キヤノン「パワーショットA650IS」

Oct 1, 2013.


パワーショットA650ISの事

Oct 1, 2013.

キヤノンの「パワーショットA650IS(PowerShot A650IS)」と言う、単3電池を4本+メモリカードを装填した状態でざっと405g、電池がソコソコ大きいせいもあってちょっとずんぐりとしたカメラです。こうやって字面だけを見ると判りにくいですが、「えー・ろくせんごひゃくいち・えす」ではなくて「えー・ろっぴゃくごじゅう・あいえす」です。「あいえす(IS)」と言うのは「イメージ・スタビライザーだったかなんだったか、手振れ補正機構を有していると言う意味です。タムロンのVC(ばいぶれーしょん・こんぺんぜーたー)などと同様のレンズを駆動して手振れ補正を行う仕掛けのことです。

基本的には専用充電池を使うカメラには手を出したくなかったので、同じパワーショットを名乗るカメラではあってもG系列では無くてA系列の最上級機種を買ったらA650ISになったと言うことです。細かいことを言えばキヤノン製のEOS Kiss X7iも、オプションのバッテリーグリップを使用すれば単3電池のみで動作可能です。性能的には、単3電池で動作させると本来のリチウムイオン電池で動作させることに比べて連写性能は少々見劣りがするようです。



キヤノン/パワーショットA650IS。
キヤノン/パワーショットA650IS(前面・レンズ収納状態)



翻って我がA650ISはオプションだろうがなんだろうが単3以外の電池では動作しません。オキシライド電池の使用の可否に関しては試していないのでなんとも申し上げかねますが、少なくともエネループなどのニッケル水素電池であれば全く支障なく、快適に動作してくれます。



キヤノン/パワーショットA650IS。
キヤノン/パワーショットA650IS(前面・使用状態)



グリップ部に単3電池を収納させようと言う設計の関係からか、かなり体積が大きいので胸ポケットに入れると多少の違和感は否めませんが、普通に歩き回ってもそれ程の苦痛は感じません。バストのサイズの大きな女性だとちょっと胸ポケットには入れにくいと思います。家内も比較的バストのサイズが大きい方なので、その種の使い方はちょっと無理なようです。「胸の谷間に入れれば良かろう」とか書いたら家内に引っぱたかれそうですが、Bカップ程度以上の女性でしたら谷間に充分収る程度の大きさ、、、と言うか微乳の人でも寄せて持ち上げれば(見掛けは)巨乳に変身できますから、カップばかりを云々しても積極的な意味はありません。



キヤノン/パワーショットA650IS。
キヤノン/パワーショットA650IS(後面・液晶収納状態)



元来この系列のカメラは北米向け輸出を念頭に置いているのだそうで、大きさも、重さも、単3電池が使用できるという仕様も、全ては豪快な体型の北米のお父さん達の体型やら志向やらを勘案しているからこうなっているのだそうです。この辺りの事情はコダックのDC280Jにも相通ずるものがありますが、実際に使ってみれば必要以上に小さくしたカメラよりも、少々大ぶりなカメラの方が取扱いしやすいように思います。

このA650IS、「パワーショットA」シリーズの中で2007年(平成19年)に発表された機種としては最上位の製品です。A系列云々と言う点を除いても、基本的な仕様は同時期発売のパワーショットG9とほぼ同等ですから、普通のいわゆる「コンパクトデジカメ」と呼ばれる機種の中では最高峰です。発売日は20日しか違わないし、どちらも1.7型CCDを装備した1200万画素機であり、ライカ判換算で35mm~210mm相当のレンズを有して開放f値は2.8~4.8である、言う点まで共通です。完全に沈胴するレンズ鏡筒部分の意匠も、、、まるっきり同じじゃないかと言う気がします。G9に用意されているストロボのホットシューがA650ISには無いと言う点は、、、もしかしたら差別化を図るためにA650ISには敢えて用意しなかったんじゃないかと勘繰っています。

