キヤノン・EF50mm/f1.8II

Oct 1, 2013.


    キヤノンのEF50mm・f1.8IIと言うレンズ、「EF-Sレンズ」ではなくて、フルサイズでも使えるイメージサークルを持つ「EFレンズ」の方です。いや~、別にフルサイズだから凄いとか高額だとか言う話では無くて、単なるライカ判カメラ用のレンズと言う事です。EF系列の焦点距離50mmのレンズには開放f2.5のマクロレンズ、開放f1.2のLレンズ、開放f1.4の普通に高級なレンズとか色々あるのですが、私が買い求めたレンズはEF系列の中で恐らくは最低価格帯、それも中途半端な安さではなくて、フルサイズのライカ判用のイメージサークルを持つレンズながらなんと実売価格は10000円を切った上で、更に量販店ならポイント還元、となるレンズです。

    EF系列のレンズの中で史上最安価格、EF-Sレンズを含めても史上最安価格、キヤノン製であるとかないとかに拘わらずマトモなカメラメーカーが販売しているマトモなレンズとしては、マトモとは思えないような安いレンズです。口の悪い人は「マトモじゃない」と言いだしそうな「究極の撒き餌」です。

    安い、小さい、軽い、と3拍子揃っている上に、ライカ判換算で大雑把に80mm相当、、、。キヤノンの80mm・f1.8のレンズは実売60000円くらいですから、こちらはたったの1/6の金額なので、これで開放だと五角形ボケが出るとか文句を言う方が間違っています。5枚羽根絞りだから六角形ボケが出ちゃったりしたら大事件ですけど。設計が古いからなのか、45cm程度までしか寄れません。

    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズを持ってにっこりしているのは演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)ですが、この人を撮影することを想定して買ったレンズだからです。特定の被写体を想定してレンズを買うのは良くある話ですし以前からやってますが、さすがにあいり'りん姫はモデル経験が長いだけにこの種の話をしても愕然としたような様子は見せませんが、経験値の低い人とかだと「あなたを撮影するためにこのレンズを買った」とかって囁いただけで大事件でも起きたような顔をされてしまうので迂闊な事は言えません。

    その代わりにカメラのハード面に詳しいモデルさんだと「アタシを撮るために買ったレンズがたったの10000円なの?」とかって突っ込まれる心配はあります。あいり'りん姫はその種の突っ込みはしてこない人なので安心して買い物できましたけど。

    型番だけ見てもAF用のモーターの種類は判然としません。かなり発売時期の古いレンズだからかもしれないですが、以前のレンズにAF用モーターの種類は明記されていなかったように思います。最近のレンズであれば「USM」とあれば超音波モーター、「STM」とあればステッピングモーターの筈です、、、この辺りはカタログを見れば判ってしまうことなのですが、このレンズのAF用モーターは実は単なるマグネットモーターでかなり騒がしいです。メルクリンやフライシュマンの動力車みたいに、余り精度が高いとも思えないスパーギヤを多用した車輛みたいな駆動音です。この音量だと、内蔵マイクを使って動画撮影したら駆動音をマイクが拾ってしまいそうです。なによりも古色蒼然たるレンズとも言えるので、手ぶれ補正機構なんかは当然ありません。この明るさで、この程度の焦点距離だったら無くても困らないですけど。

    この、キヤノンのEF50mm・f1.8IIと言うレンズ、EOS Kiss X7iと同時に買い求めたものです。最近のカメラはボディ単体で買い求めるよりもレンズキットとして買い求めた方がレンズが大幅に割安なので、邪魔だけどズームレンズ付きのレンズキットを買い求め、それとは別に明るい単焦点の中望遠レンズを入手するつもりで買い求めたのがこのレンズです。因みに目障りだったキットレンズはヤフオクでこの50mm・f1.8レンズ以上の金額で売り飛ばしてしまって回収してあるので、足は出ていません。



