キヤノン「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」

Dec 1, 2021.


キヤノン製の「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」と言う、単焦点の標準域のマクロレンズです。そうは言ってもAPS-Cサイズの受光素子を持つEOS-M系列のカメラで使用すると焦点距離が標準域になるだけで、実焦点距離は「28mm」ですからマクロレンズとしてはかなり短焦点の部類で、ライカ判換算では45mm相当になります。その昔のキヤノネットだったかに装備されていた40mmレンズを想起させるような数値です。このレンズは鏡筒最前端にLED照明を装備したことが話題になっていますが、その点を除いても非常に興味深い良く出来たレンズです。尤も、最近の新製品で「良く出来ていないレンズ」と言うのも滅多に考えられませんけれど。単焦点レンズとしては少々開放f値が暗いだけの真っ当なレンズです。

キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」。最前部の白い輪っか状の箇所がLED照明です。完全な円周状にはならず、上下には照明の切れ目?のようなものが出来てしまいますけど。現状のキヤノン製のEF-Mマウントの単焦点レンズとしては「32mm/f1.4=ライカ判換算51mm」が本格的なポートレート用レンズ、「22mm/f2=ライカ判換算35mm」がキットレンズとしての使命も有するパンケーキレンズであるのに対し、この「28mm/f3.5=ライカ判換算45mm」が最も中庸を得ているレンズと言えます。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」。最前部に付属のフードを取り付けてみました。レンズフードを取り付けるとLED照明は使用できなくなります。その一方で、レンズフードを取り付けないとφ43の普通のフィルターは取り付けられなくなります。レンズフード自体はネジ止式なので何らかのフィルターは取り付けられると思うのですが、フード用のネジ径はかなり小さいので果たして容易に入手できるものやら。このレンズフード、随分と小さくて奥行きも浅いですが、開口径も小さいのでこれでも十分な効果は期待できるようです。「開口径が小さい方がフードは有効」と言う事ではなくて、「開口径が小さい方が奥行に対する影響が大きい」と言う事です。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」を上から見た処。(1)は毎度おなじみの沈胴スイッチ、(2)は鏡筒前端のLED照明の電源スイッチ、(3)はピントリングです。

(1)沈胴スイッチは沈胴状態を解除する時だけでなく、通常モードとスーパーマクロモードを切り替える際にも使用します。鏡筒だけを捻っていても、モード切替は出来ません。「スイッチ」とは言っても、これは物理的なスイッチなので「切り替えノブ?」に近い存在です。

(2)は鏡筒前端のLED照明の電源スイッチですが、押し方によって消灯ー半照ー全照の切り替えになったり、左右の選択点灯の切り替えになったりします。如何すれば明るさの選択になって、如何すれば左右の選択点灯になるのか、、、試しては見たのですがなんとも理解しかねています。

(3)はピントリングです。ピントリング自体はキヤノン製のEF-Mマウントの各レンズには同じ位置に用意されていますが、「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」トルク感を変えてあります。いささか重い目に、しっとりと(ねっとりと)した操作感です。さすがに、普及価格帯を意識していると思われるEF-Mマウントのカメラであっても、マクロ領域ではMFを多用する人が多いでしょうから。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」のマウント部。エンジニアリングプラスチックと言うか、デルリンと言うのか、その種の素材使っています。重量が「130g」と言うずば抜けた軽さの原因はこの辺りにもあるのでしょう。生産国の表示は信頼の台湾製。



「EF-M28mm f3.5 IS STN」の被写界深度

Dec 1, 2021.

キヤノン「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」で撮影した際にどの程度まで綺麗にボケてくれるかと言う話です。このレンズは焦点距離が28mmですから、余り大きなボケは期待できません。と言うか、ボケの量的な多さ?を狙うのであればタムロンの90mmマクロとか、シグマの56mm・f1.4のレンズを使った方が焦点距離が長い分だけ有利なことは判り切っていますから、問題はどんな感じのボケ方をするのかが知りたいわけです。

キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f3.5」で撮影しています。撮影場所は首都圏中央連絡道(圏央道)の菖蒲PAです。普段は奥手の机の上にf値表示用のプラカードを載せて撮影する事が多いですが、「このレンズはマクロレンズだから」と言う冴えない理由で、撮影に使うカメラと同じ机にプラカードを載せて撮影しています。プラカード自体はシグマ・56mmのコンテンツで使用したものと同じです。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真はf5.6で撮影しています。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真はf8で撮影しています。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真はf11で撮影しています。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真はf16で撮影しています。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真はf22で撮影しています。この絞り値が、このレンズの最小絞り値です。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f3.5」で撮影しています。撮影場所は東北自動車道の蓮田SAです。仕事で使っている軽バンのリアゲートの辺りに立ち、ドアミラーにピントを合せて撮影しています。カメラと被写体の間の距離は大雑把に3m程度です。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。少々撮影の仕方を変えて、一つの被写体に少しづつ近付いて行きます。撮影場所は東北自動車道の上り線蓮田SAで、入口に近い場所に在るライトアップされた植栽に順次近づいています。全てf3.5(=開放)での撮影です。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのボケ方の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。これのみスーパーマクロモード、鏡筒前端のLEDを点灯しています。



「EF-M28mm f3.5 IS STN」の逆光耐性

Dec 1, 2021.

「逆光耐性」と言うか、キヤノン「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」で撮影した際に画面内に逆光になる光源のようなモノがあればどうなるのか?、と言う話です。太陽自体を逆光になるように撮影することは些かアレなので、夜間時間帯に高速道路のPA・SAだとか、ショッピングモールなどで「逆光になる光源のようなモノ」を画面に入れて撮影しました。全て絞り開放(=f3.5)、ISO6400での撮影です。どの写真の光源も、光の滲み方が自然で良い雰囲気に写っていると思います。今どきのレンズでゴーストが気になるようなレンズは売ってないでしょうけれど、夜中に看板などの光る文字を撮影したら文字の滲み方が如何なるかな、、、その種の問題を抜きにしてもキヤノン「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」は優秀なレンズだと思います。

キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での逆光撮影の例。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での逆光撮影の例。撮影したのは東北自動車道の蓮田SAで、有名な撮影名所の「ヒガハス」の「ハス」の方です。東北道を上って来ると最後のSAで、この先は浦和本線料金所を経て首都高速道路の川口PAとなります。「月光に照らされる樹木」ではなくて「ライトアップ用の照明に照らされる樹木」です。



「EF-M28mm f3.5 IS STN」のレンズフード

Dec 1, 2021.

キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」には標準で「ES-22」と言う小型のレンズフードが付属して来ます。本当に小型で、ビックリするくらい小型ですが、このレンズフードは鏡筒最前端にある白色LED照明の写り込みを防止するためのモノのようす。「LED照明を消灯すれば済むのでは?」と思ってもそんなに簡単には行かないで、照明の部分は白っぽい色味になっていますからこの手のモノがなければ使い物にならないとも言えます。

簡単に言ってしまえばボードゲームに使うメダルやコイン程度のものでしかありませんが、効果はそれなりにありそうです。それと言うのも「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」の前群の一番前のレンズは相当に小さいので、レンズの口径?を考えればこれでも十分な深さが確保できるからです。

最近のキヤノン製のレンズは殆どの場合がレンズフードは別売になっており、このレンズとほぼ同等のフードを使う広角単焦点レンズのEF-M 22mm f2 STNでも別売です。



「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」の性能諸元

Dec 1, 2021.
ライカ判換算焦点距離
焦距轉換為LEICA格式
45mm
(実焦点距離は28mm)
開放絞り値
打開時的光圈値
f3.5
絞り羽根枚数
光圈葉片數
7枚
レンズ構成
鏡片結構
10群11枚
フィルター径
濾鏡尺寸
φ43
寸法/尺寸φ60.9mm×45.5mm
重量約130g
発売日/發布日期2016年(平成28年)6月


本音を言うとですね、、、

Jan 1, 2022.