その代わり?に、A650ISの方は発売後数ヶ月でバリアングル液晶を引き出した状態で直射日光がカメラ後部に当たると光線漏れ?のような珍現象が起きることが露呈して販売中止になったオオボケ製品でもあります。



キヤノン/パワーショットA650IS。
キヤノン/パワーショットA650IS(後面・液晶使用状態)



バリアングル液晶が売りものなのに当該製品は「バリアングル液晶を引き出さないで撮影して」とか言う案内が出て来ましたから、キヤノンと言う会社は余程心臓が強いか、図々しいか、苦し紛れで血迷ったか、、、いずれにしても光線漏れ?を回避する方法は確立できたらしくて販売再開されましたので、再開当日の午後に注文して入手したものです。

この機種を買った時点でキヤノンのカメラを買うのは生まれて初めてでした。一時期はFTbを買おうかと思ったこともあったのですが、それは既に40年程前の話です。この当時は既に1眼デジカメとしてはペンタックスの*istDSを所有していたのでこれの代替になる必要はなく、日常持ち歩き用として、小型で、軽量で、単3電池が使用可能で、SDメモリカードが使えて、バリアングル液晶装備で、そこそこの画質で、、、と欲張って考えていったら最後に残るのはパワーショットA系列だけだったと言うことです。

「単3電池4本込みの重量が400gを突破していて何処が"小型軽量"なんだ」と言われそうですが、私としては500g程度までだったらどうにかなりそうですから少しくらい重くて大きい点には妥協しました。大体からして、小型・軽量・薄型でオシャレなデジカメが私に似合うとも思えないからでもあります。

APS-Cサイズの受光素子を持つシグマのDP-1/DP-2のようなコンパクトデジカメを他社が出すまで待とうと思わないでもなかったのですが、率直に言ってこの時期に日常的に持ち歩いて使っていたリコーのキャプリオR1の画質がかなり酷いので今すぐ買い換えたかったし、シグマのDP-1もDP-2も単焦点なのでそれは少々困るし、何よりも静態展示してある車輛の床下を撮影したりするためには低い位置で撮影しなければならず、柵越しに車輛撮影するには万歳したような姿勢でカメラを高々と持ち上げて撮影しなければならないし、そのためには本機のようなバリアングル液晶とかになっていないと不便です。大昔にマミヤ645を使っていた時点ではアイレベルファインダーを持っていなかったので、もっぱらウェストレベルでの撮影でした。どうやらこの時期の経験が、ウェストレベルでの撮影を好む原動力となっているようです。

ところで一番重要だと思えなくも無い「このカメラは1眼レフデジカメの代用になりうるか?」と言う点ですが、100%代用は無理であっても、相当イイ線まで行ってくれます。実は以前に勤務していた貿易会社のサイトで使う製品写真は、ほぼ全てこのカメラで撮影していました。出版社に渡す製品写真のデータもこのカメラを使って押し切ってしまおうとしていたのですから、私もかなり図々しいですな。勿論、データを渡す時には「余り大きいカットには使わないで、、、」と念押しはしていましたけど。画質優先で考える必要があれば当然ながらデジイチを持ち出しますが、やはり日常的に持ち歩くことを考えればコンパクトデジカメの方が好都合であることは言を待ちません。

決定的な弱点はバッファの容量が少ないからなのか、最短撮影間隔は1.25コマ/秒なんだそうですから、走ってくる列車を狙って何コマも撮影するようなことは無理です。望遠端で1コマ、目一杯引き寄せて1コマ、充分に走り去ってからさらに1コマと、まぁこの程度が精一杯です。割り切ることができさえすれば充分に実力を発揮してくれるし、余り悲壮な我慢をしないでも済みます。最近の流行とは無縁でずんぐりむっくりしている点も私の体形のようで微笑ましいし、このカメラは結構気に入っています。



