カメラ遍歴のこと

June 1, 2014.

最初に手にしたカメラは親父のお下がりのコニカIIBと言う、レンジファインダーでレンズシャッター、レンズ交換は不可能だけれども何故か前群のタマだけは取り外せると言うカメラでした。そう言えば、コニカには前群だけ交換できるレンズシャッターの1眼レフなんてのも大昔にはありましたね。親父から払い下がってきたのは、親父がプラクチカマウント(=いわゆるM42マウント)のアサヒペンタックスSPを買い求めたからですが、払い下がって来たカメラがコニカだったのは祖父が小西六に勤めていたからです。この辺りまでは小学生時代の話ですが予算の関係とは言え、露出計が無くて、連動距離計の装備のカメラを小学生の息子に与えて、まともな写真が撮影できると親父は本気で考えていたのでしょうか?。結果としては、カンで写してもフィルムのラチチュードの広さに救われて結構まともな写真は撮れていましたし、結果的にはそれなりのスキルは身に付いたので良しとしますけど、、、。

実は小学校高学年の時にオーディオマニアで、カメラマニアで、その上更に鉄道マニアであると言う困った友人が転校して来ました。此処まで趣味が似てしまうと腐れ縁で離れ難くなってしまうものでして、その友人の影響もあって1眼レフが欲しくなり中学生になって初めて買ったのが中古のマミヤ500DTLと言うカメラです。プラクチカマウント(=いわゆるM42マウント)なので親父のレンズ資産を拝借できると言う目算で買った訳ですが、それにも拘わらず素直に旭光学のカメラを買わない辺りは、やはり私の人生観が屈折していればこその話です。その友人がミノルタのSRT101を持っていたので、敢えてバヨネットマウントではないカメラを選ぶとなると、1970年代ではプラクチカマウントのカメラしか選択肢が残らなかったと言うことでもあります。

プラクチカマウントのカメラを選んだのは中学校の理科室に置いてあったカメラが1958年型だったかのアサヒペンタックスKと言うカメラだったことも影響しているかもしれません。この「K」なるカメラ、バヨネット式のKマウントとは全く無関係でプラクチカマウントなんですが、クイックリターンミラーにはなっているものの速度ダイヤルは1軸不回転式ではなくて、スローシャッターが中高速以上とは別に独立した2軸回転式のカメラですから古色蒼然たるものです。もっとも、1眼レフでクイックリターンミラーになっていさえすれば、それ以上の装備は全く不要だとも言えます。露出計なんて使わなくたって撮影できる程度のスキルはあるので、開放測光だろうが絞り込み測光だろうが大した相違はないですから。

その後ニコンFを2台所有していたこともあります。ペンタックスはSLやSVとかも含めて同時に3、4台は持っていたことがあったかな? 中判カメラではマミヤプレス、マミヤ645、マミヤC220などを所有したこともあります。マミヤプレスは、、、250mm・f5とか言うレンズも使ったことがります。フィルタ径は107mmだったかでとんでもなく高価なので馴染みのカメラ屋さんに保護用フィルタの取り寄せを依頼したら「ホントに注文しちゃって良いんですか?」と心配してもらったような記憶があります。このカメラ持って横浜駅へ「平和」の撮影に行ったら濃色のスーツを着ていたからなのか新聞社の取材と勘違いされて周囲の人がどいてくれちゃったり、女性の友人と2人で出掛けた際に後ろの座席にマミヤプレス+250mmの組み合わせを放り込んでおいて検問で止められた際に警官氏から「なにかの撮影のためにモデルのお姉ちゃんを乗せて来た職業カメラマン」と勘違いされたりとか、、、。懐かしいですなぁ(笑)。

しかし、生まれつき?怠惰なせいなのと、余り視力が良くないのでレンジファインダーのマミヤプレスではピントが合わせ憎くなってきたこともあって、結婚した直後は家内から借りたペンタックスのコンパクトカメラを暫く使っていました。時期的なことを考えれば当たり前ですが、このカメラは自動露出でオートフォーカスです。今までそんな最新式のカメラは使ったことは無かったので、改めて便利さに感動してしまいました。然し乍ら結婚直前まではグリップ付きのマミヤプレスにナショナルのグリップタイプのストロボを取り付けた状態で持ち歩いて家内に会っていて、しかもそう言う時に限って展示会の帰りとかでガラにもなくスーツを着たりしていたので、家内は本気で「この人は本職のカメラマンなのかしら?」と欺されてくれていたようです。本職のプロカメラマンじゃなくて、本気のアマチュアカメラマンだったんですけど(笑)。

