施設の概要

Nov 1, 2017.

小田急百貨店新宿店本館は東京都新宿区西新宿一丁目1-3に在る小田急百貨店の旗艦店で、本店的な存在です。建設時期の微妙な違いにより2棟のビルで構成されているのですが、実態としては2棟1組として小田急電鉄の新宿駅の駅ビルと考えて宜しいでしょう。小田急百貨店系の建物ではあっても、ハルク(HALC)とは全く別の場所ですので念のため。



荷捌所の立地と車輛制限

Nov 1, 2017.

小田急百貨店新宿店本館は国道20号線(=甲州街道)に面しており、荷捌所への出入りも国道20号線からとなります。しかも、階下には小田急電鉄の新宿駅が在る関係から、荷捌所は地上3階に設置されています。

荷捌所への出入り口は甲州街道(=国道20号線)の四谷方面行き車線沿いで、新宿駅の南口の並び、ルミネの隣り、新南口の斜向かい、南口と新南口をつなぐ連絡橋の直前で上り勾配の途中です。納品車輛の制限も比較的厳しく、車高制限は最大地上高3.1mまでです。重量制限は2tまでとなっています。

搬入口を入ったら上り勾配になります。昇り切るとS字カーブの直前に場内信号がありますが、係員氏が右前方に立っているのでその指示に従って荷捌所内に入場します。荷捌所自体は露天と言うか屋根がありません。

小田急百貨店新宿店本館の搬入口、2017年(平成29年)9月撮影。
小田急百貨店新宿店本館の搬入口、2017年(平成29年)9月撮影。赤いコーンのある部分が搬入口です。



その他

Nov 1, 2017.

搬入口の前の国道20号線(=甲州街道)は中央分離帯があるので右折入場は不可です、と言うか、分離帯が無かったとしてもあの場所で右折入場できると思うこと自体がちょっとアレですけど。高井戸方から甲州街道(=国道20号線)を走ってきたら、直前の信号までは第2通行帯を走ります(第1通行帯は直前の信号で新宿駅西口方へ向かう左折専用車線になります)。

信号を越えたらそのまま成り行きで第1通行帯を走り、歩道を横断して誘導員氏の指示に従って搬入口に左折進入します。退出時も誘導員氏の指示に従って左折退出します。この場所は歩道の交通量が非常に多いので、大抵の場合は1台づつしか出入りさせないようなので誘導員氏の指示に確実に従いましょう。

搬入口前は2車線で、左折退出すると1つ目の信号がバスタ新宿へ出入りする信号、2つ目の信号が明治通りとの平面交差です。時間帯によってはバスタ新宿へ右折入場する車輛の列が右折帯だけに収まらず小田急百貨店の搬入口を越えて本線車道を塞いでいる場合もありますから、状況を見誤らないようにする必要があります。明治通りとの平面交差の交差点は直前で4車線となり、左側から左折・直進・直進・右折となります。



最寄りの高速道路

Feb 1, 2018.

一番近い出入り口は、首都高速4号線の「新宿」「初台」です。但し、この店舗は物理的に左折入場・左折出場しかできませんから、入場する際には「新宿」「初台」からでも不都合はありませんが、退場時は何処かでUターンしなければならないので厄介です。同じく4号線ですが、「外苑」が近いのでこちらの利用をお勧めします。退場したら甲州街道をちょっと走り、明治通りとの平面交差を右折して渋谷方向に明治通りを走り、首都高速4号線を潜る直前を斜めに左折して、そのまま千駄ヶ谷駅前を素通りすれば「外苑」の上り入口に辿り着けます。

同じく首都高速であっても、中央環状線を利用する場合の最寄り出入口は「初台南」「中野長者橋」となります。外回りを走って来て「初台南」で降りた場合は、暫く山手通りを走った後に甲州街道へ右折となります。内回りを走って来て「中野長者橋」で降りた場合は、暫く山手通りを走った後に甲州街道へ左折となります。

首都高速の中央環状線方向に向かうには、退場したら甲州街道をちょっと走り、明治通りとの平面交差を左折して池袋方向に明治通りを走り、途中で青梅街道、大久保通り、早稲田通り、新目白通りなどに左折して、暫く走ってから山手通りに分岐すれば何処かしかの中央環状線の入口に辿り着けます。



荷捌所入場に際し、申請が必要な場合があります。また、入場の際には入構許可書をフロントガラスに掲出する必要がある場合もあります。併せて、事前に取引先にご確認ください。