キヤノン/パワーショットA650IS。
液晶ディスプレイを開いた状態です。この状態で使うことが結構多いです。液晶ディスプレイが外側に飛び出すのでちょっと心配ですが、案外しっかりしています。



キヤノン/パワーショットA650IS。
裏から見るとこうなります。例の光線漏れ事件?の対象機種では、この状態にして晴天・順光で撮影すると画像に紫色被りが発生するので部材を厚みを増やしたんだそうです。そんな程度の事で解消するような不具合を、最初から見抜けなかった辺りはちょっとなんだか、、、。

購入時は液晶面が内側に入るような状態で梱包されています、、、当たり前ですが。この状態ならば液晶面は表に出ないわけで、うっかりして液晶ディスプレイ面をぶつけた、と言ったことも無いわけです。液晶ディスプレイを表裏反転させた状態であればごく普通の、ディスプレイの角度や向きを変えることが出来ない単純な構造のカメラと同等以上に安心できます。



キヤノン/パワーショットA650IS。
上から見た処。モードダイヤルの中に、ちゃんと「M」の文字が見えるのが嬉しい点です。自動露出の精度は非常に宜しくて、日中の屋外撮影ではほぼカメラ任せです。この辺りはほぼ自動露出がほぼ70%はアテにならないペンタックスのカメラとは大違いでして、A650ISの場合は70%以上は信用できる撮影結果が出てきます。それでもやはり白いケント紙を背景にしたサイト掲載写真用の撮影ともなると自動露出に依存していたのでは無理な場合が多いので、サイト用の屋内撮影の場合に限ってのみ全くのマニュアル撮影か、プログラムAEで大幅に露出補正するかのどちらかです。



キヤノン/パワーショットA650IS。
左端の黒っぽい出っ張りは電池室兼グリップです。電池は単3のものを4本使用します。真ん中辺りにある、やや青み(黒み)掛かった箇所は三脚のネジ穴で、少々安っぽくてプラスチック製です。



キヤノン/パワーショットA650IS。
電池はこのように収納されます。電池の後ろでやや飛び出している物体はメモリカードです。普通の、2GB以下のSDメモリカードが使用できます。ペンタックスのデジイチでは単3電池以外にもCR-V3だったかのリチウム電池でも動作させることが可能になっていますが、これは電池室の形状がそのようになっているからです。A650ISの方は電池室周辺を密集させたような設計にしてあるからだと思いますが、1本づつバラバラになる普通の単3電池以外では動作しません、と言うよりも、あれだけ大柄な電池を入れる電池室の体積を確保するだけの余裕がありません。



キヤノン/パワーショットA650ISの撮影例。
パワーショットA650ISの撮影例です。広角端、ライカ判換算35mm相当。



キヤノン/パワーショットA650ISの撮影例。
パワーショットA650ISの撮影例です。光学望遠端、ライカ判換算210mm相当。



キヤノン/パワーショットA650ISの撮影例。
パワーショットA650ISの撮影例です。デジタル望遠端、ライカ判換算840mm相当。デジタルズームを使っての撮影です。画質的には推して知るべしと言う事ですが、取り敢えずはこれだけの焦点距離にはできると言う事は評価に値すると思います。



キヤノン/TC-DC58C

Oct 1, 2013.

キヤノンの「TC-DC58C」と言うコンバージョンレンズです。主レンズの前に取り付けるだけで、焦点距離が2倍になってしまうと言う夢か魔法のようなレンズです。後述のレイノックス(吉田産業)のDCR5000や、同じくレイノックスのHD6600proがワイドコンバージョンレンズであるのに対し、こちらは望遠用のフロントコンバージョンレンズです。パワーショットA650ISにはワイドコンバージョンレンズとテレコンバージョンレンズ(TC-DC58C)が1種類ずつあります。