但し、幾らなんでもコンパクトカメラでは淋しいですし、画質はアレですし、子供が生まれれば運動会の写真も撮りたくなる=焦点距離の長いレンズが使いたい、と言うことでミノルタのAFの1眼レフ(α303i)を買いました。このカメラを選んだのは大した理由は無くて、仕事帰りに頻繁に立ち寄っていたビックカメラ某店で「運動会用ダブルズームセット」とか称して売られていたからです。結局、このミノルタのカメラが私にとってはほぼ最後の銀塩カメラとなりました。なんで「ビックカメラ某店」なのかと言うと、乗り換えで毎日乗り降りする某駅にはビックカメラとさくらやしかなかった上に、ビックカメラの方が駅から近い場所に在ったと言う、それだけの話なんですけどね。

さて今度はデジタルカメラの方です。初めてデジカメを買ったのはα303iと同じ頃、リコーのDC3と言う35万画素のささやかな機種ですが、1997年(平成9年)の秋頃だったでしょうか。買った理由は、直前に友人から27万画素のカシオのデジカメで撮影した写真を見せられて「へぇ~」と感心してしまったことと、台数限定でピンクメタリックの機体が出ていたからです。そう言えば、初めて買ったノートパソコンも日電の98ノートのピンクメタリックでした。現在乗っている自動車がラベンダーメタリック(≒ピンクメタリック)なのも、暫く前まで使ってた携帯電話がピンクなのも、全ては原点回帰に過ぎません?。

その後コダックのDC280Jと言う210万画素の機種を買います。コダックのカメラは108万画素の機種なのにDC210だとか、210万画素なのにDC280Jとかなので型番の命名基準が気に入らないのですが、DC280Jは今思っても私の好きな画質だったと思いますが、何分にも210万画素機ですから銀塩カメラの代用にはなりません。それでも銀塩カメラに比べたらデジタルカメラは非常に便利です。思い切ってマミヤのブローニー判のカメラを売り飛ばして買い求めたのがミノルタのディマージュ7と言うレンズ一体型の1眼レフ風コンパクトデジカメです。524万画素機ですから、これだったら多少目を瞑れば充分に銀塩カメラの代用になるだけの画質であると思って買いました。思い違いでしたが、、、。

使い慣れてくると、どうもディマージュ7はアラが目立ってきます。それほど画質が良い訳ではないし、白飛び・黒潰れも比較的目立ちます。何より気に入らなかったのはAFがトロくてカメラが迷いに迷うからなのかフォーカスが行ったり来たりすることが多いのと、そうして合焦し損なうとシャッターが降りない点です。AF機構がガンとなってミノルタのビデオカメラはさっぱり売れなかったという話を聞いたことはありますが、これには腹が立ちました。2時間に3本位しか電車がやって来ない路線の撮影に息子と2人で出掛けて、息子のキヤノンのデジカメ(=パワーショットA75)は何事も無くシャッターが切れるのに、私のディマージュ7は電車が来た途端にフォーカスが迷い始めてシャッターが落ち損なうことがしばしばです。挙げ句の果てには気を遣ってくれた息子に「またダメなの?」と慰められたりして、これでは嫌になるのも当然と言うものです。

もう一つディマージュ7を買った理由はレンズ一体型で交換不可能ですから、レンズに余計な資金を投入しないで済む、と言うことでもありました。然しながらレンズ交換が出来ないカメラと言うのはやはり不便です。レンズ交換不可能なコンパクトカメラしか使ったことが無ければこんなことは気にしなかったのかもしれませんが、やはり「レンズを取り替えないで済む便利さ」と「レンズが交換できる便利さ」が両立する筈はありません。結局は2004年(平成16年)の年末にリコーのキャプリオR1を買い求めてこれを日常持ち歩き用とし、2005年(平成17年)の初頭にペンタックス/*istDSを買い求めてこれを本気の撮影用として、暫くはこの状態が続きました。