マクロレンズとしてのキヤノン「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」は少々使い難いです。被写体の大きさ次第ですが、私が撮影する「マクロレンズ必須の被写体」はもう少し焦点距離が長いレンズでなければ必要な大きさに映りません。「私が使用する範囲内では」タムロンの90mmマクロ(272E)と同等か少々短い程度の焦点距離が使い易いです。「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」は焦点距離が短過ぎるのでかなり被写体に接近しなければならず、自分の影が画面に写ってしまうので照明を無駄に工夫しなければなりません。「自前のLED照明が鏡筒最前部に取り付けてあるから大丈夫」と言う問題ではないんです。屋内で天井光照明を主光源にして撮影する機会が多いので、この「自前のLED照明」では実用的な主光源にはなりません。

「それではポートレートはどうだ」と言うと、以下に撮影例をお目に掛けますが悪くはありません。しかし、これは「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」を買った直後の撮影なので試してみたかったから使ったのであって、普通にポートレート撮影のために開放でf3.5のレンズを選ぶことはしないと思います。なによりも「綺麗処の色っぽい写真」のモデルになっているのは私自身が気に入っていて普段からライブなどで接触する機会の多い女の子(地下アイドル歌手の神崎由衣さん)ですから比較対象としては、、、ダメですなぁ。

そのような訳で売り飛ばしてしまおうかと思っていたのですが思わぬ使い道が見つかりまして、実はニコン製の「フィルムデジタイザES-2」の推奨レンズの40mm・60mmのマイクロニッコールの代わりになるレンズは拙宅のレンズ資産の中では、この「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」だけだと言う事に気が付いたからです。

「フィルムデジタイザ」と言う品物は以前にケンコーが「スライドデジコピア」と言う名前で売っていた商品と同じ発想の品物ですが、「ネガフィルムなどをデジタルカメラで直接撮影してしまうための専用ネガホルダー」なんですが、この用途のためには「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」を使わなければデジカメで画面いっぱいに写せないとか、なによりもかなり接近して撮影するので最低撮影距離が短くなければ使い物にならないので、「拙宅のレンズ資産の中では」と言う縛りがあると、この「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」が最適だからです。

いや~、危ない処でした。拙宅の家系は先祖代々気が短いようなので、500年ほど前の先祖が「そちの家柄は誰もが瞬間湯沸かし器のような性格をしておるのう」と主君にお言葉を賜った言い伝えがありますから(ウソ)、今回も「いつ、どこへ売りに行こうか」と考えていた処ですから。困った性格ですが、家系なので今更どうにもなりません。このレンズを売り飛ばしていたら、フィルムデジタイザは日の目を見ずに終わってしまう処でした。



「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」の撮影例

Dec 1, 2021.

キヤノン「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」の撮影例ですが、撮影見本の代わり?に綺麗処の色っぽい写真を主に載せているだけなので些かアレです。目の保養としてご活用ください。綺麗処の写真は概ね開放かそれに近い絞り値で、それ以外は適宜絞った状態で撮影しています。

キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。背後にスカイツリーを配置して、夕暮れてきたので内蔵ストロボを発光させての撮影です。やはり開放f値が3.5ですから、思ったほどは背後がボケてくれません。尤も、余りボケ過ぎてしまうと背後に何があるのか判らなくなってしまいますから、この程度が丁度良いのかも。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例、写真の女性はアイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。ミニスカート穿いている女性がベッドの上に横たわって、、、とまぁ、写しては拙い部位が写らないか心配な写真ですが「スカートの中は写らないから大丈夫(由衣さん談)」だそうなので安心してご覧ください。残念乍ら?本当に下着は写っていませんので。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例。2021年(令和3年)12月、首都圏中央連絡道(圏央道)狭山PAにて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例。首都圏中央連絡道(圏央道)の内回り狭山PAで撮影してみました。売店閉店後に、売店の建物内のクリスマスツリーをガラス窓越しに撮影したものです。2021年(令和3年)12月撮影。



キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例。2021年(令和3年)12月、イオン羽生店(埼玉県羽生市)にて撮影。
キヤノン製マクロレンズ「EF-M28mm f3.5 Macro IS STN」での撮影例。イオン羽生店の、西側のエントランス付近を撮影してみました。マニュアル露出で、なんとか白飛びしない範囲の露出を狙ったつもりです。2021年(令和3年)12月撮影。ISO-1600、f3.5、1/25秒です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