「あ行」の駅

青葉台(あおばだい):東急田園都市線

July 29, 2001.

急行・準急を含め、全部の電車が停車します。エレベータが在り、段差無く乗り降りできます。下りホームの長津田寄りの改札を出ると、そのまま青葉台スクエアに入れます。青葉台駅のホームと青葉台スクエアの間は若干高低差があるのですが、この部分にはスロープが設けられています。



青山1丁目(あおやま1ちょうめ):都交大江戸線

Apr 18, 2001.

エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。多機能トイレもあります。エレベータの地上の入口は、外苑東通りに面したホンダ青山ビルにあります。



赤井(あかい):JR磐越東線

Apr 20, 2015.

スロープが在り段差なく乗り降り可能です。スロープの設置位置は郡山寄りです。但し、磐越東線の車輛は出入り口にステップがあったような記憶があります。改札外、駅舎に向かって右側にトイレがありますが、多機能トイレではありません。



赤池(あかいけ):名古屋市交鶴舞線/名鉄豊田線

Feb 14, 2012.

エレベータが在り段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札外、改札に向かって右側に設置されています。なお、エレベータや多機能トイレはバスターミナルの在る方の出入り口近くにのみ設置されています。



赤城(あかぎ):上毛電気鉄道/東武桐生線

Apr 7, 2001.

出入口は東武鉄道も上毛電鉄も共通です。ホームの端がスロープになっており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。トイレは多機能トイレではありません。



赤羽橋(あかばねばし):都交大江戸線

July 1, 2001.

エレベータが設置されており、段差無く乗り降りできます。エレベータの地上の出入口は首都高速道路の向側で、芝公園から麻布十番の商店街の外れを通って青山墓地の方へ抜けて行く道路沿いです。



昭島(あきしま):JR青梅線

Aug 1, 2015.

ホームは地上1階、出改札は地上2階です。エレベータが設置されており、段差なく乗り降りできます。多機能トイレは改札を入って左前方、蕎麦屋さんの隣です。多機能では無い普通のトイレは改札を入って右前方で、少々離れて立地しています。



阿下喜(あげき):三岐鉄道北勢線

Nov 15, 2008.

駅構外からはごく緩いスロープで段差ばくホームにたどり着くことができます。多機能トイレは改札手前(要するに改札外)に設置されています。



麻布十番(あざぶじゅうばん):都交大江戸線

Apr 13, 2001.

エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。多機能トイレもあります。但し、新設地下鉄の宿命と言うか、ホームは相当深い場所にあるので、地上から3基のエレベータを乗り継がないとホームに辿り付けません。



あざみ野(あざみの):東急田園都市線/横浜市交ブルーライン

Sept 24, 2008.

田園都市線は急行・準急を含め全ての電車が停車します。東急も市営地下鉄も、どちらの駅もエレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。連絡通路にも段差はありません。西口のバスターミナル方面から市営地下鉄に乗るためには東急の駅構内の自由通路を通る必要がありますが、この部分も段差無しです。地下鉄の乗り場は東口に在ります。東急の駅の出改札は地上1階でホームは地上2階、地下鉄の方は出改札もホームも違うフロアですが共に地下です。



蘆川公園(あしかわこうえん):千葉都市モノレール

Sept 1, 2013.

出改札は地上2階、ホームは地上3階です。エレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入った突き当りに設置されています。



芦屋(あしや):阪神電鉄本線

Mar 14, 2012.

直通特急、快速急行などを含む全部の列車が停車します。エレベータが設置されており、段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは上りホーム(梅田方面行き)の尼崎・梅田寄りに設置されています。JRの芦屋駅とは全く別の駅です。



厚木(あつぎ):小田急小田原線・JR相模線

May 27, 2013.

ちょっと構内構造が変わった駅です。出改札は1カ所だけですが、小田急線の改札を入った後に、小田急線に乗る場合はそのままホームへ向かい、JR相模線に乗車する際にはもう一回JR用のSUICA簡易中間改札?を通る必要があります。JR相模線に乗車する際に二度手間になるようなことをするのは、SUICA簡易中間改札?を通っていないとこの駅から小田急線に乗って東京メトロに乗って何処かからJR線に乗って延々と遠回りしてきて相模線の某駅に向かったと運賃計算を誤る可能性があるから、と言う事があるからのようです。

出改札とJR相模線のホームは地上1階、小田急線のホームは地上2階です。相模線のホームにはスロープが在り段差無く乗り降り可能です。小田急線のホームには新宿寄りにエレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。小田急線のホームに向かうエレベータは当然乍らJR相模線用のSUICA簡易中間改札?の手前です。多機能トイレは小田急線の本厚木小田原方面行きホームに設置されています。このトイレは、一旦JR相模線用のSUICA簡易中間改札?を通ってしまうと使用することができません。

なお、これは結構有名な話なのですが、厚木駅の所在地は海老名市であって、厚木市ではありません。厚木市の中心部に行くのであれば、本厚木駅を利用する必要があります。



尼崎(あまがさき):阪神電鉄本線・阪神なんば線

Mar 14, 2012.

