「EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM」索引

Aug 1, 2021.


キヤノン・EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM

Aug 1, 2021.

キヤノンのEF-M 11-22mm F4-5.6 IS STMと言うレンズ、ミラーレスカメラの、EOS M6mk2を筆頭とするEOS-M系列各機種でで使うEF-Mマウントの広角ズームレンズ、フルサイズでは無くてAPS-Cサイズの受光素子を持つミラーレスカメラ用です(EOS-M系各機種用と言う事です)。大雑把ですが、ライカ判換算で18mm~35mm程度の焦点域となるレンズです。些か理解しにくいのですが、このレンズは異様に評価が高いです。素人判断でも悪いレンズではありませんが、口の悪そうな評論家でもこのレンズに関しては高評価です。確かに悪い品物では無いし、寧ろ「良い製品」の範疇には間違いなく入ると思いますけど。

微妙な点はEF-M 15-45mmと同様に沈胴(ちんどう)式である点で、ネット上では殊更に沈胴式である点を批判する論調が目に尽きます。沈胴式にする利点は収納時の小型化にあると思うのですが、何故か「面倒だ」とか言って批判したがる輩のなんと多いことか。スイッチ操作一つで沈胴状態を解除して撮影することが出来るのにその手間すら嫌っていたのでは、カメラを持って外出して被写体を探してなどと言う事を考えただけで卒倒して即死しそうだと思うのですが。沈胴解除するなんざカメラ操作の中では元も簡単な事柄の一つであるので、こんな事に難癖付けるのは男が下がると思うので、間違っても口に出さない方が宜しいかと思います。

タムロンのEF-Sマウントの広角ズームレンズ(10mm~24mm)を持っていて、こちらはEOS M6mk2との組み合わせで快適に使用できるのですが、やはりEOS M6mk2との組み合わせでは些か大き過ぎます。更に、余りアテにならない私の予想に拠れば、キヤノンはフルサイズ・ミラーレス機のEOS-R系列が絶好調なようで、割を食った感のあるEOS-M系列はかなり近い将来に絶版になりそうなので今の内に買えるモノは買っておこうと考えています。この辺りは、相変わらずのカメラで散財するための詭弁に過ぎませんけど。



  • 佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡。
  • 焦段相等於全片幅格式的18mm至35mm焦距。
  • 支援Combination IS保持拍撮畫面穏定流暢。
  • 最近拍撮距離 15公分。
  • 2片非球面鏡片、1片UD鏡片修正各種像差,為整個焦距範囲提供高画質影像。


キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。

EF-M 15-45mmEF-M 18-150mmに続く、キヤノン純正のEF-Mマウントを持つズームレンズです。ズームレンズなんて大して好きでもないのに相変わらず志が低いために単焦点レンズを買い損なってしまいました。タムロンの10mm~24mmの広角ズームレンズ(B001)をマウントアダプター経由でEOS M6mk2に装着しても機敏にAF機構が動作してくれて悪くはないのですが、やはり手振れ補正機能は欲しいし、なによりもこのEF-M 11-22mmと言うレンズは小柄軽量で、携帯し易いです。自分でEOS Kiss X7iを重装備化してしまっておいてアレなのですが、小型軽量志向で行こうと思っている我がEOS M6mk2には最適解と考え、思い切って買い求めてしまいました。マップカメラから中古・半年間保証付きで買い求めたので購入価格は定価の6割程度です。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。これが沈胴状態です。スイッチのようなモノが見えていますが、沈胴状態の解除レバーです。このレバーをレンズ前方に引きながらズームリングを回すと沈胴状態が解除できます。連動距離計付きのマミヤプレスで沈胴レンズを使っていた時に、沈胴状態を解除し忘れて撮影して何度泣かされたことか、、、。それに比べると、このレンズは沈胴状態のままでは警告表示を読まされるだけで、実際に撮影することは出来ません。夢のような親切な仕掛けです。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。これも沈胴状態ですが、横から見た処です。スイッチのようなモノが見えていますが、沈胴状態の解除レバーです。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。レンズを展開した状態、広角端(焦点距離11mm)。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。レンズを展開した状態、望遠端(焦点距離22mm)。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。
キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。拙宅のリビングで撮影しましたが、天井照明が「ボール電球5個仕様シャンデリア風」のモノを使っているので、レンズに泡のような光源が写ってしまっており、泡を食っています。相変わらずの低水準親父ギャグですのでお笑いください。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。
キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。マウント面は金属製になっており、些かビックリです。エンジニアリング・プラスチックのような素材を嫌う訳ではありませんが、やはりマウントが金属製と言うのは、嬉しい点の一つです。