処がこのリコーのキャプリオR1、CCDが1/2.5インチ型と小さいからなのか画質は最悪で、ちょっとでも「ピーカン」的な天候で使うと白飛び・黒潰れが甚だしくて使い物になりません。試し撮りに持ち出したその日に「ダメだこりゃ」と思ったのですから酷いものです。それでも3年近くは我慢していたのですが、2007年(平成19年)の秋になって日常持ち歩き用としてキヤノンのパワーショットA650ISに買い換えました。さすがに1.7型の受光素子を使った1200万画素のカメラだけに、条件さえ良ければデジイチとしては画素数が少ない610万画素の*istDSと比較しても、見劣りしません。シリーズは違うけれど、内容的には同時期に発売されたパワーショットG9と同じクラスの、コンパクトデジカメとしては最上級機ですから内容はかなり満足すべきものです。

結局は操作性の悪さと、露出計の精度の余りの低水準ぶりが嫌になり、予備機としてパナソニックのDMC-LC70を購入したのを切っ掛けに*istDSはレンズ諸共売り飛ばしてしまいました。日中で順光でない限りはペンタックスの露出計は全くアテになりませんから随分と凄い性能です。これで暫くはA650ISとDMC-LC70の2機体制になります。そうなればなったでレンズ交換出来るもっと上級の機種が欲しくなります。それと言うのもパワーショットA650ISの画質は非常に宜しいのですが、上級機とは言っても所詮はコンパクト・デジカメに過ぎないのでダイナミックレンジの狭さが目立ちます。無い物ねだりと言いますか、、、。車体の一部が跨線橋の日陰に掛かったような状態の車輛を撮影すると、間違いなく白トビ・黒ツブレの見本のような写真が出来上がります。

画質がソコソコであること、レンズ交換の可能性、可動式液晶が使える、と言うことを勘案して、単3電池が使えない不便さに目を瞑ってたどり着いた結論がパナソニックのDMC-G1と言うマイクロフォーサーズ規格のカメラと言うことです。DMC-G1以外のデジカメで単3電池が使えないカメラを買うのはこれが初めてです。私は光学式ファインダーなんて、この時点では欲しくも何ともなかったし、クイックリターンミラーなんてデジカメには無用の長物だと思っていますから、フランジバックが20mmと短くしてあってミラーの入れる必要のない(入れる余地のない)マイクロフォーサーズ規格と言う発想は実に共感出来る点が多い存在です。

暫くはDMC-G1を主力機とし、予備機として中古のDMC-GF1を買い足し、何故か何時になっても予備機として拙宅に居座っている(笑)パワーショットA650ISとの3台体制だったのですが、経年変化なのかDMC-G1はどうも不調気味となります。症状は単純な接触不良みたいなのですが、修理に出しても症状が改善しません。更にはパナソニックのマイクロフォーサーズ機は少しでも暗い場所だとかなりAFの動作が疑わしくなります。屋内会場での歌謡ショウとかを撮影すると、ピントはほぼ絶望的です。パナソニックのカメラ開発陣はミノルタ出身者が中心なのだそうで、AFをしくじって会社を潰したと有名(笑)なミノルタの面々が作ったカメラがまともに撮影できる筈も無く、、、。

とまぁ、この辺りはカメラを入れ替えるための口実(大笑)ですが、2013年(平成25年)になってキヤノンのEOS Kiss X7iを新規ラインナップに加え、現在に至ります。マイクロフォーサーズのシステムは、、、そんなものは目障りなので全てヤフオクで売り飛ばしてしまったので拙宅には何一つ残っていません。残っているのは、名残り代わりに撮影した写真ばかりですなぁ。

キヤノンのEOS系列もシリーズ旗揚げ当初は単なる下位機種だと思っていたのですが、蓋を開けてみれば完全電子制御のEFマウント化するための布石だったと言うのか、現行のキヤノン製のデジイチでEOS系列では無いカメラと言うものが存在しません。実際に買うか買わないかは兎も角も、サードパーティから販売されているレンズ類の種類の豊富さもマイクロフォーサーズ機は足元にも及びません。主流派に加担するような生き方は好きにはなれないのですが、現実に買おうと思ってもレンズを売っていないとかいう状態では如何ともし難いですから。

だったらなんでニコンにしなかったのかと言うと、、、なぜか歌謡ショウの会場とかで会う機会が多くて懇意にしている人(ファン仲間とか、応援している歌手のマネージャー氏とか)はキヤノン製品の保有率か高く、如何にも写真撮影が下手そうな人(笑)はニコン製品の保有率が高くてウンザリしていた上に、ニコン製品はAF駆動用のモーターがボディ内にあったりレンズ内にあったりするので門外漢には極めて分かりにくい、ニコンは海軍系の光学会社なので先祖代々陸軍系の家系の末裔の立場としては今更海軍の軍門に下りたくなかったからです。言い訳なんて、後から幾らでも思いつけるものですな(^^;;)。