区間特急以外の全部の列車が停車します。多機能トイレが設置されており、段差無く乗り降り可能です。トイレの設置場所は三宮・姫路方面行きホームの下の辺りと、梅田方面行きのホームの下の辺りです。JRの尼崎駅とは全く違う場所に在ります。



尼崎(あまがさき):JR東海道本線・福知山線・東西線

Mar 14, 2012.

駅舎は地上2階、ホームは地上1階です。多機能トイレが設置されており、段差無く乗り降り可能です。トイレの設置場所は改札を入って左側、三宮・姫路方面行きホームの上の辺りです。阪神電鉄の尼崎駅とは全く違う場所に在ります。



綾瀬(あやせ):東京メトロ千代田線/JR常磐線

Jan 13, 2002.

千代田線と常磐線は相互乗り入れしていますので、同じ駅を共用しています。常磐線、とは言っても取手までの各駅停車のみの駅で、快速電車や土浦・水戸・いわき方面へ行く中距離電車は止まりません。

取手・松戸方面行きのホームへは車椅子対応エスカレータで段差無く出入りできます。大手町・代々木上原方面行きと北綾瀬行きのホームへはエレベータで段差無く出入りできます。大手町・代々木上原方面行きと北綾瀬行きのホームは別のホーム扱いとなっていますが、実態は同じホームがひょろ長くなっているだけで、同じ平面上です。但し、乗り場そのものは少々離れています。多機能トイレが設置されています。



荒川車庫前(あらかわしゃこまえ):都電荒川線

June 24, 2001.

ホームにはスロープが在り、段差無く乗り降りできます。その名の通り都電の荒川車庫の最寄り駅です。車庫へ出入りする電車は早稲田方面へも三ノ輪橋方面へも自由に出入り出来るように線路がデルタ線形状になっています。その為に、三ノ輪橋方面行きは降車ホームと乗車ホームが別々になっています。広島電鉄の紙屋町も同じ駅なのに別々のホームに2回止まりますが、あれと似たようなものです。早稲田方面行きのホームは1箇所のみで、乗降共に同じホームを使用します。



荒川2丁目(あらかわ2ちょうめ):都電荒川線

July 1, 2001.

ホームにはスロープが在り、段差無く乗り降りできます。三河島下水処理場に併設された荒川自然公園の外れにあります。三ノ輪橋行きも早稲田行きも、ホーム後方にスロープ付きの出入り口が在ります。



有明(ありあけ):ゆりかもめ

Aug 27, 2010.

エレベータが設置されており段差無く利用できます。多機能トイレは改札を通った突き当たりの辺りに設置されています。国際展示場駅(りんかい線)との乗換駅です。



有松(ありまつ):名鉄名古屋本線

Feb 16, 2012.

エレベータが在り段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入った向い側です。地上1階がホームで地上2階が出改札ですが、この駅の2階は隣接するイオンのショッピングモールとほぼ同じ平面になっています。



飯田橋(いいだばし):都交大江戸線/東京メトロ南北線・有楽町線/JR中央線

July 18, 2008.

大江戸線の駅にはエレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。設置場所はホームの両国・大門寄りです。南北線・有楽町線への連絡階段とは反対側になります。外堀通りに面した職安とガソリンスタンドに挟まれたビル入口に地上の出入口が設置されています。遠くから見ると一体何処にエレベータの入口があるのか判りにくいのですが、間違い無くこの入口の向かって左側にエレベータの乗り場があります。

改札は地下1階、ホームは地下6階です。当然地上からホームまでエレベータは直通してはおらず、改札階で乗換えとなります。改札を入って直ぐ左側に、ホームへ行くエレベータの乗り場と多機能トイレが設置されています。

なお、上述の入口から構内に入っても、改札内に入らないと他の路線の駅には辿り着けませんし、その先もエスカレータに乗って改札階に上がり、更にエスカレータに乗らなければ他の路線に乗り継ぎ出来ませんから結構大変です。また、飯田橋駅前の外堀通り/新目白通り/大久保通りの交差する個所は横断禁止です。従って車椅子利用で歩道橋を使わないとなると、大江戸線の飯田橋駅から他線の飯田橋駅へ行くには一旦大曲方向へ迂回する必要があります(大曲と言うのは伝通院の前の安藤坂を降り切った道路が新目白通りにぶつかる個所の事です)。

南北線の方は急行を含む、全部の電車が停車します。エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。有楽町線の方は改札の在るフロアまでは南北線と同じエレベータが使えますが、それより先はエスカレータのみとなります。南北線と有楽町線の改札は同じ場所、と言うか、改札を入ってから右が有楽町線/左が南北線となります。エレベータの地上の入口は外堀通りと新目白通りの交差点の辺りで、大雑把に言えばJRの飯田橋駅のお茶の水寄りの改札の近所です。構内の改札と同じフロアに多機能トイレが設置されています。

JR中央線の飯田橋駅は地下鉄各線の駅とは全く独立しています。高低差のある場所に建設されているので、東口(新目白通り側出入口)は地上1階が出改札、西口(早稲田通り側出入口)は地上2.5階?くらいの場所に出改札があります。東口にはエレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。西口はスロープになっており段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは東口に設置されています。



伊賀神戸(いがかんべ:三重県伊賀市)
近鉄大阪線/伊賀鉄道

Feb 14, 2012.

