このコンテンツについて

Nov 1, 2017.

「"軽貨物ドライバーのための荷捌所情報"と言うのは鉄道模型とどんな拘わりがあるんだ?」と問われると答えに窮しますが、基本的には無関係、あくまでも「貨物軽自動車運送事業」と言う自分の稼業の備忘録としてコンテンツをアップロードしておこうと言う話です。こうやってネット上にメモ書きみたいなものを置いておくと、スマホなどでも必要に応じて閲覧できるので非常に便利なんです。ご同業の方で、鉄分の多い方のお役に立てれば望外の幸いです。



記載内容について

Nov 1, 2017.

記載した内容は、全て自分で実際に納品に行って確認して記載しています。ドライバー仲間から聴いたとか言うだけでは確信を持って文章を書くことが出来ないし、自分で納品に行ってないと言う事は、自分自身にとって必然性が無いから納品に行ってないのだとも言い換えることが出来ますので。教わる事のできる相手がいると言う事は、それはそれでありがたいことなんですが、、、。

実際に特定の荷主さんの仕事を何回も受注していれば、立ち回り先・納品先は或る程度似たような場所に繰り返し行くようになります。一度行った事のある場所では、断じて再度迷うような事はしたくないと言うのが正直な処です。

当然乍ら、自分自身が行く可能性のない場所の情報は記載しないし記載する可能性も無いと言うことです。色々な経緯があって冷凍車とダンプカーの仕事からは足を洗ってしまったので、そっち関連の情報は記載する可能性は無いと思います。懇意にして戴いている荷主さんはアパレル関係のお客さんが多いので、恐らくはそっち方面の情報が増えて行くと思います。



記載車種について

Nov 1, 2017.

私自身は、自分所有の軽バンで仕事をしている一人親方で、しかも常温車ですからどうしてもそちら方向の情報が中心となります。普通の常温車であれば軽バンも2t車・4t車・10t車も着車させるホームが違うと言う程度なので、どんな車種にお乗りの方にも参考にして戴けるかと思います。



荷捌所入場に際し、申請が必要な場合があります。また、入場の際には入構許可書をフロントガラスに掲出する必要がある場合もあります。併せて、事前に取引先にご確認ください。