Kiss X7iは単なるデジイチですから、光学ファインダーはあるもののEVFはありません。ライブビュー撮影の機能は演歌歌手の人の歌謡ショウに行った際にツーショット撮影を誰かに依頼する時のためだけにあるようなものでして、普段の撮影には光学ファインダーしか使いません。まともな、、、と言ってもKiss X7iのファインダーはペンタプリズムではなくてペンタミラーだとは思いますが、こんなにも見易いものであるとはカメラを弄りはじめて50年近く経って、ようやく思い知りました。



ペンタックス/*istDL2

Nov 2, 2009.

愚息の12歳の誕生日のプレゼントとして買い与えたものなので、所有者は私ではなくて愚息です。新型のK100Dにしようかと思わないでもなかったのですがやはりこちらはかなり高額だし、その当時に私が使っていた*istDSよりもAFの測距点が少ない、バッファの容量が少ないので連写には不向き、ペンタプリズムではなくペンタミラーを使っている、と言った些末な点を除けばそれ程寂しい思いをさせないでも済む*istDL2にしました。

K100Dと違って手ブレ補正機能は無いのですが、愚息の撮影した写真を見ている限りでは補正機能を使わなくても手ブレしていない写真を撮影する程度のことはできそうだし、何よりもCCD自体は当時私が使っていた*istDSと共通の610万画素のものなので実用上は全く問題ないと判断したような次第です。コレを買った時点では実売税込49800円ですから、中古の安いプラクチカマウントのレンズでも取り付けて使うのであれば、金額的にはコンパクトデジカメと大差ありません。このカメラが如何にお買い得商品であるかは考えなくても想像が付こうと言うものです。



ペンタックスの*istDL2の写真です



色が黒い点と銘板周辺がちょっと違うだけで、スイッチ類は*istDSと相違はありません。決定的に違うのは*istDSの液晶ディスプレイが1.8インチであるのに対して、*istDL2の方は2.5インチである点くらいです。これはなんと言うか、改良したと言うよりは単純に設計した時期が違うだけみたいなものでしょう。

私自身としてはこの種の黒いカメラよりは銀色のカメラの方が好きなのですが、愚息に聴いたら「別に何色でも構わない」と言うような意思表示でしたので、迷うことなくこのカメラにしました。何処まで本当かは判りませんが、女性のカメラの色の好みは圧倒的に銀色なんだそうです。私が使っていた*istDSの銀色仕様も、女性仕様?として売り出したらしいです。

私は自動車も、ノートパソコンも、携帯電話も、あらゆるものでピンク色を好みますので、そう言うせいもあって銀色のカメラを選んだのかもしれません。但し、間違っても女装趣味はありませんので念のため。女装子さんとは折り合って行けるとは思いますけど(笑)。



ペンタックスの*istDL2の写真です
裏面もご覧の通りで、液晶ディスプレイの大小の違いを除けば*istDSと相似形です。スイッチ類の周囲の銀色の囲みがちょっとうるさいような感じを受けないでもないですが、この方が視認性が高いとも言えます。好みが分かれる処でしょうか。

電池はこの機種も単3電池4本です。CR-V3だったか、リチウム電池2本でも動作しますが、単3電池が使えると言う点では*istDSと共通です。もっと明確に言えば、過去に買ったデジカメや家内や愚息にプレゼントしたものも含め、このカメラ以前に拙宅の敷居を跨いだデジカメは全て単3電池で動作するものばかりで、専用のリチウムイオン電池を使うような機種は一切ありません。専用充電池でなければ使えないようなカメラは金輪際使いたくないと言うのが本音です。もっとも、2009年(平成21年)の秋になってパナソニックのDMC-G1と言うマイクロフォーサーズ規格のカメラを買ってしまったので、これ以降は結果的には宗旨替えしてしまった事になりますが、、、。

ペンタックス初の1000万画素機であるK10Dは消費電力が大きいからなのかついに専用充電池でなければ動作しないようになってしまいましたので、内心では「K10Dを買って、*istDSを愚息に払い下げて、、、」なんてことを考えないでもなかったのですが、それは思い止まりました。



LPLのライトバンクHL-10KB

June 13, 2009.