一部の特急は停車、それ以外の列車は全て停車します。スロープが在り段差無く乗り降り可能です。スロープの設置場所は大阪難波寄りです。トイレは近鉄の構内にのみ在りますが、多機能トイレではありません。



池上(いけがみ:東京都大田区):東急池上線

May 8, 2001.

スロープが設置されており段差無く乗り降りできます。改札は蒲田寄りです。



石川(いしかわ):弘南鉄道大鰐線

May 1, 2016.

スロープが在り段差なく乗り降り可能です。出入り口は中央弘前寄りです。トイレは設置されていません。



石川町(いしかわちょう:神奈川県横浜市中区):JR根岸線

Sept 2, 2001.

中華街の西門(=延平門)に近い北口には車椅子対応エスカレータが設置されており、段差無く乗り降りできます。横浜駅寄りの出入り口です。



石下(いしげ):関東鉄道常総線

Oct 1, 2010.

ホーム端がスロープになっており、段差無く乗り降り可能です。改札からホームに向かう構内踏切は下館方に設置されています。多機能トイレは設置されていません。



伊豆急下田(いずきゅうしもだ:静岡県下田市):伊豆急行線

Aug 13, 2005.

ホームと駅構外の通路がごく緩いスロープになっていますので段差無く乗り降り可能です。多機能トイレも設置されている筈なんですが、確認し忘れました。



伊豆高原(いずこうげん):伊豆急行線

Aug 13, 2005.

駅構内にエレベータが設置されており、段差無く乗り降り可能です。ホームは地上1階、出改札は地上2階で、「伊豆高原やまもプラザ」言う名前の駅ビル?の2階に駅舎が入居しています。多機能トイレは改札の向かい側(改札の外側)に在ります。この駅ビルは傾斜地に建てられているのでなんとなく階数の割り振りが独特です。前述の通り出改札は2階ですが、駅前のバスターミナルも2階で、駅構外から段差無く出入りできます。上下階へはエレベータで段差無く移動できます。多機能トイレは2階の、伊豆急の改札の向かい側に在ります。ものすごく海抜の高い場所、と言うわけではありませんが、「高原」を自称するだけあって真夏でも結構爽快で涼しく感じられる地域です。

車庫の在る駅で、車庫自体は伊豆急下田方面行きのホームに並行していますが、車庫からホームへは直接出入りできない配線になっています。そのために、伊豆高原始発の電車は一旦本線に入って下田方へちょっと本線を走行し、熱海方へ反転して駅構内へ入ってきます。そのようなわけですので、下田行きのホームの下田寄りに陣取っていると、電車が行ったり来たりする様子を観察することができます。



和泉多摩川(いずみたまがわ):小田急線

July 8, 2001.

改札は地上1階、ホームは地上2階です。エレベータが設置されており段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札を入った左側です。複々線区間の終点直前の駅で、中央の通過線を走る優等列車は減速しているために、走行中の列車の写真を撮るつもりでしたらこの駅は好都合です。下りホームから下りの優等列車を午前中撮影するとほぼ順光、上りホームから下りの優等列車を午後狙うとほぼ順光になります。



伊豆仁田(いずにった):伊豆箱根鉄道駿豆線

Oct 11, 2003.

スロープが在り、段差無く乗り降りできます。スロープの場所はホームの三島寄りです。



いずみ中央(いずみちゅうおう):相鉄いずみ野線

Aug 13, 2005.

エレベータが設置されており段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札を入ったやや左側、湘南台行きのホームの真下の辺りです。快速を含む、全部の電車が停車します。いずみ野線の電車は朝夕は全部各駅停車、日中は全部快速となります。但し、いずみ野線内は快速も含め全部の電車が各駅に止まります。

「快速」と言うのはいずみ野線のみの優等列車で、横浜、星川、鶴ヶ峰、二俣川といずみ野線内の全部の駅に止まります。二俣川から分岐して海老名方面へ向かう本線の方の優等列車は「急行」となります。



伊勢佐木長者町(いせざきちょうじゃまち):横浜市交ブルーライン

Aug 13, 2005.

快速は通過、普通電車のみ停車します。エレベータが設置されており段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札を入って直ぐの、ホームへ降りるエレベータ乗り場の向い側です。エレベータの地上の乗り場は大通り公園の中に在ります。エレベータ自体は駅全体の中からするとあざみ野寄りです。

なお、市営地下鉄の1号線と言うのは関内(かんない)=湘南台(しょうなんだい)間の路線です。関内=あざみ野間は3号線と言う全く別の路線ですが、電車は全て直通し総称して「ブルーライン」と言う名前で呼ばれます。



磯子(いそご:神奈川県横浜市磯子区)
JR根岸線

Sept 1, 2013.

出改札は地上2階、ホームは地上1階です。エレベータが設置されており、段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入った突き当りやや左前方に設置されています。ホーム上の大船寄りにもトイレは設置されていますが、多機能トイレはありません(但し段差はありません)。



板橋本町(いたばしほんちょう:東京都板橋区)
都営三田線

May 27, 2001.

