シグマ・17mm~50mmズームレンズ

Mar 1, 2018.

シグマ製の「17-50mm F2.8 EX DC OS」と言うレンズです。私の場合はキヤノンのEOS Kiss X7iと言う普及価格帯のAPS-Cサイズの受光素子を持つ1眼レフに装着して使うのが前提なので、ライカ判換算すると27mm~80mm相当の画角になるレンズと言う事です。キリの良い処で28mm、35mm、50mm、80mmのレンズ4本分の機能を持っている標準ズームレンズです。

品番に入っている「DC」と言うのはAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラ用なりのイメージサークルを持つ機種であると言う意味のようです。「OS」と言うのはオプティカル・スタビライザー、、、要はシグマ流儀の手振れ補正機構を内蔵していると言う意味です。やっている事はタムロンのVC(ヴァイブレーション・コンペンセーター)機構とか、キヤノンのIS(イメージ・スタビライザー)機構と同様のレンズ内手ぶれ補正です。カメラ本体に手振れ補正機構を持たせてあるニコン用やペンタックス用だと、同じ型番のレンズであってもこの種の手振れ補正機構はありません。「EX」と言うのは最近になって知った(知る気になった)のですが、焦点距離を変えても開放f値の変動が無い真っ当なレンズの意味だそうです。

このレンズ、所謂「大三元」の一翼を担うレンズです。交換レンズで大三元と言うのは、広角ズームレンズ、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズの3種のズームレンズが全て開放f値2.8のレンズで統一してあると言う事です。それでは「小三元はあるのか?」と言うと、似たような焦点域構成のズームレンズで開放f値4のレンズで統一してあれば小三元と言うことになります。それではいっその事開放f値が1.8のレンズとかで統一しちゃったら、大三元+四暗刻のダブル役満とでも言う事になるんでしょうなぁ。

タムロンの高倍率ズームレンズはそれなりに便利なので手放すつもりはないのですが、やはり長い焦点域では開放f値が6.3程度ですからかなり暗いです。焦点距離によって開放f値が変動しちゃうのも気持ちの悪いものなので2.8で変動しないレンズにしたいと言う思いを実現したらこうなったと言う事です。実際の処、被写体の移動速度が速い走行中の車輛の撮影を使用とすると、少しでも日差しが陰るとISO-1600とかで撮影するようになります。画質を勘案すれば感度は少しでも下げて撮影したいことは当然ですから、f6.3でしか撮影できない高倍率ズームレンズ(の望遠域)よりも、全焦点域がf2.8で撮影できるこのレンズと比較、、、するまでもありませんな。序でに書くと、夜間の野外ライブとかで歌手の人の撮影をすると、明るいレンズがなかったら最早どうにもなりません。馴染みの歌手だったら振り付けのクセのようなモノが判るので、どうにか体の動きの止まる時点でシャッターを切るからなんとかなる、、、その程度です。

実はシグマ製の18mm~35mm標準ズームレンズを手放して、こちらの17mm~50mmレンズの購入資金に充当しています。大雑把ですが18-35はマップカメラで40000円を僅かに切る程度の上限額で売却し、そのまま歩いて数分の場所に在るヨドバシカメラ某店で30000円を僅かに切るくらいの金額で買い求めています。マップカメラとヨドバシカメラをハシゴした理由はごく簡単で「売るならマップカメラ」「買うならヨドバシカメラ」と考えていた上に、新宿駅西口周辺だったらこの組み合わせでの売却→購入が実現するからです。単純に買い求めるだけだったらヨドバシ通販で、ポチっとやってしまえばそれだけで終わります。新宿駅西口に拘ったのは大した理由では無くて、最近、妙に仕事で新宿駅西口周辺に行く機会が多いから、何時でも直ぐに自動車を止めることが出来るパーキングメーターの位置を知っていると言うだけのことです。

今回もヨドバシカメラで買ったのは、、、まぁ、ポイント目当てです。18-35に比べて今回購入の17-50は、多少暗くはなりましたが焦点域は大幅に広くなったし手ぶれ補正もあるし、機能的にはかなり優位になったように感じています。しかも、APS-Cサイズの受光素子を持つカメラ用ですから金額は安いです。カメラメーカー製のレンズで、ライカ判フルサイズのイメージサークルを満足できるレンズで大三元を実現しようとすると途方も無い金額になりますが、APS-Cサイズの受光素子を持つカメラ用のレンズでサードパーティ製ですからかなり安いです。

