ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

Feb 1, 2014.

「ニッシン」と言う、いわゆるサードパーティー製のクリップオンストロボです。キヤノンのEOS Kiss X7iと組み合わせ?て使用することを前提に買い求めたものです。サードパーティ製品なのでキヤノン純正のクリップオンストロボよりも価格は安いですが、それ以上に各スイッチ類の機能が直感的に判りやすいからです。「判りやすい」と言う表現もかなり主観的ですが、使うのは私本人でしかないので、直感に訴求する部分は重要ですね。



ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2



型番からではガイドナンバーが類推できませんが35です。取扱説明書のスペックの部分には「44」とか言う都合の良い数字が記載されていますが、ISO-100で、ライカ判換算で50mm相当の画角で測定すると「35」です。この辺りの数字のマジックは何処のストロボ屋さんもやることですから、引っ掛かる方が悪いとも言えますな。私が買い求めたものはキヤノン用ですからE-TTLのような自動調光システムに対応していますが、ニコン用とか、ソニー用とかの品物であれば、それぞれの調光システムに対応しているのは当然です。

序に書くと、スレーブストロボとしても使用できます。バウンズ発光もさせることができるし、ワイドパネルも内蔵しているし、普通の高機能なストロボにできる大抵のことはできるので、実用的にはこれで十分です。強いて不満を言えば、以前に使っていたマイクロフォーサーズ用のオリンパスのFL50Rよりも光量が少ないという点のみですが、光量の大きい上級機は高額なので、余りストロボに資本投下したくない立場としては文句は言えません。



ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2。これは内蔵している拡散パネル?を使用していない状態です。この状態だと、ライカ判換算で焦点距離が24mm相当程度の画角まで照射します。



ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2。これは内蔵している拡散パネル?を使用している状態です。この状態だと、ライカ判換算で焦点距離が16mm相当程度の画角まで照射します。



ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2



操作部は極めて簡素で、これだけです。機能を絞ってあるとも言えますが、私がストロボに要求する機能はごく初歩的と言うか、簡単な内容の事柄でしかないので操作が面倒にならない分だけ、機能を絞っておいてくれた方がありがたいです。

左上の横長三角形の上に多色発光のLEDを使った自照押釦スイッチがあって、これがモード切替ボタンです。この辺りの操作法の説明は少々判りにくいのですが、ざっと次のようになります。



  • 赤に点灯:マニュアル動作
  • 緑に点灯:デジタルスレーブ動作
  • 青に点灯:アナログスレーブ動作
  • 紫に点灯:ワイヤレスTTLリモート動作
  • 点灯せず:恐らくは普通のTTLオート動作をしているんでしょう


「EV」と書いてある横長のボタンは光量の調整用スイッチです。自動調光で使用している場合は+1.5EVから-1.5EVまでの範囲で0.5EV刻みで光量を調整することができます。マニュアル動作させている場合は光量を1/32、1/16、1/8、1/4、1/2、FULL、と段階的に変化させることができます。



ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

ニッシン/クリップオンストロボDi622mark2

単純な社外品のストロボなので当然とも言えますが、電源は単3電池を4本使用です。エネループなどの充電式ニッケル水素電池も使用できて便利です。拙宅の写真関連の機材で単3電池を使用するものはかなり機種が絞られつつあって現状ではキヤノンのパワーショットA650IS程度でしかないのですが、それでも汎用性の高い単3電池が使用できるということは便利です。