急行を含む、全部の電車が停車します。古い構造の駅で、ホームと改札は行先毎に独立しています。その為に、改札外へ出ないと「西高島平(にしたかしまだいら)方面行き」と「目黒方面行き」のホームは行き来できませんし、その連絡通路にはエレベータはありません。どっちの電車に乗るのか、改札に入る前にちゃんと考えておかないと駄目です(この種の事をクドクド書くのは私が乗り間違えた経験があると言うことの証拠としてお笑いください)。

西島平方面行きのみ、改札階までエレベータが設置されています。改札はホームと段差ありません。反対側の目黒方面行きの方は階段に車椅子用リフトが併設されています。エレベータの地上の出入口は中山道(国道17号線)の下り車線沿いの、大和町の立体交差のちょっと本郷寄りです。国際興業バスの大和町バス停のすぐ近くです(板橋本町と言う名のバス停は、駅からは相当離れた場所になります)。



市が尾(いちがお:神奈川県横浜市青葉区)
東急田園都市線

Sept 29, 2002.

各停のみ停車、急行・準急は通過します。エレベータが設置されており、段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札と同じフロアに設置されています。但し、駅構内へ段差無く出入りできるのは青葉区役所に近くバスターミナルも設置されている西口からのみで、東口には階段しかありません。



伊東(いとう:静岡県伊東市)伊豆急行/JR伊東線

Jan 31, 2012.

特急も含む全部の電車が停車します。エレベータが在り段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは1番線(伊豆急下田行のホーム)上に設置されています。



伊奈(いな):名鉄名古屋本線

Sept 5, 2009.

急行は停車、特急・快速特急は通過します。朝・夕のみ一部の特急が停車します。普通電車は当駅から名古屋・岐阜方へ向けてのみ運転、豊橋へ行く普通列車は線路容量の関係で運転されません。ホームは地上1階、駅舎は地上2階で改札は東西自由通路に面しています。自由通路への出入り口にはエレベータが設置されており、改札を入って直ぐの場所にホームへ降りるエレベータが設置されていますので段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入って直ぐ左に在ります。



田舎館駅(いなかだて):弘南鉄道弘南線

Sept 3, 2010.

ホーム端がスロープになっており段差無く乗り降り可能ですが、このスロープの勾配はやや急峻です。多機能トイレは設置されていないようです。駅の出入り口は黒石寄りです。



京成稲毛(けいせいいなげ):京成千葉線

Jan 9, 2010.

線路の両側にホームが在り、それぞれのホームの上野・京成船橋寄りに改札が在ります。更に2本のホームは構内踏切が在るので相互往来が可能です。但し、京成津田沼行きのホームにはスロープが在り段差無く乗り降りできますが、千葉中央方面行きのホームに入るスロープは、普通に改札を通らずにホーム横の専用入り口を通るようになり、その都度駅員氏をインターホンで呼び出す必要があります。多機能トイレも設置されています。



伊那福岡(いなふくおか):JR飯田線

Aug 1, 2017.

快速「みすず」を含む、全ての列車が停車します。地形の関係で1番線(上諏訪・辰野方面行)ホームは、駅構外とほぼ段差がありません。2番線(飯田・天竜峡・豊橋方面行)ホームへはスロープで連絡しています。駅前の公衆トイレは多機能トイレになっています。



犬川(いぬかわ):JR米坂線

Aug 18, 2016.

快速「べにばな」を含む、全ての列車が停車します。地形の関係で、駅構外からホームまで段差がありません。トイレは設置されていません。



犬吠(いぬぼう):銚子電気鉄道

Feb 26, 2005.

スロープが在り段差無く乗り降りできる、、、のですが、生憎電車の床面の方がホームより少々高いのでその部分で段差は生じます。日中は駅員さんが居て、電車が来る都度集改札のためにホームに出てきますから、介助をお願いすれば宜しいでしょう。電車が到着するたびに駅員さんが安全確認も含めた目的でホームに現れると言う点では、そこらの大会社よりも遥かに誠実な会社です。

有名な犬吠埼灯台への最寄駅ですが、駅から灯台へ向かう道路は歩道が整備されていませんので念のため。交通量は比較的少なめなので、路肩を歩いていても怖い思いをするようなことは無いと思います。



いよ立花(いよたちばな):伊予鉄道横河原線

Mar 21, 2009.

横河原方(松山市駅とは反対側)にスロープが在り段差無く乗り降り可能です。洗面所は多機能トイレではありません。車内放送ではしばしば「いよ」を省略して「立花」とのみ案内されるようです。



いわき:JR常磐線・磐越東線

Apr 20, 2015.

エレベータが設置されており、段差なく乗り降り可能です。但し、磐越東線の車輛は、出入り口のステップがあったように記憶しています。多機能トイレは改札を入って左側の、1番線ホーム(=水戸・上野・品川方面へ行く特急が発車するホーム)の真上辺りに設置されています。



岩本町(いわもとちょう):都営新宿線

Sept 1, 2002.

