北勢線・内部線・八王子線について

Apr 1, 2015


三重県内の鉄道は戦時統合の流れの中で、三重交通に一本化されてゆきます。この統合の暴風雨を逃れ得たのは国鉄、近鉄三岐(さんぎ)鉄道の3社のみです。後に、「電車は近鉄、バスは三交」と言う意味不明の動きがあり、近鉄化されて行きます。この時に既存の三重交通の各路線の内、762mmゲージのナローゲージの「松阪(まつさか)線」は近鉄化されずに三重交通のまま廃止、同じく762mmゲージの「湯の山線」と1067mmゲージの「志摩線」は1435mmゲージ化され、近鉄名古屋線との直通運転も可能になります。

現実には、湯の山線はかつては特急も運転されていたものの、現在では全くの名古屋線の支線扱いです。志摩線の方は準幹線的と言うか、名古屋線の末端区間のような位置づけです。例えば、名古屋を出発する名古屋線の特急の内、大阪線に行かない列車は自動的?に志摩線に乗り入れて賢島(かしこじま)へ向かいます。駅勢圏内に在る観光地の規模の違いが路線の命運を分けたようです。

結局は、所謂ナローゲージのままで残ったのは桑名駅至近の西桑名駅から分岐する北勢(ほくせい)線と、四日市から分岐する内部(うつべ)線・八王子線の3路線です。ご他聞に漏れない乗客減少のために北勢線は三岐鉄道に押し付けられて?現在に至ります。今でも普通の地方鉄道として営業している762mmゲージの路線は、日本全国でもこの3路線だけだった筈です。

要するに、最盛期には松阪線、湯の山線、北勢線、内部線、八王子線と、これだけの762mmゲージの路線が桑名や四日市周辺に集中していたのですから、なんとも壮観です。



内部線
(762mm)
→近鉄→四日市あすなろう鉄道
(改軌せず)
八王子線
(762mm)
→近鉄→四日市あすなろう鉄道
(改軌せず)
北勢線
(762mm)
→近鉄→三岐鉄道(改軌せず)
松阪線
(762mm)
→廃線
志摩線
(1067mm)
→近鉄
(1435mmに改軌)
湯の山線
(762mm)
→近鉄
(1435mmに改軌)


三岐鉄道に譲渡された北勢線は整備が急速に進んでいるものの、内部線・八王子線は近鉄時代に整備・新造・改造された車輛がそのまま使用されています。内部線の日永(ひなが:三重県四日市市)駅から分岐する支線的存在の八王子線は、日永から西日野までのわずか1駅しかない路線で、なによりも路線名の由来となった「八王子」と言う駅が在りません。実は水害のために八王子駅を含む西日野よりも先の区間は以前に廃止になってそのままで、この辺りににも路線の現状やら未来やらを暗示させるものがあります。

内部線・八王子線は2015年(平成27年)になって四日市市に施設が譲渡され、近鉄と四日市市が共同経営?する新会社として「四日市あすなろう鉄道」が設立されて現在に至ります。以下にお見せする写真は、未だ近鉄だった時代に撮影したものばかりですから、撮影場所も路線名も近鉄時代のままにしてあります。養老線や伊賀線も同様ですが、近鉄自身は1435mmゲージ以外の儲かりそうにない路線は縁を切りたがっているようです。それはまぁ、企業としての本音としてはナローゲージなんか抱えていたくはないでしょうね。



近畿日本鉄道ク110型

March 30, 2003.

近鉄ク110型は、三重交通時代の1954年(昭和29年)にナニワ工機と帝国車輛で合計8輛が製造されたサ360型を出自とするサ130型をクハ化した車輛です。元来この形式はサハフ的な外観で、制御機器が設置されていないにもかかわらず運転室用の開き戸が設置してあったのですが、それとは無関係に丸ごと妻面の辺りが改造されてしまったので、正面から見ると全く別の車輛になってしまいました。元は前後共に半流丸妻2枚窓非貫通で、小田急の2200系の運転台を2段窓にしたような外観をしていました。



近鉄ク115。2000年(平成12年)9月、近畿日本鉄道内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道ク115。2000年(平成12年)9月、近畿日本鉄道内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。



近鉄ク115。2012年(平成24年)2月、近畿日本鉄道内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道ク115。2012年(平成24年)2月、近畿日本鉄道内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道サ120型

Apr 27, 2012.

