リコーDC3

Apr 1, 2019.

リコー(≒理研光学)のDC3と言うかなり古いカメラで、1997年(平成9年)7月の発売です。私が初めて買い求めたデジタルカメラで、標準色は銀色ですが、各1500台限定だったかでピンクメタリックとブルーメタリックが2000円高で売り出されたので迷わずピンクメタリックの方を買ったものです。メタリックじゃなくても良いのですがピンクじゃ無ければ、恐らくこの時期にはデジカメに手を出していなかったと思います。ライカ判換算38mm相当の単焦点、マニュアル・フォーカスと言いながらなんのアシスト機能も無いレンズ、開放f値f4.0、画素数は35万画素、それでいながら露出補正のみは+2.0EV~-2.0EVの範囲で0.5EVステップ刻みと、凄いんだか、凄くないのだか、何が凄いのか判らないような仕様のカメラです。

レンズは38mm・f4で実態としてはパンフォーカス的に使う、、、要するに普及価格帯の(シャッターボタンを)押せば写るようなフィルムカメラが大衆向けに売られていましたが、アレをデジタルカメラ化したような代物です。受光素子は、最近では携帯電話にしか使わないような1/4型のものを使っています、、、携帯電話内蔵のカメラだって、最近は35万画素なんてものは無かったですね。今となっては笑ってしまうような画質ですが、このカメラばかり使っていて、このカメラでしか撮影していない被写体もあります。やはり買ったばかりのカメラと言うモノは色々と弄っていて面白いし、なによりも小型・軽量なので通勤時に持ち歩いても邪魔になりません。

そんな訳で、今でも当サイトの中にはこのリコー・DC3で撮影した写真が残存しています。序でに書くと「なんとかとカメラは使いよう」なので、このカメラで撮影した写真を以前に「とれいん」誌で連載をやっていた時に使ったこともあります。35万画素機で撮影していることは編集部に話してあったので巧く使ってくれまして、決して新型の高画素機での撮影と比べて見劣りしないように使ってくれました。流石は本職です。



リコーDC3
このリコー・DC3、現在の水準で考えるとかなり巨大なカメラで、新書判の本を2冊重ねた程度の体積があります。私が買うカメラだから当然?単3電池仕様で、4本使います。本機では田型に電池を装填するのですが、この写真でレンズの左側の、筋が入っている部分より左側ははそっくりそのまま電池室です。普通のカメラで単3電池を4本使うならば、電池に収納場所はそのままグリップになる筈です。その「グリップ」の厚みが、そっくりそのままカメラ全体の厚みになってしまっているのですからかなり凄い厚みです。可動液晶にしてあるのは立派な見識だと思うのですが、そのせいもあって尚更厚ぼったくなっています。そう考えると、果たして可動液晶にして良かったのかどうか、些か疑問です。



リコーDC3
ご覧のように液晶ディスプレイは立ち上げて使います。少々判り難いかも知れませんが、この状態であれば普通にEVFを持たないデジカメと同様に使うことが出来ます。被写体の方を向けて、ちょっと目から離して、、、と言う使い方ですね。このディスプレイはもうちょっと寝かせて使う事も出来ますから、実質的にはウェストレベルファインダーとしても使用できます。

このリコー・DC3と言うカメラ、メモリカードを使うことが出来ません。内蔵メモリを4MB持っているのですが、撮影したデータをコンピュータなどに移動する場合は線用のシリアルケーブルを使って転送してやるしか方法がありません。内蔵メモリ一杯まで撮り切ってしまった時点で転送手段が無ければ、撮影場所にコンピュータを持って来なかったなどと言う場合は万事休す、それ以上の撮影は続行できません。

35万画素機ですが、有効画素数は307200画素です。画像のサイズはVGA(640×480)のみで変更はできません。画質のみは3段階に変更できましたが、最高画質にした際に160kBのファイルサイズです。このカメラ、どうやって画像管理をしているのか定かでありませんが、撮影内容とは無関係に160kBの画像ファイルが出来上がります。なんと言うのか、妙に几帳面な事をしています。



リコーDC3
リコー・DC3の上面パネル、携行時には折り畳んだ液晶ディスプレイの下になって見えなくなる個所です。コダックのDC280Jと同様に、独立したセルフタイマー動作用のスイッチ(右上)があります。更にはスライドスイッチで画質を切り替えることも出来ます。メニュー改装を辿って行くとかでは無くて、独立した画質切り替えスイッチを持っているカメラと言うのも、ちょっと稀有な存在でしょうか。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