ニコン「クールピクス2100」

Apr 1, 2017.

ニコンの「クールピクス2100(Coolpix 2100)」と言う、単3電池2本で動作するカメラです。私が使うには余りにも可愛らしい外観をしていますが、キヤノンのパワーショットA70を買った勢いで買い求めたカメラです。それと言うのも、A70は大昔に愚息に買い与えたA75の直前の機種ですが、こちらのクールピクス2100の方は家内に買ってプレゼントした機種と全く同一の機種です。誕生日でも結婚記念日でもクリスマスでもホワイトデーでもなかった筈なのにカメラをプレゼントした理由は、、、恐らくは「亭主は勝手にカメラを持って撮り歩きに出掛けてしまうから見逃してくれよ」と言う免罪符のつもりだったんでしょう。

このカメラ、200万画素の、今となっては骨董品の範疇に入りそうな機種ですが、最近になってヤフオクで落札したモノです。この辺りの経緯は予備機として愛用していたパワーショットA650ISが行方不明になってしまったので代替機として買い求めたパワーショットA70と大差ありませんが、なによりも意匠が秀逸であるのと小型軽量で、本体がピンクメタリック色だからです。今更200万画素のカメラなんて、ピンクじゃなかったら買い求める理由がありません。支払い金額は画素数が少ないのと同じように低廉?で、A70とこちらの2100との合計で、送料と併せても「愚息に渡したA75」と「家内に渡した2100」の合計額の10%以下だと思います。古くなったデジタルカメラと言うのは、、、哀しいものです。

このクールピクス2100、1/3.2型で211万画素のCCDを持ち、レンズはライカ判換算で38mm~108mm相当のレンズで、そのレンズたるやf2.6~f4.7ですからささやかな性能です。どうも「2.6」とか「4.7」と言う開放f値は数値が半端で気持ち悪いですが、基本的には「お任せモード」でしか撮影できないカメラですから批判がましいことを言いだすことは無意味です。それでもズーム比3倍とは言っても5群6枚のレンズ構成で作ることが出来るのですから随分凄いものです。一体何が凄いのか、「凄いな~」と感心している本人にも何処まで理解できているのか定かではありません。

実はニコンのカメラを使うのはこれが2機種目で3台目です。最初に手にしたのはニコンFで言わずと知れたライカ判1眼レフとしては最初期のカメラです。カメラ好き、鉄道好き、オーディオ好きと言う50年来の困った友人の処から到来したのだったような記憶がありますが、なんで大して使いもしないのにニコンFを2台も纏めて引き取ったんだろう?。なによりも、ニコンは海軍省御用達の光学機械メーカーなので先祖代々陸軍の家系の末裔である私にとっては、手にするたびになんとなく忸怩たる思いがこみ上げてくるからです。それだったら「陸軍省御用達のカメラメーカーのデジカメを使えば良いか」と言うと、そう言う訳には行きません。それと言うのも陸軍省御用達のカメラメーカーは東京光学(=トプコン)で、この会社は盛業中ですがデジカメには手を出してないからです。



ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。
ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。実に秀逸な意匠です。同時期のクールピクス885などと同じ延長線上?にある意匠だと思いますが、恐らくはニコン製のカメラの中では最も秀逸な意匠の一つと言えるでしょう。生憎ですが、我がキヤノンが100回逆立ちしても勝てる相手ではありません。もっともこれを言い出してしまうと、同じ日本光学の製品であっても一眼レフ各機種はどうしようもない醜悪な意匠だとも言えてしまいますけど。



ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。
ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。レンズを出してもこの程度の突起でしかありません。可愛らしい限りです。ピンクメタリック色は私が最も好む色ですが、このカメラを見てしまうと私には最も似合わないんじゃないかと言う気がしてくるから不思議です。「気がしてくる」と言う程度ですから、周囲の目は気にせずに持ち歩いてますけど、、、。



ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。
ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。随分と簡単な操作系です。基本的にはお任せ撮影しかできないカメラだと考えて宜しいでしょう。このカメラを買う顧客層を考えれば当然ですが、お任せ撮影的な使い方は換言するとカメラの思惑に振り回されると言うことでしかないので、率直に言ってかなり不便です。本務機であればこの種のカメラは間違いなく買いませんが、あくまでも懐古趣味の発露として買い求めただけなので細かいことは一切目をつぶるつもりです。なによりも、ニコン製のカメラは殆ど使った経験が無いに等しいので真面目に説明書を読まなければ使いこなせませんが、面倒なので説明書なんか読むつもりがありません。それでは当然乍らカメラ自体を使いこなすことは無理ですが、このカメラ自体はあくまでも静態保存用的なつもりで買い求めていますから不問とします。詭弁に過ぎませんな。



ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。
ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。電池は前述の通り、単3電池を2本使用します。普通のアルカリ電池やマンガン電池だけでなく、ニッケル水素電池やCR-V3だったかのリチウム電池も使用できます。



ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。
ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。記録媒体はコンパクトフラッシュです。この収納場所、実は電池室と隣り合わせでグリップの反対側です。良くもこんな狭い場所に詰め込んだものだと感心することしきりです。



ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。
ニコン/クールピクス2100(Coolpix 2100)。キヤノンのパワーショットA70と並べてみました。意匠は冴えないですが、実は手で持ちやすいのはA70の方です。クールピクス2100の方は単3電池2本仕様であるのに対し、A70の方は同じく単3電池仕様であっても4本使うのでその分だけグリップの飛び出しが大きくなっているのと、横幅が長い分だけ本体部分の厚みが薄くできるから結果的にグリップの突出する比率が高くできるとも言えます。実用性ではキヤノンに軍配が上がります。そう言った屁理屈は兎も角も、ここ暫くはキヤノンのカメラしか使っていないので今更他社製のカメラを説明書を読まずに使いこなすことは困難だし、面倒だから説明書は読みたくないし、、、詭弁の上塗り?です。