車椅子対応エスカレータと階段併設の車椅子用リフトがあり、ホームまで段差無く辿り着けます。多機能トイレは改札階に在ります。地上の出入口は昭和通りの上野方面行き車線沿いで、神田川の和泉橋の手前、と言うかちょっと日本橋寄りです。

急行は通過は通過します。時間帯によっては急行電車を退避する列車があります。各駅停車が急行を退避するのは岩本町と瑞江駅ですが、どちらも退避する駅では急行と各停の乗り換えはできません。秋葉原電気街の最寄駅で、東京メトロ日比谷線の秋葉原駅とも近いのですが、乗換駅扱いになっていませんので乗り継ぎ割引の対象になりません。



上野(うえの):東京メトロ日比谷線

July 8, 2001.

JR上野駅のしのばず口の前に駅構内へ入るスロープが在り、ここから案内看板に従って進むと自動券売機の前に突き当たります。突き当たったら右に進むと北千住・越谷・春日部・東武動物公園方面行きのホームへ降りるエレベータが在ります。逆に左へ進むと銀座・中目黒方面行きのホームへ降りるエレベータが在ります。しのばず口から地下に入るスロープはどうやら自動車で駅構内へ入れるように大昔に作ったようで、少々急勾配です。

「しのばず口」と言うのはJR上野駅の中では一番東京駅寄りで、中央通との立体交差になって跨いでいる陸橋の上が上野駅のホームとなっており、立体交差部分の中央通りに面している出入口です。聚楽(じゅらく)や丸井(=昔の京成百貨店)に近い方の出入口です。

なお、日比谷線の線路自体は中目黒=北千住間ですが、東武伊勢崎線・東武日光線へ乗り入れる電車が多数運転されています。



上野御徒町(うえのおかちまち):都交大江戸線

Apr 7, 2001.

エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。設置場所はJR御徒町駅横(=海側)の新御徒町ビルで、A6出口に相当します。多機能トイレもあります。駅構内の位置関係としては春日通りの地下で東京メトロ銀座線の上野広小路駅からJRの御徒町駅をくぐって東京メトロ日比谷線の仲御徒町駅に掛かる辺りです。この駅が開業したので上野広小路=仲御徒町と言う乗り換えも可能になりました。



上野市(うえのし):伊賀鉄道

Feb 14, 2012.

スロープが在り段差無く乗り降り可能です。乗客用トイレは設置されていないようです。スロープの設置場所は伊賀神戸寄りです。



牛込神楽坂(うしごめかぐらざか):都交大江戸線

July 1, 2001.

駅の所在地は大久保通りの地下です。大久保通りと早稲田通りの交差する「神楽坂上」の交差点から、大久保通りと牛込中央通りの交差する「牛込北町」交差点に掛けた一帯の地下に建設されています。エレベータがあり段差無く乗り降りできます。

エレベータの在る出入口は大久保通りの飯田橋方面行きの車線に沿っている新宿区立箪笥町区民センターの入っているビルに併設されており、位置関係としては若松河田駅寄りと言うか、牛込北町の交差点に近い場所で、橋63系統(新橋駅=大久保駅)の都営バスの牛込北町バス停の近くとなります。多機能トイレは改札を入って左側の突き当たりに在ります。



宇治(うじ):京阪電鉄宇治線

Sept 30, 2011.

エレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入って左側に設置されています。



内部(うつべ):四日市あすなろう鉄道

Feb 14, 2011.

スロープが在り段差無く乗り降り可能です。乗客用トイレは在りません。



鵜ノ木(うのき):東急多摩川線

May 8, 2001.

スロープが設置されています。出入口は蒲田寄りです。



梅島(うめじま):東武伊勢崎線

Sept 2, 2001.

エレベータが在り、段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札を入った突き当たりの、エレベータの横に在ります。この駅に止まるのは浅草発着の普通電車と日比谷線直通の普通電車のみです。準急・区間準急・通勤準急からの乗り換えはお隣の西新井駅が便利です(西新井駅は同じホームの反対側同士に普通電車と準急・区間準急・通勤準急が発着します)。



江田(えだ):東急田園都市線

July 29, 2001.

各停のみ停車、急行・準急は通過します。多機能トイレが設置されています。場所は改札を入って左側です。エレベータ設置工事中で、供用開始は2002年1月です。



江ノ島(えのしま):江ノ島電鉄

Oct 7, 2001.

藤沢寄りに出入り口が在り、スロープになっているので段差無く乗り降りできます。多機能トイレは上り(=藤沢行き)ホームの鎌倉寄りに在ります。小田急線の片瀬江ノ島駅とは全く別の場所ですが、商店街を通って徒歩5分程度しか離れていません。



片瀬江ノ島:かたせえのしま):小田急江ノ島線

Mar 1, 2017.

地形の関係で、駅構外からホームまで段差がありません。多機能トイレは改札を入った左側に在ります。江ノ島電鉄の江ノ島駅とは全く別の場所ですが、商店街を通って徒歩5分程度しか離れていません。



荏原中延(えばらなかのぶ):東急池上線

Dec 8, 2002.

名前は似ていますが大井町線の中延駅とも荏原町駅とも全く別の駅ですが、どちらも歩いても10分掛からない程度の距離です。駅構内にトイレは無いですが、改札を出て直ぐ左側の公衆トイレに多機能トイレが設置されています。出改札は地上1階、ホームは地下1階です。ホームへの出入りにはエスカレータが使用でき、駅員氏を呼び出すためのボタン設置されています。但し、余り車椅子向きとは言い難いエスカレータです。



荏原町(えばらまち):東急大井町線

June 11, 2012.

