ケンコー・「LD-055W」

Dec 1, 2020.

撮影例は、キヤノン・EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMのコンテンツの中に記載してあります。



「ケンコー=トキナー」が、2002年(平成14年春に発売した機種で、「LD-055W」と言うワイドコンバージョンレンズ、フロントコバージョンレンズです。レンズ前面に取り付けると、取り付けたレンズの画角が広くなると言うモノです。スマホ用のコンバージョンレンズではなくて相応にまともなデジカメ用なので、φ52のレンズのフィルター枠を利用してレンズに取り付けます。

「LD-055W」に限りませんが、この種のコンバージョンレンズは余り史料がネット上に残っていません。レイノックス(吉田産業)のように当時も今も連綿と製品作りを続けている会社は話は別ですが、ケンコー=トキナーはそんな気の利いた事はしないだろうと思って試したら、、、やはりこの会社のサイトでは旧製品の情報を発見できませんでした。結局見つかったのはインプレスのサイトの中でも「PCウォッチ」です。「デジカメウォッチじゃなくてPCウォッチ?」と訝られてしまいそうですが、大昔にはデジタルカメラ関連の記述はPCウォッチに掲載されていた、その頃の製品です。価格コムは、、、こちらは少なくともメーカー提供と思われる広報用の公式写真?を縮小したヒットする辺りは大したモノです。寧ろ、私のように個人でサイト運営をなさっている方の方がこの種のカメラ本流?からはちょっとだけ外れているような品物に関する事柄は情報が豊富なので期待が持てます。

それでもいろいろと調べてみると、何故かこの製品のネット上の情報は中欧諸国のサイトに多く見受けられます。中欧に強力な販路を持つ代理店とケンコー=トキナーが契約していた名残り?なんでしょうか。それでも辛うじて知り得た限りでは、
●3群3枚構成のかなりの高級仕様。
●販売価格は100ユーロから120ユーロ程度。
●日本国内での販売価格は15000円前後。
と言う事のようです。

機種名に堂々と「LD≒ロー・ディストーション≒低歪」と謳っている大胆さは製品に対する自信の現れだと思いますが、この種のフロントコンバージョンレンずは手軽さを優先する余りに1群1枚の単レンズ構成で使っていると腹が立ってくるような凄い画質の品物が多いですが、3群3枚の「LD-055W」ならば多少は期待が持てようと言うモノです。以前に使っていたレイノックスの「DCR-5000」と言う単レンズのコンバージョンレンズは画質がかなり凄まじいので嫌気がさしてヤフオクで処分してしまいましたが、果たしてこちらの製品とは何時までお付き合いする気でいられるものやら。



ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」
ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」の前側です。こちら側には、保護フィルタ類を取り付けることは出来ませんが、単純なかぶせ式?のレンズキャップは付属しています。



ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」
ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」の後ろ側です。φ52のネジが切ってあるので、これを利用して主レンズのフィルタ取り付け枠を利用して取り付けます。こちら側にもかぶせ式のレンズキャップは付属します。



ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」
ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」を、手持ちのレンズに取り付けてみました。主レンズはキヤノンのEF50mm/f1.8II、カメラはキヤノンのEOS Kiss X7iです。手持ちレンズの中では、唯一φ52のフィルタ取り付け枠を持っているレンズです。



ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」
ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」を、キヤノンのEF50mm/f1.8IIに取り付けてみた処なんですが、、、余り格好良くはありません。



ケンコーのフロントコンバージョンレンズ「LD-055W」はこの種のレンズの常として、露出倍数は掛かりません。ライカ判換算で、50mm/f1.8とか28mm/f2.8程度のレンズは珍しくありませんが、このレンズは取り付けるだけで焦点距離が0.55倍になる魔法のようなレンズです。それでいながら露出倍数は掛からないのですから、上述の例で申せば本来が50mmだったレンズは27.5mm/f1.8となり、28mmだったレンズは15.4mm/f2.8となります。28mm/f1.8とか、15mm/f2.8とかのレンズは相当に希少な存在になって来るんじゃないかと思います。

その一方で、リアコンバージョンレンズは例外なく露出倍数は掛かります。この辺りの理由は生憎乍ら浅学菲才の身には理解できませんが、取り敢えずレンズの前に取り付けるだけで画角が途方も無く広がってくれるこの種のフロントコンバージョンレンズは、狭い場所に押し込められている保存車輛の撮影をするような場合には非常にありがたい存在です。



LD055Wでの撮影例は、キヤノン・EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STMのコンテンツの中に記載してあります。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