この機種に限りませんが、キヤノンのコンパクトデジカメは、大抵は広角用・望遠用が1機種ずつは用意されており、多くの機種は広角用・望遠用が1機種ずつ用意されています。1種類のコンバージョンレンズが複数のデジカメに対応していると言うこともあるわけで、このTC-DC58Cの場合はパワーショットG7やG9でも使用可能です。A650IS用の純正ワイドコンバージョンレンズがG7やG9にも使用できるのかどうかは定かではありません。所詮はフロントコンバータに過ぎないわけですから、巧く行けば普通の1眼レフでも使える可能性は十分にあります。まさか、この種のレンズを1眼レフ用「だけ」のために買う人もいないでしょうから、使ってみてダメだったら1眼レフでの使用を諦めれば済む話です。

パワーショットA650ISは完璧沈胴式のレンズを使っている上にレンズバリアまで装備されているので、レンズ先端のフィルター枠を使ってフロントコンバージョンレンズを取り付けることは出来ません。そのために、レンズ根元の装飾リングを取り外し、代わりにコンバージョンレンズアダプターと言うレンズフードのようなものを取り付けます。この辺りの構造はパワーショットA70などとも同様です。コンバージョンレンズアダプターの先端にはフィルター取り付け用ネジが切ってあって、これにコンバージョンレンズを取り付けます。当然ながら、コンバージョンレンズではなくてフィルター自体を取り付け使うこともできます。型番を見れば大雑把には想像が付いてしまいますが、このTC-DC58Cの取り付けネジ径はは58mmです。キヤノンのコンパクトデジカメのコンバージョンレンズはネジ径が58mmになっているものが多いです。

形状は率直に言ってかなり大きいです。カメラに取り付ける際に、「LA-DC58H」と言う「コンバージョンレンズアダプター」と言うレンズフードのようなものを介在させなければならないので、一層長くなります。パワーショットA650ISは電池やメモリカードを装填した運転整備重量?は約415gですが、TC-DC58Cを装着するとアダプター込みで約770gになりますから、大きさと重さはいわゆる「ネオ1眼」並です。



キヤノン/TC-DC58C。
TC-DC58Cを装着したパワーショットA650IS。



キヤノン/TC-DC58Cを使った、パワーショットA650ISの撮影例。70mm相当。
最広角端での撮影例。ライカ判換算で70mm相当の画角になりますが、ご覧の通りになります。概ね、ライカ判換算で135mm程度以上の画角で使わないと、著しく周囲がケラれます。、35mm~210mm相当のズームレンズを持っている機種に2倍のコンバージョンレンズを取り付けてライカ判換算70mm相当程度の画角で撮影すること自体が元来無意味ですけど。



キヤノン/TC-DC58Cを使った、パワーショットA650ISの撮影例。
最望遠端での撮影例。ライカ判換算で420mm相当の画角になります。こちらはまぁ、十分実用になってますね。



なお、主レンズのズーム域の全域でケラれが発生せずに使用できるフロントコンバージョンレンズと言うものは種類がごく限られます。確か、レイノックスの高級な機種でズーム域の全域でケラれが発生しない機種があった筈ですが、そのレンズにしても主レンズのズーム倍率は6倍程度まで、と言う制約はあった筈です。そう言った限界はあるにしても、現実にコンパクトデジカメの大部分はレンズ交換が出来ない以上は或る程度の処で手を打ってやる必要がありますし、このことはコンバージョンレンズのケラれの問題も然りです。「コンパクトデジカメはレンズ交換なんかしないで済む」とも言えますけど、ね。



吉田産業(レイノックス)/DCR5000

Feb 2, 2008.

