初めて買う車輛

Oct 1, 2016.

鉄道模型を開業する際に具体的にどんな車輛を買うのかと言う話です。「どうしても新幹線の16輛編成を一度に揃えてしまいたい!!」と言うような豪気な話でしたら止めませんから勝手に買っていただくとして、鉄道模型の第1号車輛って、その後の模型人生にかなり大きな影響がありますので、以下の戯言をご笑覧いただければ幸いです。仮に16車輛買うだけの予算があったとすれば、16輛編成をたったの1編成だけ買うよりも、8輛編成を2編成買うとか、色々と取り混ぜて4輛編成を4本くらい買った方が楽しめるんじゃないかな?と思います。

勿論「好きな車輛を買う」のが大前提ですから、以下に私がご紹介しない車輛が購入候補に出てくるのは当然です。参考程度にご覧ください。一度に長い編成をまとめて買うことは資金繰りの上で少々辛いと思いますので、なるべく短い編成で(少ない軍資金で)まとめることが出来る車輛を中心に選んでいます。また、此処に記載した車輛は原則として完成品として出回っていそうな車輛中心です。



機関車ディーゼルカー電車客車貨車



機関車

C11

Oct 1, 2016.

タンク機関車です。普通の蒸気機関車は燃料である石炭と水は別の車輛に載せて引っ張りながら走るんですが、ご覧のように機関車本体に石炭と燃料を載せておくて機関車だけで走ることが便利、その代わりに大量の水や石炭は載せられないので余り航続距離は長く無い、、、結果として大都市近郊とかローカル線とかで使用されます。C11は昭和時代になってから、大都市近郊でいわゆる「通勤快速」的な列車を牽引するために製造された車輛です。電化が進むと地方のローカル線に転出して行って、ごく普通のローカル線用機関車として使用されています。

国鉄C11292。2007年(平成19年)6月、JR新橋駅前にて撮影。
国鉄C11292。2007年(平成19年)6月、JR新橋駅前にて撮影。撮影場所は説明しなくても判ってしまいますけど、新橋駅のSL広場に置いてあるアレです。



D51

Oct 1, 2016.

「デゴイチ」と言う愛称で知られる貨物用機関車です。1100輛以上製造されていて、これは日本国内では最多記録です。結構巨大な機関車ですが、こう見えて最大軸重は14.3t、、、要するに巨大ではあっても超巨大と言う程では無いので、ローカル線であっても走り回っていた実績があります。基本的には貨物列車用の機関車ですが、強力な機関車なので勾配の多い区間では旅客列車を牽引させても可笑しくありません。

国鉄D5114。2006年(平成18年)4月、千葉県流山市総合運動公園にて撮影。
国鉄D5114。2006年(平成18年)4月、千葉県流山市総合運動公園にて撮影。柵の内側に展示されているんですが、この車輛は結構撮影しやすい展示方法です。



EF65

Apr 4, 2015.

ブルートレインなどにも使われていた機関車で、EF65と言う車輛です。それ以外にも貨物列車も牽引していたりと、かなり多彩な使われ方をしています。言い換えれば、何に使っても不自然さが無いと言うことですから、模型として考えた場合には非常に便利な車輛ですね。



国鉄EF65。2008年(平成20年)12月、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。
こちらはブルートレインに使用されていたEF65で、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)に保存されています。



JR貨物EF65。2014年(平成26年)4月、JR貨物新鶴見機関区(神奈川県川崎市幸区)にて撮影。
こちらはJR貨物所属の車輛で、貨物列車用に使用されています。2014年(平成26年)4月、JR貨物新鶴見機関区(神奈川県川崎市幸区)にて撮影。



EH500

Oct 1, 2016.

JR貨物の大型の電気機関車です。在来線の電化区間であれば、どんな路線でも入って行くことができる車輛なので1輛(≒1組)持っていると便利です。流石にかなりの大型車なので、ローカル線にはちょっと不向きです。

EH500。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
JR貨物EH500。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。



東芝戦時型機関車

Oct 1, 2016.