相変わらず「EF-M 11-22mm F4-6.3 IS STM」と言う長い機種名ですが、項目ごと?に分解して行くと、次のようになります。



  • 「EF-M」は「マウント名称」と言うかこのレンズの規格
  • 「11-22mm」は焦点距離
  • 「F4-5.6」は開放f値
  • 「IS」はキヤノン方式の手振れ補正機構である「イメージ・スタビライザー機構を持っている」と言う意味
  • 「STM」はAF機構の動力源はステッピングモーターを使用していると言う意味


「EF-M 11-22mm F4-5.6」の合焦速度

Oct 1, 2021.

「EF-M 11-22mm F4-6.3 IS STM」の合焦速度は十分早いです。尤も、今時合焦速度が遅いレンズ・カメラなんて売っていないでしょうが、少なくともキヤノン純正のカメラ・レンズの組み合わせですから極めて快適に動作しています。拙宅の場合で問題になるのはサードパーティー製のEF-Sマウントのレンズをマウントアダプター経由でEF-Mマウントのカメラに装着する場合とか、そのような場合に限られます。まぁ、それだけの話です。



「EF-M 11-22mm F4-5.6」の被写界深度

Oct 1, 2021.


「EF-M 11-22mm F4-5.6」の逆光耐性

Oct 1, 2021.


「EF-M 11-22mm F4-5.6」の画角の比較

Aug 1, 2021.

キヤノン「EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM」の各焦点距離での画角の比較です。ズームリングに実焦点距離が表示されていますので、それを参照して撮影しています。



実焦点距離11mm・ライカ判換算18mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離11mm・ライカ判換算18mm相当の画角で撮影。
キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離11mm・ライカ判換算18mm相当の画角で撮影。



実焦点距離14mm・ライカ判換算22mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離14mm・ライカ判換算22mm相当の画角で撮影。
キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離14mm・ライカ判換算22mm相当の画角で撮影。



実焦点距離17mm・ライカ判換算27mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離17mm・ライカ判換算27mm相当の画角で撮影。
キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離17mm・ライカ判換算27mm相当の画角で撮影。



実焦点距離22mm・ライカ判換算35mm相当

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離22mm・ライカ判換算35mm相当の画角で撮影。
キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影サンプル。実焦点距離22mm・ライカ判換算35mm相当の画角で撮影。



レンズフードについて

Aug 1, 2021.

このキヤノンの「EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM」と言うレンズにはレンズフードが付属していません。標準オプションは「EW-60E」と言う品物が設定されていますが、生憎乍ら私の好きではない花型フードです。普通に市販されている汎用レンズフードでライカ判換算で18mm程度の焦点距離になる画角用の品物なんて、恐らくは市中に存在せず精々が24mm相当の画角の品物程度までです。ライカ判換算で21mm程度の画角のモノならば相当に探し回ればありそうですが、それらは特定のレンズ用として製造・販売されたものが、フード単体でお買い得コーナーのエサ箱的な場所に放り込まれているだけではないかと思います。

苦し紛れですが「EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM」はフィルタネジ径がφ55なので、現状ではマルミ光機製のステップアップリングを使ってφ55→φ77とし、ハクバ(HAKUBA)の「ワイドメタルレンズフード」のφ77のモノを使えばどうにかケラれないで済みます。ハクバ(HAKUBA)のこの製品は元来はライカ判換算24mm程度の画角のレンズに使う事を想定したレンズフードの筈ですが、ステップアップリングで足元を充分に広げてあるので実用になっています。

