ナローゲージってなんだろう

Jan 1, 2016.

ナローゲージとは簡単に言ってしまえば「軽便鉄道」のことです。「ナロー」と言うのは「ブロードバンド」の対立概念である「ナローバンド」の「ナロー」の意味です。これだけの説明では些か意味不明ですが、「小型」「なんだかアンバランス」「ちょっと剽軽」「やや頭でっかち」な車輛は、かなり高い確率でナローゲージです。

それでは何が狭いのかと言うと、普通の鉄道よりもレールとレールの間隔が狭いのです。大雑把に言えば、普通の鉄道に比べてレール同士の幅が狭い鉄道がナローゲージです。重心の関係などもありますから、ナローゲージの車輛は概ね普通の鉄道よりも車体幅が狭いし、小柄です。

定義を言いだすと、京浜急行、阪急電車、阪神電車、西鉄電車などがレール同士の間隔が1435mmの標準軌間です。新幹線も同様に1435mmの標準軌間です。世界的にはこれよりレールの幅が狭い鉄道はナローゲージです。

一方、JRの在来線や多くの私鉄はレール同士の間隔が1067mmですから世界的にはナローゲージの範疇に入りますが、日本の鉄道全体としては1067mmゲージが主流です。そのような訳で、日本的には1067mmゲージはナローゲージには含めません。

それでは、このようなレール同士の間隔が狭い鉄道が何で必要なのかと言うと、需要が少ないからです。需要が少なくても現在のように個人所有の自動車や路線バスが普及していない時代には、少ない需要に応じたなりの鉄道を網の目のように建設する必要があったからです。現在であれば30人乗りや40人乗りのコミュニティバスが走っているような場所でも、鉄道を敷設する必要があります。このような場合にはナローゲージの出番です。

普通の鉄道、、、例えば在来線の山手線や大阪環状線などを走っている20m級の車輛は定員が140人程度です。これに対してコミュニティバスと大差ない程度のナローゲージの車輛は1/3程度の定員でしかありません。これならば車体が小さい車輛で済むし、線路の方も同様に規模が小さくて済みます。こう言った理由から、ナローゲージの鉄道が建設されるわけです。

ナローゲージの形態上の特徴は、なんと言っても普通の幹線鉄道の車輛に比べるとアンバランスになっていると言うことです。レール同士の間隔が違うのですから、1435mmゲージの新幹線の車輛と、762mmゲージのナローゲージの車輛の車体を全く共通にすることが出来ないことは容易に想像が付きますが、それにも拘わらず乗客の体格は同じですから、ナローゲージの車輛の方は少々無理する必要が出てきます。

線路の幅が半分しかないのだから車体を半分にすることは無理な相談です。車輛を小さくしたくても乗客の体格は変わらないのだから、比率としてはどうしても頭でっかちで少々アンバランスな感じの車輛が出来上がります。なんとなくヒョロヒョロ、フラフラしたようなアンバランスな感覚がナローゲージの最大の楽しさです。上述の新幹線とナローゲージの対比で言えば、線路の幅(ゲージ)はほぼ半分になっていますが、車体の幅は6割程度にしかなっていません。それではどんなに乗客の少ない場所でも普通の大きさの鉄道を建設すると、、、物理的・技術的には可能ですが、乗客が少なければ運賃収入が少ない、建設費が賄えない、大赤字で倒産しちゃいそう、と言うことでナローゲージにせざるを得ません。

「軽便鉄道」とは、「Narrow gauge railroad」を絶妙に和訳したものですが、法律的には「軽便鉄道法」に準拠した鉄道のみが軽便鉄道であって、どんなに軽便鉄道的な鉄道であっても、軽便鉄道法に準拠していない鉄道は幹線扱い?になります。但し、この軽便鉄道法と言う法律は、その昔に民営鉄道の育成を目的として補助金をばら撒くために作ったような法律です。申請して軽便鉄道として承認されさえすれば幾許かの補助金は受け取れるわけでして、一説によると、或る時期には日本には軽便鉄道以外の民営の鉄道はほぼ皆無だったそうです。



ナローゲージの模型の例。左がOn30(Oゲージナロー)のバックマン社製客車、右がHOゲージのリヴァロッシ社製客車の例。
ナローゲージの模型と、ナローゲージでは無い普通の模型を並べてみました。左はOn30(Oゲージナロー)のバックマン社製客車で縮尺は1/48、この車輛はナローゲージです。右はHOゲージのリヴァロッシ社製客車で縮尺は1/87、この車輛はナローゲージではありません。車輛自体はどちらも1880年代(明治年間初頭)に製造された似たような性格の車輛で、この模型はどちらも16.5mmゲージの線路を走りますが縮尺が違います。



ナローゲージの利点

Oct 1, 2016.