大東亜戦争の際に、東芝が量産していた機関車です。車輛不足の時期であったために各地の鉄道が仲良く新車を分け合うような事をしたからなのか、結構見掛けることの追い機関車でした。私が記憶している限りでは国鉄、東武鉄道、伊豆箱根鉄道、遠州鉄道、名古屋鉄道にはこの型の機関車が在籍していた筈です。

伊豆箱根鉄道ED32。2011年(平成23年)11月、伊豆箱根鉄道大場工場(静岡県三島市)にて許可を得て撮影。
伊豆箱根鉄道ED32。2011年(平成23年)11月、伊豆箱根鉄道大場工場(静岡県三島市)にて許可を得て撮影。



名古屋鉄道デキ601。2010年(平成22年)10月、名古屋鉄道常滑線大江(おおえ:愛知県名古屋市南区)駅にて撮影。
名古屋鉄道デキ601。2010年(平成22年)10月、名古屋鉄道常滑線大江(おおえ:愛知県名古屋市南区)駅にて撮影。



DD51

Oct 1, 2016.

国鉄時代に製造された大型のディーゼル機関車です。車体中央に運転台があり、両側のボンネットにエンジンを1基づつ収納しています。いわゆる「凸型(とつがた)」と呼ばれる車体形状です。

DD51。2007年(平成19年)6月、JR室蘭本線苫小牧(とまこまい:北海道苫小牧市)駅にて撮影。
DD51。2007年(平成19年)6月、JR室蘭本線苫小牧(とまこまい:北海道苫小牧市)駅にて撮影。寝台特急「北斗星」を牽引していた頃に撮影したものです。



DE10

Oct 1, 2016.

国鉄時代に製造されたディーゼル機関車ですが、出力は上述のDD51の半分くらいです。実はこの車輛、長い方のボンネットにしかエンジンを載せていません。短い方のボンネットの中はどうなっているのかと言うと、旅客用列車に使う機関車は暖房用の蒸気発生器を収納しています。貨物用で、暖房の心配をしないで済む車輛は、牽引力を強くするための重しを載せていたりします。

DE10。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線浜川崎(はまかわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
DE10。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線浜川崎(はまかわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



ディーゼルカー

ディーゼルカー(=気動車)って運転台の付いている車輛の比率が高い、、、逆に言えば1輛や2輛で走らせても自然だし、大都会に乗り入れてくる列車では6輛編成や7輛編成なのに全部の車輛に運転台があると言うことになります。しかも日本の国鉄やJRの場合は車輛運用の関係で、ローカル列車に急行用の車輛を連結することが日常的に行われますので、編成の自由度は高いです。もう一つ、これは余り本質的な問題ではありませんが、パンタグラフが付いていないのだから、パンタグラフを壊す可能性は絶対にありませんので、小さなお子様に渡しても多少は精神的な安息感に繋がります。



キハ20系

Oct 1, 2016.

キハ20系は、国鉄時代の1957年(昭和32年)から1966年(昭和41年)に掛けて1100輛ほどが製造された系列です。製造輛数が多くて全国区で使われているから、と言う理由からなのか、模型の世界でもかなり売られています。一旦品切れになっても、暫く待っていると他社から別のキハ20系の新製品が発売されたり、とか。

Nゲージではかなり古い時期にカトー(=関水金属)がキハ20・キハ25・キハユニ26の3種類を発売しています。16番ゲージ(≒HOゲージ)では鉄道模型社製の車輛がなんとなく記憶に残っています。キハ20とキハ52は両運転台の車輛ですから、1輛だけで走らせることが出来ますから、この車輛さえ買い求めれば開業できる便利な車輛です。全般にディーゼルカーは、特急用などを除けばどんな車種でも一緒に連結させて走ることが出来るので、好みの車輛を片っ端から買い求めれば、片っ端から連結して遊べる気楽さがあります。

キハ20。2008年(平成20年)12月、碓井峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。
国鉄キハ20。2008年(平成20年)12月、碓井峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。