主レンズの前に取り付けるだけで、焦点距離が1/2になってしまうと言う夢か魔法のようなレンズです。レンズ交換可能な一眼レフ用のコンバージョンレンズとしては、カメラ本体と主レンズの中間に挿入して使うリアコンバージョンレンズが主流ですが、この製品はレンズ交換不可能なコンパクトカメラ用を意識したのか、フロントコンバージョンレンズです。レンズフィルタのようにして使うクローズアップレンズというものがありますが、アレの延長線上にあるような代物です。型番のDCR5000と言うのは「デジカメ用のコンバージョンレンズで、焦点距離が0.5倍(=1/2)になる」と言う意味のようです。

この、吉田産業(レイノックス)と言うメーカーには複数の広角用フロントコンバージョンレンズがあって、その中では恐らく最も値段が安く、最も焦点距離を短縮できる倍率が大きいレンズです。これ以外の製品だと、概ね主レンズの0.6倍とか、その程度までです。その代わりに画質もちょっと***だと言う噂ですが、量販店でポイント還元を勘案すると実売価格はやっと10000円を越えるか越えないかと言う程度の品物ですから、これに大きな期待をすることは無理です。1000万円の乗用車の比較対象の相手に100万円の軽自動車を持ってきて「こんな安っぽい車は云々」などと馬鹿げたことを言えば顰蹙を買うだけですが、このレンズも同様の境地にあります。なんと言っても主レンズの0.5倍の主点距離になると言う驚異的な倍率のレンズですから、製品として存在しているだけでもありがたい話です。なによりも、拙宅のカメラ布陣?を勘案すると、画質云々を抜きにしてこの製品は必須と考えられます。

此処まで倍率に拘泥するのは、狭い場所に押し込まれた保存車輛を撮影するのに苦労させられているからでして、日本全国?で引きが取れずに自分のおしりの大きさを呪うような羽目に陥っているからです。1枚で収まらないならば被写体を分割撮影して、画像合成ソフトで写真を繋ぎ合せて1枚の画像にしたてる、、、と言う方法が無いわけではありませんが、やはり1枚で撮影した写真には叶わないです。それだったら真正面から魚眼レンズにしたらどうだ、と言われると、流石に魚眼レンズを形式写真的な撮影に使う事は無理な相談なので、妥協の接点がこのレンズであると言うことです。

因みにこのレンズ、周囲が盛大に湾曲して(歪曲して)写りますし、この一件は化粧箱に正々堂々と明記してあります。魚眼レンズでないにも拘わらず、真正面から「湾曲します(歪曲します)」と公言して憚らないレンズもちょっと希有な存在です。恐らくは数十年前の、ズームレンズが未だ珍しかった時代に販売されたものよりも大幅に湾曲(歪曲)します。大昔のズームレンズは「僅かしか湾曲(歪曲)しない」と言う建前で売っていて、要するに画像が歪むことは承知しているけれども僅かだから我慢してくれと言うことですから、考えてみれば随分と調子の良すぎる話です。その点こちらは真正面から「歪む」と書いてあるのだから遙かに潔いですし、なによりも売価を考えれば十分許容範囲であると言えます。



レイノックス(吉田産業)製DCR5000型フロントコンバージョンレンズ。
外観はかなり薄べったくお皿のような格好をしています。レンズ自体の公称直径は70mmです。実はこのレンズ、構成は1群1枚と言う驚いた内容です。要するに単レンズ、1枚玉、天眼鏡、ベス単の親戚のような構造です。レンズの最前部は、魚眼レンズ並みとまでは言わないまでもかなり飛び出し気味なので結構怖い思いをさせられます。そのせいもあってか最前部にはフィルターを取り付けることが出来ません。同じレイノックス製品でももっと高級な製品だと、保護用フィルターを付けられるようになっているものがありますが、高額製品は保護用フィルターを取り付けるのが当然、と考えているのでは無いかと思われるフシがあります。それは兎も角、このDCR5000はちょっと高級なフィルターくらいの金額なので、万が一撮影中にレンズ先端を傷つけてしまってもそれ程悲嘆に暮れる程のことはないのですが、どんなに高額でもフィルターはフィルター、どんなに低額でもレンズはレンズですから、レンズを傷つけてしまうことはどうにも嫌なものです。

