ニコン・クールピクスA10(COOLPIX A10)

Sept 1, 2018.

ニコンの「クールピクスA10(COOLPIX A10)」と言う、単3電池2本で動作するカメラです。2005年に発売されたクールピクスL1を始祖とする入門機としてはかなり長寿の系列です。別コンテンツに記述してあるクールピクス2100(COOLPIX 2100)も恐らくはこの系列の先祖なんだと思われます。単3電池2本駆動と言う点では共通です。

件のクールピクス2100も同様ですが、久々に買い求めたニコン製の新品カメラです。実際にはクールピクス2100は家内にプレゼントする目的で買ったので別格なんですが、自分用に買った新品と言う意味では初のニコン製品です。序でに書くと、このサイトに写真を上梓してあるクールピクス2100は家内に渡したのとは別の個体で、こちらはサイト上梓用?にヤフオクで激安価格で落札したものです。同型機が複数拙宅に居座っている(居座っていた)のは、クールピクス2100とニコンFと、この2機種のみです。

ニコンは、、、実は我が一族は元来が武田信玄公配下で山野を駆け回っていた陸戦系の家系なので、海軍省御用達のニコン製品を買うことには気が進まないからです。「なんだ、それは?」と言われかねない噴飯モノ的な屁理屈です。それならば陸軍省御用達の会社の製品を買えば良いのかと言うと、今更「REスーパーデジタル」とか「ユニレックスデジタル」とか言う作ってもいないデジタルカメラを買う訳にも行きません。陸軍省御用達のカメラメーカーって東京光学(≒トプコン)ですけど。

このクールピクスA10、1/2.3型で1600万画素のCCDを持ち、レンズはライカ判換算で26mm~130mm相当のレンズで、そのレンズたるやf3.2~f6.5ですからささやかな性能です。C2100も同様でしたが、ズーム比5倍のレンズをたったの5群6枚のレンズ構成で作ることが出来るのですから随分凄いものです。しかもこのカメラ、在庫処分だからだと思いますが、ヨドバシカメラで税込み7540円+10%ポイント還元ですからびっくりです。こんな安い新品カメラを買うのは生まれて初めてです。

購入動機は、、、予備機としての日常持ち歩き用です。恥ずかしながら予備機として長らく愛用していたキヤノンのパワーショットA650IS(と言う名のコンパクトデジタルカメラ)を紛失してしまって、それ以降はヤフオクで入手した同じくキヤノンのパワーショットA70を予備機として使っていたのですが、やはり骨董品のようなカメラなので無理があります。予備機と言うことは、場合によっては本務機の代用に近い使い方をするわけで、幾らなんでも320万画素のカメラでは荷が重過ぎます。暫く前からこのクールピクスA10(COOLPIX A10)には目を付けていたのですが、久しぶりにヨドバシカメラの通販サイトを見たら大幅に値下がりしていたので思い切っと買ってしまいました。



ニコン/クールピクスA10。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。秀逸な意匠ですが、私が使うには少々格好良過ぎて似合わないこと夥しい限りです。外装色はシルバーとワインレッドが設定されていたので迷わずワインレッドを選びましたが、出来るならばピンク色っぽい淡い紫の設定が欲しい処です。

でもって上の写真は電源を切った状態ですが、電源を入れると下の写真のようにレンズが出て来ます。この種のカメラでは当然ですが、収納時にはレンズは完全沈胴します。鏡筒はごく細いので「柵の隙間に鏡筒を突っ込んで中にいる車輛を撮影、、、」と言うような用途には好都合です。

ニコン/クールピクスA10。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。カメラの直下に写っている奇妙な物体はベルボンの「Mark VI」と言う三脚です。なんとなく想像は付くかと思いますが、三脚取り付けネジの位置はレンズの光軸中心からはかなりずれており正面から見ると右端の方、内蔵ストロボの直下の辺りになります。