LPLのライトバンクHL-10KB
「ライトバンク」と言うのもなんとも説明に窮する言葉ですが、撮影のための照明器具の一種です。光源の一種と言っても宜しいのですが、電球の後ろに反射鏡が付いていて、電球の前には拡散用のデフューザーが付いているというものです。この辺りの説明は文才のない私が百万遍弄するよりも、この写真をご覧いただければ一目瞭然かと思います。

スポットライトと何が違うのかというと、スポットライトは光を集中させる為に装置の外観自体が半流省線電車の砲弾型ヘッドライトのような形状になっているのに対し、ライトバンクの方は或る程度光を拡散させるために装置の形状が広口ドンブリのようになっており、更に前面には光を拡散させるためのデフューザーと呼ばれるものが取り付けてあると言うことです。

いきなり本職のカメラマンなりの照明機材を素人カメラマンが揃えた処でマトモに撮影なんか出来るわけはないし、なによりもスポットライトなんか下手に使ったら強い影が出来てしまってその処理に窮します。その反面、天井に取り付けてある普通の屋内照明だけでもかなりイイ線まで行かなくもないので、もうちょっとだけ投資して、もうちょっとだけ写真の出来を良くしようと夢見るには最適な価格帯の代物です。

デジカメが普及した昨今ではブツ撮りの機会が増えました。デジカメの最大の利点は失敗写真を撮ったとしても大した散財には繋がらないと言うことに尽きる?ので、尚更ブツ撮りをする機会多くなっていますので、そうした写真撮影を志す人には最適な機材でしょう。20年前には、自分が買った模型を、自分で撮影して自分のホームページに上梓するなんてことは予想すらしていなかったように思います。それでも余りにも高額だったら買う気にならないですが、このHL-10KBと言う機種は市場価格が税込み15000円以下ですから、清水の舞台から飛び降りるような心境にならないで済みます。

序でに書いておきますがこのLPLの製品、他社製品に比べて格段に安いです。他社製品ではバンクの部分だけで税込み20000円程度の以上の品物が主流ですが、こちらはスタンドと言うのか、三脚の部分まで付属して「市場価格は税込み15000円以下」ですからちょっとびっくりです。これ以外にも、HL-10Kと言う、普通のスポットライト的でライトバンク構造になっていない兄弟製品も発売されています。

値段が安いのには理由があって、基本的にはプラスチック製です。安定器内蔵の電球型蛍光灯が普及した結果、普通の白熱電球やハロゲン電球のように発熱量の多くない、比較的低温で使用できる光源が入手できるようになったので、プラスチックでもこの種の小型ライトバンクが量産できるようになった事も安い理由の一つでは無いかと思います。

但し、値段が安いだけあって格段にチャチ臭くもあるのですが、この種の機材にカメラ1台分よりも高いような金額は支出したくないので私にはこの程度が身の丈に合っているように思います。ホントはもっと高いモノを考えていたのですが、LPL製のこの安い品物を発見したので急遽飛び付きました。内心、「高額だから自作しようか」と思わないでもなかったのですが、例によって私が自作すると1~2年は考え込んだあげくにようやく着手する場合が多いので、、、まぁ、埒があかないから取り敢えずの1台目として買ってしまったような次第です。自作してどんなにすばらしいモノが出来上がったとしても、出来上がるまでは全く使用する事が出来ないのだから話になりません。

いずれにしても、実物の写真撮影とは全く縁の無い装置です。大雑把ですが、この種のライトバンクは被写体と同じ大きさのモノを使うのが基本的な使用方法らしいです。例えば、人物を撮影する際には大雑把ですが80cm×80cmのライトバンクを2灯使用するのが標準的な使い方なんだそうです。そうなると、夜間に20m級の車輛を撮影する際に長さ20mのライトバンクなんか持ち歩いたのでは邪魔くさくて仕方がないですから、100cm×100cmのもを20灯使って、、、んな事やってられませんな。素人でライトバンクなんか持っているのは余程ブツ撮りに拘りがあるか、私みたいに妙に屋内撮影にのめり込みつつある人間だけなんじゃ無いかと思います。美少女フィギュアと鉄道模型の撮影(笑)には必須の道具だと思います。