それでも「格好いい」と言える状態には程遠いので、日常的には同じくハクバ(HAKUBA)の「メタルレンズフード」のφ55のモノを装着してレンズ保護として撮影現場に行ったら取り外す、フードが必要になったら上述の「ワイドメタルレンズフード」のφ77仕様化したモノに交換して撮影すると言う意地を張っています。単純に純正オプションの花型レンズフードを使えば済むことですが、此処で妥協してしまったのでは意地を張り続けてきた甲斐がありません。男の美学を貫き通すには手間と金が掛かります。意地を張り通すほどの機材では無いので笑い話みたいなものなので、何時まで続くかは些か疑問ですけど。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STM。佳能EOS-M小巧可愛単眼相機専用廣角變焦距透鏡EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STN。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMに、上述の「ワイドメタルレンズフード」のφ77仕様のモノを装着した状態、これを「格好いい」と言えるかどうかはちょっと、、、。 反面、フード自体の面積が広いので白く塗って、ポートレート撮影をする際にキャッチライト代わりに使うと言う方法が無くはありません。格好良さからは、更に遠ざかって行きそうな気がしますけど。



ワイドコンバージョンレンズを使うと

Aug 1, 2021.

実験結果がかなり空しかったので文章のみに止めておきますが、ケンコーの"ワイドコンバージョンレンズLD-055W"を使ったら魚眼レンズ並みの超広角撮影が出来るんじゃないか?」と思って試してみたのですが、、、盛大にケラれが発生するので実用になるとは言い難いです。「ケラれ」と言うか、円周魚眼レンズで撮影したみたいに画面中央付近にしか結像しないような状態になります。EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMのズームリングを操作して、ほぼ望遠端に近い17mmをちょっと越えた辺りで撮影すればケラれは発生しなくなりますが、この状態で焦点距離は10mmをちょっと越えた程度ですから、コンバージョンレンズを使っても使わなくても大差ありません。使うだけ無駄です。焦点距離11mmのレンズ更に広角化した結果が10mmではちょっと、、、。

反面、「ケラれ」と言うのは画面の四隅が黒くなって結像しない現象のことと言えますから画面の中央付近の帯状になる部分だけで撮影している分には辛うじて実用になります。例えば、車輛を真横から至近距離で撮影する分には確かにびっくりするほどの「広角」です。机上の空論ではEF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMの焦点距離を11mmとした状態で撮影して、ライカ判換算すれば「焦点距離が10mmを切るような超広角レンズ」で撮影したのとほぼ同様の結果が得られます。「車端部の、窓柱があと1本写り込めばよかったのに、、、」と言うような極端な状況でも無い限りは、こんな胡散臭い結果を得るためにコンバージョンレンズを購入するのは詰まらない話でしかないと思います。

実際に、このコンバージョンレンズをお持ちの方が「オアソビ」として試してみる分には、充分良好な画質が得られますからお勧めします。但し、あくまでも「オアソビ」の範疇での「高画質」と言う事に過ぎませんから、間違っても多くは期待なさいませんように。新たに金を払って新規に購入してまで試すような価値は無いと思います。私は、既に買ってしまっていたから実験しましたけど。



「EF-M 11-22mm F4-5.6」の性能諸元

Oct 1, 2021.
ライカ判換算焦点距離
焦距轉換為LEICA格式
18mm~35mm
(実焦点距離は11mm~22mm)
開放絞り値
打開時的光圈値
f4.0~f5.6
絞り羽根枚数/光圈葉片數7枚
レンズ構成/鏡片結構9群12枚
フィルター径/濾鏡尺寸φ55
寸法/尺寸φ60.9×58.2
重量約220g
発売日/發布日期2013年(平成25年)7月


「EF-M 11-22mm F4-5.6」の撮影例

Dec 1, 2021.

キヤノン「EF-M 11-22mm F4-5.6」の撮影例ですが、撮影見本の代わり?に綺麗処の色っぽい写真を主に載せているだけなので些かアレです。目の保養としてご活用ください。綺麗処の写真は概ね開放かそれに近い絞り値で、それ以外は適宜絞った状態で撮影しています。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影例、モデルの女性は地下アイドル歌手の神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影例、モデルの女性は地下アイドル歌手神崎由衣さん。2021年(令和3年)11月、ジョイフル撮影会にて撮影。この写真は11mm(ライカ判換算で18mm相当)の画角で撮影しています。



キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影例、写真の車輛は鉄道院110型。2021年(令和3年)3月、旧横ギャラリー(神奈川県横浜市西区)にて撮影。

キヤノン/EF-Mレンズ11-22mm F4-5.6 IS STMでの撮影例、写真の車輛は鉄道院110型。2021年(令和3年)3月、旧横ギャラリー(神奈川県横浜市西区)にて撮影。この写真は14mm(ライカ判換算で22mm相当)の画角で撮影しています。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