リコーについて

June 1, 2016.


リコー=理研光学、と言うことです。「リケンの増えるワカメちゃん」と言う食品がありますが、アレの製造元のリケン食品だったかと根っこは同じ、理化学研究所に連なる企業です。若い方には「理研」と言うと「STAP細胞の一件の理研」と書いた方が判り易いのかもしれませんが、自然科学研究一般を取り扱っている(取り扱っていた)産軍複合体のような国策企業です。

理研の最大の成果?になる筈だった研究は所謂「ニ号研究(=仁科研究)」と言う、要するに核開発計画です。材料となる高濃度ウランはナチスドイツからの輸入に頼るしかなかった点で些か無理がありますが、1945年(昭和20年)の「東京大空襲」と言う名の無差別虐殺に対する報復として、、、これ以上は書きますまい。

カメラの方ではどのような拘わりがあったのかペンタックスのカメラのマウントに追従しています。M42マウント(プラクチカマウント)然り、Kマウント然りです。全般に安いカメラが中心ですが、リコーのカメラは独創的で面白いものがあります。センソレックスTLS-401だったか、プラクチカマウントの1眼レフでアイレベルとウエストレベルのファインダーを切り替えて使えると言う機種がありましたが、あのカメラを買っていれば私の人生も随分と違ったものになっていたんじゃないかと今でも思っています。



リコーDC3

リコーのDC3と言うかなり古いカメラで、1997年(平成9年)7月の発売です。その昔に、私が初めて買い求めたデジタルカメラです。標準色は銀色ですが、各1500台限定だったかでピンクメタリックとブルーメタリックが2000円高で売り出されたので、迷わずピンクメタリックの方を買ったものです。ピンクメタリックが出なかったら、、、恐らくこの時期にはデジカメに手を出していなかったと思います。ライカ判換算38mm相当の単焦点、マニュアル・フォーカスと言いながらなんのアシスト機能も無いレンズ、開放f価f4.0、画素数は35万画素、それでいながら露出補正のみは+2.0EV~-2.0EVの範囲で0.5EVステップ刻みと、凄いんだか、凄くないのだか、何が凄いのか判らないような仕様のカメラです。

CCDは最近では携帯電話にしか使わないような1/4型のものを使っています、、、携帯電話内蔵のカメラだって、最近は35万画素なんてものは無かったですね。今となっては笑ってしまうような画質ですが、このカメラばかり使っていて、このカメラでしか撮影していない被写体もあります。そんな訳で、今でも当サイトの中にはこのDC3で撮影した写真が残存しています。

序に書くと、なんとかとカメラは使いようなので、このカメラで撮影した写真を以前に「とれいん」誌で連載をやっていた時に使ったこともあります。35万画素機で撮影していることは編集部に話してあったので巧く使ってくれまして、決して新型の高画素機での撮影と比べて見劣りしないように使ってくれました。流石は本職です。



リコーDC3
かなり巨大なカメラで、新書判の本を2冊重ねた程度の体積があります。私が買うカメラだから当然?単3電池仕様で、4本使います。今でも現役なのかどうか、と言う問題を除けば、拙宅では本機とキヤノンのパワーショットA650ISのみが単3電池仕様です。本機では田型に電池を装填するのですが、この写真でレンズの左側の、筋が入っている部分より左側ははそっくりそのまま電池室です。



リコーDC3
ご覧のように液晶ディスプレイは立ち上げて使います。光学ディスプレイはありませんが、私の視力ではどんなに優秀であっても光学ディスプレイなんて使い道がないのでこれで充分です。このディスプレイはもうちょっと寝かせて使う事も出来ますから、実質的にはウェストレベルファインダーとしても使用できます。



リコーPX

Nov 25, 2011.