    キヤノン/EOS Kiss X7iに装着したEFレンズ50mm・f1.8。
    焦点距離50mm・f1.8の、如何にも安物的なスペックのレンズがどうして「明るい単焦点の中望遠レンズ」ってことになるのか?。実は装着するカメラは拙宅には当面はEOS Kiss X7iしかないわけで、このカメラは受光素子がAPS-Cサイズなのでライカ判用のレンズを装着すると、キヤノンのAPS-Cサイズ機の場合は1.6倍程度の焦点距離となるので、実質的には80mm・f1.8程度のレンズと同等になります。これだったら立派な中望遠レンズです。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8
    総プラスチック製の安い、軽い、小さい、と三重苦みたいなレンズですが、これ、絶対に良く写ると言う確信めいたものがあったんです、とかって偉そうなことを書いてしまいますが、まともな日本メーカーが企画した商品で、この価格だったら何処を如何転んだとしてもまともな内容なのは当たり前です。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIのマウント部、御覧の通りのプレスチック製、恐らくはエンジニアリングプラスチックとかであるとは思いますが、簡素な作りです。しかしこれが良く写ります。ポートレート撮影に使うと見事に綺麗な背景ボケを見せてくれます。このレンズがあるだけでも、EOS系列1桁のフルサイズ機ではなくて、APS-Cサイズの安物EOS-Kissを選んだ価値があると言うものです。中望遠で開放f1.8程度のフルサイズライカ判用レンズは、キヤノンの製品の中に85mmのモノの設定がありますが、こちらをまともに買うと量販店でも60000円前後ですから、中望遠レンズとして使えてしまうこのEF50mm・f1.8IIのレンズは途方も無くお買い得です。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIを側面から見た処ですが、画面の左端、レンズ一番前のロレットが掛けてある狭い部分のみがピントリングで、マウントに近い広い箇所のロレット的なモノは、、、これ、単なる装飾です。この位置にピントリングなんかあったらぴんと調節しにくくてどうにもならないですが、最初からオートフォーカス以外での使い方は考えていないも同然のレンズです。マニュアルフォーカス前提で50mmレンズを買う人は、こんな撒き餌的レンズは買わないでしょうから、実用上は支障が無いとも言えます。



    「EF50mm/f1.8II」の合焦速度

    Oct 1, 2021.

    キヤノンのEF50mm・f1.8IIの合焦速度は、、、余り褒められたものではありません。多分にAF用のモーターの問題とか、駆動方式にも拠るのでしょう。なによりも合焦時にジージー音が騒がしくて些か嫌になって来ます。もしかすると単に遅いだけでは無くて、被写体を見誤って行きつ戻りつを繰り返すから結果的に合焦するまでにムダに時間が掛かるんじゃないかと言う気もしますが、果たして実態は。なにぶんにもかなりの騒音なので、カメラの内蔵マイクを使っての動画撮影には不向きではないかと思います。回避するためにはDM-E100のような単一指向性の外付けマイクを併用して撮影・収録するしか回避方法はありませんが、このレンズ(キヤノンのEF50mm・f1.8II)は大抵の外付けマイクと大差無い金額ですからそこまで金を掛けるだけの価値があるかどうか些か疑問です。

    移動している物体を撮影する場合、普通の1眼レフの方ではそれ程でもないのですが、ミラーレス機で使うと余り実用になるとは言い難いような合焦速度です。上述の通り「被写体を見誤って行きつ戻りつを繰り返す」のが原因だと思うのですが、残念乍ら拙宅の現在のレンズ資産の中では、ミラーレスのEF-M機と組み合わせて使う分にはタムロンの18mm~270mm(B003)に次ぐ低性能ぶりです。但し、両機種ともキヤノン純正のEF EOS-Mと言うマウントアダプターを利用してEOS M6mk2に装着する場合には低性能ぶりを発揮しているだけであって、単純に普通の1眼レフ機に装着している場合は他機種に引けを取らずに快適に使用出来ています。

    なによりも、キヤノンのサイトには「EF-Mマウントのカメラで“マウントアダプターのEF EOS-Mと併用すると合焦に時間が掛かる”レンズのリスト」が掲載されていて、EF50mm・f1.8IIは筆頭の方に掲載されています。かなり高級なレンズでも「合焦に時間が掛かる」方に含まれていますから、安いレンズだからトロいと言う訳でもないようです。こんなモノを見せられてしまうと、合焦に時間が掛かるからと言って文句のつけようもないような気がします。まぁ、古いレンズだから止むを得ないか、、、。



    「EF50mm/f1.8II」の被写界深度

    Oct 1, 2021.

    キヤノンのEF50mm・f1.8IIはAPS-Cサイズの受光素子を持つカメラで使えば普通の中望遠レンズですから普通にボケてくれますが、流石に5枚絞りだけの事はあってあまり綺麗なボケ方ではありません。いつもの指定実験場での撮影結果をご覧ください。

    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「開放=f1.8」で撮影しています。右上の五角形ボケの辺りはどうにもならないと言うか、、、。これがこのレンズの特徴であり、限界でしょうか。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f2.8」で撮影しています。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f4」で撮影しています。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f5.6」で撮影しています。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f8」で撮影しています。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f11」で撮影しています。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f16」で撮影しています。



    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」でのどんなボケ方をするかなと言う撮影例。この写真は「f22」で撮影しています。



    「EF50mm/f1.8II」の逆光耐性

    Oct 1, 2021.