ひたちなか海浜鉄道キハ222。2007年(平成19年)5月、那珂湊(なかみなと:茨城県ひたちなか市)駅にて撮影。
ひたちなか海浜鉄道キハ222。2007年(平成19年)5月、那珂湊(なかみなと:茨城県ひたちなか市)駅にて撮影。この車輛はキハ20型の北海道向け車輛であるキハ22型と同じ仕様の車輛が、巡り巡って茨城県のひたちなか海浜鉄道にやって来たものです。「北海道向けの車輛」と言うのは、北海道は極端に寒いので出入り口のデッキが独立した構造になっていると言うことです。



キハ30系

Apr 4, 2015.

キハ30系は国鉄時代の1961年(昭和36年)から1966年(昭和41年)に掛けて400車輛ほどが製造された通勤用のディーゼルカーです。普通はディーゼルカーと言うと閑散ローカル線を走る場合が多いので扉が2つしかないものが多いのですが、キハ30系は大都市近郊の電化していない区間で運転することを前提に作られた車輛なので扉が3つあります。それでいながらローカル線の低いホームにも対応できるようにステップが取り付けてあります。

キハ30。2012年(平成24年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
JR東日本キハ30。2012年(平成24年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。この車輛は、車体の両側に運転台を持っている、両運転台のキハ30です。この系列以降、大抵の国鉄やJRの普通列車用気動車は「両運転台の車輛1種+片運転台の車輛2種」と言うセット内容?で製造されます。片運転台の車輛が2種あるのは、トイレ付きの車輛とトイレ無しの車輌をそれぞれ別の形式にして作り分けているからです。



キハ35

こちらの写真はこの系列の片運転台・洗面所付きの車輛であるキハ35です。その中でも一部の車輛は海岸沿いを走る機会が多い千葉県内の路線で使用することを考慮して、錆びにくいステンレス製の車体になっている900番台の車輛です。最初は銀色の、ステンレス板の地肌のままで使用されていたのですが、後に写真のようなオレンジ色の「首都圏色」と呼ばれる色に塗装されています。



キハ40系

Oct 1, 2016.

国鉄時代の最末期に製造されたキハ40系と言う車輛で、現在でもJR東日本、JR西日本、JR四国、JR九州で同型の車輛が活躍しています。ご覧の通り前・後に運転台がある車輛ですから、これ1輛だけで運転することが出来ます。接客設備を充実させることばかり重視した結果として車体が重くなり過ぎて、、、まぁ簡単に言ってしまえばいささかノロマな車輛ですが、乗客の立場としては決して悪い車輛ではありません。

キハ40。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
JR東日本キハ40。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。この列車は運転台が車体の両側にある、両運転台の車輛が2輛連結で走っています。



キハ48。2010年(平成22年)8月、JR五能線五所川原(ごしょがわら:青森県五所川原市)駅にて撮影。
JR東日本キハ48。2010年(平成22年)8月、JR五能線五所川原(ごしょがわら:青森県五所川原市)駅にて撮影。この車輛は、片側にしか運転台の無い(=片運転台)キハ48です。



キハ100系

Oct 1, 2016.

国鉄の分割民営化後(=JR化後)に製造された、JR東日本の車輛です。これ以前の気動車に比べるとかなり強力なエンジンを持っているので、ローカル線の普通列車と言えどもビュンビュン走ります。JR東日本の非電化区間(=電車が走っていない区間)用の車輛なのでなんとなく東北地方に行かないと乗ることができないような印象がありますけど、埼玉県内でも使用されていますから東京都内からでもそれほど苦労しないで乗りに行くことが出来ます。

キハ100系。2015年(平成27年)4月、JR花輪線松尾八幡平(まつおはちまんたい:岩手県八幡平市)駅にて撮影。
JR東日本キハ100系。2015年(平成27年)4月、JR花輪線松尾八幡平(まつおはちまんたい:岩手県八幡平市)駅にて撮影。キハ100系の中でも、「キハ110系」とも呼ばれることのある面々です。手前からキハ112+キハ111+キハ110の3輛編成で、キハ110だけが両運転台です。



キハ101。2008年(平成20年)8月、JR左沢線山形(やまがた:山形県山形市)駅にて撮影。
JR東日本キハ101。2008年(平成20年)8月、JR左沢線山形(やまがた:山形県山形市)駅にて撮影。これもキハ100系の仲間ですが、車体が少々短いキハ101型です。山形県の左沢(あてらざわ)線でのみ使用されています。



新潟鉄工所製の気動車

Oct 1, 2016.