突然変異的な「PX」と言う型番のカメラです。私が買ったリコー製カメラの中ではDC3、RP1に続く3機種目です。急にどうしたのかと言うと、以前から雨天時の撮影にも心配のない防水機能のあるカメラが欲しかったのと、世界的な犯罪集団であるPX団を思わせる「PX」と言う秀逸なネーミングが気に入ったからです、とかって書くと必ず何処かからクレームが付きそうな気がします。別に、「PX」ではなくて「BF」でも良かったんですが、、、。とまぁ、詰らぬオヤジギャグを並べましたが、PX団は鉄人28号に出てくる敵役、BF団はジャイアントロボに出てくる敵役で、恐らくこのカメラとは100%無関係です。



リコーPX
リコーPX



元はと言えば数年前に松山市内に伊予鉄道の撮影に行った際に雨に降られて、傘をさして撮影はしていましたがDMC-G1(パナソニック)パワーショットA650IS(キヤノン)も時間の経過と共に挙動が可笑しくなってきます。水が掛かった記憶はないのですが、気がつかないうちに雨水が掛かったのでしょうか。或いは湿気が極端に高い状態で撮影していたわけだから直接雨水が掛からなくても雨が掛かったのと同じような状況になってしまったと言うことなんでしょうか。その日はホテルに戻ってエアコンの吹き出し口の近くに置いて強制乾燥させたら翌日には回復していましたが、余り感心出来た話ではありません。

雨の降る日に屋外で撮影しなければ済む話ですが、遠出する場合は事前に列車もホテルも予約してしまっているので簡単には変更出来ないし、最近は女性演歌歌手の人の追っかけみたいなことをやっていて、義理と人情が絡んでくると「雨だから出掛けない」とばかりも言っていられないので、、、いずれにしても、防水性の高いカメラがあるにこしたことはありません。

このカメラ、見掛けは余り防水しているっぽくはないですが耐水性能は水深3m・60分まで、耐衝撃性能は落下高度1.5mまでですから、普通に使う分には充分な性能です。水中写真を撮るつもりはほぼ無いので、私としてはこれで充分です。あくまでも、にわか雨に降られても困らなければそれでいい、胸ポケットに入れっぱなしにしておいて汗かいても構わない、と言う程度の要求でしかありません。



リコーPX
リコーPX

液晶ディスプレイは2.7型です。当然乍ら?可動ではありません。あくまでも購入目的は予備機のそのまた予備機、なので、この辺りは余り考えないことにします。



リコーPX
オプションのプロテクションジャケットと、同じくオプションのネックストラップを装着した状態です。流石にピンクが好きな私でも、この色合いはちょっと、、、。この写真の状態で、電池、SDメモリカードなども実装した状態ですが182gです。電池とSDメモリカードのみを装着した場合の公称重量は156gです。プロテクションジャケットはあくまでも外観変更用オプション?であって、これを被せたからと言ってもっと高い距離から落下させても壊れにくくなると言うことではありません。実際には、耐衝撃落下高度は、多少の改善は見られるとは思いますけど。



リコーPX
底部を開けた処です。プロテクションジャケットを装着した状態でもこの箇所を開けることは出来ます。但し、プロテクションジャケットを装着すると三脚穴は塞がってしまって使用出来なくなります。右端のやや青っぽいものがSDメモリカード、細長い銀色っぽい物体はリチウムイオン電池のラベルというかスペックやら型番やらを記載してあるバンドのような一帯です。随分薄べったい電池ですが、公称300コマ程撮影可能です。このカメラ位置づけを考えれば充分な数値なんでしょう。



リコーPX
標準付属のACアダプタ(右)と、別売オプションのBJ-10と言うバッテリーチャージャー(左)です。標準付属のACアダプタで電池を充電するためには、カメラ本体に電池を装着した状態でカメラ自体にACアダプタを接続する必要があります。コンピュータのUSB端子から電源供給することも出来ますけど、、、。いずれにしても、電池を単独で充電するためには「別売オプションのBJ-10と言うバッテリーチャージャー」が必要になります。当然ですが、バッテリーチャージャーが無ければ電池を充電するためのケーブルをぶら下げた状態で撮影に出掛けることは非常に煩瑣ですし、屋外撮影を考えた場合は現実的ではありません。電池の充電器くらいは本体に標準で付属させてくれよ、と言うのが偽らざる心境です。因みに取扱説明書に拠れば、コンピュータからUSB端子経由で充電した場合は満充電に要する時間は240分、BJ-10と言うこのバッテリーチャージャーで電池を単独で充電した場合の満充電に要する時間は180分です。