ニコン/クールピクスA10。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。随分と簡単な操作系で、上面には電源スイッチ、シャッターボタン、ズームレバーしかありません。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)の背面です。液晶画面は固定で、大きさは2.7型です。「P・A・V・M」と言ったモードスイッチのような類のモノは無くて、強いて言えば十字架型スイッチ群の左上に「SCENE」と言うスイッチがあるので、、、強いて言えばこの辺りを操作すればモード選択的な事は出来なくはありません。あくまでも「出来なくはない」と言う程度です。実態としては、モード云々と言った事は考えずにカメラ任せで撮影し、巧く撮影できなかったら自分の身の不運を嘆くしかありません。大体、モード選択をどうこうするような種類のカメラではありません。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。記録媒体はSDメモリカードで、収納場所は電池室の横、実態としては同居です。三脚のネジ穴とは丸っきり離れた場所なので、三脚に取り付けてあったりクイックシューが取り付けてある状態でも支障なく電池交換できます。「こんな入門機種を使う人が三脚なんか使うのか?」と疑問に思わなくも無かったのですが、自撮り棒とかを取り付けるのに三脚のネジ穴が使えるんですね。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)とクールピクス2100(COOLPIX 2100)。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)とクールピクス2100(COOLPIX 2100:左)とのツーショット。本体の厚みが変わっただけで、基本的な意匠は変わっていません。艶のある綺麗なルビーレッドになってしまったので、指紋が目立ちやすいのなんのって。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。
クールピクスA10(COOLPIX A10)と、キヤノンのパワーショットA610を並べてみました。意匠は冴えないですが、実は手で持ちやすいのはA610の方です。クールピクスA10の方は単3電池2本仕様なので薄くて洗練された外観になっていますが、パワショの方は単3電池を4本使うのでその分だけグリップの飛び出しが大きくなっているからです。要するに、パワショの方はグリップ部分を持てば、そのまま支障なく持ち歩くことが出来ます。反面、クールピクスにはその種の物理的な手掛かり?が無いので、カメラ自体の上下端を摘まむようにして保持するしか方法が無いからです。このA610と言う機種、大雑把ですがパワーショットA70パワーショットA650ISとほぼ同等の大きさの機種です。

体積で比較すると、クールピクスA10(COOLPIX A10)はキヤノンのパワーショットA系各機種の1/3程度でしかないようです。毎度下世話な表現で恐縮ですが、クールピクスの方はバストが豊かな女性がブラウスの胸ポケットに入れて持ち歩いても邪魔にならない程度の大きさです。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)での撮影サンプル・最広角端(ライカ判換算で26mm相当)で撮影。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)での撮影サンプル・最広角端(ライカ判換算で26mm相当)で撮影。実焦点距離では4.6mmでの撮影です。流石に広々と写ります。現状の拙宅の機材では、これに匹敵するのはキヤノンのEOS Kiss X7iタムロンの広角ズームレンズ(10mm~24mm)の組み合わせだけでしかありません。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)での撮影サンプル・最望遠端(ライカ判換算で130mm相当)で撮影。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)での撮影サンプル・最望遠端(ライカ判換算で130mm相当)で撮影。実焦点距離では23mmでの撮影です。



ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)での撮影サンプル・電子ズーム(ライカ判換算で520mm相当)で撮影。
ニコン/クールピクスA10(COOLPIX A10)での撮影サンプル・電子ズーム(ライカ判換算で520mm相当)で撮影。所謂「デジタルズーム」での撮影です。



蛇足

Sept 1, 2018.
  • 取扱説明書は付属していますが、紙切れ1枚だけの所謂「クイックスタートシート」のみです。本来のまともな取扱説明書はニコンのサイトからダウンロード可能ですが、149頁だったかです。この程度のモノは横着して誤魔化さないで付属させろよ。
  • 使用する電池の種類はメニュー画面に入って設定してやる必要が(本来は)ありますが、設定しなくても支障なく使えました。初期設定では「アルカリ電池」に設定してあるのですが、何も考えずにエネループを使ったら支障は全くありませんでした。
  • 初期設定では最高解像度・低画質に設定してあります。最高解像度・高画質で撮影するにはメニュー画面に入って設定し直す必要があります。面倒くせえなぁ。
  • 初期設定では手ぶれ補正はしないようにしてあります。この機能を使うにはメニュー画面に入って設定し直す必要があります。


最後の2点は実に気に入らないと言うか、バカじゃないかと言うか、、、。こんなもの、初期設定では「最高解像度・高画質」+「手ぶれ補正使用」にしておくのが家電製品としては当然でしょうが。この点を以て「ニコン製品は二度と買わない」と毒を吐きたい処なんですが、知人のダンナが煮込んニコンでレンズ設計やっているので、批判がましいことは一切書かないことにします。おっと、これでも批判がましく無いってか?。