以下、撮影実例です。撮影場所は都内某所です。この手の撮影をするためには同じ場所に頻繁に足を運ぶ可能性がありますので、日常的に出掛けやすい場所じゃなきゃダメですから、、、要するに、以前の勤務先の社屋の、自分の机がある階層から撮影したご近所の建物です。週休2日制の勤務態勢だったので1週間に5日は通う場所なので「出掛けやすい」と言う点では最右翼です。自宅の周囲の建物じゃダメなのかと言うと、当然ながらダメですね。朝、暗い内に出掛けて、夜、暗くなってからじゃなきゃ帰って来ないし、何よりも顔見知りの人に会った時に「何やってるの?」と聴かれれば答えに窮します。



レイノックス(吉田産業)製DCR5000型フロントコンバージョンレンズで撮影した実例写真です。 レイノックス(吉田産業)製DCR5000型フロントコンバージョンレンズで撮影した実例写真です。


上の撮影例、パワーショットA650ISとの併用ですが、左がDCR5000を使わずに、カメラ本体だけで撮影した写真でライカ判換算で35mm相当の画角です。右がDCR5000を併用して撮影した写真でライカ判換算で17.5mm相当の画角です。こうして見ると、かなりケラれているし湾曲(歪曲)もかなり凄まじいです。ひょろ長い被写体を画面の中央付近に収めるようにでも撮影しないと、無視することは出来ないと思います。

但し、パワーショットA650ISを使う場合に限らないですが、キヤノン製のコンパクトデジカメにコンバージョンレンズを取り付ける場合は、キヤノン製の専用アダプターをカメラに取り付けてやる必要があり、このアダプターの先端径が58mmです。取り付け部のネジ径が52mmのDCR5000を取り付けるにはステップダウンリングを介在させる必要があります。ケラれるのはこのレンズ自体のイメージサークルがかなり小さめであるのと、ステップダウンリングが介在しているせいだと思われます。



次はペンタックスの*istDSにSMCペンタックスDA18~55mmズームレンズを装着して撮影したものです。このレンズの先端フィルター取り付け部のネジ径は52mmなので、アダプター類を使わなくてもそのまま取り付けることが出来ます。左がライカ判換算で27mm相当の画角、右がDCR5000を併用して、ライカ判換算17mm相当の画角で撮影したものです。これだったらケラれている訳でもないし、どうにかなるかな?と言う印象です。右の写真の画面左上にケラれたような痕跡があるのは、コレは画角が広すぎたために写り込んでしまった電線です。



レイノックス(吉田産業)製DCR5000型フロントコンバージョンレンズで撮影した実例写真です。ペンタックス/*istDS+ペンタックス/SMCペンタックスDA18~55mmを併用。 レイノックス(吉田産業)製DCR5000型フロントコンバージョンレンズで撮影した実例写真です。ペンタックス/*istDS+ペンタックス/SMCペンタックスDA18~55mmを併用。


此処から先はコンバージョンレンズの話と言うよりは、考え方の話になります。此処まで凄まじくても取り敢えず写っていることを是とするか、余りにも凄まじいので非とするか、、、私だったら間違いなく前者の立場です。なんと言っても、写真に写っていなければ意味がないわけですから、どう写ろうが写っているだけで価値があります。味方が大損害を受けようが勝ちは勝ち?なので、たった10000円をちょっと超えた程度の金額で、此処まで写ってくれれば大したものです。そう言う点ではケラれは最小だし、湾曲(歪曲)も極めて僅かであると思います。内心「なんだこりゃ~」と思わず呪詛の言葉が口から出そうにならなくもないのですが、価格と画角変化量を勘案すれば、このレイノックスのコンバージョンレンズは極めて優秀です。



後日談

Oct 1, 2013.

レイノックスのDCR-5000は2009年(平成21年)の3月頃に販売完了、メーカー在庫も払底したそうです。メーカー自身も、此処まで凄いコンバージョンレンズの後継機を作るつもりは無いようです。今から入手するとなると中古市場を探すか、ヤフオクで探すか、と言う事になります。私自身は、画質が余りにもアレなのでヤフオクで売り飛ばしてしまいましたけど。あくまでも一過性の強い代物に過ぎなかったようです。



レイノックス(吉田産業)/HD-6600pro

Oct 1, 2013.

