この「一覧」について

Mar 1, 2016.

NMRA(全米鉄道模型協会)の制定した?連結器の高さの一覧です。但し、敢えてケーディー(Kadee)のサイトにアップされているpdfファイル(=カタログ)からの孫引きです。理由は、、、


  • NMRAは単なる民間団体ですから、何事かを決めても法的強制力はありません。ケーディーも同様に単なる民間企業ですから、何らかの決め事をしても法的強制力を持ちません。
  • 然し乍ら、ケーディーの連結器は、アメリカ型の世界では実質的な標準規格的な存在です。連結器に限って言えば、NMRAよりも影響力は遥かに大きいと言えるでしょう。ケーディーもNMRAの制定した規格を尊重していることは間違いないですけど。
  • そのような訳で、私はNMRAの規格には全く興味はないんですが、ケーディーが受け入れた規格には興味があるので、敢えてケーディーのサイトから孫引きするわけです。


とまぁ、こんな理由です。



ゲージ中心高さ解放ピンと
レールの隙間
備考
HOn3ゲージ9/32インチ
7.14mm
1/32インチ
0.79mm
HOゲージ
On30ゲージ
25/64インチ
9.92mm
1/32インチ
0.79mm
On30ゲージを含む
Sゲージ17/32インチ
13.49mm
1/16インチ
1.59mm
On3ゲージ9/16インチ
14.29mm
1/16インチ
1.59mm
Oゲージ11/16インチ
17.46mm
1/16インチ
1.59mm
1番ゲージ1-1/16インチ
26.99mm
1/8インチ
3.18mm
Gゲージ1-1/8インチ
28.56mm
1/8インチ
3.18mm
2番ゲージのナロー


必要性は兎も角も、小数点以下2桁まで計算して表示してあります。本来は分数インチの数値のみが表示されていますが、日常的にメートル法の数値ばかりに接している人間には分数インチは理解しにくいので両者を併記しています。資料性ばかりではなく、「史料」としての価値を考えて敢えて細かい数字まで出してありますが、実用的にはもっと数字を丸めてしまっても良いと思います。

例えばHOゲージの場合のカプラー中心高さは「9.92mm」ですが、こんなモノは10mmピッタリにしてしまっても0.08mmの違いでしかないので実用的には何も問題は無いと思いますが、ダメかな?。なによりも、0.01mm単位までの精度で線路が敷設できるのか、そこまでの精度を保証できる連結器なんか市販しているのかよ?と言うことですね、特にケーディーの連結器は。

なお、On30に関しては明確な規定は見当たらないのですが、現実にバックマンの製品ではHOゲージ並の高さにしてあるので、On30とHOは同じ括りの中に入れてあります。