普通電車のみ停車、急行は通過します。改札を入って直ぐの場所に緩いスロープが在り、段差無く乗り降りできます。改札は上下線ともに中延大井町寄りですが、上下線の各ホームごとに改札が在ります。駅構内に入ってしまうと上下線のホーム間の移動手段は階段利用しかありませんのでご注意を。多機能トイレは二子玉川溝の口方面行きのホーム上に設置されています。



黄檗(おうばく):京阪電鉄宇治線

Sept 30, 2011.

スロープが在り段差無く乗り降り可能です。出入口は中書島寄りです。多機能トイレは宇治方面行きのホーム内にのみ設置されています。ホームごとに改札が独立しているので、一旦駅構内に入ってしまうと反対側のホームへ移動することは出来ません。かなり急なカーブの途中に設置されており、特に中書島寄りの箇所はホームと電車の隙間が大きいです。JRの黄檗駅と近接していますが、全く別の駅です。



大泉学園(おおいずみがくえん):西武池袋線

May 28, 2005.

改札は地上2階、ホームは地上1階です。改札は駅前のペデストリアンデッキ(いわゆる人工地盤上に作られた駅前広場)に面しています。南口、北口ともにエレベータが設置されており、段差無く昇り降りできます。改札階からホームへの移動にもエレベータが利用できます。多機能トイレは改札を入って左側です。



大井町(おおいまち):東急大井町線/りんかい線

Feb 9, 2003.

大井町線は地上、りんかい線は地下に駅が在ります。大井町線の駅は構外に出るために階段が10段近く在りますが、この部分にはエレベータが設置されていますので、実質は段差無く乗り降りできます。このエレベータはりんかい線の駅構内へ入るのですが、改札階間では辿り着けません。多機能トイレは改札の手前(=駅構内)の、改札に向かって左側に在ります。上述のエレベータで、駅前の道路のある個所は「地上階」、改札のある個所は「地上2階?」と表現されています。

りんかい線はエレベータが設置されており、こちらも段差無く乗り降り可能です。エレベータの地上の出入り口はアトレの北側、イトーヨーカドーの東側です。渋谷駅や大井競馬場から来たバスが駅前の信号を左折して坂を降りてバスターミナル内に入ってゆきますが、その坂を降り切った辺りです。多機能トイレは改札を入って右斜め前方に在ります。開業して間もないせいもあってか、ここのトイレは清潔感があります。



大岡(おおおか):JR御殿場線

Aug 4, 2002.

スロープが在り、段差無く乗り降りできます。スロープの設置場所は沼津寄りです。



大岡山(おおおかやま):東急大井町線・目黒線

Dec 19, 2012.

出改札は地上1階、ホームは地下1階です。目黒線も大井町線も急行を含む、全ての電車が停車します。エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。設置場所は各ホームの目黒大井町寄りの階段のそのまた先で、階段の横を素通りして行くとエレベータに辿り着けます。多機能トイレは正面口改札を入った突き当り、ホーム階へ降りるエレベータの間に設置されています。ホーム側から見ると、大井町・目黒寄りに設置されています。

大井町線の旗の台・大井町方面行きと目黒線の目黒・赤羽岩淵・西高島平・浦和美園方面行き、大井町線の自由が丘二子玉川溝の口方面行きと目黒線の田園調布日吉方面行きは同じホームの反対側同士に発着しますから乗り換えは容易です。

この駅から目黒線の日吉方面行きの電車を利用する場合、隣の奥沢止まりの電車は、奥沢駅では日吉行きのホームには入らず、線路配置の関係で目黒方面行きのホームに入ってしまいます。奥沢駅で目黒方面行きのホームから日吉行きのホームへ移動するには一旦改札を出なければならないので、素直に後続の電車を待った方が手間が掛かりません(奥沢止まりの電車が到着する前に、大抵はそのような趣旨の構内放送があります)。



大月(おおつき):富士急行線

Sept 15, 2006.

地形の関係で、駅構外の道路と改札・ホームがほぼ同一の高さなので段差無く乗り降り可能です。駅構内に洗面所はありません。JR中央線との直通電車はJR線のホームに発着します。



近江八幡(おうみはちまん):近江鉄道八日市線・JR東海道本線

June 10, 2006.

快速を含む、全ての電車が停車します。近江鉄道もJRもホームは地上1階で、駅全体を跨ぐように自由通路が設置されています。この自由通路には、駅の東口・西口からエレベータで上がることができます。近江鉄道の出改札は地上1階のホーム上で、自由通路からエレベータを使って降りることができます。JRの出改札は地上2階で自由通路に面しています。改札を入ってから地上1階のホームへはエレベータを使って降りることができます。つまり、近江鉄道のホームへ降りるエレベータは改札「外」ですが、JRのホームへ降りるエレベータは改札「内」です。JRの方は駅構内に多機能トイレが設置されています。場所は改札を入って右前方でホームへ降りるエレベータの乗り場の直ぐ近く、長浜・米原方面行きのホームの直上辺りです。

この駅の自由通路は、そのまま屋外に延びており、イオン近江八幡店の2階に段差無く入ることができます。



小川(おがわ):西武拝島線/国分寺線

Sept 30, 2011.

