施設の概要

Nov 12, 2017.

新霞が関ビル(東京都千代田区)は東京都千代田区霞が関三丁目3-2に在るオフィスビルで、全国社会福祉協議会の本部が入居しているビルです。確か、全社協自体がビルオーナーだったと思いますが、あってるかな?。ビル管理は本家霞が関ビルと同様に三井不動産系の企業が行っています。



荷捌所の立地と車輛制限

Dec 1, 2017.

新霞が関ビルは首都高速都心環状線と、その両横の一般道に面しており、駐車場・荷捌所への出入りも首都高速横の一般道側からとなります。この道路は中央分離帯部分に首都高速が入っていますので実態としては桜田門方から六本木方へ向かう車線からの左折入場・左折退場しかできません。反対側車線からの入退場は不可能です。

荷捌所と駐車場の出入口は共通で、地下1階に降りて発券機を越えたら突き当りを左へ向かうと荷捌所が在ります。重量制限は無いようですが、車高制限は最大地上高2.5mまでです。荷捌所以外の一般駐車スペースは車高制限が1.5mまでですから、ライトバン以外の貨物車で納品に行った場合は必然的に荷捌所以外への駐車は出来ないと言う事になります。

荷捌所を背にして大雑把に左斜め前方にエレベータホールが在ります。荷物用エレベータは、このエレベータホールの左側に設置されています。荷物用エレベータ以外で台車を使うことは禁止されているようです。エレベータホール内には洗面所も設置されています。



その他

Dec 1, 2017.

エレベータは合計6基あるようで、荷物用と非常用が各1機、人間用が4機だと思われます。一応6機は確認したんですが、これ以外にも全く別の場所に全く別のエレベータが絶対にないかどうかまでは確認出来ていません。荷捌ホーム奥の扉から中に入ると段差なく非常用エレベータに辿り着くことが出来て便利ではあるんですが、このエレベータは納品に使用することは禁止されているようです。

荷捌ホームの端っこに昇降ステージが設置されていますので、大きな車で荷捌ホームに着車した場合には昇降ステージを利用してホームから荷物を降ろすことになります。この昇降ステージは耐荷重500kgですので、重量物等を搬入出する場合には荷捌ホームに着車しない方が面倒が無いと思います。

荷捌所の在る地下1階の駐車場は時間貸しです。地下2階の駐車場は契約者用です。



荷捌所入場に際し、申請が必要な場合があります。また、入場の際には入構許可書をフロントガラスに掲出する必要がある場合もあります。併せて、事前に取引先にご確認ください。