    逆光耐性と言うよりは、逆光で撮影した時の光の滲み方の話です。下の写真、f1.8での撮影ですが、綺麗に光が滲んでいますが前述の"「EF50mm/f1.8II」の被写界深度"の余り綺麗でないボケ方からは想像できないような綺麗な滲み方をします。なんでこんなに違うんだろう?。

    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」での直射光の滲み方の例ボケ方の例。
    キヤノン製標準レンズ「EF50mm/f1.8II」での光の滲み方見本、この写真は「開放=f1.8」で撮影しています。



    「EF50mm/f1.8II」で使うレンズフード

    Oct 1, 2021.

    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズには別売で「ES-62」と言う純正フードの設定がありますが、このフードは付属のアダプターリングを使わないとレンズに取り付けることが出来ませんから面倒です。アダプターリングを使う理由は脱着作業をバヨネット式にすると簡単、、、とか考えたんじゃないかと思うのですがどうでしょう?。単純にネジみ式で、レンズ前端のフィルターネジにくるくる廻して取り付けるだけで済むこの種の単純明快なフードの方が好きです。角型のレンズフードでも無い限りは、バヨネット式にする必要は無いと思うのですが。

    金属製フードを装着したキヤノン/EFレンズ50mm・f1.8
    そんな訳で、純正フードは気に食わないので市販の金属製フードを取り付けてみました。私は保護フィルタもレンズフードも、状況に拘わらず常時付けっ放しにしているので、これが通常の使用状態と言う事になります。ユーエヌ製の「メタルフード」だったような気がするのですが、もしかしたら他のメーカーのレンズフードだったかもしれない、少々記憶が曖昧です。



    「EF50mm/f1.8II」の性能諸元

    Dec 1, 2021.
    ライカ判換算焦点距離80mm(実焦点距離は50mm)
    開放絞り値
    打開時的光圈値
    f1.8
    絞り羽根枚数
    光圈葉片數
    5枚
    レンズ構成
    鏡片結構
    5群6枚
    フィルター径
    濾鏡尺寸
    φ52
    寸法/尺寸φ68.2×41
    重量約130g
    発売日/發布日期1990年(平成2年)12月1日

    発売はなんと1990年(平成2年)、要するに20世紀に発売された製品です。



    「EF50mm/f1.8II」の撮影例

    Oct 1, 2021.

    キヤノン「EF50mm/f1.8II」の撮影例ですが、撮影見本の代わり?に綺麗処の色っぽい写真を主に載せているだけなので些かアレです。目の保養としてご活用ください。綺麗処の写真は概ね開放かそれに近い絞り値で、それ以外は適宜絞った状態で撮影しています。このレンズ、ライカ判フルサイズのカメラに使う分には単なる安っぽい標準レンズに過ぎませんが、APS-Cサイズの受光素子を持つカメラに装着すると、突如本領?を発揮します。開放f値1.8の明るい中望遠レンズに早変わりするからです。

    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。APS-CサイズのEOS Kiss X7iとの組み合わせで使用することを前提に買い求めていますから、中望遠レンズとしての撮影例、と言う事になります。モデルの女性は演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)です。当サイトにはこの人の写真が多いですが、事務所通さずに本人と個人的にやり取りしていた時期があって、一番頼み易い相手だったからです。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。モデルの女性は演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。モデルの女性は演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。モデルの女性は演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。モデルの女性は演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。モデルの女性は演歌アイドルあいり'りんこと、演歌歌手の千原愛理さん。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。モデルの女性は演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)。2013年(平成25年)9月、藤崎森林公園(千葉県習志野市)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。拙宅の庭の池です。2021年(令和3年)11月、拙宅の庭(武蔵国某辺境)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。拙宅の庭の池です。2021年(令和3年)11月、拙宅の庭(武蔵国某辺境)にて撮影。なんとなく靄(もや)が掛かったような撮影例で恐縮ですが、水面の乱反射そのように見えるだけです。レンズ自体は正常です。ピントは水面上の落ち葉にあります。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。拙宅の庭の柿の木と茱萸の木です。2021年(令和3年)11月、拙宅の庭(武蔵国某辺境)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。拙宅の庭の柿の木と茱萸(ぐみ)の木です。2021年(令和3年)11月、拙宅の庭(武蔵国某辺境)にて撮影。



    キヤノン/EFレンズ50mm・f1.8での撮影例。拙宅付近の、某河川の堤防に咲いていた花です。2021年(令和3年)11月、拙宅付近の某河川の堤防(武蔵国某辺境)にて撮影。
    キヤノンのEF50mm・f1.8IIレンズでの撮影例。拙宅付近の、某河川の堤防に咲いていた花です。2021年(令和3年)11月、拙宅付近の某河川の堤防(武蔵国某辺境)にて撮影。私、風流とは余り縁がなく過ごしてきた無骨者ゆえ、花の名前が判りかねます。背景をボケさせた撮影見本に過ぎませんのでご容赦を。ボケ方は、、、まぁ、価格相応ですなぁ。



    最初のページに戻る Return to index page 返回主頁