ライトバンクHL-10KBを使用しない撮影例
ライトバンクHL-10KBのみでの撮影例
ライトバンクHL-10KBと室内照明を併用した撮影例
室内照明のみライトバンクのみ両者併用


実際に撮影した結果をご覧に入れますが、やはり室内照明とライトバンクHL-10KBを併用した撮影結果が(右端の写真)が一番光りの加減が穏やかで感じが良いように思います。影が強すぎないからなのかも知れません。この写真、カメラとほぼ同じ方向から、ライトバンクHL-10KBの設置位置をカメラに被さらない程度の位置にして撮影しています。大雑把ですが、三脚に載せたカメラのディスプレイをライブビュー状態で表示させておいて、その画面を覗き込むようにした際に左肩辺りの位置にライトバンクHL-10KBがあるような設置方法です。設置方法云々などと恥ずかしくてとても書けない程度の横着な設置方法です。その代わり?と言うわけでもないのですが、上の3枚の写真を撮影する際のカメラと、天井照明と、ライトバンクHL-10KBと、この3者の位置関係は全く変えていません。天井照明とライトバンクとに関してのみ点灯したとかしないとか、それに応じて露出を変えたと言う程度の変更があるだけです。



ライトバンクHL-10KBの光源
これがライトバンクHL-10KBの光源になる蛍光灯です。普通の白熱灯と同じE26口金を持つ昼光色の蛍光灯で32W型です。さすがに写真器材メーカーが使う蛍光灯らしく、色温度が明確に6500k(ケルビン)と記されています。

ちょっとヒョロ長いし、面白い形状をしていますがこの蛍光灯、普通の屋内用照明器具だと照明器具の笠の中に収まりきらない程度じゃないかと思うくらいの長さがあります。捻れている点もちょっと異色ですが、最近の低価格の電球ソケット用蛍光灯にはこのような形状のものが多いみたいです。

この手の電球で色温度が明確に表示されている製品というのは初めて見ましたが、思わず「へぇ~」と感心してしまいました。但し、拙宅の天井照明は電球色の蛍光灯に揃えてしまっているので、色温度は概ね2800kとか3000k前後です。まじめにこの蛍光灯をHL-10KBに装填して使うと色温度の丸っきり違う光源が混ざって不自然なので、この付属の蛍光灯は使わないで勝手に普通の40Wの電球色蛍光灯を使いましたが、特に不都合はありませんでした。実際に使用直後に電球に触っても我慢できる程度しか発熱しないので特に不都合は無いのだと思います。但し、本来は32W型の蛍光灯を使う前提のライトバンクですから、定格無視で40W型の蛍光灯を使うことは余り勧められた話では無いですが、、、。

上の3枚の撮影例は、定格無視で勝手に普通の電球色蛍光灯の40W型のモノに差し替えて、カメラの方のホワイトバランスは「白熱灯」として撮影しています。撮影に使ったカメラ自体はキヤノンの「パワーショットA650IS」です。



ライトバンクHL-10KBの光源
まじめにこの蛍光灯を取り付けるとこのような状態になります。角を落とした八角形の物体がこのライトバンクHL-10KBの土台になる部分で、プラスチック製で内側になる方は銀灰色に塗装されています。

この土台に対して、傘になっている部分の骨が4本刺さってライトバンクを構成します。土台には1箇所だけ雌ねじが埋めてあって、このネジは普通の3脚のネジと同じ寸法です。従って、傘の部分だけを他の余りものの3脚に取り付けて使うと言う事も出来ます。雲台をどうするんだ、と言う点を抜きにすれば、このライトバンクのセットの脚の部分だけを普通のカメラの3脚として使用する事も出来ます。



ライトバンクHL-10KBの後部
後ろ側は、このような状態です。買ってきたままの状態では、ソケットは本体には取り付けてありません(と言うか、脱着式です)。

撮影の仕方が拙いので長方形に見えますが、実際には単純な正方形の各頂点を斜めに裁ち落とした8角形です。1ヶ所のみカメラの三脚用ネジ?が埋め込んであって、右の写真ではこの埋め込んであるネジの部分が下側に来て、スタンドに固定してあります。

「正方形の各頂点を斜めに裁ち落とした」部分には小さな奥行きの深い穴が開けてあって、この部分に笠?の骨が入ります。他社製のもっと高級な品物だと、本当に雨傘のような形状になっていて、笠のてっぺんの部分に電球取付台のようなモノを嵌めて使うものが多いようです。