気動車メーカーとして有名な新潟鉄工所・新潟トランシス製の気動車です。車輛メーカー側で標準的な車輛が用意してあって、鉄道会社の注文に応じて納品する、、、結果として同じような外観の兄弟車輛が日本全国で走り回っています。最近の地方の民鉄では一番標準的な外観の車輛と言えます。

ひたちなか海浜鉄道キハ37100。2007年(平成19年)5月、ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦(あじがうら:茨城県ひたちなか市)駅にて撮影。
JR東日本ひたちなか海浜鉄道キハ37100。2007年(平成19年)5月、ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦(あじがうら:茨城県ひたちなか市)駅にて撮影。



山形鉄道YR-887。2008年(平成20年)8月、山形鉄道フラワー長井線赤湯(あかゆ:山形県南陽市)駅にて撮影。
山形鉄道YR-887。2008年(平成20年)8月、山形鉄道フラワー長井線赤湯(あかゆ:山形県南陽市)駅にて撮影。



関東鉄道キハ2203。2015年(平成27年)8月、関東鉄道常総線水海道(みつかいどう:茨城県常総市)駅にて撮影。
関東鉄道キハ2203。2015年(平成27年)8月、関東鉄道常総線水海道(みつかいどう:茨城県常総市)駅にて撮影。



電車

電車は色々と編成に制約があったりします。電気的に制約があったり、きちんと編成しないと冷房が使えないとか、、、余り拘り過ぎると窮屈ですし、余りにも実物無視では白けますので、程ほどの処で手を打つ必要はあります。



高松琴平電鉄3000型

Oct 1, 2016.

1926年(昭和元年)に製造された車輛です。型番が「3000型」なのに車番が「300号」なのは、高松琴平電鉄の古い車輛に共通した独特の番号の振り方です。序でに書くと、一番番号の数字が大きい車輛は「345号」なんですが、同じ形式の車輛が40輛以上も揃えてあった!!と言うことでは無くて、1輛目が300号、2輛目が315号、、、と言うことで微妙に番号が飛ばしてあるので5輛目が345号です。

高松琴平電鉄3000型300号。2011年(平成23年)3月、高松琴平電鉄琴平線仏生山(ぶっしょうざん・香川県高松市)駅にて撮影。
高松琴平電鉄3000型300号。2011年(平成23年)3月、高松琴平電鉄琴平線仏生山(ぶっしょうざん・香川県高松市)駅にて撮影。この車輛は「レトロ電車」として、現在でも時折運転されています。普段は仏生山工場の一角に留置されていますから、運が良ければホーム上から眺めることができます。かく言うこの写真、ホーム上から撮影しています。



京都市電

Oct 1, 2016.

独特の外観をしていますが、京都市電で使用されていた古い車輛です。古い割には保存されて残っている車輛が多いのと、有名だからなのか同種の車輛がたびたび模型化されます。この車輛に限りませんが、市電のような路面電車は1輛だけで走る場合が多いので、初めて購入する車輛としては最右翼と言えるかも。下の写真の車輛は、愛知県犬山市に在る明治村で動態保存されているものです。

明治村の京都市電。2010年(平成22年)1月、博物館明治村(愛知県犬山市)にて撮影。
明治村の京都市電。2010年(平成22年)1月、博物館明治村(愛知県犬山市)にて撮影。



西武鉄道N101系

Oct 1, 2016.