ナローゲージは元来小規模な鉄道のためのシステムです。大規模な需要があるのならば、相応に大規模な鉄道が敷設されるだけの話であって、それはナローゲージの範疇では収まりません。ナローゲージの車輛には6m級、7m級の車輛が幾らもありますが、これは小柄な路線バス並みです。この種の車輛が使われるような路線のための鉄道システムと言うことです。

要はそこらの国道同士、国道と県道との交差点などを曲がることが出来る寸法です。本当に、目の前を走っているような距離感です。列車に乗るために駅に行くのが普通の鉄道の感覚ですが、道を歩いていれば駅があるので列車に乗るような感覚の鉄道がナローゲージです。

車輛が短いのも利点の一つで、普通の鉄道では短い編成に過ぎない長さの列車でも、ナローゲージの鉄道ならば堂々たる編成に早変わりします。車輛の長さが普通の鉄道の1/2とか1/3とかですから、同じ長さの列車ならば連結している車輛数は2倍とか3倍とかになります。結果として、予想以上に複雑な走らせ方が出来るようになると考えて宜しいでしょう。



ナローゲージの模型の種類

Oct 1, 2016.

鉄道模型を走らせるためには線路が必要ですが、線路を新規に製品化するのは結構な大事業です。「市場にたくさん出回っている線路を走ることができる車輛を製造・販売して、、、」と考えるのは、模型メーカーとしてはごく真っ当な発想です。「Nゲージの線路を走れるNゲージの車輛を作ろう」「HOゲージの線路を走るHOゲージの車輛を売れば儲かるんじゃないかな?」とまぁ、この辺りは誰でも思いつきます。

処が、ナローゲージの場合は少々事情が異なります。普通の鉄道とは車体と線路の大きさの比率が違うので「HOゲージナローの模型を走らせる線路はNゲージ並の線路」「Oゲージナローの車輛が走る線路はHOゲージと同じ線路」と言うように、縮尺の小さい模型の線路を利用して遊ぶのが普通です。

こう言った前提で、日本国内で入手しやすいナローゲージの模型としては、次のようなものを挙げることが出来ます。



HOナロー・16番ナロー・OO9

実物の車輛を1/87から1/76程度の縮尺にする模型、要するにHOゲージ並の縮尺の模型を使ってNゲージ並の9mmゲージの線路を走らせるナローゲージの模型です。日本国内では、恐らく一番普及しているんじゃないかと思います。3種類列記した一番右側の「OO9」は「ゼロゼロナイン」ではなくて「ダブルオウナイン」と読みます。アクション映画の「ダブルオウセブン」のもじりです。



Oナロー・Oe・On30

実物の車輛を1/48から1/43程度の縮尺にするOゲージの模型を、HOゲージ並の16.5mmゲージの線路を走らせるナローゲージの模型です。走行性能を考えると、恐らくは一番優れていると言えると思います。金属製の動力関係の部品が多数出回っている16番ゲージ(≒HOゲージ)の品物が使えますから、長く楽しむつもりであれば最良の選択だと思います。



Gゲージ

実物の模型を1/24から1/20.3程度の縮尺にする2番ゲージの模型を、1番ゲージの45mmゲージの線路を走らせるナローゲージの模型です。相当に大きくて車輛を鷲掴みにすると成人男性でも手に余るくらいです。余りにも大きいので屋内で遊ぶのは些か困難ですから、その大きさを利用して庭に線路を敷設して楽しむ庭園鉄道などに使用されます。難を言えば、Gゲージの場合は日本型の車輛がほぼ製品化されていない点を挙げることが出来るかと思います。



ナローゲージの車輛の例

June 21, 2008.

具体的にナローゲージの車輛をご覧いただきます。前半が実物、後半が模型の車輛です。実物の車輛の写真は、当サイトの他のコンテンツで使ったものの焼き直しなので恐縮ですがご笑覧ください。



三岐鉄道北勢線クモハ274。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべし)駅にて撮影。
三岐鉄道北勢(ほくせい)線のクモハ274と言う車輛です。この鉄道は三重県の桑名駅に隣接する西桑名駅から員弁川中流域の阿下喜(あげき)までを結ぶ鉄道で、現存する数少ないナローゲージの鉄道の一つです。762mmゲージの車輛で、日本のナローゲージの車輛としてはかなり大柄な方に属しますが、かつて近鉄だった時代にかなり大型の画期的な新車として製造されたためにこんな車輛になっています。現在でも普通に営業していますので、いつでも乗車することが出来ます。「いつでも」と言っても本数は余り多く無いので、乗り遅れると1時間近く待たされることになりますけど、、、。



