「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」索引

Dec 1, 2020.


キヤノン・EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM

Dec 1, 2020.

キヤノンのEF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMと言うレンズ、ミラーレスカメラのEOS-M系列で使う標準ズームレンズ、フルサイズでは無くてAPS-Cサイズの受光素子を持つミラーレスカメラ用です(EOS-M系各機種用と言う事です)。「レンズ付きキット」などに使用される小型、低価格、軽量なレンズなので決して大した機種ではありませんが、日常的に持ち歩くことを考えると小型・軽量に越したことは無いので、敢えてレンズ単体で買い求めてみました。実は、EOS M6mk2を買い求めた際にこのレンズが付属した「レンズ付きキット」を買い求めるつもりだったのですが、生憎乍らその種のレンズ付きキットは販売終了となっているようなので、三宝カメラさんで単体のレンズのみを買い求めた次第です。「レンズ付きキット」としての販売企画?は終了しているものの、レンズ自体もカメラ自体も販売は継続です。フルサイズミラーレス機の「R系列」が好評なようで、APS-Cサイズミラーレス機の「M系列」は些か旗色が悪いので少々心配ではありますが。

このEF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMと言うレンズ、2015年(平成27年)10月に発売されたものです。それ以前に、初代機であるEOS-Mと同時期の2012年(平成24年)9月に初代標準ズームレンズであるEF-M 18-55mm F3.5-6.3 IS STMと言うレンズが発売されており、4年以上は併売されていたのですが、2020年(令和2年)になってからでしょうか18-55mmの方は終了しています。ライカ判換算での焦点距離は18-55mmが29mm~88mmなのに対し、こちらの15-45mmの方は24mm~72mmとなります。望遠端でライカ判換算で88mmだったものが72mm相当の画角になったとしても余り目立った違いはありませんが、広角端で29mm相当だったものが24mm相当になったとしたら、驚天動地の大違いです。普通の「レンズ付きカメラキット」として組み合わせ販売するなら、何処を如何考えても広角端が24mm相当の画角になる、こちらのEF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMの方が圧倒的に使い易い筈です。望遠端はトリミングすればこの程度の画角差であれば如何にでもなりますが、広角端はこれほど画角差があったらどうしようもありません。

色は「シルバー」と「グラファイト」の2色あります。私が買い求めた品物は、下に写真をお目に掛ける通りシルバー色です。尤も、シルバーとは言っても外側の鏡筒がシルバーになっているだけです。内側の鏡筒はプラスチックの地色のままなので実際の使用時には黒い部分がナゾータワーのようにせり上がって来るのでシルバーとグラファイトのツートーン的な状況になります。余りにも親父ギャグが古過ぎるようなので敢えて余計な解説をしておきますが、「ナゾータワー」と言うのは黄金バットの敵役である優生主義者で四ツ目の怪人「ナゾー」の本拠地で細長い巻貝のような形状をした移動要塞のことです。



  • EOS-M小巧可愛単眼相機専用高倍率光学変焦鏡頭。
  • 焦段相等於全片幅格式的24mm至72mm焦距。
  • 支援Combination IS保持拍攝畫面穩定流暢。
  • 最近拍攝距離 25公分。
  • 3片非球面鏡片修正各種像差,為整個焦距範囲提供高画質影像。


キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM。少々長ったらしいですが、表示している内容は左から順番に、下記のようになります。当たり前ですが、それぞれに意味はある「記号」です。



  • 「EF-M」は「マウント名称」と言うかこのレンズの規格
  • 「15-45mm」は焦点距離
  • 「F3.5-6.3」は開放f値
  • 「IS」はキヤノン方式の手振れ補正機構である「イメージ・スタビライザー機構を持っている」と言う意味
  • 「STM」はAF機構の動力源はステッピングモーターを使用していると言う意味


このキヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMと言うレンズ、解放f値は上述の通りf3.5~f5.6です。変化幅は広角端ではf3.5~f22、望遠端ではf6.3~f40です。望遠端の開放f値がf6.7とかでも良かったから絞り切った際の絞り値はキリ良くf45とかまで行って欲しかったような。尤も、解放f値がf3.5~6.3だとか言っても、f3.5などと言う明るさを確保しているのはごく僅かな最広角域に近い範囲のみです。ズーム域全体ではほぼ一貫してf6.3です。このレンズは基本的には6.3通しのズームレンズであって、広角端の一部だけがf3.5になるという程度に考えておけば間違いはありません。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMをマウント面側から見た処です。マウント部はエンジニアリングプラスチック製だと思います。この辺りの材料選択はEF50mm/f1.8IIと同じです。安っぽいと言ってしまえばそれまでですが、実用的には十分ですし、強度・精度も不安は無いと思います。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM。このレンズは沈胴(ちんどう)式で、収納時にはご覧のように鏡筒が短くなります。上の写真の最下部にあるのが沈胴機構を解除するためのつまみのようなモノです。このつまみを操作して、沈胴状態を解除してから出なければ撮影できません。その昔に、普通の機械式カメラと言うか電池類を全く使わない連動距離計式のカメラで沈胴を解除するのを忘れて撮影してしまいまして、それでもファインダー内では見事に合焦するので全く気が付かず、現像所から帰って来たフィルムを見て愕然とした記憶があります。沈胴機構を解除せずに撮影したら全部ピンボケだったなどと言う話は一義的にユーザー(=私)に責任のある話ですからマミヤを逆恨みしたりはしませんが、、、そう、マミヤのユニバーサルプレスを使っていた頃の話です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMEOS M6mk2に装着した処。この状態では、鏡筒は沈胴させてあります。この状態でカメラの電源スイッチを入れると「沈胴状態を解除してから撮影して」と言うような趣旨の案内がディスプレイに表示されて撮影できない状態のままなので、失敗写真を量産する心配はありません。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMEOS M6mk2に装着した処。この状態では、鏡筒は展開させており、内部のナゾータワー?の部分を突出させています。焦点距離は15mm(ライカ判換算で24mm相当の画角)にしてあります。これが、このレンズの最広角端です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMEOS M6mk2に装着した処。この状態では、鏡筒は展開させており、焦点距離は45mm(ライカ判換算で72mm相当の画角)にしてあります。これが、このレンズの最望遠端です。



ズームリングの、焦点距離を調整する部分はシグマ製レンズと同じ回転方向で、左に回すと焦点距離が長くなる・画角が狭くなる、右に回すと焦点距離が短くなる・画角が広くなる、と言う動作です。従ってズームリングに記された焦点距離の表示は左端ほど焦点距離が短く、右端ほど焦点距離が長くなっています。



「EF-M 15-45mm F3.5-6.3」の被写界深度

Oct 1, 2021.

キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの絞り値の変化に伴うボケ方の変化の撮影サンプルです。以下の写真は縮小のみしただけで、トリミングは一切していません。撮影場所は首都圏中央連絡道(≒圏央道)の菖蒲PAです。東北道との交差地点である久喜白岡JCTから圏央道の八王子・厚木方面に分岐した最初のPAです。このPAは建物を内廻り・外廻りで共有していますので、どちらの車線を走っていてもこの撮影場所に入ることは可能です。

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mm、ライカ判換算で24mm相当の画角での撮影で、このレンズの広角端です。開放=f3.5での撮影しています。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mm(広角端)、f5.6での撮影です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mm(広角端)、f8での撮影です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mm(広角端)、f11での撮影です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mm(広角端)、f16での撮影です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mm(広角端)、f22での撮影です。



「EF-M 15-45mm F3.5-6.3」の画角の比較

Dec 1, 2020.

キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影サンプルです。全て、EOS M6mk2に装着して撮影しています。以下の写真は縮小のみしただけで、トリミングは一切していません。焦点距離を換えたら画角が如何なるか、と言う話だけですので愛想の無い写真ばかりでごめんなさい。



実焦点距離15mm:ライカ判換算で24mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は15mmで、ライカ判換算で24mm相当の画角になるように撮影しています。これが、このレンズの広角端です。



実焦点距離18mm:ライカ判換算で29mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は18mmで、ライカ判換算で29mm相当の画角になるように撮影しています。



実焦点距離24mm:ライカ判換算で38mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は24mmで、ライカ判換算で38mm相当の画角になるように撮影しています。



実焦点距離28mm:ライカ判換算で45mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は28mmで、ライカ判換算で45mm相当の画角になるように撮影しています。



実焦点距離35mm:ライカ判換算で56mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は35mmで、ライカ判換算で56mm相当の画角になるように撮影しています。



実焦点距離45mm:ライカ判換算で72mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。実焦点距離は45mmで、ライカ判換算で72mm相当の画角になるように撮影しています。これが、このレンズの最望遠端です。



コンバージョンレンズLD-055Wを使う

Dec 1, 2020.