西武鉄道で使用されている(使用されていた)車輛ですが、廃車が進んだのに伴い各地の鉄道に譲渡されています。その際に2輛編成、3輛編成化されています。この種の車輛、以前は別の場所で実際に乗ったことのある車輛に久しぶりで全く違う場所で出くわしたりすると、なんとなく懐かしい気持ちになりますね。

三岐鉄道751系。2012年(平成22年)2月、三岐鉄道保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
三岐鉄道751系。2012年(平成22年)2月、三岐鉄道保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。この車輛はクハ+モハ+クモハの3輛編成です。



上信電鉄クモハ500型。2006年(平成18年)3月、上信電鉄下仁田(しもにた:群馬県甘楽郡下仁田町)駅にて撮影。
上信電鉄クモハ500型。2016年(平成18年)3月、上信電鉄下仁田(しもにた:群馬県甘楽郡下仁田町)駅にて撮影。この車輛はクモハ同士を背中併せにした2輛編成です。



西武鉄道N101系。2015年(平成25年)4月、西武鉄道多摩川線白糸台(しらいとだい:東京都府中市)駅にて撮影。
これが本家の、西武鉄道のN101系です。2015年(平成25年)4月、西武鉄道多摩川線白糸台(しらいとだい:東京都府中市)駅にて撮影。この車輛はクハ+モハ+モハ+クハの4輛編成です。



クモハ12

Oct 1, 2016.

鉄道省が作った17m級の、いわゆる省線電車です。同型の車輛がかなり最近までJR鶴見線で運転されていましたから、今でも比較的模型が再生産される機会の多い車輛です。有名だからなのか同種の車輛がたびたび模型化されます。

JR東海クモハ12。2009年(平成21年)8月、JR飯田線中部天竜(静岡県浜松市天竜区)にて撮影。
JR東海クモハ12。2009年(平成21年)8月、JR飯田線中部天竜(静岡県浜松市天竜区)にて撮影。



近郊用電車各種

Oct 1, 2016.

国鉄時代に製造された近郊用の電車、、、要するに郊外電車です。片側に3か所扉があって、扉同士の間にはボックスシートが2組(=両側で4組)あるのが基本形です。混雑が激しい区間だとそんなことは言っていられないので全面的にロングシートになってしまってますが、、、。実際の処、純粋通勤用の4扉の電車と、それ程明確な違いはありません。

JR東日本115系。2012年(平成24年)1月、JR高崎線高崎(たかさき:群馬県高崎市)駅にて撮影。
JR東日本115系。2012年(平成24年)1月、JR高崎線高崎(たかさき:群馬県高崎市)駅にて撮影。高崎線の高崎駅で撮影した写真ですが、この列車は両毛線の列車が高崎駅まで乗り入れてきたもので、折り返しで伊勢崎行きになります。115系は主にJR東日本とJR西日本で使用されています。



JR東日本211系。2008年(平成20年)9月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
JR東日本211系。2008年(平成20年)9月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。211系は全部の車輛がステンレス製の車体を持った系列で、JR東日本とJR東海で使用されています。



JR東日本415系。2015年(平成27年)4月、JR常磐線いわき(福島県いわき市)駅にて撮影。
JR東日本415系。2015年(平成27年)4月、JR常磐線いわき(福島県いわき市)駅にて撮影。415系は交直両用の電車で、JR東日本とJR九州で使用されています。初期の車輛は115系のような鋼鉄製の車体で、後期の車輛は211系のようなステンレス鋼製の車体です。



JR東海313系

Oct 1, 2016.

JR東海の普通列車用の電車、と言うか、JR東海の電車はこの313系以外には特急用と新幹線のN700系しかないんじゃないかと言うような車輛です。最低でも2輛編成から運転できますから、開業時の資金難?に苦しむ模型鉄道には最適な車輛です。

JR東海313系。2006年(平成18年)6月、JR東海道本線米原(まいばら:滋賀県米原市)駅にて撮影。
JR東海313系。2006年(平成18年)6月、JR東海道本線米原(まいばら:滋賀県米原市)駅にて撮影。この写真の電車は2輛編成です。



JR東海313系他。2011年(平成23年)2月、JR東海道本線熱海(あたみら:静岡県熱海市)駅にて撮影。
JR東海313系他。2011年(平成23年)2月、JR東海道本線熱海(あたみら:静岡県熱海市)駅にて撮影。この写真の電車は3輛編成を2編成連結して6輛編成として使われていますが、右奥側の3輛編成は313系ではなくて211系です。



JR東日本E231系・E233系・E531系

Oct 1, 2016.

