ケンコー=トキナーについて

Nov 1, 2020.

ケンコー(Kenko)はフィルター屋さん、だと思っていたのですがフィルター以外の商品展開が非常に豊富です。振り出しの時点でフィルター専業だったことは間違いないような気がするんですが、「フィルターガイドブック」の刷り込み的影響が強過ぎるんでしょうか?。経営者の御尊父はHOYAの経営者の方なんだそうで、かなり経営的な才覚がある方のようです。要するに「やり手」なんですね。レンズ類も色々と販売していますが、ケンコーのレンズは基本的にはフロントコンバージョンレンズのようなモノが中心です。単独で使用できる反射望遠レンズがケンコー製品として販売されていますが、明らかにOEM製品なんだと思います。1957年(昭和32年)に設立された「ケンコー」が母体で、後にケンコー→ケンコー光学→ケンコー=トキナーと名前を変えています。

トキナー(Tokina)製品はもっと高級志向の、普通にレンズメーカーとしてやって行けるだけの内容を持った交換レンズが中心となるようです。例えば、ケンコー=トキナーのATX-124だったかAPS-Cサイズの12mm~24mmの広角ズームレンズは、ペンタックスの同仕様のレンズと共通設計だった筈です。このレンズ、一時期使用していましたが発色が綺麗で非常に良いレンズでした。ペンタックスのレンズはベトナムの子会社で製造したようですが、トキナーの方も同じ工場で製造したのでしょうか?。1950年(昭和25年)に東京光器製作所として設立され、後に東京光器製作所→トキナー光学→トキナーと名前を変えています。企業自体は現存しているようですから、製造はトキナー、販売はケンコー=トキナーと言う事なんでしょうか?。

独立系だった企業を買収した例も多く、三脚メーカーとして著名なスリック、引き伸ばし機メーカーとして有名なラッキー(藤本写真工業)の他、トキナーも合併と言うことにはなっていますが恐らくは併呑したんでしょう。社屋の所在地は東京都新宿区西落合3丁目9-19、当然乍ら残存した方の会社はケンコーです。実態としてはケンコーが業容を拡大して行く中でトキナーも併呑して、トキナーは光学的?に見て非常に高い水準にあったために社名に付け加えたと言う事ではないかと思います。

悪い意味では無くて商売は上手なようで、最近では「ラジオショッピング」とかでも社名を耳にします。はっきり言ってしまえば「ジャパネット高田」なんですが、倍率100倍の小型双眼鏡が「いちまんえん~、プラス消費税とお届け送料!!」なんだそうです。この倍率にしてこの金額だと明らかに超低品位じゃないかと想像してしまいますな、なんと言うか「猫またぎ」とでも言うのでしょうか、受光素子の大きさを無視して画素数だけで勝負しようとしている低水準カメラ店そのものです。オーディオ製品でも歪率無視・再生帯域無視で出力の大小だけを訴求しているような軽佻浮薄な商売そのもので印象は悪いです。ケンコー=トキナーに責任がある話とも断言できかねますけど、ラジオショッピングに品物が出てくるだけでも印象は悪くなります。それだけ売り上げが増えるのでしょうから諸刃のやいばとも言えますかな。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