「画角の比較」の番外編のようなモノです。実焦点距離が15mm~45mmのこのレンズにケンコー製のフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」を取り付けると如何なるかな?と言う話です。このコンテンツで引き合いに出しているキヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMに取り付けると、、、と言う話です。

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例。
キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMでの撮影例のオマケ。焦点距離は18mmで撮影しましたが、ケンコーのワイドコンバージョンレンズ(LD-055W)を取り付けて撮影していますので、ライカ判換算で16mm相当≒18mm×0.55×1.6≒15.84mmと言う事になります。「1.6」と言う数字は、キヤノン製のAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラでライカ判換算の画角を算出する係数です。

最広角端の15mmで撮影するとライカ判換算で8mm相当の画角で撮影出来ることになるのですが、そこまですると円周魚眼の自作を失敗した?ようにケラれが生じますので、実用的にはこの写真の状態が限度です。尤も、この状態でかなり周辺は流れ始めていますので、なにを以て「実用的」かは些か疑問が残ります。私は、性格が大雑把なので、この状態で「是」としていますけど。



メタルフード「UNX-5361」の事

Dec 1, 2020.

キヤノン/EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMにはレンズフードの設定はありますが、フード自体は付属しません。型番は「EW-53」と言うモノで、黒い花型のレンズフードです。実は私、花型レンズフードは格好が気に入らないので使いたくないんです。他のレンズでも付属して来ちゃうものは我慢して諦めて使っていますが、別売ならば意地でも買わない。

他のレンズ(EF50mm/f1.8II)にも他社製の金属製レンズフードを使っているので、今度は違うメーカーの品物を使ってみようと思って大して意識もしないで某店に注文して取り寄せたら、ユーエヌ製の「メタルフード」だったと言う事だったので、余り明確な意思を以て選んだ訳では無いですが、単なるねじ込み式のこの種のフードが無難じゃないかと思います。

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMにユーエヌの「メタルフード」を装着した例。
キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMに、ユーエヌ製の「メタルフード」を装着してみました。「標準レンズ用」と言うのか、ライカ判換算で50mm程度の画角になるレンズでの使用を想定したレンズフードです。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMにユーエヌの「メタルワイドフード」を装着した例。
キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMに、ユーエヌ製の「メタル"ワイド"フード」を装着してみました。「広角レンズ用」と言うのか、ライカ判換算で24mm程度の画角になるレンズでの使用を想定したレンズフードです。



上の2例は、いずれも私の実際に使用状況を勘案して装着していますので、レンズの先端に保護フィルターを取り付けたうえでフードを取り付けています。この状態で「メタルフード(標準レンズ用のフード)」の方は、建前としてはライカ判換算で50mm相当の画角でケラれは発生しないと言う事のようですが、実際には実焦点距離でもっと短いレンズに装着してもケラれは発生しません、保護フィルターの枠の厚みに拠っても状況は変わると思いますが、、、。

要するに私は、レンズは画角に応じて交換する必要のないズームレンズを使っているにも拘らず、フードは画角に応じて交換する必要のある単焦点フード?を使おうと言う話ですから「こいつ、可笑しいんじゃないか?」とボロクソに言われることは覚悟の上ですが、花型フードの形状が嫌いだから使いたくないからには、面倒なことをして手間暇けなければ自分自身の美意識が満足させる事ができないので仕方がありません。無駄に手間の掛かることをして、簡単なことを厄介にするのも道楽の醍醐味の一つです。

それでも、丸っきり試しもしないのでは些かアレだと思うので、実際にユーエヌ製のメタルフードをEF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMに装着して試してみました。実験なので、通常の私の使い方とは違ってレンズフィルタは取りつけていません。

キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMにユーエヌの「メタルフード」を装着しての撮影例。
キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMに、ユーエヌ製の「メタルフード」を装着しての撮影例。実焦点距離15mm(ライカ判換算で24mm相当の画角)での撮影です。これはまぁ、ケラれが発生していますが止むを得ない処でしょう。撮影場所は伊豆箱根鉄道大雄山線の大雄山(だいゆうざん:神奈川県南足柄市)駅で、この駅の小田原方の踏切上から、大雄山駅構内を臨んでの撮影です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMにユーエヌの「メタルフード」を装着しての撮影例。
キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMに、ユーエヌ製の「メタルフード」を装着しての撮影例。実焦点距離16mm(ライカ判換算で25.6mm相当の画角)での撮影です。



キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMにユーエヌの「メタルフード」を装着しての撮影例。
キヤノン/EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMに、ユーエヌ製の「メタルフード」を装着しての撮影例。実焦点距離17mm(ライカ判換算で27.2mm相当の画角)での撮影です。左上にごく僅かなケラれは発生してますが、ほぼ無視できる程度です。実質的にはライカ判で28mmのレンズに取り付けても実用にはなると言う話です。



結論から申せば、ユーエヌ製メタルフードは実焦点距離で17mm(ライカ判換算で27.2mm相当の画角)での撮影で、極めて僅かなケラれしか発生していませんから、実焦点距離で18mm(ライカ判換算で28.8mm相当の画角)以上の焦点距離で撮影すれば、ケラれは発生しないと言う事になります。「18mm」と言うのは結構重要な数字でして、それと言うのもAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラ用のズームレンズは最広角端が18mmの機種が多いからです。気の利いた設計をした?EF-Mレンズ15-45mm F3.5-6.3 IS STMは最広角端が15mmですから微妙なケラれが発生しているだけなので、日常使用時には標準レンズ用のこの「メタルフード」でも、全く問題なく使用できそうです。実は私が試してみたφ49用のメタルフードは先端部の直径が大きくて、EF50mm/f1.8IIに取り付けてある他社製?らしきφ52の金属製フィルターと同じ寸法になっていますから、余裕があるのでケラれが発生しにくいと言う事のようです。

フィルタ径メタルフード
(標準レンズ用)
メタルワイドフード
(広角レンズ用)
φ46UNX-5370
φ49UNX-5361UNX-5371
φ52UNX-5362UNX-5372
φ55UNX-5363UNX-5373
φ58UNX-5364UNX-5374
φ62UNX-5365UNX-5375
φ67UNX-5366UNX-5376
φ72UNX-5367UNX-5377
φ77UNX-5368UNX-5378
フィルタ径メタルフードメタルワイドフード

「メタルフード」はライカ判換算50mm相当の画角の標準レンズ用、「メタルワイドフード」はライカ判換算24mm相当の画角の広角レンズ用とされています。要するに、ケラれない画角はこの範囲内、と言う事のようです。「メタルフード」の方だけですが、フード先端にフィルタネジが切ってあるので、フード先端に別のフードを取り付けて長さを伸ばすような使い方も可能です。



「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」の性能諸元

Dec 1, 2021.
ライカ判換算焦点距離
焦距轉換為LEICA格式
24mm~72mm
(実焦点距離は15mm~45mm)
開放絞り値
打開時的光圈値
f3.5~f6.3
絞り羽根枚数/光圈葉片數7枚
レンズ構成/鏡片結構9群10枚
フィルター径/濾鏡尺寸φ49
寸法/尺寸φ60.9×44.5
重量約130g
発売日/發布日期2015年(平成27年)10月

EOS M10のレンズキット用として発売されたので、発売日は「2015年(平成27年)10月にしてありますが、このレンズ単体での発売は2015年11月です。



「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」の撮影例

Dec 1, 2021.

キヤノン「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」の撮影例ですが、撮影見本の代わり?に綺麗処の色っぽい写真を主に載せているだけなので些かアレです。目の保養としてご活用ください。綺麗処の写真は概ね開放かそれに近い絞り値で、それ以外は適宜絞った状態で撮影しています。

キヤノン製「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。この写真は焦点距離15mm(ライカ判換算で焦点距離24mm相当の画角)で撮影しています。これがこのレンズの広角端で、開放f値は3.5です。



キヤノン製「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」での撮影例、写真の女性は神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。この写真は焦点距離18mm(ライカ判換算で焦点距離29mm相当の画角)で撮影しています。



キヤノン製「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製「EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。この写真は焦点距離45mm(ライカ判換算で焦点距離72mm相当の画角)で撮影しています。これがこのレンズの望遠端での撮影で、開放f値は6.3となります。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