JR東日本の普通列車用の電車です。以前は通勤用電車と近郊用電車が明確に区分されていたのですが、この電車辺りからは共通になっています。近郊用だって通勤輸送に使うのだから当たり前とも言えますけど、、、。長編成で大都市の通勤輸送に使われていますが、分割併合用の短い編成もあります。E233系だと最短で4輛編成だったでしょうか?。2階建てグリーン車もこの辺系列では使用されることがあります。E231系の改良型?がE233系でこの2系列は直流ようです。E531系はE231系を交直両用に仕様変更したものです。

JR東日本E231系。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
JR東日本E231系。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。この写真の電車は10輛編成で、右奥の方に床下が垂れ下がっている写っている2輛が2階建てグリーン車です。



JR東日本E233系。2016年(平成28年)2月、JR南武線中野島(なかのしま:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。
JR東日本E233系。2016年(平成28年)2月、JR南武線中野島(なかのしま:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。この写真の電車は6輛編成です。



JR東日本サロE531。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
JR東日本サロE531。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。2階建てグリーン車は、どの系列も似たような格好をしています。車種室付きの車輛と、車内販売準備室付きの車輛が、常に2輛セットで連結されます。



客車

「ブルートレイン」と呼ばれた20系客車、25系客車や、急行用の12系客車など、かなり新しい客車を除けば、大抵の客車は1車輛だけで使用することが可能です。言い方を換えると、客車はどんな編成の仕方にしても基本的には問題がない、と言うことなので多様な遊び方が出来ます。好みの問題を除けば、以下に写真をお目に掛けるような古い客車は「なんでもアリ」なので便利です。



スハ43系

Oct 1, 2016.

戦後製の急行用客車です。蒲鉾をブツ切りに切り落としたような車体形状が特徴です。一時的に特急に使われたこともありましたが、基本的には急行列車用です。

大井川鐡道スハフ42。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。
大井川鐡道スハフ42。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。



オハニ36。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道家山(いえやま:静岡県島田市)駅にて撮影。
オハニ36。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道家山(いえやま:静岡県島田市)駅にて撮影。この車輛はスハ43系では無いのですが、更新改造の際に同じような車体形状にした車輛で、座席車の一部に荷物室を設置した合造車です。



スハ32系・オハ35系

Oct 1, 2016.

スハ43系よりも1世代前の客車です。窓が広い車輛がオハ35系、窓が狭い車輛がスハ32形です。屋根両端が丸っこくなっているのが特徴です。

大井川鐡道オハ35。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。
大井川鐡道オハ35。2010年(平成22年)10月、大井川鐡道新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。



JR東日本スハフ32。2012年(平成24年)1月、JR高崎線高崎(たかさき:群馬県高崎市)駅にて撮影。
JR東日本スハフ32。2012年(平成24年)1月、JR高崎線高崎(たかさき:群馬県高崎市)駅にて撮影。この車輛はスハ32系の車掌室付き普通車であるスハフ32です。この系列から、車輛の長さが20mになりました(これ以前の車輛は17mです)。



スニ30。2008年(平成20年)12月、碓井峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。
スニ30。2008年(平成20年)12月、碓井峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。この車輛はオハ35系・スハ32系よりも1世代古いオハ31系に属するスニ30と言う荷物車で、この系列以前の車輛は17m車です。オハ31系は1960年代半ばにカトーが日本初のNゲージ製品を発売した際に製品化した記念すべき客車です。



24系

Oct 1, 2016.