ホームは地上1階、駅舎は地上2階です。駅舎自体が自由通路を兼ねている構造は小平駅なども同様です。エレベータが設置されており段差無く乗り降りできます。エレベータは東口・西口共に設置されています。洗面所は改札外の、出札窓口の隣に設置されていますが、多機能トイレではありません。名前は似ていますが、東武東上線・八高線・都交新宿線の小川「町」駅とは全く無関係の場所です。

線路配置の関係で、拝島線の電車は必ず1番線・4番線に入ります。同様に、国分寺線の電車は2番線・3番線に入ります。



奥沢(おくさわ):東急目黒線

May 5, 2002.

急行は通過、各駅停車のみが停車します。スロープが設置されており、段差なく乗り降りできます。出入口は武蔵小杉日吉(ひよし)寄りです。多機能トイレは武蔵小杉・日吉方面行きホームの一番先頭寄り(=改札の横)に設置されています。

この駅には車庫が設置されており折り返し電車もあるのですが、目黒方面から来た奥沢止まりの電車は日吉行きのホームには入らず、線路配置の関係で目黒方面行きのホームに入ってしまいます。奥沢止まりの電車に乗った場合は1駅手前の大岡山で後続の電車を待った方が手間が掛かりません(大岡山到着前に、大抵はその様な趣旨の車内放送があります)。この駅は目黒方面行きと日吉方面行きのホームは全く独立しており、ホーム間で移動するためには一旦改札を出なければならないからです。



大倉山(おおくらやま):東急東横線

Sept 10, 2005.

横浜市港北区役所の最寄り駅です。各停のみ停車、特急・通勤特急・急行は通過します。エレベータが設置されており、段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札を入った突き当たり、ホームへ昇る階段の間辺りです。この他に、駅構外線路横海側にも多機能公衆トイレが在ります。

この駅は急斜面の途中に建設されているために例外措置なのか、ホームの渋谷・池袋寄りに、線路横の道路へ出るための車椅子用通路が設置されています。通路の在る場所は下り線(元町・中華街方面行き)はもっとも渋谷・池袋寄り、上り線(渋谷方面行き)は渋谷・池袋寄りから数えて3輛目の辺りです。



大胡(おおご):上毛電気鉄道

Apr 9, 2001.

ホームから出改札まで、スロープのみで出入り可能です。出入口は西桐生寄りです。トイレは多機能トイレではありません。



津軽大沢駅(つがるおおさわ):弘南鉄道大鰐線

Sept 3, 2010.

ホーム端がスロープになっており段差無く乗り降り可能ですが、このスロープの勾配はやや急峻です。スロープの設置場所は大鰐寄りです。多機能トイレは設置されていないようです。



王子(おうじ):東京メトロ南北線/都電荒川線

Dec 8, 2002.

急行を含む、全部の電車が停車します。南北線の駅は地下ですが、エレベータが在り段差無く乗り降りできます。エレベータの地上の出入口は「北とぴあ」の処です。多機能トイレは改札を入って右側の階段の横に在ります。

都電のホームはスロープになっており段差無く乗り降りできます。早稲田寄りのスロープを降りると南北線の駅に近いです。



王子神谷(おうじかみや):東京メトロ南北線

Jan 13, 2002.

急行を含む、全部の電車が停車します。駅の所在地は北本通り(きたほんどおり)沿いです。エレベータを装備した出入口が在り、段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札階に設置されています(多機能では無いトイレは改札階の下の階に設置されています)。



小田原(おだわら):小田急線・伊豆箱根鉄道大雄山線・JR東海道本線

Mar 10, 2011.

エレベータが在り、段差無く乗り降り可能です。各鉄道毎に出改札は違う場所に在りますが、大雄山線のみ出改札もホームも2階に在ります。大雄山線は改札を入って右側の、現在は使用していないホームの上に多機能トイレが設置されています。JR東海道本線は改札を入って左側の、出改札と同じフロア上に多機能トイレが設置されています。



大塚駅前・大塚(おおつか・おおつかえきまえ):都電荒川線・JR山手線

Aug 21, 2004.

都電のホームは両端共にスロープになっており、段差無く乗り降り可能です。JRの方は今時一体何を考えているのか、バリアフリーは全く無視で無策・無対応です。ここまで無関心な駅施設も、今となっては天然記念物とも言うべき貴重な存在?です。



大手町(おおてまち):東京メトロ丸ノ内線

May 21, 2001.

サンケイ新聞社の斜向いにあるA5出入口にエレベータが設置されていて、改札のフロアまで段差無くたどり着けます。改札の場所は新宿/荻窪寄りです。但し、ホームはその下のフロアで、ホームに降りる為には階段を降りなければなりません。リフトは設置されていません。エスカレータは昇り専用のものが設置されていますので、車椅子で乗降する場合はこれを利用するのでしょうか?



大手町(おおてまち):東京メトロ東西線

July 22, 2001.