近鉄サ120型は三重交通時代のサ360型を出自とするサ130型を貫通化改造した車輛が1輛と、有名なモニ220を電装解除、貫通化、荷物室撤去改造した車輛3輛からなる形式です。

サ360からの改造車は、元々「サ」であった車輛を改造しただけなので、車掌台?に相当していた部分を貫通化したのみです。モニ220からの改造車は、荷物室の跡はそのまま客室になっていて、従来からの客用ドアのみがそのまま残存していますので、左右対称になっていません。客用扉だけに関して言えば全体として内部・西日野方にオフセットしていますから、全体としては鉄道省に在籍していた皇室用電車のクロ49を改造したサハ49に良く似た外観となっています。



近畿日本鉄道サ121。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道サ121。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。この車輛はモニ220からの改造車です。



近畿日本鉄道サ122。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道サ122。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。この車輛はモニ220からの改造車です。



近畿日本鉄道サ123。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道サ123。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。この車輛はモニ220からの改造車です。



近畿日本鉄道サ124。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道サ124。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。この車輛は三重交通時代のサ360を出自とするサ130型からの改造車です。サ120型の内で、サ130型からの改造車はこの車輛のみです。



近畿日本鉄道サ121の車内。2012年(平成24年)2月撮影。
近畿日本鉄道サ121(モニ220からの改造車)の車内です。2012年(平成24年)2月撮影。



三岐鉄道サ130・ク130

Nov 22, 2008.

三重交通時代の1954年(昭和29年)にナニワ工機と帝国車輛で合計8輛が製造されたサ360型を出自とする、、、と言う点では近鉄のク110型などと同じ生い立ちです。



三岐鉄道サ137。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道サ137。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道サ138。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道サ138。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道サ138の車内。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
三岐鉄道サ138の車内。阿下喜方を向いて撮影しています。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道サ138の車内。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
これも三岐鉄道サ138の車内の写真、西桑名方を向いて撮影しています。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道サ140・ク140・サ140-1

Nov 22, 2008.

三重交通時代の1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)に掛けて、サ2000型として7輛が日本車輛で製造された車輛です。1959年(昭和34年)に新造された3車体4台車の連接構造のモ4400型が好評ではあったものの保守面で難があり、更には連接車では増解結にも困ってしまうので、窮余の一策としてモ4400型の中間車体よりも扉間の窓が1個多い単純な2軸ボギー車として製造されたものです。製造当初は単純な中間車でしたが、これは折り返しの都度、両運転台の電動車が機回しをやると割り切って?いたためのようで、この結果として1954年(昭和29年)から1962年(昭和37年)に掛けて、サ360型と併せて15輛もの中間付随車を新造することになったのだと思われます。

流石に最近では一部が運転台取り付け改造をされてク140型となりましたが、一部は再度中間車に戻す改造が行われたものの単純にサ140型とはならず、「サ140-1」と言う少々風変わりな形式になっています。それでも運転台が有ろうが無かろうが車番のみは一貫して同じ番号が使用されています。一番形式変更の多い車輛は142番と144番でサ140型→ク140型→サ140-1型と流転を繰り返しつつも、あくまでも142は142、144は144のままで現在に至ります。もっとも、車体の切り抜き文字は車番の数字だけに過ぎないので、見た目ではサ140もサ140-1であっても、仮にデハとかサロとかになってしまっても変化はありません。判りやすいとは言えますね。



三岐鉄道ク141。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道ク141。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所にて撮影。西桑名方に運転台を取り付けられてクとなっていた奇数車(ク141、ク143、ク145)の3輛は現在でもク140型として使用されています。



三岐鉄道ク143。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道ク143。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所にて撮影。



三岐鉄道サ144。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道サ144。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。以前に一時的に、ク144に改造されていた前歴のある車輛で、運転台の跡が残っています。車内は仕切りなども残っていますが、扉はなくなっているので出入りは自由です。何と言うか、車掌台のような状態で残っています。運転台撤去改造がされたのは阿下喜方に運転台を取り付けられていた偶数車のサ142とサ144です。



三岐鉄道ク145。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)=北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所間にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道ク145。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)=北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所間にて撮影。



三岐鉄道サ146。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道サ146。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。この車輛はかなり原型に近い状態で使用されています。右端の窓が塞がれていますが、この場所に冷房機が設置されており、これは近年の改造です。反対側の側面にも、対角線対称の場所に同様の冷房機が設置されています。



三岐鉄道サ144の車内。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
サ144の車内です。以前にク144だった時代に運転台だった箇所を撮影しています。ご覧の通り、冷房機が車内に設置されているために少々狭っ苦しいですが、元来が路線バス並の車体幅しか無い車輛ですから止むを得ない処です。



近畿日本鉄道260系

Apr 27, 2012.