寝台特急「北斗星」に使用されていた車輛で、恐らくはブルートレインとしては最新で最後の系列になると思います。24系は車内冷房などを使用するための電源を、専用の電源車から供給する構造になっています。

オハネフ25。2013年(平成25年)5月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
オハネフ25。2013年(平成25年)5月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。この車輛は車掌室付きで、編成の端っこに連結されます。途中で列車を分割・併合する必要がある場合は、編成の中間に連結されることもあります。



オロハネ25。2013年(平成25年)5月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
オロハネ25。2013年(平成25年)5月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。この車輛はA寝台車とB寝台車を足して2で割ったような構造になっている車輛です。



貨車

Apr 4, 2015.

貨車は色々な種類がありますが、多くの車輛は1輛だけで使えます。要するに1編成全部が違う種類の車輛が混合編成になっているような場合もあります。整然と同じ車種で揃った編成も美しいですが、雑多な貨車が色々と混ざった編成も楽しいです。



タキ1000

Oct 1, 2016.

タキ1000の方は以前にも同じ型番の車輛がありましたから、この車輛は二代目となります。かなり大型のタンク車で、この1輛で45t積むことが出来るガソリン用タンク車で、最近はこの車輛の比率が相当に高いです。

日本石油輸送タキ1000。2013年(平成23年)8月、JR根岸線根岸(ねぎし:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
日本石油輸送タキ1000。2013年(平成23年)8月、JR根岸線根岸(ねぎし:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。「日本石油輸送」と言うのがこの車輛の持ち主で、簡単に言ってしまえば運送会社です。



タム500

Oct 1, 2016.

この車輛もガソリン用ですが、一転してかなり小柄な15t積みのタンク車です。1931年(昭和6年)から700輛近くが製造されており、2軸タンク車としては恐らく最多輛数ではないかと思います。

日本石油輸送タム500型タム2842。1985年(昭和60年)5月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
日本石油輸送タム500型タム2842。1985年(昭和60年)5月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



トキ15000とトキ25000

Oct 1, 2016.

トキ15000は1948年(昭和23年)から1957年(昭和32年)に掛けて製造された大型の無蓋車です。トキ25000の方は1966年(昭和41年)から1976年(昭和51年)に掛けて製造されたトキ15000の後継車輛で、こちらは鋼鉄製です。確か、製造数はトキ15000が5600輛、トキ25000が4500輛だったかですから、両方併せると10000車輛です。外観は、、、大雑把に言えば相似形です。なによりも、トキ15000の方はカトーがかなり早い時期にNゲージで製品を発売していますから、実物よりも模型の世界で却って有名かも?。

JR貨物トキ25000型。2006年(平成18年)8月、福島臨海鉄道小名浜(おなはま:福島県いわき市)駅にて撮影。
JR貨物トキ25000型。2006年(平成18年)8月、福島臨海鉄道小名浜(おなはま:福島県いわき市)駅にて撮影。



ワム80000

Oct 1, 2016.

フォークリフトでのパレット荷役がやりやすいように側面が総開き構造となっている有蓋車です。1960年(昭和35年)から20年ほどの間に260000輛程が製造された車輛です。1型式で20万輛を超える車種ってのも、めったに見掛けません。この種の車輛が一番汎用性が高いとも言えますね。側面が総開きでない車輛でも「フォークリフトでのパレット荷役」は出来ますが、一旦車内に入れたパレットを移動するのにハンドパレット(所謂"ビシャモン")を用意しなければならなかったりかなり面倒です。そう言った点では、かなり画期的な車輛です。

JR貨物ワム80000型。2006年(平成18年)1月、JR鶴見線扇町(おうぎまち:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
JR貨物ワム80000型。2006年(平成18年)1月、JR鶴見線扇町(おうぎまち:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ100系

Oct 1, 2016.