超音波モーター駆動でもなんでもない相応に古色蒼然たるAF駆動機構を持つレンズですから、相応に古色蒼然たる合焦時の駆動音も楽しむことが出来ます。AF機構が動作すると明確に「ジッジッ」と言う音が聴こえて、一瞬ですがOS機構が動作する実感のような感触を味わうことが出来ます。連続的に動作するから「ジッジッ」と言う音を発するのでしょうが、古い模型のウォームギヤの騒音を楽しんでいるような感慨に襲われます。なんと言うか、カワイモデルのL3と言う三溝モーターが短時間集電不良になったような楽しいAF駆動音が聴こえて来ます。この音を聴きたいがために、わざとAF機構を動作させようとカメラを振り回す辺りは殆ど病気です。赤くて平べったいゴキブリみたいな形状の自動車のエンジン騒音を「フェラーリミュージック」と称してありがたがるのと、大した違いはありません。



シグマ製17mm~50mmズームレンズ
シグマ製17mm~50mmズームレンズ。17mmから50mmと言う焦点域はライカ判換算では27mmから80mmまでと画角変化はかなり大きいので、このズームレンズを1本だけで28mm、35mm、50mm、80mmと4本分のレンズを買ったのと同じ効果?があります。フルサイズ用で24-70/f2.5なんてレンズはキヤノン製を買えば相当高額です。それに比べたら実売30000円を切っているこのレンズは安いのなんのって。

現状のシグマ製品はアート、スポーツ、コンテンポラリーの3路線に分類されますが、この品物は古い製品だからなのかどの区分にも入っていません。「古い」と言っても発売時期は2010年(平成22年)7月、でオートフォーカスで、手ぶれ補正機能付きですから、実用的にはなんの不都合もありません。現状で私の手持ちレンズの中で常用レンズとも言えるモノはタムロンの高倍率ズームレンズ(18mm~270mm)とこの17mm~50mmの2機種ですが、結果的にはこの2機種は両方とも手ぶれ補正機構装備となりましたから完璧?です。

タムロン製の手振れ補正機構の無い機種だと20000円を僅かに切る価格で売られていたと思いますが、売価の差が10000円だったら間違いなく手ぶれ補正アリの方がお買い得だと思います。



シグマ製17mm~50mmズームレンズ
シグマ製17mm~50mmズームレンズ。半艶消しになっている部分も含めてプラスチックだと思いますが、表面処理は塗装で半艶消しにしているのではなくて実際に細かい凹凸を作って半艶消し調にしてあるらしいので、結果的には金属鏡筒を塗装仕上げしている18mm~35mmよりもザラっとした仕上がりになります。この辺りは「アートライン」でもなんでもない製品なので止むを得ない処でしょう。但し、決して安っぽくは無いし、下品でもありません。



シグマ製18mm~35mmズームレンズ
ご参考までに、こっちは同じシグマ製ですが、18mm~35mmズームレンズの方です。半艶消しになっている部分は塗装でそのように表現しているみたいなので、結果的には17mm~50mmよりも肌理が細かい感じになります。



シグマ製17mm~50mmズームレンズ
シグマ製17mm~50mmズームレンズに付属の花形フードを装着してみました。折角なので日中シンクロで撮影した、、、と言う訳では無くて、久しぶりにパワーショットA70で撮影したら、不慣れなモノで内蔵ストロボが発光してしまって日中シンクロになっちゃったと言うお粗末な話です。花形フードは格好が気に入らないので余り使いたくはないのですが、製品に付属してきちゃった物を捨てるのも勿体ないので渋々使っています。



シグマ製17mm~50mmズームレンズ
シグマ製17mm~50mmズームレンズの横側面。所々に金色の帯が入っている辺りはタムロン的?ですが、タムロン程には派手な色合いではありません。タムロンの美的感覚も嫌いではありませんが、どうも色遣いが派手過ぎて一歩間違えると霊柩車的なので考え込まざるを得ない場合もあります。それに比べるとシグマ製品の方が間違いなく上品な装いをしています。

