タムロン・18mm~270mmズームレンズ

Feb 1, 2018.

焦点距離が18mm(ライカ判換算で29mm)~270mm(ライカ判換算で432mm)と言う高倍率ズームレンズです。タムロンの製品の中で90mmマクロが一番有名だと思われる云々、と言う事を書きましたけど、恐らくは高倍率ズームの方が売り上げ全体に占める比重は高いんじゃないかと言う気がします。90mmマクロはかなりエンスーな人とか、私みたいにポートレート用に使おうと思う人しか売り上げが見込めないですが、高倍率ズームの方は「運動会用セット」などと称して入門層にも売り込めるし、、、かく言う私も、フィルムカメラ時代に1眼レフ自体は5台目だったか6台目だったかにも拘わらず「運動会用セット」と称して売られていたミノルタのα303iと一緒にタムロンの高倍率ズームを買ってきてしまったクチですから。

但し、その当時のタムロンのレンズはアダプトールIIマウントとか言うマウント部交換可能なレンズなので違うマウントのカメラ用にレンズが転用可能な代物だったのですが、専用化が進んだ今となってはマウント部の交換は不可能です。実際にアダプトールIIマウントのレンズは些か堅牢感に欠けるような悪い印象があったように記憶しているので、マウント部交換不可の専用設計にしておいて正解だと思います。現状ではシグマだったかがマウント交換サービスをやっていた筈ですが、アレ、必ずメーカーにレンズ本体を預けての修理扱い?だったかと記憶していますし、マウント交換可能なのは特定の製品のみだった筈です。

光学的な性能の面では単焦点レンズに対してかなり遅れを取ることは止むを得ないですが、私が過去に使った限りではタムロン製品にしてもシグマの製品にしても、決して悲観的な結果では無かったように記憶しています。この辺りは、元来が私自身が大雑把な性格であると言う点が幸いしているのかも知れないです。強いて言えば、ステンレス車体のような反射の多い素材に青系の文字で車番が振ってあると、基本的にこのレンズはお手上げです。比較的大きく写っていれば問題はありませんが、車番が小さくしか写っていない写真を拡大しても、大抵は文字が滲んでしまって車番が確認できません。小田急のステンレス車のように、車番の青文字が淡い上品な色だったりすると最悪です。青文字が大きく写っていてもISO感度を上げて撮影すると似たような現象が発生します。光量が期待できない早朝とか夕方はISO感度を上げて撮影しなければならないですから、青文字のステンレス車がやってきたら諦めるしかありません。この辺りはEOS Kissのような低価格帯のカメラにも責任がありますな。

細かい事を言い出してしまうとキリがありませんが、レンズを交換している時間的な余裕がある場合は単焦点レンズでじっくりと被写体を狙った方が良いでしょう。少なくともシグマの18mm~35mm標準ズームレンズのような光学性能の高いレンズを使えば画質面では納得できますが、焦点距離の可変範囲を考えると高倍率ズームレンズでなければ実用になりません。実際には本数の少ないローカル線の撮影に行ったりすると、なんと言ってもコマ数を稼ぎたいのでそんな呑気なことを言っている余裕はありません。なによりも、レンズを交換している間に列車は走り去って行ってしまいます。列車が走行している状態での撮影は、高倍率ズームレンズ以外の選択肢は無いのが現実です。遠くに列車が見えた時点で1コマ、近くに来て1コマ、、、なんて撮影をするならば高倍率ズームしか選択肢が無いのが実情です。

奥の手は焦点距離の違うレンズを装着した複数のボディを並べておいて順番に、、、いわゆる「交換ボディ」と言う発想ですね。演歌歌手の人の歌謡ショウを健康ランドとかに見に行く時にはこれに近い撮影をやりますが、あくまでの被写体がステージ上を行ったり来たりしているだけの限られた範囲内での移動しかないと言う前提の話ですから、これと同じ手法を屋外の鉄道撮影に応用するのは少々無理があります。大体、健康ランドとかでしたら複数台のカメラをテーブル状に並べておいて順番に使ってゆきますが、屋外で鉄道写真を撮影する際に複数のカメラを何処に並べるんだと言う問題もあります。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008。レンズを持ってにっこりしているのは演歌歌手の千原愛理さん(あいりりん)です。この方、芸能界デビューがアイドル歌手だっただけに小顔だから余計に目立ちますが、鏡筒を完璧に縮めた状態にしてもモデルさんの顔の横幅の2/3くらいの長さがありますからかなりの巨漢レンズです。

このレンズ、現行のAF機構が超音波モーター仕様になる直前の、2008年(平成20年)発売の機種です。これ以外にも重量が現行製品より100g重いとか、手ぶれ補正機構がMC(ムービング・コイル)式ではなくてMM(ムービング・マグネット)式のままになっているとか多少の差が付きます。いずれにしても、細かいことを言わなければ機能面での大差はありません。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008。マウント面側から、純正フードを取り付けて鏡筒を最大限縮めた状態で撮影しています。フードを外すとビヤ樽的外観と言うかラグビーボール的外観と言うか、そんな印象になります。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008。マウント面側から、純正フードを取り付けて鏡筒を最大限伸ばした状態で撮影しています。妙にひょろ長くなってしまって余り格好の良いモノではありません。実は以前にタムロン製の高倍率ズームレンズでシルバー色のモノを持っていたのですが、ひょろっと伸びて飛び出してくる部分がシルバー色なのにシャンパンゴールドになっているので余計に鏡筒が目立ってしまいまして、、、黒いレンズよりはシルバー色のレンズの方が好きなんですが、タムロンの美的センスでは何をしでかしてくれるか不安なので高倍率ズームのシルバー色だけは止めようと思っています。このレンズの場合は不愛想な真っ黒で却ってホっとしています。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008のスイッチ部。右側の「VC」と書いてあるスイッチはVibration Compensation(バイブレーション・コンペンセーション)機構と言う、タムロン流儀の手振れ補正機構のスイッチです。同じB008であってもソニー用のようにカメラボディ内に手ぶれ補正機構がある場合は、レンズの方にVC機構は装備されていません。キヤノンのIS(イメージ・スタビライザー)機構とか、シグマのOS(オプティカル・スタビライザー)機構とかとやっている事は同じで、手振れと逆方向に補正用レンズを動かすと言う話です。元祖はパナソニックの「ブレンビー機構」なんでしょうけど。

右側の「AF」「MF」と言うのは、、、書くまでも無くオートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り換えです。最下端の赤い印はレンズ取り付け指標です。キヤノン純正のレンズだと赤い指標はフルサイズ用レンズ、白い指標がAPS-Cサイズ用レンズとなっていますが、タムロンの製品ではどちらも指標は赤くなっています。なにも気にしないで、カメラ自体の指標に合致させておいて交換すれば、問題なくレンズ交換できます。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008の撮影例。
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008での撮影例。18mm(ライカ判換算29mm相当の画角)で撮影しています。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008の撮影例。
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008での撮影例。50mm(ライカ判換算80mm相当の画角)で撮影しています。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008の撮影例。
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008での撮影例。100mm(ライカ判換算160mm相当の画角)で撮影しています。



タムロン製18mm~270mmズームレンズB008の撮影例。
タムロン製18mm~270mmズームレンズB008での撮影例。270mm(ライカ判換算432mm相当の画角)で撮影しています。



ライカ判換算焦点距離29~432mm(実焦点距離は18~270mm)
開放絞り値f3.5~6.3
絞り羽根枚数7枚
レンズ構成13群16枚
フィルター径φ62
寸法φ74.4×96.4
重量約560g
発売日2010年(平成22年)12月20日