頸城鉄道ホジ3。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(新潟県上越市)にて撮影。
頸城鉄道のホジ3と言う有名な客車改造気動車です。かつて直江津の近くの、新潟県東頚城郡辺りに路線を持っていた鉄道で、現在では雪の無い時期に毎月1回程度の割合で「くびき野レールパーク」と言う保存施設で運転されています。如何にもナローゲージらしいナローゲージの本物に乗車できる貴重な施設です。



弁慶号(鉄道省の7100型)。鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。
余りにも有名な「弁慶号」ですが、これもナローゲージの車輛です。元来はアメリカ型の914mmゲージのナローゲージの車輛を輸入して北海道で走らせようと言う話があったものを、当時の北海道開拓使の長官だった方が先見の明があったために「本州と同じ1067mmゲージにするべきだ」と主張して、、、という経緯があります。この車輛のメーカーはH.K.ポーターと言う会社です。現在では埼玉県さいたま市大宮区に在る「鉄道博物館」で展示されていますので、開館時間内であれば原則としていつでも見ることが出来ます。



木曽森林鉄道の機関車。2010年(平成22年)9月、赤沢森林鉄道(長野県木曽郡上松町)にて撮影。
木曽森林鉄道の機関車で、アメリカのボールドウィンと言う車輛メーカーが製造した車輛です。この車輛は1960年代に東京都文京区に在ったつぼみ堂模型店が模型を発売したことで非常に有名になった車輛です。現在では長野県木曽郡上松町に在る「赤沢自然休養林」と言う施設で保存されています。状態は非常に宜しいのですが生憎と、実際に走ることは出来ません。その代わり?に、天気の良い日はご覧の通り、車庫から出て来てトロッコ乗り場のホームから非常に観察しやすい場所に展示されます。開館されるのは概ねゴールデンウィーク明けから11月初旬までのようですので。



建設工事用のナベトロ。2004年(平成16年)9月撮影。
横浜市の市営水道の工事に使われたナベトロ(鍋型トロッコ)で610mmゲージです。ナローゲージの車輛の中でも、かなり構造が簡単な部類に属します。水道事業では、幹線水道管?を敷設する際にもこの種のトロッコを使用しますが、完成後も浄水場で使っている濾過用の砂利類を交換する際にこの種のトロッコ車を使うようです。この車輛は横浜市の西谷浄水場に隣接する水道技術資料館に展示されていますので、開館時間内であれば見学出来ます。住所は横浜市保土ケ谷区川島町522番地です。



日光ウエスタン村鉄道?の4号サドルタンク機。2004年(平成16年)8月撮影。
栃木県日光市(旧今市市)に在った日光ウエスタン村の蒸気機関車です。日本のナローゲージの車輛としては珍しく914mmゲージです。日本では914mmゲージの実例は九州や岡山県(西大寺鉄道)などに限られますが、アメリカではごく普通のナローゲージです。この車輛はウエスタン村の名に相応しくアメリカの保存鉄道から譲り受けた車輛なので、914mmゲージとなっていますが、アメリカの軽便鉄道では914mmゲージが主流です。現在ではこの施設は閉鎖されてしまったので、この車輛は見ることが出来ません(と言うか、この車輛自体が現存するかどうか自体が不明です)。



LGB製ドコービルのガソリン機関車。
此処からは模型の写真になります。LGBと言うGゲージ製品を色々と販売していたメーカーの製品です。実物はポール=アルマン・ドコーヴィルと言う、フランスでナローゲージ関連製品を取り扱っていたメーカーの製品です。恐らくは610mmゲージの車輛を模型化したのだと思われます。ナベトロを牽引して走るような大きさの機関車です。



LGB製ポーターの亀の子機関車
これもLGBの製品で、アメリカに在ったH.K.ポーターと言う車輛メーカーの機関車を模型化したGゲージの製品で、その外観から「亀の子機関車」と呼ばれています。ポーターと言う会社は「義経」「弁慶」「静」などを作った会社なので、日本にも馴染み深い存在です。



フライシュマン製のコッペルの機関車
これはフライシュマンと言うドイツのメーカーの製品で、コッペルと言う機関車メーカーが製造した車輛をOナローゲージで模型化したものです。コッペル製の機関車は代理店に営業力があったからなのか、各地のナローゲージの鉄道で見掛けることが出来ます。



バックマン製のOn30の客車
これはバックマンと言うアメリカのメーカーの製品で、Oナローゲージの客車です。バックマンのOナローゲージの製品は「On30」と名乗っていますが、これはOゲージのn(ナローゲージ)で、実物のレールの幅(ゲージ)が30インチと言う意味です。30インチと言うのはメートル法に換算すると762mmです。左端の屋根の上に突起が出ていますが、これは車内暖房用のストーブの煙突です。



バックマン製のOn30のレールバス
これもバックマンの製品で、Oナローゲージのレールバスです。共通意匠の付随車と一緒にセットで販売されていたものです。

QR-CODE