太め体形のレンズなので、細身体形で格好良いレンズ用のハクバ製のレンズフードとの組み合わせで如何かと言えば、些か微妙です。恐らく、ハクバのレンズフードを使うのであればステップアップリングを使って少々太い目のレンズフードを使った方が格好が良いのではないかと思います。尤も、そこまでしてシグマ純正のレンズフードを排除する必然性があるのかと言うと、些か疑問が残ります。ご覧のハクバ製レンズフードの外径はφ60、同種の製品ではエツミ製のレンズフードがφ61ですから、社外品レンズフードを使っている限りでは外観は大差ありません。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」にハクバのφ72用アルミ製レンズフードを装着した状態。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」にハクバのアルミ製レンズフードを装着した状態。此処までは上の例と同じですが、ステップアップリングを使ってハクバ製のφ72のレンズフードとの組み合わせにしています。これが格好良いのかと言うと些か微妙ですが暫くはこの状態で使ってみようと思っています。この状態だと、フードの外径はφ79位です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」にハクバのφ72用アルミ製レンズフードを装着した状態。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」にハクバのアルミ製レンズフードを装着した状態を肩越しに撮影。この角度から撮影すると、自分の好きな女の肩を抱き寄せて「君が好きだよ」と囁いているような気分にならないですか?、そうですかならないですか、じゃぁ仕方が無いですね。私だったらそのまま羽交い締めに抱きしめておいてキスし終わるまで離さないんですけどね。



「56mm F1.4 DC DN」の性能諸元

Dec 1, 2021.
ライカ判換算焦点距離
焦距轉換為LEICA格式
89mm
(実焦点距離は56mm)
開放絞り値
打開時的光圈値
f1.4
絞り羽根枚数
光圈葉片數
9枚
レンズ構成
鏡片結構
6群10枚
フィルター径
濾鏡尺寸
φ55
寸法/尺寸φ66.5mm×59.5mm
重量約280g
発売日/發布日期2019年(平成31年/令和元年)10月18日


「56mm F1.4 DC DN」のマウント交換

May 1, 2022.

シグマ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例は、実はマウント交換が可能です。レンズのマウント交換と言うと以前にタムロンが販売していた「アダプトールIIマウント」の各交換レンズや、Tマウントのレンズが著名ですが、どちらもAF連動機能などは無かった時代の代物だった筈です。シグマのこのレンズはAF機能もAE機能もありますが、それらの機能を含めて別のマウントに有償で交換可能です。

当然ですが限度はありまして、「製品としてマウントの設定がある範囲内でならば交換が可能」であると言う事です。例えば、このコンテンツで写真をお目に掛けている個体はEF-Mマウントですが、このシグマ「56mm F1.4 DC DN」と言うレンズにはマイクロフォーサーズ仕様、富士フィルムのXマウント、ソニーのEマウントなどいろいろとあります。それぞれがマイクロフォーサーズ仕様のレンズ、Xマウント仕様のレンズ、などとして発売されている、この範囲内であればマウントが交換できます。

但し、マウント交換は当然乍ら費用が掛かり、このレンズの場合は24200円(税込み)です。他のレンズの場合に幾ら掛かるのかは知りませんが、実売価格で50000円をちょっと切る程度の金額のレンズでマウント交換費用が24200円(税込み)と言うのは些か辛い金額です。作業内容を考えれば高くは無い筈ですが、自分の懐から出て行く金額であると言う事を考えれば嬉しい金額ではありません。現実問題として、買い値の半分近い「マウント交換費用」を支払うつもりならば、一思いにもう1本買い足して「マウント違い2本体制」にしてしまった方が良いんじゃないかと思います。



「56mm F1.4 DC DN」の撮影例

Dec 1, 2021.

シグマ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例ですが、撮影見本の代わり?に綺麗処の色っぽい写真を主に載せているだけなので些かアレです。目の保養としてご活用ください。綺麗処の写真は概ね開放かそれに近い絞り値で、それ以外は適宜絞って撮影しています。

シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例、モデルの女性は神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性は地下アイドル歌手神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例、モデルの女性は神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性は地下アイドル歌手神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例、モデルの女性はシンガー・ソングライターのhannさん。2022年(令和4年)5月、千葉県習志野市内某所にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性はシンガー・ソングライターのhannさん。2022年(令和4年)5月、千葉県習志野市内某所にて撮影。絞りf1.8で撮影しています。此処まで絞りを開けてしまうと被写界深度がかなり浅いので、向かって左の眼にはピントが合っているんですが、向かって右の眼はピンボケになってしまっています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例、モデルの女性はシンガー・ソングライターのhannさん。2022年(令和4年)5月、千葉県習志野市内某所にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性はシンガー・ソングライターのhannさん。2022年(令和4年)5月、千葉県習志野市内某所にて撮影。この写真は絞りf4.0で撮影しています。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性はシンガー・ソングライターの小澤くるみさん、2022年(令和4年)6月、サミーズカフェ(神奈川県横浜市神奈川区)にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性はシンガー・ソングライターの小澤くるみさん、2022年(令和4年)6月、サミーズカフェ(神奈川県横浜市神奈川区)にて撮影。ブッキングライブの際に撮影したものですが、屋内照明が赤っぽい電球を使っている会場なのでカラーバランスが少々おかしいです。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性はシンガー・ソングライターの小澤くるみさん、2022年(令和4年)6月、サミーズカフェ(神奈川県横浜市神奈川区)にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。モデルの女性はシンガー・ソングライターの小澤くるみさん、2022年(令和4年)6月、サミーズカフェ(神奈川県横浜市神奈川区)にて撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例、拙宅近くの川の土手に植わっている樹です。2022年(令和4年)1月。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。拙宅近くの川の土手に植わっている樹です。他のレンズの撮影例にも使っている被写体ですが、真冬なのにこれだけ花が咲いている辺りが見事です。氏神様に初詣に行った帰り道に撮影して来ました。流石に新型の中望遠レンズで開放f値も小さいし、見事なボケ方です。ボケ過ぎて、なんだか訳が判らなくなってますけど。この写真、f1.4です。2022年(令和4年)1月撮影。



<strong>シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例</strong>。拙宅近くの川の土手に植わっている樹です。2022年(令和4年)1月。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。拙宅近くの川の土手に植わっている、上の写真の樹と同じものです。逆光耐性試験のつもりで敢えて太陽を画面に入れて撮影してみましたが、キヤノンのEF-M 15-45mmよりも鬱陶しい感じがしないのはレンズの出来がよろしいからなんでしょうか?。この写真もf1.4です。2022年(令和4年)1月撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例、拙宅庭の柿の樹です。2022年(令和4年)4月。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。拙宅の庭の柿の樹です。他のレンズの撮影見本にも使っている樹ですが、春めいて新緑で綺麗になったので撮影してみました。この写真もf1.4です。2022年(令和4年)4月撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。拙宅庭の柿の樹です。2022年(令和4年)4月。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。拙宅の庭の柿の樹で、上の写真とほぼ同じ場所での撮影です。上の写真では手前の枝にピントを併せましたが、こちらの写真では奥の枝にピントを合わせてみました。この写真もf1.4です。2022年(令和4年)4月撮影。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。2021年(令和3年)12月、横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道(ばしゃみち:神奈川県横浜市中区)駅付近にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。横浜の中心部の、馬車道(ばしゃみち)の辺りでの撮影です。背景が綺麗にボケてくれていますが、この辺りは流石に新型のポートレート用レンズならではの表現です。「街路灯のポートレートを撮ったのか」と考えると我ながら笑えて来ますけど。2021年(令和3年)12月、横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道(ばしゃみち:神奈川県横浜市中区)駅付近にて撮影。焦点距離56mm(ライカ判換算で90mm相当の画角)、絞りf1.8です。「どうして“開放”で撮影しないんだ?」と問われると些か答えに窮しますが、単に絞り値の設定を間違えちゃったと言う事です。



シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。2021年(令和3年)12月、横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道(ばしゃみち:神奈川県横浜市中区)駅付近にて撮影。
シグマ製56mm中望遠レンズ「56mm F1.4 DC DN」での撮影例。2021年(令和3年)12月、横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道(ばしゃみち:神奈川県横浜市中区)駅付近にて撮影。これも焦点距離56mm(ライカ判換算で90mm相当の画角)、絞りf1.8での撮影です。



このコンテンツに限りませんが、レンズのコンテンツに使った撮影例には 千原愛理(ちはらあいり)さん神崎由衣(かんざきゆい)さん の写真が多いです。この文章を書いている時点では新型コロナウィルスの影響で、ライブハウスに観客を集めて行う有料のライブが開催し難い状況です。結果的にライブ活動をしている人は売り上げを作り難くなってきているので、自分がモデルになって有償撮影会に出演しようとする人が多いです。私が懇意にしている地下アイドルやアーティストの中ではモデル活動をやっていた経験があったり、今後モデル活動をして行きたいと言う明確な意思を示しているのは 千原愛理(ちはらあいり)さん神崎由衣(かんざきゆい)さんが最右翼なので、ちょうど良い機会なので以前に撮影した写真や、新しく撮影会で撮影した写真を撮影見本的に使っています。

それ以外の人の写真はいわゆる「撮影会」や「個人撮影」と言う機会で撮影している訳ではないので、撮影例として使うのは些か厳しいのですが、差し支えない範囲内で使っています。各コンテンツを見た知人友人から「こんな女をモデルに使っているの?」とか言われても困るので、見た目が麗しくてスタイルが良くて、性格も良さそうに見える最右翼が上述の二人と言う事です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