「つ」ではじまる駅

つくし野(つくしの:神奈川県横浜市青葉区)
東急田園都市線

Sept 29, 2002.

各停のみ停車、急行・準急は通過します。エレベータが設置されており、段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札と同じフロアに設置されています。但し、駅構内へ段差無く出入りできるのはバス停のある西口からのみで、東口には階段しかありません。



都筑ふれあいの丘(つづきふれあいのおか:神奈川県横浜市都筑区)
横浜市交グリーンライン

Dec 5, 2009.

出改札は地上1階、ホームは地下1階です。改札を入って左側にエレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入った突き当たりに設置されています。駅自体は充分にバリアフリー状態ですが、周辺はかなり起伏の激しい町ですので、車椅子やベビーカーでは少々辛いかも。



京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)
京成電鉄上野線・千葉線・新京成線

Feb 1, 2020.

スカイライナーなどの一部の優良特急列車は通過、それ以外は快速特急や料金無料の特急などを含めて停車します。後述の新津田沼駅とは全く違う駅、JRの津田沼駅とも全く違う場所に在ります。「津田沼」と名の付く駅の中では、最も千葉街道(国道14号線)に近い場所に在る駅です。ホームは地上1階、出改札は地上2階です。駅のすぐ横に踏切が在り、出改札階に向かうエレベータが設置されています。ホームにもエレベータで降りることが出来ますから段差なく乗り降り可能です。多機能トイレは出改札階に設置されています。

原則として1番線・2番線は上野・高砂・西馬込方面行、3番線・4番線は成田方面行き、5番線・6番線は松戸・千葉中央方面行きの列車が発着します。



新津田沼(しんつだぬま:千葉県習志野市)
新京成電鉄

July 27, 2014.

JR津田沼駅に近接して設置されている駅です。エレベータが設置されており段差なく乗り降り可能です。ホームは地上1階、出改札階は地上2階です。出改札階はイオン津田沼店・イトーヨーカ堂津田沼店の2階と、連絡通路で段差無く連結されています。多機能トイレは八柱・松戸方面行ホームの京成津田沼寄りに設置されています。京成津田沼行ホームにもトイレは設置されていますが、多機能トイレではありません。



土浦(つちうら:茨城県土浦市)
JR常磐線

Feb 1, 2016.

特別快速以下の列車は全て停車、特急は「ときわ」が原則として全列車停車、「ひたち」は一部が停車します。エレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入って左側、1番線ホーム(水戸・いわき方面行き)の上の辺りに設置されています。出改札は、併設されている駅ビルの3階部分に相当します。



綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)
東急東横線

Jan 8, 2005.

急行と各停が停車、特急・通勤特急は通過します。エレベータが設置されており、段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは上りホーム下に設置されています。エレベータの設置場所はかなり横浜寄りです。従来は改札口は1ヶ所だけでしたが、改装の際にホーム下のバスターミナルの方(東口の方)に直接出ることのできる改札口が増設されました。



鶴間(つるま:神奈川県大和市)
小田急江ノ島線

Oct 7, 2013.

各駅停車のみ停車、その他の列車は通過します。出改札は地上2階、ホームは地上1階です。エレベータが在り、段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入ってやや左前方突き当りの辺りに在ります。ホーム上のエレベータ乗り場は、藤沢方から数えて2輛目と3輛目の繋ぎ目辺りです。



京急鶴見(けいきゅうつるみ:神奈川県横浜市鶴見区)
京急湘南線

Feb 1, 2017.

2階が改札、3階がホームです。エレベータが設置されており、段差なく乗り降り可能です。1階(=高架下)に多機能トイレが設置されていますが、このトイレは駅構外になります。駅自体はJRの鶴見駅とは全く別個ですが、バスターミナルを挟んで反対側同士ですので歩いても1、2分程度です。



鶴見小野駅(つるみおの:神奈川県横浜市鶴見区)
JR鶴見線

Mar 21, 2009.

スロープが設置されており段差無く乗り降り可能です。スロープの設置位置は鶴見駅寄りです。多機能トイレは扇町・海芝浦・大川行きの構内に設置されています。鶴見行きのホームと扇町・海芝浦・大川行きのホームは独立しており、構内に入ってしまうと相互に往来する事ができません。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