キヤノン製品について

Apr 1, 2018.

初めに白状しますが、キヤノン製品との付き合いは余り長くありません。コンパクト・デジタルカメラのパワーショット(PowerShot)A650ISを発売直後買ったのが振り出しです。これ以前には中学生時代に銀塩1眼レフのFTbを検討していたことがありましたが、この時は中古のマミヤ500DTL(と言う名のライカ判1眼レフ)の値段の安さに目が眩んでしまい、EOS Kiss X7iを買ったのがCANON製品購入の2機種目です。この後、ヤフオクでPowerShot-A系列の骨董品的デジカメの収集を画策しているのですが、この文章を書いている時点ではたったこれだけです。

純正レンズに至っては、、、幸か不幸かシグマやタムロンに気の利いたレンズが多数存在しているので、EF50mm/f1.8IIを持っているだけです。所謂「撒き餌レンズ」ですが、10000円前後で新品が入手可能なこのレンズは、本当に良く写ってくれます。こう言う楽しい単焦点レンズを使わないと、折角システマティックな展開をしている1眼レフとかを買い求める理由は無いような気がするんですが、、、。メーカー純正レンズは1本しか持っていない代わりに純正バッテリーグリップのBG-E8なんてモノを持っているのは、、、これはまぁ、見掛け半分・実用半分と言いますか、ポートレート撮影の際にカメラが必要以上の大袈裟に見えるし、縦位置でシャッターが押し易くなるし、結構便利な代物です。



キヤノンのロゴ
キヤノン社ロゴ



中学生の頃に、キヤノンのFTbの購入を本気で検討していた時期もあったので、そちらに転んでいたら今頃はどうなっていたかは定かではありません。但し、同時期にカタログを請求したら何故かキヤノンだけは到着が異様に遅くて、カタログが届いた頃にはFTbを買うつもりは無くなってしまっていました。その後はペンタックスのライカ判一眼レフと、マミヤのブローニー判のカメラのどちらかと心中しそうな気配もあったのですが、今となってはそんな気配はないなぁ。

一時的にマイクロフォーサーズ機を使っていた時期もあったのですが、キヤノン製の1眼レフに転んだ理由の一つは無駄に小さ過ぎないと言うことでもあります。余り積極的な理由でキヤノン製品を選んでいる訳でも無いんですがプリンタは、、、これはもう、キヤノン以外の製品を使うつもりが全くありません。自営業で、普通にコンピュータを使って経理は自分自身でやっていますので、この種の事務作業にプリンタは必須です。予備機として使っていた民生用プリンタは不調になったので廃棄してしまいましたが、本務機は所謂「SOHO用」で、プリンタ+スキャナ+FAX+コピー機と言う便利な機種を使っています。

処がキヤノンのプリンタは何故かキヤノンの純正写真用紙を使うと極めて高い確率で送紙ミスが発生します。体感的には失敗率70%くらいかな、酷いものです。エプソンの写真用紙を使うと無視できる程度の頻度でしか送紙ミスは発生しないので、内心気に入らなくはあるもののキヤノンのプリンタ+エプソンの写真用紙と言う組み合わせで、大した心理的抵抗感もなく使い続けています。写真プリントに限って言えば、「キヤノンプリンタ+エプソン写真用紙」と言うのが拙宅内での黄金の組み合わせ?です。日常的にはイオンで売っているトップヴァリュブランドで斤量67gの単純なコピー用紙ばかり使っていますけど。