施設の概要

Nov 16, 2017.

特許庁本庁舎は東京都豊田区霞が関3-4-3に在る特許庁の本部とも言うべき存在です。特許庁は此処以外にも六本木に分庁舎的な建物が在りますのでお間違えないように。あくまでも国の官庁ですから、セキュリティなども相応に厳しいですからご承知おきください。



荷捌所の立地と車輛制限

Nov 16, 2017.

特許庁本庁舎は外堀通りと環二通りが分岐する辺りに面しており、新霞が関ビルの南側、金融庁などの西側です。建物南側の正面玄関的な場所の東側に守衛所が在り、此処が入口です。守衛所の在る場所の交差点名は「赤坂一丁目」です。出口は建物の西側で、建物の西側、赤坂一丁目交差点西側の「特許庁前」交差点に近い方の場所に在ります。

高さ制限は2.8mです。但し、駐車場内の幹線通路から枝分かれした場所へ入って行くと部分的に天井配管が低い場所も在るので、無難なのはハイエース・キャラバン程度の車輌までです。少なくとも、軽貨物車であっても、ロッドアンテナを出しておくと天井に引っ掛かります。駐車場内のスロープはかなり急峻で、曲がり角の急な個所も在るので4t車での納品は避けた方が宜しいでしょう。軽貨物車だったら、全く問題なく走行できますけど。この付近は道幅が広く車線数が多い道路ばかりで、余程の閑散時間帯以外は左折入場・左折退場以外は実質不可能です。

なお、この駐車場はあくまでも特許庁の自家用駐車場のようで、時間貸し駐車場ではありませんので念のため。特に荷捌スペースのような場所も無いので、指示を受けた場所に車輛を止めて荷扱いすることになります。



最寄りの高速道路

May 1, 2018.

一番近い出入り口は、首都高速都心環状線の「霞が関」です。霞が関はフル装備?と言うのか、内回り・外回りのどちらでも流出・流入可能ですが、流出・流入共に右側車線側からとなるので注意が必要です。



荷捌所入場に際し、申請が必要な場合があります。また、入場の際には入構許可書をフロントガラスに掲出する必要がある場合もあります。併せて、事前に取引先にご確認ください。