「う」ではじまる駅

上野(うえの:東京都台東区)
東京メトロ日比谷線

July 8, 2001.

JR上野駅のしのばず口の前に駅構内へ入るスロープが在り、ここから案内看板に従って進むと自動券売機の前に突き当たります。突き当たったら右に進むと北千住・越谷・春日部・東武動物公園方面行きのホームへ降りるエレベータが在ります。逆に左へ進むと銀座・中目黒方面行きのホームへ降りるエレベータが在ります。しのばず口から地下に入るスロープはどうやら自動車で駅構内へ入れるように大昔に作ったようで、少々急勾配です。

「しのばず口」と言うのはJR上野駅の中では一番東京駅寄りで、中央通との立体交差になって跨いでいる陸橋の上が上野駅のホームとなっており、立体交差部分の中央通りに面している出入口です。聚楽(じゅらく)や丸井(=昔の京成百貨店)に近い方の出入口です。

なお、日比谷線の線路自体は中目黒=北千住間ですが、東武伊勢崎線・東武日光線へ乗り入れる電車が多数運転されています。



上野御徒町(うえのおかちまち:東京都台東区)
都交大江戸線

Apr 7, 2001.

エレベータが設置されており、地上からホームまで段差無く辿り着けます。設置場所はJR御徒町駅横(=海側)の新御徒町ビルで、A6出口に相当します。多機能トイレもあります。駅構内の位置関係としては春日通りの地下で東京メトロ銀座線の上野広小路駅からJRの御徒町駅をくぐって東京メトロ日比谷線の仲御徒町駅に掛かる辺りです。この駅が開業したので上野広小路=仲御徒町と言う乗り換えも可能になりました。



上野市(うえのし:三重県上野市)
伊賀鉄道

Feb 14, 2012.

スロープが在り段差無く乗り降り可能です。乗客用トイレは設置されていないようです。スロープの設置場所は伊賀神戸寄りです。



牛込神楽坂(うしごめかぐらざか:東京都新宿区)
都交大江戸線

July 1, 2001.

駅の所在地は大久保通りの地下です。大久保通りと早稲田通りの交差する「神楽坂上」の交差点から、大久保通りと牛込中央通りの交差する「牛込北町」交差点に掛けた一帯の地下に建設されています。エレベータがあり段差無く乗り降りできます。

エレベータの在る出入口は大久保通りの飯田橋方面行きの車線に沿っている新宿区立箪笥町区民センターの入っているビルに併設されており、位置関係としては若松河田駅寄りと言うか、牛込北町の交差点に近い場所で、橋63系統(新橋駅=大久保駅)の都営バスの牛込北町バス停の近くとなります。多機能トイレは改札を入って左側の突き当たりに在ります。



宇治(うじ:京都府宇治市)
京阪電鉄宇治線

Sept 30, 2011.

エレベータが設置されており段差無く乗り降り可能です。多機能トイレは改札を入って左側に設置されています。



内部(うつべ:三重県四日市市)
四日市あすなろう鉄道

Feb 14, 2011.

スロープが在り段差無く乗り降り可能です。乗客用トイレは在りません。



鵜ノ木(うのき:東京都大田区)
東急多摩川線

May 8, 2001.

スロープが設置されています。出入口は蒲田寄りです。



梅島(うめじま:東京都足立区)
東武伊勢崎線

Sept 2, 2001.

エレベータが在り、段差無く乗り降りできます。多機能トイレは改札を入った突き当たりの、エレベータの横に在ります。この駅に止まるのは浅草発着の普通電車と日比谷線直通の普通電車のみです。準急・区間準急・通勤準急からの乗り換えはお隣の西新井駅が便利です(西新井駅は同じホームの反対側同士に普通電車と準急・区間準急・通勤準急が発着します)。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