なお、ズームリングの回転方向がタムロン・トキナー一派とは逆方向になります。メーカーが違うから仕方が無いとは言え、やはり厄介です。できることならばシグマが世界征服してくれればズームリングの回転方向は揃うのに、、、。



シグマ製17mm~50mmズームレンズ
シグマ製17mm~50mmズームレンズのスイッチ部。この辺りは他のシグマ製品と同様です。必要性は余り感じないですが、カメラに取り付けた際にレンズが下向きになっている際の自然落下(自然垂下?)防止のための機械的なスイッチのようなモノも同じ辺りに装備されています。一寸使って見た限りでは、このスイッチを使わなくても自然垂下してくることは余り多く無いように思います。恐らくは、鏡筒がそれ程重くは無いからなんでしょう。タムロンの18mm~270mm高倍率ズームレンズだと垂下量がかなり大幅なので必要不可欠な装備とも言えますが、シグマの17mm~50mmレンズの場合は「必要不可欠」とまで言う程の代物ではありません。



シグマ製17mm~50mmズームレンズ
シグマ製17mm~50mmズームレンズのマウント部。プラスチック製マウントのレンズがイヤとまでは言いませんが、やはり金属製マウントのレンズは安心感があって宜しいと言うか、、、右下の赤丸と白丸が向かい合っている個所がカメラへの取り付け指標です。



シグマ製17mm~50mmズームレンズの撮影例。
シグマ製17mm~50mmズームレンズでの撮影例。広角端17mm(ライカ判換算27mm相当の画角)で撮影しています。



シグマ製17mm~50mmズームレンズの撮影例。
シグマ製17mm~50mmズームレンズでの撮影例。望遠端50mm(ライカ判換算80mm相当の画角)で撮影しています。



シグマ製17mm~50mmズームレンズの撮影例(新京成電鉄8800系)。
シグマ製17mm~50mmズームレンズでの撮影例。撮影場所は千葉県千葉市中央区登戸(のぶと)だったかに在る京成電鉄千葉線の新千葉駅で、被写体の電車は乗り入れて来た子会社(新京成電鉄)の車輛です。駅の横の踏切の上り線沿いに立って、下りホームに停車中の電車を撮影しています。WEB用に画像を縮小しているので違いは判然としませんが、このレンズは解像度が高いからなのか車体に掛かっている電線の影の鬱陶しさが少ないです。当然乍らこんな風に電線の影が車体に掛かっていたのでは車輛の写真としては最悪ですが、高倍率ズームで撮影した場合程の鬱陶しさが無いように思います。一応言い訳はしておきますが、このコンテンツ用に「酷い写真」を撮影したからこうなっているのであって、日常的にはこんな酷い写真は撮らない程度の自制心はありますので念のため。



シグマ製17mm~50mmズームレンズの撮影例(新京成電鉄N800系)。
シグマ製17mm~50mmズームレンズでの撮影例。撮影場所は千葉県千葉市中央区登戸(のぶと)だったかに在る京成電鉄千葉線の新千葉駅で、被写体の電車は乗り入れて来た子会社(新京成電鉄)の車輛です。上の写真とほぼ同じ場所、駅の横の踏切の傍に立っての撮影ですが、上の写真とは逆に下り線沿いに立って、上りホームに停車中の電車を撮影しています。この電車は撮影には最悪と言うか、車体上半分がステンレス無塗装なので銀色に燦然と輝き、正面は真っ黒を中心に白い額縁があって白トビ・黒ツブレの写真が量産できてしまいそうな撮り鉄に喧嘩売るのが目的?の撮影し難い色遣いです。特に半逆光気味なのでオデコの部分が妙に光ってしまって困った状況ですが、それでもこの程度に写ったのはレンズが高性能だからでしょう。間違いなく、私の腕が宜しいからでは無いと思います。髪の毛をアップにして、額を出した女性のポートレートだったらどうするんでしょうか?。



ライカ判換算焦点距離27~80mm(実焦点距離は17~50mm)
開放絞り値f2.8
絞り羽根枚数7枚
レンズ構成13群17枚
フィルター径φ77
寸法φ83.5mm×91.8mm
重量約565g
発売日2010年(平成22年)6月11日