JR化後に量産されているコンテナ輸送用の貨車です。恐らく、現状ではこの種類のコンテナ車が一番数多く走っているんじゃないかと思います。この車輛に限りませんが、コンテナが交換できるようになっている車輛も多いので、、、簡単に言ってしまえば大きいお友達の着せ替え人形用車輛みたいなものです。この車輛が載せているのは、所謂国鉄規格的なコンテナです。

JR貨物コキ102。2005年(平成17年)12月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
JR貨物コキ102。2005年(平成17年)12月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。この車輛を撮影した横浜本牧駅は、JR貨物も出資している第3セクターの神奈川臨海鉄道の貨物駅です。**臨海鉄道と名乗っている会社は、原則としてJR貨物と、地元自治体や荷主企業が出資している第3セクターの貨物鉄道です。



コキ200

Oct 1, 2016.

この車輛もコンテナ輸送用の貨車ですが、特にISO規格コンテナ(≒海上コンテナ)に特化した車輛です。

JR貨物コキ200。2015年(平成25年)10月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
JR貨物コキ200。2015年(平成25年)10月、神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



ヨ2000

Oct 1, 2016.

車掌車です。これ以前の車掌車は骨董品のような明治時代の客車を改造したり、貨物室の一端に狭い車掌室が設置されていたりと、余り褒められた状況では無かったので1937年(昭和12年)・1938年(昭和13年)に100輛が新車として製造されたものです。この車輛以降、ヨ3500型、ヨ5000型と言った車掌車が製造されますが、切妻で丸い屋根、側面に窓4枚、両側にデッキ付きと言う構造はヨ2000で確立されたものを継承しています。

国鉄ヨ2000。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
国鉄ヨ2000。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。



ヨ8000

Oct 1, 2016.

これも車掌車ですがかなり新しく、1974年(昭和49年9から1979年(昭和54年)までの5年間で1200輛程が製造されています。但し、1986年(昭和61年)に制度が変更されて貨物列車には原則として車掌車を連結しなくなってしまったために、本来の用途で使用された期間はごく短期間です。可愛らしさと言う点では最右翼でしょう。

国鉄ヨ8000。2016年(平成28年)3月、SLキューロク館(栃木県真岡市)にて撮影。
国鉄ヨ8000。2016年(平成28年)3月、SLキューロク館(栃木県真岡市)にて撮影。



相模鉄道トフ400

Oct 1, 2016.

車掌車ではなくて、車掌室付きの無蓋車です。車掌室の面積は国鉄のヨ2000やヨ8000などに比べると圧倒的に狭いですから居住性は推して知るべしですが、民鉄の貨物列車は余り長い距離を走る訳では無いので、この程度の車輛が普通です。普通の民鉄では有蓋貨車に車掌室を取り付けた「ワフ」が一般的ですが、開業初期に砂利採取を営業の中心に据えていたからなのか、小田急電鉄と相模鉄道はトフを愛用していたようです。

相模鉄道トフ400。1988年(昭和63年)9月、相模鉄道相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道トフ400。1988年(昭和63年)9月、相模鉄道相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。国鉄にもこの種の車輛がないわけでは無いですが、トムフ1のように無駄に立派?過ぎて可愛らしさに欠けます。



秩父鉄道ワフ40

Oct 1, 2016.

車掌車ではなくて、車掌室付きの有蓋車です。一般的な民鉄であれば1輛は持っていて不思議ではありません。貨物量が少なければ、機関車1輛にワフを連結しただけで貨物列車が出来上がりますから、考えようによっては超高機能です。貨物営業を止めた鉄道であっても自家用の荷物を練る場合があったりするので、1輛持っていればなかなか楽しめます。

秩父鉄道ワフ40。1984年(昭和59年)、秩父鉄道行田市(ぎょうだし:埼玉県行田市)駅にて撮影。
秩父鉄道ワフ40。1984年(昭和59年)、秩父鉄道行田市(ぎょうだし:埼玉県行田市)駅にて撮影。この写真を撮影した時点で、貨物重量の表記とかは塗り潰されていました。秩父鉄道はセメント輸送が中心の鉄道ですから、撮影した時点ではセメント以外の一般貨物の取り扱いは終了していて、この車輛も単なる車掌車として使われていたんじゃないかと思います。

QR-CODE