既存のJRの線路を避けるためだと思いますが、駅全体が2つのブロックに別れています。大雑把ですが、ホーム中心を境として中野寄りと西船橋寄りに別れています。勿論ホーム自体は1つの平面になってて、2ブロックに別れているのは改札階の話しです。この2つのブロック相互を往来するためには一旦階段でホーム階近くまで下がって再度上がらなければなりません。中野寄りのブロックには改札階とホーム階を往来するためのエレベータが設置されていますが、改札階から地上へ行くためのエスカレータは車椅子対応ではないようです。この駅は整備途中なんでしょうか。



大鳥居(おおとりい):京急空港線

Jan 6, 2002.

エアポート快速特急以外の全ての電車が停車します。駅の所在地は環状8号線沿い、産業道路との交差点(=大鳥居)の直ぐそばで、ちょっとだけ京急蒲田寄りです。車椅子対応エスカレータが設置されています。エスカレータを降りると、上下線それぞれのホームの京急蒲田寄りに降りられます。多機能トイレも設置されており、場所は改札を入った突き当りです。



鬼越(おにごえ:千葉県市川市)
京成上野線

Feb 1, 2017.

階段のみでエレベータやスロープは在りません。トイレは改札を入った突き当りに在りますが、多機能トイレではありません。



小見川(おみがわ):JR成田線

July 24, 2016.

銚子方面行の下り線ホームは駅構外から段差なく出入り可能、段差なく乗り降り可能なんですが、この駅はホームと電車の床面との間にかなり大きな段差があります。成田・千葉方面行の上り線ホームに行くには階段を上り下りする必要があります。トイレは銚子方面行の下り線ホーム上に設置されていますが、多機能トイレではありません。処がこのトイレ、建物の半分は多機能トイレでは無いJRのホーム上に設置されているんですが、改札外の公衆トイレの方は多機能トイレが設置されています。



大森(おおもり):JR京浜東北線

June 11, 2012.

スロープやエレベータなどが在り、段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入って右前方に設置されています。但し、これらの設備は横浜寄りの中央口のみです。東京・大宮寄りの北口は階段のみ、トイレ無しです。



音羽町(おとわちょう):静岡鉄道

Aug 14, 2004.

スロープが設置されており、段差無く乗り降りできます。出入り口は新清水寄りです。



落合(おちあい):東京メトロ東西線

Sept 12, 2009.

ホームは地下2階、改札は地下1階です。中野寄りの出口階段には改札階へ上がるための車椅子用のリフトが設置されています。改札階から地上へ出るエレベータも設置されています。多機能トイレは西船橋寄りの改札階に設置されているのですが、こちらには車椅子で出入りするための手段がありません。中野寄りの改札階にはトイレは設置されていますが、多機能トイレではありません。



落合南長崎(おちあいみなみながさき):都交大江戸線

Apr 5, 2001.

エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。エレベータの地上の入口は新目白通りと新青梅街道が交差する辺りの、都営バスの白61系統「練馬車庫」行きのバス停の辺りです。ホビーセンターKATOの最寄駅で、徒歩5分位です。



お茶の水(おちゃのみず):東京メトロ丸ノ内線

May 21, 2001.

古い地下鉄によくある、ホームごとに独立した改札が在る駅です。整備途中なんでしょうか、池袋方面行きのホームへ降りる階段のみ、車椅子用リフトが設置されています。駅の入口は神田川を挟んでJRのお茶の水駅の新宿寄りの改札の並びと言うのか、要は東京医科歯科大学の向側です。



面影橋(おもかげばし):都電荒川線

May 8, 2001.

ホーム入口はスロープになっており、電車には段差無く乗り降りできます。ホームの在る場所は新目白通りの道路の真ん中で交差点に併設された形ですから、横断歩道の信号に従わないとホームに入る事はできません。



尾山台駅(おやまだい):東急大井町線

Apr 5, 2008.

急行は通過、普通電車のみ停車します。二子玉川寄りに出改札が在り、ホームへは段差無く移動できます。但し、上下線のホームの改札は独立していますので、一旦入ってしまうと反対側のホームへは移動できません。多機能トイレは上り線(大井町方面行)の改札を入って直ぐの場所に設置されています。下り線側の同じ場所にもトイレが在りますが、こちらには多機能トイレは設置されていません。



大和田(おおわだ):京阪電鉄本線

Sept 30, 2011.

普通電車と区間急行のみ停車、それ以外の列車は停車しません。エレベータが設置されており、段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入った突き当たりの辺りにあります。



恩田(おんだ):横浜高速鉄道こどもの国線

May 8, 2001.

エレベータが設置されています。設置場所はホーム中心より、ちょっとだけこどもの国駅寄りです。



御嶽山(おんたけさん):東急池上線

Mar 9, 2007.

ホーム入口がスロープになっており段差無く乗り降りできます。出改札は上下線が別々なので、反対側のホームに移動するためには一旦改札外に出る必要があります。駅自体への入口は五反田方です。五反田旗の台方面行きのホームに手洗いが設置されていますが、多機能トイレではありません。

あ行



か行



さ行



た行



な行



は行



ま行



や行



ら行



わ行