近鉄260系は1992年(平成4年)に新造された車輛で、車体長15.6mと、日本のナローゲージの車輛としては極めて巨大な部類に入ります。但し、車体幅は2100mmほどでそんなに広いわけではないので、まぁ、大型バスみたいな居住性ですね。モ260(クモハ相当)は5輛製造されましたが、ク160の方は従来車の改造で不足する分だけの製造に留めたからなのか、3輛のみ、一族の合計は8輛です。モ260は全車四日市向き、ク160は全車西日野・内部向きです。



近畿日本鉄道モ261。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道モ261。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道モ262。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道モ262。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道モ264。2012年(平成24年)2月、近鉄八王子線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道モ264。2012年(平成24年)2月、近鉄八王子線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道ク161。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道ク161。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道ク162。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道ク162。2000年(平成12年)9月、近鉄内部線内部(うつべ:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道ク163。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は近畿日本鉄道ク163。2012年(平成24年)2月、近鉄内部線日永(ひなが:三重県四日市市)駅にて撮影。



近畿日本鉄道モ262の車内。2012年(平成24年)2月撮影。
近鉄モ262の車内です(運転台方から撮影しています)。2012年(平成24年)2月撮影。



近畿日本鉄道モ262の運転台。2012年(平成24年)2月撮影。
近鉄モ262の運転台です。2012年(平成24年)2月撮影。



三岐鉄道270系

Nov 29, 2008.

三岐鉄道270系は1977年(昭和52年)から製造された(ナローゲージの電車としては)超大型車です。基本的には内部線・八王子線用の近鉄260系と同様にモ270が6輛とク170が2輛だけの簡単な構成でしたが、高速化改造やら何やらが行われたたために、かなり複雑怪奇になっています。現在ではク170型は高速化に伴い、モ270型と動力台車1組振り替えしたためにクモハ170型に形式が変更されています。この改造に伴い、モ170型は形式消滅しています。北勢線の車輛で、西桑名方に運転台を持つ電動車はクモハ170型2輛のみで、クモハ170型を連結している編成の阿下喜方先頭車は必ずクモハ270型となります。

乱暴な結論を言ってしまえばモ170型、クモハ170型、モ270型、クモハ270型は、全て同じ形状のクモハ相当車輛であると言うことです。



クモハ170

三岐鉄道クモハ171。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線西桑名(にしくわな:三重県桑名市)=馬道(うまみち:三重県桑名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道クモハ171。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線西桑名(にしくわな:三重県桑名市)=馬道(うまみち:三重県桑名市)駅間にて撮影。



クモハ270

元来はモ270型として製造された車輛ですが、高速化に伴い、ク170型に動力台車1組を譲ったためにクモハ270型に形式が変更されています。クモハ270型とクモハ170型が両端に連結される編成は、必ず中間にサ140型を1輛連結した2M1Tの3輛編成を組みます。



三岐鉄道クモハ271。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道クモハ271。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。



モ270

三岐鉄道モ272。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道モ272。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線北大社(きたおおやしろ:三重県員弁郡東員町)信号所にて撮影。270系本来のモ270型で、38kWモーターを4基搭載し、阿下喜方に連結されます。モ270型が入る編成は、必ず1M2Tか1M3Tの編成となります。



三岐鉄道モ274。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道モ274。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道モ275。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道モ275。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線阿下喜(あげき:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道/保線用?DB機

Dec 6, 2008.

保線用の凸型DB機です。車番が不明で、28号機なのか、77-MJK号機なのか、定かでありません。正面ボンネット丈夫には“MJK”の銘板があるので、これはメーカー名なのではないかと思います。762mmゲージの路線が少なくなった現状では、大都市近郊で内燃機関車を見ることができる希少な例です。産業用らしからぬ、貨車移動機らしからぬ、かなりまとまった外観をしている車輛です。



三岐鉄道の保線用DB機。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
上の写真の車輌は三岐鉄道の保線用DB機。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。



三岐鉄道の保線用DB機。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
上の写真の車輌は三岐鉄道の保線用DB機。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。



三岐鉄道/保線用?ナベトロ

Dec 6, 2008.

保線用らしきナベトロですが、開閉機構がかなり高級でハンドルを回すとホッパ口?の操作ができるようになっています。私が見た限りでは1号車から3号車までの3輛があって、保線用?DB機と一緒に東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅の側線に留置されています。主な用途はバラスト散布だと思いますが、近鉄から三岐鉄道が路線を引き継いで以来、かなり徹底的な路線改良工事が行われているので充分な需要はあるようです。

そう言った上部構造の割には下回りはささやかで、台枠にピローブロックを取り付けて車輪を履かせているだけですから、森林鉄道の運材台車と同じ水準で乗り心地が楽しめそうな代物です。



三岐鉄道の保線用ナベトロ1号車。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
三岐鉄道の保線用ナベトロ1号車。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。



三岐鉄道の保線用ナベトロ2号車。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
三岐鉄道の保線用ナベトロ2号車。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。



三岐鉄道の保線用ナベトロ3号車。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。
三岐鉄道の保線用ナベトロ3号車。2008年(平成20年)11月、三岐鉄道北勢線東員(とういん:三重県員弁郡東員町)駅にて撮影。