今更こんなことを言い出すのは後出しジャンケンみたいですが、やはりDCR5000はちょっと画質の劣化が激しいし、周辺部の湾曲(歪曲)が目立ちます。それでも画角の変化量と言う点ではDCR5000は圧倒的なので貴重な存在ですが、画角の変化量がソコソコになってしまっても良いから、画質の劣化や周辺部の湾曲(歪曲)もソコソコのレンズが欲しくなり買い求めたのが、このHD-6600proです。その名の通り、画角が主レンズの0.66倍になるフロントコンバージョンレンズなので、我がパワーショットA650ISに取り付けて使用すると、最広角端でライカ判換算23mm相当の画角になりますから、実用的には十分な数値です。



レイノックス(吉田産業)製HD-6600pro型フロントコンバージョンレンズ。
メーカーのセールストーク的なことを書くとすれば、6倍ズームまでの範囲であれば全焦点域で使用可能であるのと、DCR5000が天眼鏡もどきの単レンズであったのに、こちらは3枚構成であると言う点が最大の相違点です。同じHD-6600proであっても取り付けレンズのフィルタの直径に併せて複数の種類のものが販売されていますが、私が買い求めたものはフィルタ径φ58のものです。パワーショットA650ISにフロントコンバージョンレンズを取り付けるためにはコンバージョンレンズアダプターなるものが必要ですが、こいつの先端のネジ径がφ58になっているからです。大きい方ではφ62くらいまで、小さいものではφ37くらいまでの商品設定があるようです。



レイノックス(吉田産業)製HD-6600pro型フロントコンバージョンレンズ。
ところで、「6倍ズームまでの範囲であれば全焦点域で使用可能」と言うことですからパワーショットA650ISでは全ズーム域で使用可能、取り付けっぱなしで良い、と言うことですが、実際にはそこまで都合良くは行きません。この辺りは機種によって条件は異なると思いますが、パワーショットA650ISの場合は最望遠端にしてAFを動作させるとカメラ自体のレンズがHD-6600proの後部に接触するらしく「レンズエラー」の表示を出してカメラがハングアップします。多少の余裕を勘案すると、ライカ判換算で23mmから100mm相当程度までの画角に限定!と言う渋い焦点距離設定となり繁華街で路面電車の撮影をするには絶好?です。

なお、このレンズは後球の張り出しが結構大きいので、普通の1眼レフ用とか、レンジファインダーカメラ用とかのレンズの前に取り付けようとすると、かなり高い確率で取付相手のレンズの前球に接触します。余り取付の自由度は高くありません。



レイノックス(吉田産業)製HD-6600proでの撮影例。ライカ判換算23mm程度。
レイノックス(吉田産業)製HD-6600proでの撮影例。ライカ判換算で23mm相当の画角です。カメラ側は最広角側なので、ライカ判換算で35mm相当にしてあります。



レイノックス(吉田産業)製HD-6600pro撮影実例。ライカ判換算で66mm程度。
レイノックス(吉田産業)製HD-6600proでの撮影例。ライカ判換算で66mm相当程度の画角です。カメラ側はライカ判換算で100mm相当程度にしてあります。



レイノックス(吉田産業)製HD-6600pro撮影実例。ライカ判換算で132mm程度。
レイノックス(吉田産業)製HD-6600proでの撮影例。ライカ判換算で132mm相当程度の画角です。カメラ側はライカ判換算で200mm相当程度にしてあります。これよりカメラのレンズを伸ばそうとすると(望遠側に寄せようとすると)、レンズ先端がHD6600proの後球に当たってしまってエラーが出るので、、私のアテにならないカンの範囲で目一杯望遠側にした結果です。