タムロン・90mmマクロレンズ

Nov 1, 2013.

タムロンの90mmマクロレンズ、恐らくはタムロン製品の中で一番有名だと思われる品物で、いわゆる「タムロン伝統の90mmマクロ」です。1979年(昭和54年)に初代機「52B」を発売し、1996年(平成8年)に等倍化したマニュアルフォーカス用の「72B」とオートフォーカス用の「172B」を発売、2004年(平成16年)にはオートフォーカス用の「172B」をデジタル対応化した「272E」を発売し、2012年(平成24年)には手ぶれ補正機構を内蔵した「F004」を発売し、現在に至ります。たったこれだけの歴史ですからツアイスやライカのレンズに比べたらごくささやかな期間でしかありませんが、日本製のレンズとしては正しく連綿と作り続けていると表現しても良いかと思います。

私が買い求めたのは手ぶれ補正機構を持たない最後の機種である「272E」ですが、ライカ判換算で144mm相当のこの辺りの焦点距離が、普通に手ぶれ補正無しで問題なく使用できる限界に近い数字だと思っています。この辺りは個人的な事柄でもありますが、ライカ判換算で200mm前後以上の焦点距離のレンズとなると私は、かなり気合を入れて撮影しないとちょっと無理ですね。この程度の焦点距離までだったら、私は余り悲壮な覚悟をしなくてもシャッター速度さえ確保できれば手ぶれ補正機構無しでもなんとかなる範囲です。勿論手ぶれ補正機構付きの機種の方が手っ取り早いですが、その代わりに少々高価です。

このレンズ自体は上述のレンズの内の、2004年(平成16年)発売の「272E」です。かなり設計の古いレンズとも言えますが、私自身の意識の中ではこの程度でしたら最新型の範疇ですかな?。発売当時のニュースリリースにはキヤノン用、ニコン用、ミノルタ用が同じ発売日になっています。ミノルタ用、、、なにもかも懐かしい。

実は以前にペンタックスのAPS-Cの受光素子を持つデジカメを使っていた頃にこの系列のレンズを使っていた記憶があります。正確な型番は忘れてしまいましたが、恐らくはその時も272Eだったんじゃないかと思いますが、その時の好感触を頼りにキヤノン用にも買い求めたモノです。1本くらいマクロレンズを持っていても邪魔にならないし、マクロレンズとは言っても最短撮影距離が普通以上に短いと言うだけで、その点を除けばそこそこ明るい中望遠レンズです。健康ランドでの歌謡ショウの撮影とか、夕方に屋外での電車の撮影とか、使い道は非常に多いです。同じタムロン製のズームレンズでも18mm~270mmの高倍率ズームレンズなどと比べると、開放f値が小さくてレンズが明るい分だけ撮影場所の制約を受けなくなります。結構、便利に使えるレンズです。



タムロン製90mmマクロレンズ272E
タムロン製90mmマクロレンズ272E。金文字はちょっと派手すぎるような気がしないでもありません。レンズを持ってにっこりしているのは演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)です。この写真の状態では、付属のレンズフードは取り外して撮影しています。



タムロン製90mmマクロレンズ272E
タムロン製90mmマクロレンズ272E。マウント面側から、付属のフードを取り付けて撮影した処です。マウント面にちゃんと金属を使っているのは嬉しい処です。どちらかと言えば安い部類に入るレンズですが、決して安っぽくはありません。



タムロン製90mmマクロレンズ272E
タムロン製90mmマクロレンズ272E。窓のようなものが見えているのは、今どきのAF用レンズにしては珍しい距離指標ですが、大雑把に過ぎますな。マクロレンズなので絞り値が16と32しか記入していないんだと思いますが、このレンズの大部分のユーザーはマクロ撮影なんかに使わないことは判っていそうなもんですが、、、。



タムロン製90mmマクロレンズ272E
タムロン製90mmマクロレンズ272E。付属のレンズフードはプラスチック製の簡素なモノですが、意匠は宜しいと思います。個人的には花形フードと言う奴は好きになれないので、製品付属のモノは買え換えたくなるのですが、このレンズには当初から円筒形のフードが付属してくる点は嬉しい限りです。



タムロン製90mmマクロレンズ272Eでの撮影例(開放端)
タムロン製90mmマクロレンズ272Eでの撮影例です(開放端=f2.8)。各ボディごとにマウント違いの製品が用意されていますが、マウントにかかわらず開放端はf2.8です。但し、ニコン用のみはf45まで絞り込む事ができたように記憶しています。私が所有しているキヤノンEFマウント用のレンズはf32まで絞り込む事が出来ます。被写体のお嬢さんは演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)です。



タムロン製90mmマクロレンズ272Eでの撮影例(開放端)
タムロン製90mmマクロレンズ272Eでの撮影例です(開放端=f2.8)。ライカ判換算で144mmと言う焦点距離を考えるとかなり明るいレンズなので、夜間の屋外の催事とかで撮影する際には重宝しています。この写真、JR南武線平間駅前で行われていた催事の際に撮影したものなので、光源は電柱の間にぶら下げてある提灯の白熱電球?だけが全て、と言っても良い程度ですから余り明るい場所ではありません。被写体のお嬢さんは武村麻実さんと言うストリートシンガーです。



ライカ判換算焦点距離144mm(実焦点距離は90mm)
開放絞り値f2.8
絞り羽根枚数9枚
レンズ構成9群10枚
フィルター径φ55
寸法φ71.5×97
重量約400g
発売日2004年(平成16年)4月21日